INFJ vs. INFP byPJ

あなたの人生や仕事で成功を収めるためには、本当のパーソナリティタイプを知ることが不可欠です。

残念なことに、多くの人々は、真のタイプが不明であるか、意図せず誤認しています。

長年にわたりタイプ愛好家の仕事では、INFJ vs INFPの人格タイプよりも、混乱するものは見られないでしょう。

このタイプの混乱は、以下を含む多くの要因から生じています。(これに限定されませんが)

*Myers-Briggsは、これらの2つのタイプの機能(Ni、Neなど)ではなく、パーソナリティの選好(例えば、E、I、S、N …)に重点を置いている。

*直観対感情の性質に関する一般的な混乱。(例えば、直観はしばしば「gut feelings(勘、第六感)」として広く考えられる)

*これらの2つのタイプによって使用されるパーソナリティ機能の主な違いを把握できていない。

*内向型の判断と知覚の性質に関する誤解

INFJとINFPのパーソナリティの違い

INFJとINFPのパーソナリティタイプの機能を比較すると、共通の機能を持たないため、これらのタイプが実際には全く異なることがすぐに分かります。

あなた自身を見てみましょう

INFJの機能スタック
Dominant function: 内向的直観(Ni)
Auxiliary function: 外向的感情(Fe)
Tertiary function: 内向的思考(Ti)
Inferior function: 外向的感覚(Se)

INFPの機能スタック
Dominant function: 内向的感情(Fi)
Auxiliary function: 外向的直観(Ne)
Tertiary function: 内向的感覚(Si)
Inferior function: 外向的思考(Te)

内向的感情(Fi)をdominant functionとして用いているINFPは、自分の個人的な気持ち(良いか悪いか)により敏感です。

これらの気持ちは、世界を航行し、世界の中で彼女らの場所を見つけるための創造的な燃料として役立ちます。

INFJは感情的(emotional)で(彼女らの情調(emotion)を明らかにするFeによって)、INFPに見られる感情的な深さを欠いており、情調を「経験する」または「ふける」時間を費やすことはありません。

むしろ、INFJの外向的感情(Fe)は他者の感情状態を読み、分析することに焦点を当てて外向きになっていますが、自分自身の気持ちに触れることは少ないです。

皮肉なことに、INFJは通常、他人の気持ちを読むのには熟達していますが、何かについての自分の気持ちを識別するのに時間がかかります。

Feは確かに時には思いやりがあり、激しく、情緒的ですが、INFJのauxiliary functionであるため、INFJにとってINFPよりも情調の優先順位は低くなります。

本当に、最適に動くとき、INFJは自身の情調にあまりに行き詰まることを避けて、その代わりに自身の直観(Ni)を言葉に表して/他者を納得させるためにFeを使います。

INFJはまた、主張においてより大胆になっています。

INFPは、しばしばauxiliary functionである外向的直観(Ne)を使って自己表現するため、より決定的ではないか、または自信がないように見えます。

彼女らのdominant function 内向的感情(Fi)の強力な価値判断が開き始め、Neはその意味と正確さを探るので、一見勢いや集中力を失ったように見えることがあります。

INFPは、INFJにとっては一般的には問題ではない、確固たる確信の決定的な表明(主張)を作成することはかなり難しいかもしれません。

INFJは、INFJが自身を持って確信しており、外向的判断機能すなわちauxiliary function Feへ収束を開始する前に、(説得力があり強い確信を感じる点より前に)比較的オープンで不確定な知覚モード(Ni)で機能スタックを開始します。

INFJとINFPのもう一つの大きな違いは、世界への全体的なアプローチです。

INFJは、真正に機能を発揮するとより分析的ですが、INFPはより芸術的です。

これもそれぞれの機能スタックを調べることで理解できます。

INFJは知覚(Ni)から収束/分析(Fe)に移行しますが、INFPは判断(Fi)から知覚(Ne)へ、閉鎖の点から発散/開放へと移行します。

したがって、INFPは、アーティストやクリエイターの間で一般的に見られるように、彼女らのアプローチにおいてより探究的なものになります。

INFPの執筆スタイルと読書の好みも、INFJのものとは劇的に異なる可能性があります。

INFPは、フィクションの読み書きをより好む傾向があります。(例えば、INFPの著者Virginia WoolfeおよびAlbert Camus)

彼女らのFiは個人的な経験を取り入れて、それらをNeを介して潜在的なプロットや物語を探索するための踏み台として使用します。

INFPは、人間の状態(闘争、感情、喜びなど)を探求し、表現するのが大好きです。

対照的に、INFJはしばしばより分析的でノンフィクションの作品(例えば、INFJの哲学者ニーチェとショーペンハウアー)の読み書きを好みます。

彼女らは自身の周りの世界を観察し、自身のNiを介して理解するように出来事を特定し、推論を行います。

したがって、彼らは社会分析会社や預言者のように働き、必要に応じて社会的/道徳的な変化を促し、解釈します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です