INPタイプの確信への探求は健全?

INFP, INTP

他のタイプと同様に、INTPとINFPは本能的にdominant functionとinferior functionを統合したいと思っています。

INTPにとっては、個々のTiのメソッド(方式)と幅広いFeの哲学を調整することを意味します。

同様に、INFPにとっては、Teの幅広く客観的な世界観と独自のFiの優先を調和させることを目指しています。

しかし、これらのタイプがしばしば実現に失敗することは、この調和が生涯の最初の半分に起こる可能性は低いということです。

これは、INPが自信を持ってFeまたはTeの結論に達する前に、まず自身のauxiliary functionおよびtertiary function(Ne&Si)を十分に調査して開発しなければならないからです。

要するに、INPは、Neのアイデアの幅広さをテストし、実験するために、Jタイプ(判断タイプ)の信念と確信のポイントに達するまでに多大な時間を必要とします。

残念なことに、INTPやINFPは、実際に時間をかけてそれを試さずに自信を持ってJの哲学に到達できると信じるという思い込みをします。

彼女らは、内向的感覚(Si)の時間と経験の助けなしに空論的な哲学者として機能しようとするかもしれません。

したがって、Neの観点からは、すべての理論が多かれ少なかれ平等に扱うことができるので、理論が実際に価値があるという確信を見つけることは困難です。

INPが「機能スタックを飛び越えて」単一の理論または認識を手に入れようとすると、それらは通常、時間の経過とともに彼女らの心を変えてしまいます。

これらは、彼女らを落ち込ませ、方向を分からなくさせ、漂わさせます。

彼女らは、何も分からないという恐ろしい感情に対する答えを持っているという幸せな感覚に陥ります。

機能スタックを飛び越えたINPはしばしばこのような極端を揺れ動き「大事なものを無用なものといっしょに捨てる」傾向があります。

彼女らが何であったか、確信に至る方法を知ることができるか、を自身のSiに相談することはしません。

代わりに、彼女らは自身のNiに、収束的な知識や意味のどんな感覚をも破棄させます。

この問題は、INPの真実の探求だけでなく、彼女らのキャリアや関係性においても顕在化します。
これは、部分的には、INPが自身の生活の哲学をキャリアや関係性の基盤と考えているからです。

そこで、「自分自身を理解すること」や、自身の哲学を理解することすら迷うと感じるならば、彼女らはキャリアまたは関係性を選ぶことに関して麻痺していると感じるでしょう。

彼女らは、自身が誰で、何を信じるべきかを明確に定義するまで、仕事や関係性において真に機能できないと感じるかもしれません。

したがって、彼女らは継続的な熟考のために行動を遅らせます。

INPは、彼女らの現在の理解と一致しなくなった場合、自身のキャリアや関係性を突然放棄することさえあると知られています。

これもまた、収束したエンドポイント(終点)に対するinferiot functionである外向的思考(Te)または外向的感情(Fe)の要望を素早く満たそうとする際の極端な考えに起因しています。

INTPとINFPのよりバランスの取れたアプローチ

この感情的なジェットコースターを避けるために、INTPおよびINFPは、Jタイプではないことを最初に認識すべきです。

彼女らの仕事は、生涯の早い時期に、収束したTe / Fe答えを知ったり、提供したりすることではありません。

代わりに、INPはNeのアイデアや可能性を探求して批評するように設計されています。

彼女らの役割は、科学者や預言者のそれよりも、芸術家、懐疑的者、批評家、またはtinkerer(あれこれ楽しむ人)の役割により似ています。

したがって、INPは、J理論を開放的にしておくことで良しとしておく必要があります。

確かに、彼女らは徐々に自分自身と世界の理解を次第に発展させ、洗練させますが、彼女らが(あるいは彼女らの現在のお気に入りの理論家が)一日ですべてを解決できる「ショットガンアプローチ」の魅力に抵抗する必要があります。

この言葉を受け入れないINPは、単にあなた自身の経験を考慮に入れ、もし「一度だけの」アプローチが過去にあなたのために働いたかどうかを確認してください。

INPは、自身や自身の世界観を最終的に定義するために努力するのではなく、単に一般的な指向性の方向を必要としています。

他のタイプと同様に、彼女らは生活の中である程度の方向性を必要とします。

この一般的な方向性を特定するために、INPは過去の(Si)(これは20代後半のINPにとって特に当てはまります)を参照するかもしれません。

彼女らは、Siを使って歴史的なスキルや興味を思い起こさせることができます。
これは、少なくとも永続的な意味ではなく、大幅に変化することはないでしょう。

これは彼らのキャリアと関係性にも当てはまります。

INPは現在の仕事を放棄するのではなく、現在の分野でより確実に機能する方法を探し求めている方がよい場合があります。

そうすることで、理想主義があまりにも強く絵を描くことを許さないように注意する必要があります。

なぜなら、理想主義は、失望したときに急速に極端な冷笑に変わることがあるからです。

一般的な目的は、彼女らが一般的に関心を持っている、あるいは信じている分野で、上位2つの機能(INTP:Ti/Ne、INFP:Fi/Ne)を一貫して使用できるようにする作業を特定/作成することです。

「理想的な」キャリアフィールドであるかどうか尋ね続ける必要はありません。

最初は難しいかもしれませんが、彼女らはJのエンドポイントが時間内に自分自身をケアすると信じる必要があります。

最後に

彼女らのinferior function(Fe or Te)は収束的な答えを求めているので、INTPやINFPが、答えは世界中が彼女らから望むものと仮定することは容易です。

彼女らは、世界が彼女らの疑問、懐疑主義、またはNeの選択肢や可能性の無限の供給のために役に立たないと仮定します。
しかし、これらの仮定は、単に彼女ら自身の主観の投影です。

真実は、世界が彼女らに厳密な質問をしたり、既存の理論に穴を開けたり、創造的で探検的な「思考のための食べ物」を提供する必要があるということです。

私たちは、世界が本当に必要としているのは、TeやFeの洞察、答え、分析ではなく、より多くのアートピースだ、と投影するINJの中に同じような間違った同様の仮定を見ます。

これはもちろん、なぜ類型学が各タイプのinferior functionに関連する一般的な障害のブロックを明らかにするか、非常に貴重なものになる可能性があります。

Posted by melancoly