ISFPの性格 byPA

ISFP

David Keirseyは「ほぼすべての才能のある芸術家、画家、彫刻家、デザイナーはISFPである可能性が高い」と述べています。

彼は他のSPタイプとともに、ISFPを「Artisans(職人)」、つまり優れた芸術能力を持つものと分類しましたが、ISFPは、あらゆる種類の芸術的な才能を持ちます。

彼は、ISFPが人口の約9~10%を占めると推定しました。

ISFPの概観

一般的に、ISFPは自身やその周りの世界と触れ合う、優しく、思いやりのある人々です。

ESFPと同様に、彼女らは「現在を生きる」傾向があります。

静かで控え目であり、熱心な観察者です。

彼女らは今の瞬間と、周りで起こっていることを楽しみます。
 
 
思いやりがあり、敬意を払い、他者に対して意見を強いることはありません。

残念なことに、それらの穏やかな性質はしばしば誤解され、弱さと方向性の欠如として解釈されます。

 
ISFPは口頭で表現するのを嫌い、最も神秘的なタイプの1つです。

彼女らの会話への抵抗は、能力の欠如ではなく、無関心です。

他の多くのタイプとは異なり、ISFPは行動を通じて、しばしば芸術を通して自身を表現することを好みます。

 
ISFPは怠惰を嫌いますが、多くの計画を立てることなく、自発性を好みます。

ISFPにとって、何かをすることは何もしないことよりも良いことです。

彼女らは他のSPタイプのように本質的に衝動的なので、する必要のあることではなく、したいと思ったことを行います。

言うまでもなく、これは多くの未完成のプロジェクトをもたらす可能性があり、ISFP自身にとって非常にイライラすることになるかもしれません。

 
仕事のこととなると、ISFPは他人に奉仕したいと思い、金銭は二の次です。

しばしばISFPは、他の人が問題を解決したり、夢を達成するのを手助けする場面で、静かに働いています。

職場で幸せになるためには、ISFPには2つのことが必要です。

それは活動的になることと、他の人と関わることです。

彼女らが忙しくて役に立っていると感じる限り、賞賛、承認、給与はそれほど重要ではありません。

 
ISFPはしばしば、自身の支援を推進することを恥ずかしがり、しばしばより才能のない、またはより積極的なタイプに比べて機会を失います。

一般的に、ISFPは自身を過小評価する傾向があります。

彼女らが驚くべき仕事をしたならば、それは単なる偶然だと思うでしょう。

もし誰かが自身を褒めてくれれば、「実際には意味を持たない」と、それを却下します。

 
友人や家族との関係は、ISFPにとって非常に重要です。

他の多くのタイプとは異なり、彼女らは関係を育むのに多くの時間と労力を費やします。

彼女らが年を重ねるにつれて、長年の努力のおかげで、彼女らをよく知っている人々によって愛され、大切にされます。

彼女らのリラックスした、しかし活動的なスタイル、他の人たちに対する需要、人生での色々なことを楽しむ彼女らの能力は、彼女らをとても愛され、楽しい人にするでしょう。

ISFPの意味

ISFPは、内向(I)、感覚(S)、感情(F)、知覚(P)を表します。

内向的タイプであるということは、自分の考えや気持ちに内部的に集中することを好むということです。ISFPは他の人々の周りにいることを好むという事実にもかかわらず、休息して内省するために、多くの一人の時間を必要とします。

感覚タイプということは、抽象的なアイデアや概念ではなく、事実や詳細を好む実用的で現実的な人であることを意味します。ISFPは未来についてはあまり心配することはなく、過去について執着しません。代わりに、現在の瞬間に生きることを好みます。

感情タイプということは、人間関係を優先させ、直感(勘)に基づいて意思決定をする、暖かく、養育的であることを意味します。

知覚タイプということは、計画を信じておらず、オープンで柔軟性を保つことを好むことを意味します。一般に、すべての知覚者は自発的(即興的)な人です。

ISFPの他の名前

Composer Producer(作曲家・演出家)(Linda Berens, the author of “The 16 Personality Types”)

Artist(芸術家)(David Keirsey, the author of “Please Understand Me”)

Composer(作曲家)(David Keirsey, the author of “Please Understand Me II”)

Seeker and Keeper of Human Values(価値観の探求者・保持者)(Alan W. Brownsword, the author of “It Takes All Types”)

Amiable Artisan(優しい芸術家)(Jonathan P. Niednagel, the author of “Brain Typing” and “Your Best Sport: How to
Choose and Play It”)

Versatile Supporter(多様性ある支援者)(official MBTI site)

Adventurer(冒険家)、Sensual Artist(感覚的芸術家)(その他)

 
ISFPは4つの気質モデルの粘液質 – 多血質タイプと同等です。

ISFPの人間関係

ISFPは、パートナーのニーズを自分のものよりも優先する、支援的なパートナーになります。

彼女らが最初に恋に落ちるとき、彼女らはそれによって完全に消耗し、彼女らの将来と結婚について重要な決定を下し、結局それを崩壊させるかもしれません。

彼女らは純粋で、絶望的にロマンチックになります。

地位、財政的安全、知的相性、教育などのことは、愛に落ちたISFPにとって重要ではありません。

 
ISFPは財政状況が不安定で親戚がいない人、全く異なる背景の人と結婚することに問題はないと考えています。 ISFPが気にすることは次のとおりです。

 
誠実さ

一緒に楽しんでくれること

親密さ

理解されること

 
ISFPには、パートナーとの関係に対して明確な優先事項があり、関係性のために、彼女らは自分の人生において重要な変化を起こす準備ができています。

 
パートナーが望んでいる場合は仕事を辞める

パートナーを支援するために仕事を始める

別の国に移住する

パートナーを悩ませるなら、自身がしたいことをあきらめる

ISFPとINFJの相性

ISFPとINFJはよく似ています。なぜなら共通点を有しているからです。

どちらもプライベートで敏感であり、多くの一人の時間を費やす可能性があります。

双方は関係の優先順位を決めるため、お互いに非常に配慮し、できるだけ互いを喜ばせようとします。

さらに、両者は調和を望んでおり、争いを避ける傾向があり、関係が非常に安定します。

 
否定的な面では、ISFPはINFJが過度に複雑化し、物事を考えすぎているように感じるかもしれません。

ISFPは、INFJのパートナーがより「現在を生きる」ことを望みます。

もう一つの潜在的な問題は、INFJが自分の思考に忙しく、ISFPはINFJに思考を減らし、より行動してほしいと思うことです。

 
金銭はもう一つの潜在的な問題です。

INFJは倹約的な傾向がありますが、ISFPは自由に、楽しく消費することが好きです。

 
どちらのパートナーも争いを回避する傾向があるため、少しの相違が大きな問題になるまで議論を避けることがあります。

ISFPとINFPの相性

ISFPとINFPは共通点が多いですが、それを互いに引き合わせるのは双方の違いです。

ISFPはINFPの独創性に惹かれ、INFPはISFPの神秘的で楽しい能力を賞賛します。

 
否定的な面では、ISFPはINFPの期待に応えられない可能性がります。

INFPは彼女らの関係を理想化する傾向があり、現実が期待を満たさなければISFPは罪悪感を感じるかもしれません。

ISFJ vs. ISFP

よくある質問は、ISFJとISFPの違いは何か、です。

答えは、ISFPとISFJが3つの選好(I、S、F)を共有しており、明らかに共通していることがあります。

どちらも敏感で、静かで、現実的です。ただし、それらの間にはいくつかの重要な違いがあります。

ISFJ ISFP
慣習的 非慣習的
慎重 楽観的
権威を尊重する 権威を尊重しない
熟考的 陽気
計画的 即興的

ISFPの強み

注意深い

楽観的

良い聞き手

良い趣向

フレンドリー

控えめ

誠実

柔軟性

陽気

ISFPの弱み

計画的ではない

始めたことをしばしば終わらせない

争いや批判を避ける

組織的でない

言葉に表さない

Posted by melancoly