Tertiary function(第三機能)②

認知機能

この記事では、tertiary functionを特定する簡単な方法を説明し、それをどのように使用するのか(また他の方法についても)理解できるようにします。

ISTP and ISFP – Tertiary 内向的直観 (Ni)

ISXPは、意味を予測し、シンボルを解読し、影響を予測する能力を開発します。

彼女らは抽象的な可能性に気づくことに素早くなり、原型的で不思議なものに惹かれる場合があります。

The Younger Years(幼年期)

人生の初期では、Niはまだ未熟であり、ISXPにとっては無意識です。

結果として、彼女らは自身の嫌悪感を信じず、象徴主義や「知っている」という奇妙な感覚を無視するかもしれません。

彼女らは将来の可能性を予見する人には懐疑的かもしれませんし、見ること、触れること、味わうこと、嗅ぐことのできる瞬間と実践的な現実により重点を置く方を好むかもしれません。

 
Niがより影響力を持って意識が高まるにつれて、彼女らは突然、自身が現実化したい内的潜在力とビジョンを持っていることを認識し始めるかもしれません。

20代、30代、およびそれ以降

Niがますます発展するにつれて、ISXPは想像力豊かで概念的になり、神秘的で象徴的な方向に引き寄せられます。

彼女らは物事がどのように実行されるかを「知っている」ように見え、彼女らのビジョンを現実にすることを決心します。

彼女らは目標を追求するために長期的な戦略的思考を使用し、象徴的で不思議なテイストや夢を考慮に入れます。

イメージやアーキタイプは、より魅力的になり、より哲学的になり、理論的および抽象的な可能性に焦点を当てるようになります。

 

INTP and INFP – Tertiary 内向的感覚 (Si)

INXPが成長し、発達するにつれ、彼女らは過去の経験を見直して思い出すことに熟練します。

詳細を収集し、お気に入りの瞬間を覚えて楽しむでしょう。

The Younger Years(幼年期)

人生の初期では、INXPは詳細を覚え、身体の感覚に気づくことに困難する場合があります。

逆に、彼女らは自身の個人的な経験にあまりにも多くのストックを入れ、他の人の経験を無視するかもしれません。

幼年期では、Siはマイナス面とプラス面で揺れ動く傾向があります。

ある瞬間、彼女らは非常に細部を重視し、固執し、次の瞬間には、ちょっと前に起こったことを完全に忘れてしまうかもしれません。

これは、テストや教室で情報を思い出すときに特に苦慮することがあります。

20代、30代、およびそれ以降

Siが発達して成熟するにつれて、INXPはそれを大いに楽しみます。

好きな場所を再訪したり、お気に入りの古い映画を見たり、好きな曲を何度も何度も聞いたりすることに喜びを感じるかもしれません。

彼女らは家族の歴史、文化史、過去の研究に興味を持つようになるかもしれません。

彼女らは記念品を収集し、親し​​みやすさと日常の快適さを見つけるかもしれません。

彼女らは思い出の鮮明な書庫にアクセスし、好きな体験を詳しく思い出して楽しむでしょう。

注意すべき事項

INXPはSJタイプのように開発されたSiを使用していないため、不健全または不均衡な方法でそれを使用するリスクがあります。

彼女らは細部に焦点をあてすぎ、また翻ってほとんどまたは全く細部に注意を払わなくなることがあります。

彼女らは過去、特に過去の過ちに巻き込まれ、それによって無力を感じることがあります。

彼女らはまた、オブジェクトについて過度に感傷的になり、個人的な意味を持つ可能性のあるものを取り除くことが困難になります。

彼女らはまた、自身の過去の個人的経験に縛られることもあり、自身にとって良いことになる新しい機会を避ける場合があります。

内向的感覚おける快適性の発見

それぞれのタイプは、tertiary functionにアクセスすることによって快適さと気晴らし(relief)を見つける傾向があります。

この理由から、INXPはストレスを受けたときに過去の好きな経験を想起するのを楽しむかもしれません。

彼女らは古い歌で慰めを見つけるか、好きな時間を思い出すかもしれません。

彼女らはまた、Siを容易に使用する本質的な傾向のために、SJタイプの存在を楽しむこ場合があります。

彼女らは、一貫性と詳細を指向する性質が快適さを与えることを発見します。

このルールには常に例外がありますが、ほとんどの場合その傾向があります。

 

ESTP and ENTP – Tertiary 外向的感情 (Fe)

EXTPは思考タイプですが、他者とのつながりや感情の理解に強いスキルを発達させる傾向があります。

Feが発展するにつれて、彼女らは簡単に社会環境をナビゲートし、感情的な雰囲気を理解し、自然な「魅力」を発することができます。

The Younger Years(幼年期)

初期の人生では、EXTPは他人の感情に気づいていない傾向があります。

彼女らは、不器用で、他の人の感情や価値観にイライラするように成長するかもしれません。

彼女らはまた、他の人々の意見によってより影響を受ける可能性があります。

これは、独立性と非人間的な論理への本質な欲求と矛盾するため、特に彼女らを苛立たせます。

20代、30代、およびそれ以降

EXTPは、Feが発達するとより社会的認識を持ち、他の人に快適に感じられるよう熟練します。

彼女らは他人のニーズや感情に責任を感じる傾向があり、愛する人が虐待されたり、いじめられたりすると、非常に保護的になります。

彼女らは、他の人々や何が起こっているのかを理解するための不安定な(ある程度の)能力を発達させます。

彼女らは直感的に他の人の感情や気分を良くする方法を知っているかもしれません。

彼女らはまた、このスキルを利用して、止まらない販売員になったり、感情的な「戦略化」を使って人々を説得したりすることができます。

注意すべき事項

FeはEXTPにとってFJのように開発されたものではないため、時にはそれを使用して不快感や混乱を感じることがあります。

彼女らは他の人に対して自身の気持ちを表現するのが難しいかもしれませんし、他の人のニーズに対する懸念を表明するのを忘れるかもしれません。

彼女らはまた、他の人を操作する方法としてFeを使用したり、彼女らが目指している反応や結果を得るためにFeを使用するかもしれません。

内向的感情における快適性の発見

すべてのタイプは、そのtertiary functionにおいて安らぎと快適さを見つける傾向があります。

この理由のために、多くのEXTPは、他者とのつながり、肯定の授受、嗜好や意見の交換がストレスを和らげる手段であることを見出しています。

彼女らはまた、自然な暖かさ、共感、他者のニーズや気分の認識を滲出させる傾向のあるFJタイプとの交際を楽しむことがあります。

 

ESFP and ENFP – Tertiary 外向的思考 (Te)

EXFPが成長し、成熟するにつれて、プロジェクトの編成、セグメント化、体系化のスキルと喜びが得られるようになります。

彼女らは特に目標指向になり、意思決定において客観的な論理を意識することができます。

The Younger Years(幼年期)

初期の人生では、EXFPはプロジェクトの組織とフォロースルーに困難する可能性があります。

彼女らは忘れたり、ステップを飛ばしたり、タスクを未完にしたりすることがあります。

彼女らはまた、客観的な論理を維持することに苦慮する場合があり、論理的な考え方で新しい可能性を追求しようと熱心にバランスを取るのは難しいかもしれません。

20代、30代、およびそれ以降

EXFPが成熟するにつれて、彼女らはTeと増大したスキルを発達させます。

結果として、何かが正しく機能していないとき、物事が混乱しているとき、またはプロジェクトがより組織的な方法で合理化できていないとき、彼女らはすぐに気づくことがででます。

彼女らは、決定可能な事実と客観的な論理を意思決定においてより容易に使用したいと考えており、通常、決定的で論理的な方法で自身を説明することができます。

長期計画はより簡単になり、プロジェクトを完成させ、効率を維持する上でより良いものになります。

注意すべき事項

EXFPは、TJタイプと同じように開発されたTeを持っていないため、不健全または不均衡な方法で使用するリスクがあります。

客観的になるための努力の中で、彼女らは過度に不愛想でぎこちなくなるかもしれません。

客観的な論理を自発的に使用しても、彼女らの議論は思った通りではないことが分かります。

外向的思考における快適性の発見

それぞれのタイプは、自身のtertiary functionにおいて快適さと安らぎを見つける傾向があります。

結果として、EXFPは、制御不能またはストレスを感じているときに組織、論理、および効率性を求める傾向があります。

彼女らは、自身のプロジェクトを合理化したり、時間管理技術を利用して、圧倒されないようにするかもしれません。

TJタイプとの交流は、年を重ねるにつれてますます楽しむことができます。

TJの直接的、決定的、論理的な性質は、彼女ら自身が多くの異なる方向に惹かれていることを見いだすことで、安心感と快適さになります。

Posted by melancoly