機能スタック(Functional Stack)

未分類

タイプを構成する基本的な「成分」である選好(preference)と機能(functions)を導入しました。

私たちは自分自身をこれらの構成要素に習熟させて機能が結合し相互作用する「レシピ」を探求して、パーソナリティタイプの最終製品を提供することができます。

これを「機能スタック」と呼びます。

16タイプのユニークなパーソナリティタイプを提供するために組み合わせる2つの要素があります。

1)各タイプの機能スタックを構成する機能

2)それらの機能の階層配置

各タイプの機能スタックでの機能を決定する方法を検討する前に、まず機能スタックの階層的な順序付けを検討する必要があります。

機能スタックの階層

各タイプの機能スタックでは、4つの機能が強度または「意識」の程度に応じてランク付けされます。

スタック内の最も差別化され意識の強い機能は、「dominant function」と適切に名付けられます。

それに続いて、auxiliary function、tertiary function、およびinferior functionがそれぞれ続きます。
dominant functionは、各タイプのコア強度または特性をの定義を表します。

私たちのdominant functionに完全に従事する活動に夢中になると、私たちは 「すべく生まれた」のことをして、意識がはっきりし、生き生きとしているように感じる傾向があります。

補助的な機能は、よく開発され、有用である可能性もあり、dominant functionに対する副操縦士(co-pilot)または側近(sidekick)として見ることができます。

機能スタックの底に向かって下ると、第3および第4の機能は、上位2つの機能よりもはるかに無意識で、発達していません。

しかし、これらの機能、特にinferior functionは、意識の低下にもかかわらず、各タイプのパーソナリティ動態に重要な役割を果たします。

Dominant Function: 「The Captain」 タイプの強さと特徴を定義する

Auxiliary Function: dominant functionの「The Sidekick(側近)」

Tertiary Function: 比較的無意識的で、個別化されていない

Inferior Function: 4つの機能の中で最も無意識的で、個別化されていない

INTPの機能スタックの例

Dominant Function: 内向的思考(Ti)

Auxiliary Function: 外向的直観(Ne)

Tertiary Function: 内向的感覚(Si)

Inferior Function: 外向的感情(Fe)

INTPの機能的なスタックを検討する際に、あなたは何か不思議なことに気づいているかもしれません。

つまり、INTP(およびその他のすべてのタイプ)は思考(T)、感情(F)、感覚(S)、直観(N)の機能を使用します。

これは、INTPのI、N、T、Pの指標において感覚(S)または感情(F)の表示がないため、最初はちょっと混乱するかもしれません。

しかし、注意深く見ると、SとFの機能がTとNの機能の下に位置することに気付くでしょう。

これは、INTPがS(すなわちSi)またはF(すなわちFe)よりもTおよびN(またはより具体的にはTiおよびNe)を使用することを好むことを私たちに示しています。

タイプの機能と階層の予測

ここで、どの機能(Ni、Si、Teなど)が、与えられたパーソナリティタイプの機能スタックを構成するか、それらの階層的な
順序付けをどのように決定するかについての方法を検討します。

これは最初はちょっと混乱するかもしれませんが、時間がたつにつれ、より意味をなすことを保証します。

第1のルールは、外向型(例えば、ENTP)のdominant functionは常に外向的機能(例えば、Ne)であるということです。

外向的機能は外部からより容易に観察されるので、外向的機能のdominant functionを観察するだけでそれを識別することができます。

内向型のdominant functionは常に内向的(例えば、Ni)であるので、それは主に外部から隠されています。
したがって、一般的に内向型から見える外観は、補助機能です。

言い換えれば、内向型に見ているものは、その人の強みや「最良の自己」ではなく、実際には「第2の選択肢」(すなわち、その第2機能 /auxiliary function)に相当するものです。

第2のルールは、Jタイプの優先的な外向的機能が判断機能であるということです。

したがって、すべてのJタイプは、dominantまたはauxiliary functionとして外向的判断機能(TeまたはFe)を使用します。

対照的に、Pタイプは、その上位2つの機能の1つとして常に外向的感覚(SeまたはNe)を使用します。

これまで説明したことを簡単に要約しましょう

外向型:dominant functionを示し/外向化し、auxiliary functionを内向化/隠蔽する

EJはTeまたはFeを示し、SiまたはNiを隠蔽する

EPはSeまたはNeを示し、FiまたはTiを隠蔽する

内向型:dominant functionを内向化/隠蔽し、auxiliary functionを示し/外向化する

IJはSiまたはNiを隠蔽し、TeまたはFeを示す

IPはTiまたはFiを隠蔽し、SeまたはNeを示す

これは、私たちに第3のルールをもたらします。

各機能は、機能スタック内の機能的に反対のものと常にペアになります。

これらを「機能ペア」と呼びます。

使用可能な機能ペアは4つあります。

Ti-Fe (or Fe-Ti)

Te-Fi (or Fi-Te)

Ne-Si (or Si-Ne)

Ni-Se (or Se-Ni)

各パーソナリティタイプは、機能スタック内で利用可能な2つの機能ペアを使用します。

ここまで見てきたように、INTPのdominant functionはTiです。

私たちは、Tiは常にFeと対になっていることを知っているので、INTPも機能スタックにFeを持たなければなりません。

同じように、INTPがNeを使用していることを知ると、Siを使用していることもわかります。

したがって、機能ペアを記憶することにより、各タイプの機能スタックを覚えやすく(または推論する)ことがより容易になります。
(例えば、INTPがTiおよびNeを使用することを知っている場合、SiおよびFeを使用すると推論することができます)

しかし、なぜFeはINTPsのauxiliary functionやtertiary functionではなく、inferior functionであると考えられるのでしょう?

大部分において、我々は、そのタイプの内的経験を通して、各機能の相対的な「強さ」を知っています。

例えば、INTPは内部から、Fが最も弱い、あるいは「行方不明」であることを知っています。

彼らは、自分の感情や情調に触れることは非常に困難であることを知っています。(これは各タイプの各機能においても同様です)

我々はまた、INTPがNeを使用することで非常に快適で、熟練していることも知っています。

なぜなら、それがauxiliary functionと考えられるからです。

従って、機能スタックは、理論的に識別(例えば、TiとFeは理論的に反対である)することができるだけでなく、各タイプが所与の機能を経験するか、または強さを示す程度を理解することによっても認識されます。

Posted by melancoly