外向的直観 vs. 内向的直観

直観は時に「第六感」と呼ばれます。

論理的または演繹的な方法とは異なり、それは理解のポイントにどのように到達したかを正確に説明することができないけど、理解する手段です。

したがって、直観の「方法」は多くの点で理解する人(直観タイプ)から隠されています。
それはほとんど無意識の動作です。

したがって、感覚に類似した方法で、直観は意識的に開発されているのではなく、「与えられた」という性格を持っているという感じがあります。

Myers-Briggsの分類法の中で、直感はより具体的な意味を持ちます。

無意識的で非論理的な知覚方法に頼ることに加えて、dominant functionが直観機能であるタイプ(INFJ / INTJ&ENFP / ENTP)は、dominant functionに判断機能を持つタイプ(すなわち、IP&EJ) よりもオープンかつ受動的(すなわち、知覚)な存在形態であることを意味します。

彼女らが外部の義務によって制約されていないと仮定すると、直観タイプは容易にルールやアジェンダ(議題)を自分自身に課す傾向にはありません。

彼女らの本質的な傾向は、のんびりと、オープンで、受容性のある方法で一日を始めることです。(これはIJにも当てはまります)

この点で、彼女らはIPやEJとは異なります。

IPやEJは目標、意図、または少なくとも自身が何かを「すべき」という感覚(すなわち、合理的な判断プロセスに従事すること)で一日を始めることが多いでしょう。

外向的直観(Ne) vs. 内向的直観(Ni)

ユングとMyers-Briggsの両者によると、直観には2つの種類があります。

外向的直観(Ne)と内向的直観(Ni)です。

それらは両方とも上述の直観の一般的な特徴を含んでいるので、多くの人々はこの2つを区別するのに苦労するでしょう。

ユングによるこれら2つの機能の区別を理解するためには、内向性と外向性に関する彼の見解の背景を理解することが役に立つでしょう。
ユングは外向性を広範かつ幅広いものと見ました。

私たちは多くの場合、外向型を比較的限られた集中時間を持ち、どんな物事に対しても集中を持続せず、あちこち動き回るものとして一般化しています。

彼女らの相互作用はしばしばより深いものではなく、幅広い選択をして、より表面的なものと見なされます。

対照的に、ユングは内向型をより集中的かつ専心的と見なしていました。

内向型は外向きに広がるのではなく、より深く潜ります。

このような観点から、外向的直観は内向的直観よりも広範的で、集中性は低いと考えることができます。

Neタイプ(ENP)は一般に、Niタイプよりも幅広い趣味および外向的活動を示します。

ENPはまた、よりランダムであり、それらの想像(観念化)において散在する傾向があります。

INJは比較的凝縮性のある、合理化されたモノローグ(独白)をよどみなく話すことが分かっていますが、ENPはある主題から次の主題へと飛び回る傾向があります。

Neは無数の選択肢と可能性(「ブレインストーミング」と呼ばれるもの)を生み出す一方で、Niはより収斂し、しばしば単一の一貫した回答または解決策を生み出します。

確かに、これの一部はINJの外向的判断機能(Fe/Te)とENPの外向的直観の対比という事実に起因する可能性があります。

しかし、実際には、その内向性の性質上、NiはNeに典型的に見られるよりも集中的で収斂的な質を帯びるということに変わりはありません。

Neの、より多様で広範な性質は、なぜP型が「閉鎖性」を避ける、と特徴づけられたのかを部分的に説明するかもしれません。(これはdominant functionが知覚機能であるEPタイプに最も当てはまると考えられます)

外向的直観の公開性と拡張性は、静的な概念フレームワークに対するENPの抵抗力を高めるものとも見なすことができます。

ENPは、より静的な、あるいは慣習的な世界観をもたらすinferior function 内向的感覚(Si)の影響を大きく受けていないと仮定すると、より流動的な処理方法や理解方法を好む傾向があります。

たとえば、Henri Bergson、Michael Foucault、William JamesのようなENPの哲学者は、演繹法や静的概念に基づいた哲学は、現実の本質を正確に把握できないと感じていました。
意外なことに、彼らは、他の哲学者によって発表された概念や精巧な枠組みよりも信頼性と信頼性が高いと考える知覚(Ne)を重視していました。

対照的に、INTJとINFJは、静的概念と概念的なフレームワークを扱うことでより快くなる傾向があります。

その際に、INJは意図的に心を閉ざしてはいません。

むしろ、私たちが見たように、内向的直観は、その性質上外向的直観よりも収束的なように思えます。

Lenore Thomsonのように、NiはNeよりも左脳の性格が強いということも示唆しているかもしれません。
したがって、INJは、一般に、演繹法、概念、および静的/「永遠の」アイデアを用いてより快適に作業します。

プラトンとユングの両者が典型的な例です。

静的な概念を支持することを躊躇しているため、ENTPとENFPは、しばしば歴史的および文脈的研究に引き寄せられます。

歴史的研究により、ENPはより広範かつ流動的にアイデアを探求することができます。

静的概念を扱うことや線形の因果関係に焦点を当てるのではなく、ENPは、アイデアの性質や軌跡に影響する文脈的な要因や偶発性を調べることを好みます。

Michael Foucaultのような歴史を持つ多くのフランスの哲学者は、知識に対するこのオープンエンド(終わりが決められていない)の文脈的アプローチを適切に具現化しています。

これはジャーナリズムのような職業に多くのENPが引き寄せられ、より流動的で文脈に沿った形でアイデアを探求できる理由を説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です