INFPの性格 byINFP

INFP

ここでは、INFPの認知機能と、それが日常においてどのように役割を果たすかについて説明します。

INFPのdominant function:内向的感情(Fi)

内向的感情(Fi)はINFPの主要な生活様式です。

Fiは個人的で、密接に保持されている価値観、信念、理想、アイデンティティの内部価値体系といえます。

誰もが独自の道徳的基準を持ちますが、INFPと他タイプの違いは、INFPが個人的価値観に基づいて決定を下すということです。

これは、Fiが判断機能であるためです。

 
FiはINFPの意思決定プロセスの基礎となり、彼女らがどのように世界を見て解釈するのかを形作ります。

Dario Nardi博士は、Fiを「自分らしくあることを保ち、個人的なアイデンティティに合っていると信じていることを選択し、それに固執する」と定義しています。

 
Fiは内向きの機能であるため、外部世界で明確に表現するのが難しい場合があります。

FiはINFPの心の中で完璧な意味を持つかもしれませんが、それを外的に表現しようとすると、混乱したり、表現しようとするもの何もかもが「混乱したもの」のように見えるかもしれません。

したがって、INFPは深く感じた世界観、信念、価値観を外向きに定義するのに苦慮するでしょう。

 
しかし、INFPは外向機能(NeおよびTe)を発達させるときに、自身を表現する有効な方法を見出します。

これは、抽象的なアイデアやシンボル(Ne)、時にはプログラム主義的事実(Te)として浮び上がることがあります。

また、これは、INFPがしばしば執筆や音楽などの芸術形式を通じて自身を表現することを楽しむ理由でもあります。

Fiのステレオタイプ

INFPのようなFiユーザーの一般的なステレオタイプや誤解は、彼女らが外見上感情的であるということです。

INFPは深い感情(そしてそれらについての多く)を持っていますが、これは通常外向きの感情表現ではなく内部の安定性として現れます。

したがって、INFPは外部的には思考タイプように見えるかもしれません。

Fiは、内的構造を常に構築し変化させるプロセスであるという点で、内向的思考(Ti)に似ています。

 
INFPは深く思いやりのある、情熱的な人であるときに、冷たい、よそよそしい人と受け取られるときに不満を感じます。

Fiは人々、物、そして場所への愛着を発達させますが、それには時間がかかります。

INFPは、何かに対して強く忠実であるか、個人的な意味を持つことがあります。

Fi vs Fe

Fiをよく理解するには、外向的感情(Fe)と比較すると便利です。

内向的機能としてFiは集中的ですが、Feは広範です。

Feは自身のエネルギーを幅広い客体に分配しますが、Fiは自己や特定の「対象」に集中します。

したがって、Feは客観的で、Fiは主観的です。

 
Fiは独立して形成されますが、Feは集合的に形成されます。

Feはしばしば対人調和に焦点を当てていますが、Fiは個人的に心を動かされたり、影響を受けたりした人を助けることに重点を置いています。

 
Fiユーザーは対人調和を気にすることもありますが、それは主に争いを避けるためです。

Feは他人との交流(対人関係)の際に刺激されますが、Fiは内省(自己の精神)によって刺激さます。

Fiの人生での役割

Fiは、人生に方向性、意味、目的を提供する内部のコンパスとして記述できます。

Fiは、導く光、内面の炎、そしてINFPの人生の基礎のようなものです。

Fiは人を深く気遣い、周りの人々の外観の裏にあるものを理解するよう導きます。

 
感情的な問題に対処するという点で、INFPは非常に独立的でプライベートになることができます。

これは祝福と呪いの両方です。

彼女らのFiは、それが啓発的であるほど圧倒的なものになります。

彼女らが成熟するにつれて、それは自己保証の感覚と静かな自信を提供します。

INFPのauxiliary function:外向的直観(Ne)

外向的直観(Ne)は、可能性を見ること、つながりを作ること、象徴的で抽象的な方法で外部世界を理解しようとするものと定義できます。

INFPの場合、auxiliary function Neを開発することは、より大きな自由、創造的表現、有意義な個人開発の鍵となる可能性があります。

 
INFPの洗練された内部価値体系を補完することと、世界を知覚するための豊かな直観的な方法(Ne)は、INFPの社会変化の強力な力となります。

彼女らの強い価値観と、恵まれない人々に対する強い共感と、外部の世界を理解する深い洞察力のある方法が相乗効果をもたらします。

 
Neは情報収集プロセスであることを理解することが重要です。

しかし、INFPは、自身の内部価値体系をサポートする情報だけを取り入れることから抜け出せなくなることがよくあります。

これは、批評への鋭敏な感受性と、他者への非現実的な期待につながる可能性があります。

 
自身の価値観を支えるためだけではなく、社会をより根底から客観的に理解できるように、外部の世界を理解するための情報を取り入れるのです。

これにより、INFPは他人へ、より現実的な期待を持つことができます。

 
INFPは、世界のより正確なイメージを含めるという視点を広げる一方、この新しい情報が、深く保有する価値観システムを脅かすことはないことを覚えておく必要があります。

また、新しい情報を取り込むための動機を知っておく必要があります。

個人的なアイデアや価値をサポートすることだけではなく、心を開き、新しい概念(個人的に価値を感じない概念)を理解することが重要です。

これは情報を客観的に知覚することを学び、自身の価値観に即座に適応させることではありません。

INFPは、さまざまな視点から物事を見て、他の人や世界をより深く理解することができます。

INFPの外向的直観(Ne)を発達させる方法

Neを開発するためのステップが必ずしもあるわけではありませんが、ここではそれを明示するためのいくつかのアイデアがあります。

 
異なる人々が同じ状況でどのように行動するかを考えてみましょう。

人々がそれぞれ状況をどう見るかを理解しましょう。

判断を下したり自分のものと比較したりすることなく、相手の視点を理解してください。

 
質問をする!

他の人がどこから来ているのかを理解しましょう。

あるINFPは、異なる文化や背景の人々と話すことを楽しんでいます。

なぜなら、他の人々はNeに燃料を供給する異なる視点を提供するからです!

 
誰もが自分たちの世界に住んでいることを忘れないでください。

すべての人が自分の人生を続けていることを理解し、他の人々の世界で何が起こっているのか想像してみてください。

判断を下したり自分の状況をあなたのものと比較したりしないでください。

 
ブレインストーム それが将来のキャリアのためのアイデアであろうと、次に進むべき場所であろうと、さまざまな選択肢を探求し、さまざまな可能性にあなた自身を開きましょう。

 
創造的な表現方法を探しましょう。

Neは創造的な表現方法 – 執筆、芸術、映画制作など – を見つけると、多くの場合、強力な力を発揮します。

INFPのtertiary function:内向的感覚(Si)

内向的感覚(Si)は、現在の着信感覚情報を過去の経験の集積と比較する能力、と定義できます。

外向的感覚(Se)は五感を通して現在の情報を取り入れますが、Siは内部の主観的な個人的感覚データの枠組みを通して過去の出来事を再現します。

 
また、身体の内部感覚や内部状態への認知に関して重要な役割を果たします。

それは外部刺激から離れた「感覚」へのアクセスを可能にします。

 
INFPがバランス感覚と安定感を見つけることを可能にするためには、Siの健全な利用を開発することが不可欠です。それは個人的成長の次の側面に役立ちます。

1.「現実の確認」を提供する

INFPのSiは、INFPをより確実性に近づけるために、Neの開放的な性質を微調整する現実的な力として働きます。

Neはさまざまな可能性を探求していますが、SiはINFPの人生における安定をもたらすためにどのような道筋があるかについての指針を提供します。

このようにして、SiはNeに対する「現実性のチェック」として機能します。

これは、キャリアパスや他の意思決定プロセスの選択などに役立ちます。

2.過去から学ぶ

事実や経験を覚えておくことで、SiはINFPの以前の過ちからの学習を補助します。

INFPはしばしば個人的な経験に多くの信頼と重要性を置いています。

それは独特で個人主義的な視点と世界観を作り出します。

これにより、INFPは過去に対して好意を持てるようになります。

たとえ彼女らが困難な幼少期を過ごしても、自身から学び続けることによって過去の経験に大きな感謝を感じるかもしれません。(しかし、あまりにも過去の遺産を強調することは、後で論じるように、不健全になる可能性があります。)

3.安らぎと快適さを提供する

Tertiary functionは、しばしば「安らぎ(relief)」機能と呼ばれます。

INFPは、Siを使用して日常生活の課題や要求から、安らぎや救済を得ることができるいくつかのルーチンや慣習を開発するかもしれません。

4.健康習慣を発達させる

Siは一貫性を促進します。

これは、INFPが健康と精神的バランスを維持する習慣を開発するのに役立つかもしれません。

これらの活動には、身体のの内的意識を伴うSiの側面に関わるヨガや瞑想も含まれます。

Fi-Siループ

Fi-Siループは、INFPがFi及びSiを使用し、他の機能を除外する場合に発生します。

これは、Siの不健全な使用がNeを抑制するとき、多くの破壊的な精神的パターンにつながる可能性があります。

 
Fi-Siループは、衰弱する自己苦痛の状態であり、INFPは、感情や過去の出来事を再現し、過度に分析するサイクルで立ち往生する可能性があります。

これは、絶望、罪悪感、自己責任、無力感、狭い視野、過敏感をもたらす可能性があります。

INFPは外部環境から後退し、Neを刺激し成長させる新しい可能性や経験から自身を閉ざす可能性があります。

 
このループから抜け出す鍵は、Neを使用することです。

SiとNeはお互いを抑制し補完することができるので、これは難しいことがあります。

Neは新しい事を探求して試してみたいと思うかもしれませんが、Siはこれまで試みられてきた事を守るために新しい経験を止めたいかもしれません。

しかし、これらの2つの機能は、Neが新しい情報を収集するときに一緒に働くことができ、Siは新しい情報をフィルタリングし、後で描画するために保存します。

 
Siを開発することで、INFPは日常生活の中で安定、安全、快適性を感じることができます。

これは、不健全な精神的パターンを避けるために、NeにSiと同じ重要性が置かれている場合に限定されます。バランスは重要です。

INFPのinferior function:外向的思考(Te)

外向的思考(Te)は、客観的に体系化し、外界を論理的に理解するプロセスと表現することができます。

Teは、感情や価値観ではなく、論理と事実に基づいた意思決定プロセスです。

Teは、論理的、逐次的な順序でタスクを見る能力を伴い、成果と目標を達成することに焦点を当てています。

 
Tiはプロセスとその正確さに欠陥を見いだしますが、Teは結果や成果そのものの効率性により関心があります。

Teは環境をコントロールする必要があり、最大限の生産性を生み出すために、その内部とその内部の人々を編成することに非常に優れます。

Inferior「Grip」

INFPの場合、Teはinferior functionであり、通常、無意識で発達が遅いです。

人生の初期段階では、ストレス時に現れることが多く、しばしば逆効果的、否定的、子供的なものとして現れます。

この状態はしばしば「grip」と呼ばれます。またはINFPのこの状態は「ESTJモード」と呼ばれます。

 
INFPがストレスを感じている時、とても実用的で、横柄で、短気になることがあります。

また、彼女らはTeによって非常に生産的になることがあります。

また、すべてのタイプが「grip」を経験し、反対のタイプの特性を示すことに注意することも重要です。(たとえば、INFJはストレスがかかるとESTPのようにペースの早い動作を示す場合があります。)

 
「grip」の間、INFPはとても批判的になり、正確性の追求に執着することがあります。

この状態の間、彼女らは他者を(そして自身を)無能と判断し、これを補うための措置を取ることの衝動を経験するかもしれません。

彼女らはまた、自身の環境の乱雑さに対して過敏になる可能性があります。

 
Teの効率的な使用の欠如は、INFPの経験に共通する多くの困難さを説明するものです。

これには、論理的な意思決定、問題解決、生産性、時間管理、流麗なコミュニケーションに苦労することが含まれます。

さらに、自身の目標や可能性を達成することは決してないという気持ちになることも含まれます。

したがって、この機能を開発することは、INFPが生活の中でバランスと生産性を生み出すのに役立ちます。

パーソナリティの発達

まず、意思決定(Fi)の際に私たちが常に個人的価値をより重視するため、inferior function Teを完全には使用しないということを受け入れることが重要だと思います。

しかし、Teは、INFPが方向を見つけ、個人的価値に基づく目標を達成するための行動計画を立てることによって、Fiを補完することができます。

 
(すべてのタイプの)inferior functionは「欲望の役割」を持っています。

Inferior functionは通常、人生半ばまで発達しませんが、それを信頼して発達させることを学ぶにつれ、それは私たちの生活の中でより深い意味とバランス感覚を提供することができます。

多くの場合、情熱、目的、理想の感覚は、私たちのinferior functionに類似した属性を持ち、それに関連しています。

 
たとえば、INFPは特定の目標を達成することを望むかもしれませんが、彼女らのTeは目標に向かって働くように促してくれるでしょう。(これ自体は問題ありません)

 
人は特定の機能を「開発する」という意識的なコントロールをいつも持っているとは限らず、特にINFPにとってはTeがinferior functionであるため、効果的に使用するには何年もかかることがあります。

 
しかし、このプロセスを促進するための実践的な方法がいくつかあります。

重要な決定を下す際には、決定に関するすべての情報を長所と短所のリストに整理しましょう。これは、意思決定の方法があなたの価値観とどのように調和しているかと、決定の論理的な結果の両方を含めます。

あなたの毎日の仕事と時間をリストを書いて整理し、一定期間の仕事に集中してください。

 
概して、TeはほとんどのINFPにとっての苦労です。

ただ、あなたの強みを祝う価値があることを覚えておいてください。

大小を問わず、目標を達成するたびに、少しでも自身に信用を与えましょう。

関連記事

Posted by melancoly