Inferior function(第4機能)

Inferior functionは、あまり知られておらず、あまり強調されていないパーソナリティタイプの題目です。

これは理解することが非常に難しいからではなく、機能と機能スタックの背景知識を必要とするためです。

ある程度、各機能(すなわち、dominant、auxiliary、tertiary、inferior function)は、それ自身の要求、欲求、および議題を有します。

それぞれは、全体的な精神的組織の中での主張があります。

民主的な政府が構成員の多様な声を統合しようとするのと同様に、それぞれのパーソナリティタイプは4つの機能の要求と要望を統合する方法を見つけなければなりません。

失われた機能、行方不明の機能、または抑圧された機能と呼ばれることがあるinferior functionは、4つの機能の中で最も無意識なので、アクセスして統合するのが最も困難です。

これは、深い地下、海底、または暗い森林に埋もれているものとして、「夢の中」と一般的に象徴される理由です。

その相対的無意識にもかかわらず、inferior functionを単に無視したりしりぞけたりすることは不可能です。

逆に、それなしでは精神的完全性を達成することは不可能です!

実際、すべてのタイプの人生探求は、「失われた機能」を発見して統合することを中心に考えられています。

この探求は、何千年もの間、宗教的および文学的な神話で象徴されています。(例えば、「約束の土地」や「聖杯 )

Thomas King は、彼の著書である「Jung’s Four and Some Philosophers」の中で、難解なinferior functionの探求を概説しています。

個人は人生が空虚であると感じる時が来る。
何かが欠けている。
元来の目的意識はなくなり、不快感を与えられ混乱する。
この時点で、個人は、拒絶された機能(すなわち、inferior function)のための難しい探求をするべきと感じる…個人は困難で未知の旅(例えば「海の航海」、「森林へのベンチャー」)で行方不明の機能を見つける。

私は、自分たちの生活の中でinferior functionを取り込み統合する必要があると主張していますが、キングは私たちが「dominant functionの疲弊」と呼ぶものに苦しんでいる私たちの生活の中で一点に達することを示唆しています。

言い換えれば、私たちは支配的な機能を持つ平凡さに飽きてしまい、新しいものや興奮させるものを探求しなければならないと感じています。

Kingの見解では、これがinferior functionに転じる中心的な理由です。
inferiorは、dominantとは特徴的に異なる経験のタイプを生み出します。

例えば、論理のレンズ(T)と心のレンズ(F)を通して見る/経験する世界の違いや、哲学者の視点(N)とアスリート(S)の視点で見る/経験する世界の違いを考慮してみて下さい。

明白な区別に照らして、inferior functionはしばしば魔法、不思議、エキサイティング(興奮)、または幸福として経験されます。

一部の人々は、それを「まったく新しい世界」と表現しています。
それによって、生命エネルギーや動機の強力な源泉となります。

これは、すべてのタイプがinferior functionに強い好感と好奇心を示す理由です。

inferior functionの暗部

私たちは、inferior が「dominant functionの疲弊」からどのように救済することができ、あらゆるタイプのエネルギーと
動機の強力な源泉として役立つかを見てきました。

残念なことに、アクセスすること、ましてや統合することは、簡単なことではありません。

そうすることは、しばしば痛みや苦しみの何らかの程度を伴うdominant functionとの長期にわたる力の闘争(すなわち、タイプ開発のフェーズ2)を必然的に伴います。

この点で、宗教的な神話は、救済の道がしばしば苦しみを通して明らかになることを示唆している点で正しいです。(例えば、「refinement through fire」)

幸いにも、そのような苦しみは、inferior functionのいくつかのトラップや落とし穴をよりよく理解することができれば、最小限に抑えることができます。

その相対的無意識のせいで、inferior functionは、私たちの幼稚な、純真な、極端な、または妄想的な考えや行動の多くの要因です。

子供が世界を現実的に把握して理解することに失敗するように、inferior functionもそうです。

例えば、典型的に論理的なTタイプがおとぎ話のように愛(F)を想像するとき、彼は自身のinferior function Fのナイーブで理想主義的なレンズを通してそうしていることを私たちは知っています。

現実を歪める、誇張する、または理想化する能力にもかかわらず、inferior functionは依然として抵抗するのが難しいです。

それによってとても幸せになることができるので(例えば、思想家の強い愛情や心酔の感情)、容易に中毒の原因になることがあります。

すべての中毒と同様に、それは様々な強迫的な、脅迫的な、またはそうでなければ不健全な行動を促すかもしれません。

inferior functionの「グリップ(掌中)」の中で、私たちは、容易に逃れられない特定の気分、態度、または行動に固定されているように感じるかもしれません。

私たちはますます偏狭で、非合理的で、自己嫌悪し、過敏になるかもしれません。

どんな中毒と同じように、激しい喜びの感覚から始まるものは、最終的に悪化する可能性があります。

多くの意味において、 「自我」(そのネガティブな意味で)と同義ですが、inferior functionは、機能スタック内の他の機能よりも敏感であり、扱いにくいものです。

「push our buttons(相手を触発させる)」である人は、通常、私たちのpush our buttonsを怒らせ、刺激し、脅かす方法を発見しました。

幼児の感受性と防衛機制の一種は、「自我の問題」(例えば、過敏症、自我防衛、過度のプライドや独善など)と一般的に言われることと密接に関連しています。

inferior functionはまた、タイプ誤診の共通の原因でもある。

例えば、自身のinferior function 外向的思考(Te)のグリップにあるINFPは、思考タイプ(INTPなど)や判断タイプ(INFJなど)に間違いやすい傾向があります。

inferior functionやその他の困惑要因による混乱により、多くの人々が早急に類型学をあきらめたり、非科学的であるとして却下したりすることも残念です。

inferior functionに対処するための戦略

それは天国または地獄のような、至福または夢中になるように経験することができるので、すべてのタイプ(特に開発フェーズII(青年期~30代)の個人)は、そのinferior functionとの関係で愛憎関係にあり、「共に居ても居なくても生きるのが難しい」関係にあります。

inferior functionに関連する複雑な課題をナビゲートしようとする場合、個人は通常、以下の戦略の1つ以上を採用します。

*溺れることを避ける

*松葉杖

*理解と統合

彼女らのinferior functionのより暗部の要素を避けるために働くことで、多くの人々は、「cold turkey(禁断状態にすること)」アプローチを試し、inferior functionの欲望を無視したり避けたりします。

または、彼女らはしばらくの間inferior functionに深く浸り、それを避けるため反対へ極端にスイングするかもしれません。

これは、すべての習慣性行動で見られるのと同じ両極端の「愛憎」パターンです。

inferior functionを扱うもう一つの一般的な戦略は、それを満たすか鎮めるために役立つ「松葉杖」の使用です。

松葉杖の例としては、不健全な関係(例えば、共依存)を持続させること、慰められる信念に執着すること、財政上の安全のために不満足な仕事を継続することなどが挙げられます。

このような松葉杖は、少なくとも一時的にinferior functionとの関係の懸念を鎮めるのに役立つかもしれません。

松場杖が良いか悪いかとして見る程度は、個人によって大きく異なります。

より理想的なタイプは、それを卓越ではなく平凡なものとして定着するものとして、口実として見る傾向があります。

他の人はおそらくそれを人間の生活の必要な部分と見なして、松葉杖に満足しているかもしれません。

inferior functionを扱うための最後の戦略は、それをよりよく理解して統合するために働くことです。

これには、私たちのタイプのinferior functionや、それに溺れたり、回避したり、挫折する方法を含め、私たちの生活の中でどのように現れているのかを知ることが含まれます。

私たちがinferior functionを探求するにつれて、私たちはそれが自身の思考、意思決定、アイデンティティに影響を与えた無数の方法を見るようになります。

私たちはまた、私たち自身の自我を徹底的に守り、保護したいという望みを含めて、最も顕著な恐怖や欲望の一部との関係を知ることができます。

これは、私たちが深く掘り下げた心理的なパターンや防衛のいくつかと対面するにつれて、恐ろしい(驚くべき)プロセスになる可能性があります。

究極の目標は、どのパターンが健全で価値があり、どのパターンが不健全であり、私たちの成長を妨げるかを判断することです。

あなたがそれをやるのを手伝うのが、このサイトのの仕事の主な目的の1つです。

未分類

Posted by melancoly