タイプ発達の道:補助機能と劣位機能

未分類

ユングは、それぞれのパーソナリティタイプをそのdominant functionに応じて命名しました。

たとえばINJタイプは内向的直観(Ni)タイプと呼ばれます。

もちろん、ユングにはそうする理由がありました。

1つは、彼はdominant functionがすべての機能の中で最も意識的でよく発達しているものと見ました。

彼の見解では、auxiliary functionでさえも、一般的に意識的にアクセスしにくいものでした。

しかし、ユングはdominant functionを完成させて支援するために、非dominant functionをある程度発展させることができると信じていました。

効果的な仲間として機能するために、ユングは、非dominant functionはdominant functionとは反対の方向性、すなわちその内向き(I)/外向き(E)が反対であると主張しました。

外向性のdominant functionは、定義上、その方向が外向きであるので、ユングによれば、外向的タイプは内向的な機能によるヘルパーを必要とすると考えました。(内向的タイプの場合はその逆)

私たちは今、Myers-Briggsらの研究から、このヘルパー機能が機能スタックの2つの場所、すなわちauxiliary functionまたはinferior functionのいずれかにあることを知っています。

auxiliaryとinferiorはdominantと方向性において反対になるためです。

これはすべてのタイプに当てはまります。

ENFPとINTPのタイプを例として考えてみましょう。

 
ENFPの機能スタック

Dominant: 外向的直観 (Ne)

Auxiliary: 内向的感情 (Fi)

Tertiary: 外向的思考 (Te)

Inferior: 内向的感覚 (Si)

 
INTPの機能スタック

Dominant: 内向的思考 (Ti)

Auxiliary: 外向的直観 (Ne)

Tertiary: 内向的感覚 (Si)

Inferior: 外向的感情 (Fe)

これらの2つのタイプの機能スタックを調べると、外向的機能(E)と内向的機能(I)の間で一貫した変動があることに気付くでしょう。

この配置は、機能スタック内の隣接する機能間に必要なバランスと相補性を提供します。

The Auxiliary(補助機能) vs. Inferior Function(劣位機能)

機能スタックの基本構造を見直したので、auxiliary functionとinferior functionとのパートナーシップが優れているかどうかを検討することができます。

あるいは、私たちは個別化の最終的な目標が機能スタック内のすべての機能を開発して統合することであるという事実に照らして、これら2つの機能のどちらをタイプ開発に向けた最優先または第一歩にすべきかを尋ねるかもしれません。

機能スタックの4つの機能は、一般に、機能スタックの上から順に下に向かって順番に開発されていきます。

しかし、このルールには悪い例外が1つあります。それはinferior functionです。

inferior functionはdominant functionとは反対の立場にあるため、否定しがたい魅力があります。

これは、inferior functionが個別化プロセスの最後の最大のハードルであるため、inferior functionを習得することが最高の秩序の精神的な達成を表すという感覚から部分的に生じます。

これは「機能スタックを飛ばす」と呼ばれます。

そこでは、inferior functionに直接的に取り組むためにauxiliary、tertiary functionの段階的な開発を諦めています。

「スタックを飛ばす問題は、dominantとinferiorは、意識と発達の両方の面で広大な心理的亀裂によって分けられています。

すなわち、dominantは、4つの機能の中で最も意識的で開発されたものであり、「成熟した大人」と考えられ、一方inferiorは最も意識が低く成熟していない、「子供」です。

したがって、子供的なinferiorが心理的な手綱を取ることを許すことは、せいぜい問題のある積極性です。

inferior functionの「grip(掌中)」と呼ばれることに関連した多くの問題を引き起こす可能性があります。

スタックを飛ばす主要な代替案は、auxiliary functionの日常的な採用と開発です。

auxiliaryは、inferiorよりも意識的に利用可能で自然に熟練しているだけでなく、J-P領域(判断‐知覚領域)においてdominant functionを補完します。

dominantが判断機能(例えば、Ti)である場合、例えばauxiliaryは知覚機能(例えば、Ne)となります。

I-EとJ-Pの両方の領域でdominantを補完する上で、auxiliaryは多くの点でdominantにとっての完璧な仲間です。

対照的に、上で概説した機能スタックに見られるように、dominantとinferiorは常に両方がJ機能(例えば、Ti-Fe)または両方がP関数(例えば、Ne-Si)のいずれかです。

auxiliaryはdominantを機能スタックの下半分(tertiary、inferior)と接続するブリッジ機能と考えられます。

それは、ロマンチックな魅力とinferiorの輝きを欠いているかもしれませんが、自身のタイプの拡大と統合へのより持続可能な道を表しています。

ほとんどの場合、auxiliaryの助けを借りずにdominantとinferiorを統合しようとすると、共生的なものではなく、 「どちらか」または 「綱引き」の状況が生じます。

これもまた、心理的な湾が、auxiliary(およびtertiary)によって2つを最初に橋渡しすることなく、大きすぎるためである。

タイプ判別での各機能の役割とタイプによる違い

ここで重要なのは、auxiliaryをまだ探求していない人が、自身のタイプを正確に特定するのは難しいことがあるということです。

例えば、INJはNタイプとしての自分の地位に自信を持って感じるかもしれませんが、彼女は自身の補助機能、つまりINFJ vs. INFJとしての彼女のタイプを判別するのに苦労するかもしれません。

第二に、auxiliaryを日常的に使用している人と比較して、機能スタックを飛ばす傾向を示す個人の表現は印象的なことがあります。

顕著な差異を示す同じパーソナリティタイプの個人は、「サブタイプ」の観点から記述されることがあります。

auxiliary 外向的思考(Te)の開発が比較的少ないINTJがいくらかいます。

彼女らのdominant Niまたはinferior Seによって知覚に夢中になった「旨い汁」に費やしていると、彼女らの外部表現はPタイプのそれに似ています。

すなわち、我々が通常INTJに期待するよりもはるかに少ない外向きの合理性(すなわちTe)を示します。

このようなINTJは、ビデオゲーム、テレビ、漫画などの魅力と、食べ物、飲み物、または他の感覚的快楽の過度の耽溺において、快楽主義者のように見えます。

対照的に、より発展したauxiliary Teを有する者は、より熟慮的に生きる傾向があり、より誠実であり、彼女らの仕事に多くの投資をします。

繰り返しになりますが、基本的なタイプはどちらの場合も同じですが、異なる機能が強調されているときには、外見上の表示がはっきりと異なる場合があります。

もちろん、auxiliaryとinferiorの選択は、常に自由で意識的な選択ではなく、無意識、環境などの要因の影響を受ける可能性があります。

それにもかかわらず、タイプ開発の最も重要な目標は、4つの機能をすべて健全かつ持続可能な方法で開発し、統合することです。

そして、inferior functionが過度の力と意識を日常的に与えられている限り、橋梁機能としてのauxiliary functionの恩恵は未だ実現されず、パーソナリティはより偏っている可能性が高いでしょう。

Posted by melancoly