INFJ:人間関係・恋愛

INFJは外向きに暖かく魅力的です。

外向的感情(Fe)により、彼女らは容易に他人を惹きつけます。

迅速な友情と広範な結びつきを形成することは、外向的タイプやINFJにとっての目標かもしれませんが、これは重要ポイントではありません。

むしろ、INFJは質の高い、深い関係を求めています。

彼女らは友人たち、そして恋人たちに、知性(知的、感情的)、誠実さ、公開性、真正さを求めています。

彼女らの理想的な恋人は、個人の成長と発展 – 道徳的、精神的、感情的、心理的な問題 – を真剣に受け止めるでしょう。

 
内向的タイプとしての地位にもかかわらず、質の高い会話ほどINFJが価値を置くものはありません。

彼女らは自身の知恵、理論、洞察を分かち合うチャンスを味わいます。

残念なことに、彼女らはしばしば、ほとんどの人(特にSタイプ)が彼女らの理論と洞察を完全に理解していないことに気付きます。

これはINFJの知恵のための準備できている出口がなく、誰も本質的な価値感を真に理解できないと感じさせます。

だから、彼女らがINFJの内なる人生を大切にし、熱心に参加するような人に出会うと、それは天与のように感じる場合があります。

David Keirseyの本「Please Understand Me」というタイトルは、INFJが何を求めているかを適切に表現しています。

INFJの人間関係への誤解

INFJは一般的に誤解されている、という感情を報告します。

すべてのパーソナリティタイプの中で最も稀有なものとしての地位を考えると、これは全く驚くべきことではありません。

出会いや関係上の成功を妨げる可能性のある、INFJに対する多くの誤解があります。

男性の共通の推定は、すべての女性がロマンスについて同様の視点を持っているということです。

これは特にINFJの女性に関して的外れです。

 
毎年バレンタインデーに同じ花束を受け取るなど「使い古されたロマンス」は、「偽のロマンス」と「本物と真正」を区別するのが早いINFJにはほとんど意味がありません。

INFJにとっては、オープンなコミュニケーションと真正な行動を通して、毎日ロマンスが育まれています。

特別な機会に行われることは、単にケーキの上の砂糖衣(余分な装飾)です。

ケーキを取り除くと砂糖衣は無意味です。

 
もう一つの一般的な誤解は、INFJが制御的である、または頑なであるということです。

これは、通常、INFJの外向的判断(Fe)の傾向に起因します。

しかし、IJは、彼女らのdominant function(例えば、Ni)が知覚機能であるため、知覚タイプとしてよく理解できます。

現実には、INFJは、特にそのタイプ発達においてさらに進んでいますが、驚くほど適応性があり開放的です。

INFJはENFPの様に公開性をハッキリ表さないので、INFJの驚くほど独特の、あるいはこれまで以上に慣習的でない関係の実践に驚かされる可能性があります。

 
INFJについてのもう一つの誤解は、感情的に困窮している(感情を分かってほしい)、ということです。

これは、INFJがFeを介して、容易に感情を表現するという事実から生じる可能性が高いです。

感情的に抑制されたFiの表現が女性の間で優勢であるため、INFJはこの点で文化的規範とは異なります。

しかし、単にINFJが自分の感情を表現するのが速いからといって、FPよりも感情的に困窮しているとはなりません。

実際、ほとんどの男性(すなわち、TPの男性)はFiではなくFeを使用するので、彼らはINFJと関係を持ったとき、相手が感じていることを推測する必要はないという事実を理解するかもしれません。

 
さらにもう一つの誤解は、INFJが「そこにないものを読む」や「大げさに言う」という主張です。

このような非難はINFJにとって厄介なものになる可能性があります。

なぜならNiを使ってストーリーを読み取ることは、彼女らが生まれ持ったものだからです。

多くの場合、そのような告発は、INFJのある部分での間違った行為からではなく、相手の推測や自我の敏感さから導かれます。

たとえば、「大丈夫?」や「今日は自分自身ではないようだね」と言って、INFJは相手をよりよく理解するために情報を収集しようとしています。

しかし、彼女らのパートナーは、これらの試みを判断力のある、侵入的なものとして解釈し、防衛的に対応する場合があります。

このようなやり取りが定期的かつ調整なしに行われると、INFJは自分の気持ちを内向的に解釈し、個人的および関係性における災害に対する確実なレシピである自分の直感を疑うことがあります。

INFJの恋愛と人間関係でのInferior function

各パートナーの「弱点」を十分に理解することなく、最適なナビゲーションを行うことはできません。

Inferior functionはそれが魅力的で未発達のため問題である可能性があります。

それは、運転がとても楽しいように見えるので、必死に車のハンドルを取りたい子供のようなものです。

したがって、INFJとそのパートナーは、INFJのinferior functionである外向的感覚(Se)の性質と課題を理解することが重要です。

私たちのここでの焦点は、関係性における彼女らの機能に特に関係するSeの側面とします。

 
INFJの関係性には問題があることを証明できるSeの数多くの側面がありますが、お金は最も顕著なものです。

INFJは美しい環境の中に居住しています。

彼女らは高級食料品、家具、衣服、宿泊施設に感謝しています。

世俗的なものへの美しさと魅力に対する彼女らの関心は、たとえその趣向が最終的にかなり異なっていても、ESFPのものと多少似ています。

しかし、ESFPとは異なり、INFJは現代の仕事の世界に合致しにくく、多額のお金を稼ぐことができません。

さらにINFJは、収入がしばしば自然に発生するSタイプとの出会いが遅いです。

したがって、彼女らは立ち往生していると感じる場合があります。

彼女らはESPのライフスタイルを望んでいるかもしれないし、おそらく羨ましいと思うかもしれませんが、Niの魂を売る気にはなりません。

このお金や他のSeの欲望と、この憎しみの関係は、INFJとそのパートナーが相互に理解するために重要です。

 
Seはまた、INFJ自身とその身体に関する視点に影響を与える可能性があります。

彼女らは他のSeタイプと同様に、自分の身体的外見を厳しく判断する場合があります。

彼女らは、Seの美しさを望むレベルを達成するために、厳しい食事療法や運動療法など、身体を乱用する傾向があります。

 
セックスは、彼女らのinferior function Seが役割を果たす別の領域です。

INFJは、セックスに対する愛憎、「全か無か」のアプローチを持つ場合があります。

時々、彼女らは中毒者のように感じられるかもしれませんし、また世捨て人のように感じられるかもしれません。

このようなSeの極端さを避けるためにINFJが独身を貫く誓いを立てることは想像するのに難しくありません。

さらに、INFJの身体性からの断絶はセックスのロジスティクスを複雑にするかもしれません。

INFJは、性的覚醒のレベルやセックスの身体的準備など、身体をほとんど意識していない、あるいはコントロールできていないと感じています。

この予測不可能性は、特に問題が公然と議論されなかったり、より明確に理解されなかったりする場合、INFJとその相手の不満の原因となる可能性があります。

INFJは満足な性生活を楽しむことができないというわけではありませんが、INFJ(とINTJ)が他のタイプと異なるかもしれない別の領域として相手が理解することが重要です。

INFJと他のタイプの相性

INFJが恋人に対して、知性、公開性、誠実性、真正性などを求めている多くの性質についてはすでに議論しました。

そのような基準は、長期的な適合性にはあまり関係しないものの、裕福で、身体的に魅力的な、または高度に熟練した(すなわち、ある種のSeの特性の)個人に引き付けられることもあります。

INFJが最も望むものは、親密な、形而上学的類似性です。

彼女らは言語とアイデアの世界で相手と一緒になりたいと思っています。

彼女らが関心を持つ会話に没頭すると、INFJは、Niが問題に深く浸透するにつれて、長らく話すことができます。

しかし、Neタイプとは異なり、トピック間でランダムに飛び回ることはありません。

しかしながら、これはINFJがNeタイプ(すなわち、ENTP、ENFP、INFP、INTP)との良好な適合性を友人、恋人に、またはその両方として見出すことを必ずしも排除するものではありません。

 
Neの主な機能は、N(直観)情報を無から聴取することです。

これはNPをINFJによくマッチさせることができます。

INFJは、Jタイプのように、聞き取るよりも話をする傾向があります。

NPはまた、質問をすることもでき、INFJの直感的なプロセスを開始させるのに役立ちます。

他の場所で議論したように、INFJがNPと葛藤する可能性のある分野は、ライフスタイルです。

NPはSiを使用するので、財政的に控え目(特にINP)であり、「人生のより微細なもの」に魅了される傾向がありません。

INFJは、いくらかのNPの倹約的な生活を嫌うかもしれません。

 
彼女らはまた、NPが表示する傾向にあるよりも、より外部の重要性を渇望するかもしれません。

特にINFJが重大な瞬間や議論と考えるものでは、 過剰な愚かさはINFJを当惑させる可能性があります。

一般的に言えば、INFJはS(感覚)タイプと適合しません。

N(直観)タイプとして、INFJは概念と言語によって媒介される抽象の世界に住んでいます。

Sタイプ、特にSPタイプ(ESTP、ESFP、ISTP、ISFP)は具体的な行動や活動に関連しているので、INFJは共通のNの性質を見つけるのに苦労する可能性があります。

ISTJとISFJは若干抽象的であるかもしれませんが、INFJはある種の伝統や慣習に敬意を払うことに苦慮するかもしれません。

 
他のNJタイプとの関係性は、INFJにとって良い場合と悪い場合があります。

任意の2つのJタイプをまとめると、2つの磁石の正の極の対抗のように見えることがあります。

対抗するJが衝突するとき、関係は激しくなります。

これは、J-Jペアリングが比較的珍しいと思われる1つの理由である可能性があります。

さらに、INFJがINTJまたはENTJと関係性を持とうとする場合、Fe-TiおよびFi-Teの機能ペアによって与えられる相違は、不一致および誤解の可能性をさらに高める可能性があります。

 
まれに、INFJが他のINFJと関係性を持つと、確かに魅力と親密さの根拠になることがあります。

しかし、INFJはあらゆるタイプの中で最も実践的ではないので、Sの問題に気付かない時でさえあり、子供、お金、または他のロジスティック要素が姿を見せると、この関係性は困難に陥ることがあります。

INFJは、INFJのパーソナリティ機能のすべてを共有するENFJとの迅速な関係と(不思議な)相性を発見するかもしれません。

しかし、潜在的な欠点の1つは、ENFJが自分のdominant function FeをINFJに投影する傾向を伴うということです。(相手が自然に好むかもしれないより「生産的な」、あるいは「積極的な」ものになると期待して)

これは彼女らに自分自身にさらに大きな圧力をかけさせることにつながり、関係性上のトラブルを招くことになります。

しかし、状況が好くて、双方が十分に自己認識していれば、INFJ-ENFJの関係性がうまくいかない理由はありません。