IPタイプ:人間関係・相性

IPタイプは外部の平和を保つことに関して優れています。

彼女らは外側への適応のマスターであり、容易に他の人と調和し合うことができます。

外部の調和を維持するための彼女らの技巧にもかかわらず、多くは無意識のうちに、彼女らの人間関係における親密で効果的なコミュニケーションを発達させることができません。

INFP、INTP、ISFP、およびISTPが人間関係でのコミュニケーションに苦しんでいる理由を理解するには、機能スタックの構造を理解することが役立ちます。

すべてのIPタイプについて、その外向的判断機能(FeまたはTe)はinferiorの位置にあります。

これは、外向的判断機能が最も未熟であり、最も使用されておらず、彼女らの機能の中で最も発達していないことを意味します。

外向的感情(Fe)と外向的思考(Te)は、私たちの言葉や判断を表現するための機能です。

それらはまた、対人関係でのコントロールと自信の感覚を与えます。

FeやTeがdominantまたはauxiliaryである判断タイプとは異なり、IPは他人の行動に影響を及ぼすことに関して、比較的無力であると感じます。

特に発達の早い段階で、他人を指揮したり管理したりすることは不自然であると感じています。

IPは、自信を持って一貫した方法で口頭で表現することも難しいと感じることがあります。

 
IPは可能な限り直接衝突を避けることも好みます。

他の人との直接的な葛藤は、それに付随する恐れや不安を含む、自分自身のinferior functionに直面することをIPに要求します。

IPにとって、他人との葛藤の恐れと自分自身との葛藤の恐れは、しばしば同じものです。

これは、多くのIPがエニアグラム(6)、(9)、(3)などのように診断されているように、現れるかもしれない恥や不安のために本物の内省を避けることで有名な理由です。

他の人と真正面から向き合ったり正直な姿を見たりするのではなく、多くのIPは内なる恐れから自分自身をそらすのに苦労し、外界での葛藤を避けるよう努力します。

回避/気晴らしは、一定の責任を無視したり拒否することの形をとることがあります。

IPは義務を果たすのではなく、テレビを見たり、インターネットをサーフィンしたり、気晴らしの手段としてビデオゲームをしたりするかもしれません。

そのような行動は、直接的に直面したり、人生に参画することに伴う不安感を和らげたり、止めたりするのに役立ちます。

INFP, INTP, ISFP, ISTPの受動的積極行動

IPは自分自身を表現しなければならないと感じるとき、しばしば言葉ではなく行動を通じてそうします。

行動を表すものとして広く考えることができる感覚機能は、機能スタックでFe/Teの前に置かれているため、IPにとって言葉ではなく行動を通じて表現する方が簡単です。

だから、彼女らは愛や謝罪を口頭で表現するのではなく、しばしば行動によってそうするでしょう。

すべてのIP共通する、それほど健康的ではない行動のタイプは、受動的攻撃行動です。

受動的攻撃行動(P-A)は、認識された問題に直接直面するのではなく、間接的かつ過小な方法で欲求不満を表明することを含みます。

 
例えば、直接人間関係に対処するのではなく、IPは意図的にパートナーに対して反乱の行為として職場で意図的に遅くまで残業する場合があります。

IPは、彼女らが直接的な判断で相手を制御したり変更したりすることができないと感じているので、P-Aの嫌悪感を使って内的意思と独立を行使します。

例えば、会社に遅くまで残ることで、効果的に「あなたがわたしを抑えようと思っていることにうんざりしている。 あなたが私をコントロールできないことを知って欲しい。 私はあなたが思うよりも強いの。」と主張するかもしれません。

無力感を感じる人は、P-Aの行動が自立感や個人的なコントロールを保つ唯一の方法であると見る場合があります。

調和 vs. 健全性:IPの人間関係における混同

INFP、INTP、ISFP、およびISTPが人間関係の調和と健全性を同等にするのは簡単です。

外部調和はしばしば健全な関係性の一部ですが、本物の親密さや効果的なコミュニケーションとはほとんど関係がありません。

本物の親密さを発展させることは、非常に苦痛で困難なことがあり、自分自身や相手の恐れ、不安、自我問題との頻繁な対決を必要とします。

カップルがこれらの問題を解決しているとき、不和の瞬間はすべて避けられません。

これは、2人の知覚タイプが関わる関係性の潜在的な問題点を表しています。

両者が、自身の懸念が発言され対処されると主張するのではなく、単に適応または妥協している場合、真の親密さ、効果的なコミュニケーション、および関係性における満足を築くことはできません。

知覚タイプが関係性における独り善がりに移行するのは簡単です。

そして、これらのパターンがいったん成立すれば、それは本当の親密さへの長く困難な道になる可能性があります。

 
さらに、知覚タイプは共依存性を持つ傾向があるため、不健全な関係を切り離すのが怖いかもしれません。

関係性を終わらせるには、これまで見てきたように、IPが扱うのが非常に難しいかもしれない、外向的判断機能の重大な措置が必要です。

一般的な推奨事項

IPが20代後半までにFeやTeを開発することは珍しいので、これらのタイプがより若い年齢での結婚に同意すべきかどうかは疑問です。

これは、25歳より前に結婚する夫婦が離婚する可能性がはるかに高いことを示す研究によって支持されています。

法的にも公的にも支持されている結婚制度にとどまらず、不健全な関係を終わらせることの難しさを考慮して、結婚を保留することは、IPにとって特に賢明です。

INFPとINTPが30代前にキャリアに関して何をしたいかを滅多に分からないという事実は、関係上の困難を悪化させるだけです。

 
彼女らの恋愛関係におけるコミュニケーションの難題を解決するために、IPは相手を賢明に選ぶ必要があります。

INTPは、特に、破壊的な、風変りなアイデアを理解し、評価するのに十分な心の広い相手を求めなければなりません。

通常、これには別の直観タイプとのペアリングが含まれます。

他の直観タイプとのペアリングは、相手が真正であり、自分のアイデアに興味を持っているということを、IPが信頼するのを助けることができます。

比較的少数の自我防衛問題を抱えているか、少なくともそれを克服することに熱心な相手を選ぶことも同様に重要です。

 
IPはまた、彼女らの過去の関係性を分析して、彼女らがコミュニケーションに向き合えなかった所を知ることで恩恵を受けるでしょう。

彼女らは自分の自我が自らを保護しようとしているか、自身の内部処理から相手を除外して独立を主張しようとしている時に、感受性と意識を高める必要があります。

IPは、内向的機能に専ら依存するのではなく、相手とアイデアを処理するために外向的直観(Ne)と外向的判断機能(FeまたはTe)を使用する必要があります。

彼女らの人間関係における完全性を経験するためには、自分たちの思考、感情、判断を喜んで言葉に表す必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です