INTP vs. ISTP byMF

INTPとISTPの違いについて記載します。

Dominant Ti

Tiタイプは物事を分析するのが好きです。

彼女らが尋ねる質問のほとんどは、なぜ、どのように物事が働くかに関します。

その結果、機械や設備の修理方法を理解することに優れます。

Tiタイプは通常、自分の考えを静かに考えるのが好きで、外に表しません。(例外はあります)

 
彼女らの論理的感覚(logic of sense)は、通常、内部的なものであり、外部の証拠や外的論理のいかなる形にも依存しているわけではありません。

なぜ彼女らが自分の心の沈黙の中で、それを通して働きたいのかという更なる理由があります。

ここで「沈黙」と言うとき、必ずしも彼女らが沈黙するための物理的環境を必要とするのではなく、彼女らの思考を声に出す必要性をしばしば感じないことを意味します。

 
あるIxTPがコミュニケーションの障害に陥っていました。

なぜなら、その人は自身の頭の中で会話をしただけで、発声していないことを必ずしも認識してなかったからです。

多くの場合、IxTPは最小主義と効率性を重視しますが、それは必ずしも達成されるとは限りません。

 
彼女らは正確な言葉を正確に表現しようと、慎重に言葉を選ぶという点で、正確な言葉を使う傾向があります。

どちらのタイプも、必要であれば不快な質問をしたり、人々の論理を無視することに問題ありません。

IxTPは、後で分析レンズを介して客観的に人生を見る現実主義者です。

Auxiliary Se vs Ne

INTPはアイデアを愛しています。

彼女らのdominant-Tiと結びつき、アイデアを生み出すNeの能力は、しばしば彼女らを偉大な革新者や発明家にします。

同時に、多くのINTPは、実際には実行されないものもある、自分の考えを生成して分析するのに多くの時間を費やす可能性が高いです。

しかしそれが絶対とは思わないで下さい。

 
十分に完成され、すべてのアイデア(彼女らが重要であると判断するもの)を実行することができるINTPが多くいます。

それらのINTPは常に素晴らしいです。

それらは自身のすべてのアイデアを常にテストする人です。

INTPは、主に理論上の可能性のある世界で生きるものであり、何かを見つけ出すことができるかどうかほど、何かを得るかどうかは必ずしも気にする必要はありません。

 
あなたがIxTPの友達を抱えているのは面白いことです。

INTPは、実行するつもりのないあらゆる種類のアイデアを創り、ISTPはそれらのアイデアを即座に把握し、INTPがそれらを止める機会を得る前にそれらを実行します。

 
もちろん、ISTPはINTPよりはるかに行動に焦点を当てます。

ISTPは、Tiを使用して複数の角度から状況を分析し、その時点で何かを達成するために行動することで、自身の環境を自身の利点に利用することに特に優れています。

これはしばしば彼女らを無謀かつ衝動的にすることがあります。

しかし、一瞬の判断を下すことは、彼女らをより鮮明にするでしょう。

よく発達したISTPは、他の誰もがパニックに陥っている間に、起こったこと、それが持つ可能性があるすべての影響を理解し、行動し、絶体絶命のピンチから皆を救います。

 
ただし、ある人がスピードを出して運転するのが好きであっても、Seユーザーであるとは限りません。

S機能を区別するために、その人物が現在または過去に焦点を当てているかどうかに注意を払いましょう。

同様に、彼女らが変化に適応するかを観察しましょう。(SeはSiよりはるかに優れた方法で驚きに適応します)

 
INTPは物語を創造的に伝えようとします。

彼女らはおそらく過去形で物語を語り(Si)、話しているようにそれをあたのために解釈します。

「彼女は__しました、なぜなら__だからです。」

 
彼女らのNeが将来参照するために、Siメモリとして保存するように解釈して準備していることに関係する物語のモラルがあるのでしょう。

INTPは、ISTPよりも、話の中の人々のつながりに焦点を当てる可能性が非常に高いでしょう。

INTPは、物語を語る(Si)ときに、最近の/現在の経験を過去のものに関連付けることがよくあります。

 
ISTPは、話がすでに起こっているのではなく、今起こっているかのように、現在形であなたにすべての細部を伝えます。

彼女らが焦点を当てた詳細は、おそらくINTPよりも行動ベースであり、必ずしも意味や解釈を想像しようとはしません。

TiSeは主に何が起こったかを気にかけ、意味は後から来ます。

Tertiary Ni vs Si

IxTPは最小主義を重視する可能性があり、tertiary functionはそれらを達成するかどうかを決定するものである傾向があります。

通常、TiNiはTiNeよりも直接的に焦点が絞られているため、ISTPの方がこれにおいて優れています。

 
INTPはISTPより感傷的です。ISTPは感傷的ではない可能性が高いでしょう。

INTPは過去の思い出を大切にし、家族の慣習を守ります。

さらに、彼女らは時系列的に時間を考え、出来事をイベントの線形進行として考えるでしょう。

 
ISTPは、イベントや伝統の秩序を必ずしも気にかけません。

ISTPは現在を生き(Se)、未来指向です(Ni)。

ISTPは、本質的に適応可能であるため、変化に対して困難しません。

ISTPは自分の環境を物理的に過度に認識します(Se)。

 
一方、INTPは、過去の環境を思い起こさせる環境により注意を払います(Si)。

Inferior Fe

IxTPは他の人の感情を自分のものよりずっとよく理解するでしょう。

彼女らは必ずしも自身が何を感じているのか、自身がなぜそれを感じているのかを常に認識するとは限りません。

悲劇が起こると、IxTPの最初の考えは、通常は自分自身より他人の優先です。

 
IxTPが親しい人を失った場合、彼女らの最初の考えは、他の人がまったく問題ないことを確認することです。

彼女らは自然に悲しみを欲しがるでしょうが、自身が一人の世界に後退したときに、他の人が見捨てられたと感じるかどうかについて心配するでしょう。

 
これは必ずしもそうではありません – Feがよく発達したIxTPによく起こります。

内的な道的システム全体を考案するのではなく、通常、IxTPにはアドバイスを与えてくれ、納得できる人を持っています。

INTP, ISTP

Posted by melancoly