INTPの適職とキャリア

ENTPの求職者にとってしばしば当てはまるように、INTPにとって満足のいくキャリアへの道は、困難で険しいものになる可能性があります。

INTPは、キャリアに定着する前に、自分自身と世界での彼女らの場所を理解しなければならないと感じています。

これには、自分の強みだけでなく、個人的な興味や価値観の認識も含まれます。

彼女らがしたいことを正確に見極めることは、INTPにとってイライラさせる出来事であり、多大な時間と実証を必要とします。

そのニッチが完全に明瞭に現れるには、何十年も、何十年もかかることがあります。

このため、高等学校から「理想的」な大学を選択することは、おそらく多くのINTPにとって非現実的です。

彼女らの堅固な個人主義のために、INTPは伝統的なキャリアの選択肢に満足を見つけるのに苦労するかもしれません。

また、従業員として機能することを躊躇させる可能性もあります。

彼女らは他の人に答えるという考え方に嫌悪感を持ち、組織のビジョンを自分のものとして受け入れることに困難します。

INFPのように、彼女らは与えられた仕事の些細な(つまらない)、または無意味な側面に敏感です。

これは、すべてに対して疑問を持つよう促す彼女らの本質的な懐疑主義によって激化します。

その結果、多くのINTPは独立して仕事をしたいと考えています。

彼女らは自分の仕事に対する完全な自主性とコントロールを望んでいるので、自分たちの興味を自由に追求することができるように、「システムを逃れる」ことや財政的に独立する場合があります。

INTPのホランドコード/興味

INTPのキャリア興味の議論を方向づけるために、John HollandとStrong Interest Inventoryによって記述された6つのテーマについて説明します。

ホランドのキャリアのテーマには、現実的(R)、研究的(I)、芸術的(A)、社会的(S)、企業的(E)、慣習的(C)の各領域があり、これらは「RIASEC」と呼ばれることもあります。

これらの文字は、複数文字の「ホランドのキャリアコード」(例えば、IAS、RAI)を形成するパーソナリティタイプと同様の方法で組み合わせることができます。

これは、個人が自分の最良のキャリア選択肢を認識するのに役立ちます。

現実的領域に興味を持っている人は物理的な実践作業を楽しむことが多く、機械(例えば、車両の修理、コンピュータによる工作、建設)を伴うことが多いです。

彼女らは、コンピュータサイエンス、エンジニアリング、または建築などのキャリアを選択するかもしれません。

そのような人は、しばしば、視覚または運動感覚の学習者であり、一般に空間認識力として知られているものに優れています。

強力な空間認識力を持つ人は、立体図を構想し心的に回転させるだけでなく、概略図や図を使用することがよくあります。

間違いなくアインシュタインはこの点で優れていました。

現実的は、多くの場合、人々よりも「もの」を使った作業を楽しみます。

したがって、この興味領域は感情(F)を選好することと関連しているのは当然でしょう。

研究は、直観(N)、感情(F)、および判断(J)タイプの方が感覚(S)思考(T)知覚(P)タイプよりも、現実的な仕事にある程度引き寄せられていることを示唆しています。

INTPはISTPより現実的ではありませんが、INTPにはうってつけの現実的なキャリアがいくつかありますが、その多くは以下にリストします。

INTJの求職者と同様に、研究的領域は、分析的、科学的、および学術的興味を含むINTPにとっての代表的なホランドの領域です。

研究的タイプは、アイデア、理論、事実、またはデータを使って作業することを楽しみます。

一般的に、適性検査の数学的な部分でよく機能します。

物理学や数学に興味を持つ人は、しばしば科学技術、工学、コンピュータサイエンスなどの分野でのキャリアを追求します。

「物事」を調査するのに興味がある人は、一般的にホランドのIR(研究的-現実的)コードを持っています。

INTPの研究的興味領域は、自然科学(物理学など)から社会科学(歴史、経済、心理学、社会学、地理学、人類学、考古学、政治学など)までさまざまです。

多くのINTPにとって、自然科学は、精度、忍耐、細部への配慮の点であまりにも多くを要求しているように見えるかもしれません。

または、彼女らはあまりにも現実的すぎるか、またはあまりにも人々の世界から遠く離れすぎているように見えるかもしれません。(詳細は後述)

IA(研究的-芸術的)興味を持つINTPは、しばしば心理学的または社会文化的な問題に関わり、社会科学、哲学、批判理論、調査ジャーナリズムを研究したり、ノンフィクションの文章に取り組んだりするかもしれません。

研究的のように、芸術的興味を持つ個人は、しばしば知的または文化的な方向性を持っています。

彼女らは適性検査の言葉に関する部分で特にうまくいきます。

この興味領域は直観(N)に関連するだけでなく、程度は低いが感情(F)と知覚(P)に関連しています。

芸術的タイプは、芸術と人文科学を学ぶ学生の間に非常に見受けられます。

IA(研究的-芸術的)興味のように、AI(芸術的-研究的)興味を持つ人々は、哲学、社会科学、または学際的な研究に魅了される可能性があり、そのすべてが彼女らのパーソナリティの創造的で合理的な側面を利用することができます。

彼女らのauxiliary function 外向的直観(Ne)のために、芸術的領域は通常、INTPの上位3つの興味領域の1つです。

しかし、研究的への選択と組み合わされると、通常、アイデアを革新したり合成したりするという願望が現れます。

これが、ライティングが(それがノンフィクションでもコンピューターコードでも)、論理性(Ti)と創造性(Ne)の両方を定期的に使用できるようにさせ、INTPに特別な魅力を与えることができる理由です。

社会的興味領域の個人は、他者と一緒に働くことを楽しみます。

この領域は、現実的領域と概念的に反対であることがよくありますが、一部の人は、人と物の両方で働くことを楽しんでいます。

社会的領域は、外向(E)と感情(F)の選好に関するものです。

この記事の後半で説明するように、INTPは、そのinferior function 外向的感情(Fe)の影響を受けて、社会的キャリアを選択する可能性があります。

例えば、カウンセリングやヘルスケアの仕事、職業、専攻に引き寄せられます。

企業的領域は、製品、アイデア、またはサービスの宣伝を伴います。

そのような個人は説得力があり、主張的であり、競争的環境を楽しむ傾向を持ちます。

典型的な企業的キャリアには、営業とマーケティング、ビジネスと経営、法律、政治、ジャーナリズム、保険、株式取引が含まれます。

企業的タイプはしばしば外向(E)を選好します。

オンラインや書面など、企業的仕事が直接的に行われる場合、INTPはしばしばこの領域の仕事を回避します。

慣習的領域に興味を持つ個人は行政業務に優れます。

彼女らはデータを操作するのに習熟し、組織立っており、細部を重視しています。

この領域の人は、感覚(S)、思考(T)、および/または判断(J)をしばしば選好します。

先に述べたように、INTPは通常、慣習的仕事を避けながらも、必要なときにそれを適度に実行することができます。

決して包括的なキャリアリストではありませんが、INTPは探求に値する次のキャリア、仕事、または専攻を見つけることができます。

現実的(R)キャリア

コンピュータサイエンス、システムアナリスト、プログラマー、情報科学

コンピュータ/技術修理

ソフトウェア設計

エンジニアリング(すべてのタイプ)

メカニック

住宅修繕/改善

物理学、数学

林業、公園管理人

園芸

建築家

環境科学

研究的(I)キャリア

生物学、神経科学

健康科学

研究者または研究助手

社会科学(心理学、地理学、歴史学、社会学、政治学)

環境研究

哲学、批判理論、神学

人口倫理、神経倫理、道徳科学

比較宗教

平和研究

情報/図書館学

保険数理士

財務計画/プランナー、株式トレーダー

調査ジャーナリスト、記者、作家

ノンフィクションライター

検索エンジン最適化(SEO)またはコンバージョンアナリスト/コンサルタント

環境法、弁護士

芸術的(A)キャリア

グラフィック/ウェブデザイン

作家、ブロガー、インディーズ/自己出版

社会的(S)キャリア

大学教授

企業的(E)キャリア

起業家/中小企業のオーナー

オンライン/戦略的マーケティング

コンピュータ/情報システムコンサルタント

ビジネス/財務コンサルティング

慣習的(C)キャリア (典型的にINTPに避けられる)

INTPのキャリアの中でのinferior functionの役割

INTPのinferior function 外向的感情(Fe)の影響は彼女らの職業興味の中で、しばしば低く見積もられています。

INTPは、STEM(科学、技術、工学、数学)のような思考(T)指向の仕事に夢中になると思われるかもしれませんが、彼女らのinferior function Feは多くのINTPに、心理療法、聖職者、マーケティングなどの感情(F)指向の仕事を求めるよう促します。

INTPは知識を求め、それを他の人と共有できるキャリアを夢見ているかもしれませんが、人々指向の/ Feの仕事をしている人はしばしば困難に直面します。

INTPは少数の人間の関与を歓迎するかもしれませんが、あまりにも多くの人との関りは彼女らを疲れさせたり、挫折させたりします。

彼女らは、人々をなだめることをしなければならないことが、特に都合が悪い場合、または感情的に負担を感じている場合にはに直ちに疲れます。

彼女らはまた、より多くの時間や、独立して、考え、研究し、創造するための一人の時間を熱望してしまうでしょう。

最後に

自分の興味を追求するために必要な時間とスペースを確保するために、INTPはライフスタイルの選択について注意深く考える必要があります。

彼女らは、他の人々が財政的に彼女らに依存することを望むか、彼女らの時間を要求することを望むか慎重に検討慎重に検討しなければなりません。

いくつかの点では、(特に子供と一緒に)人生の早い時期に家族を選ぶ人は、INTPとして最適に機能する能力を傷つけることがあります。

彼女らが家族をサポートしながらニッチを見つけることは非常に難しいことがあります。

もちろん、INTPにとっても関係性を守ることは決して容易ではありません。

いずれにしても、キャリアと関係性の両方の満足を求めている人は、自分のコミットメント(決意)を結晶化させるために、人生の後期まで待つのが賢明かもしれません。

INTPは真実を発見して研究することが大好きです。

彼女らは、発見のために情報を読んだり、収集したり、個人的な実験をしたりするのを楽しみます。

彼女らは正式研究に対する嫌悪でTJと異なります。

形式的に物事をテストするのではなく、通常、INTPは独自の論理、方法、思考実験に頼ることを好みます。

INTPは独立したクリエイターと研究者として働くことを愛するので、彼女らの重要な懸念事項の1つは、そうすることでお金を稼ぐ方法です。

これは、フリーランスライティング、ブログ、コーディング、ウェブデザイン、または起業家精神の他の形態のようなアイディアについて考え始めることを彼女らに促すかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です