Ni/Ne as Inferior Functions

2018年4月28日

私たちのinferior functionとの関係はかなり複雑です。

Hogwashのような、類型論を非難する多くの人々は、人々が理論的なレベルで行動することを期待しています。(例えば、直観タイプは直観的なものとして行動すべきである)

このような期待は、現実の行動とは必ずしも一致しません。
(あるいは、人々が質問されたときに必然的に自分自身を記述することを選択する方法さえも!)

彼女らが理解していないことは、inferior functionの力学に根ざしたこの逆説的行動の合理的説明があるということです。

Inferior functionの同じ一般的な特性は、SeおよびSi(またはそのような機能のいずれか)に適用されるのと同じ方法で、inferior functionであるNeおよびNiに当然適用されます。

Inferiorのグリップ(掌中)の一般的な特性には、過激主義、完璧主義、未熟や少女の理想化、怒り、強迫観念、高敏感性などが含まれます。

最悪の場合、グリップにある人々は、容易に他者の怒りを買ったり、感情を損ねたりします。

最善の状態では、グリップの動作は、単にinferior functionに関連する活動に過度の関心があるだけで、必ずしも破壊的な行動につながるわけではありません。

しかし、すべての場合において、何らかの形でinferior functionに関連する活動に関わることは、自我との弱いつながりの発展を通じて自我のバランスをとる必要性を高め、満足させるという議論ができます。

 
たいていの場合、inferior functionが日々の生活の中でどのように現れているのかを記述すると、音色は明らかにマイナスの性質です。(これは5倍の速さで楽しいものです!)

これは通常人々、特に自身のinferior functionとの批判的な精神的事象や対立を持っていない人たちにとっては驚くべきことです。

私たちが持っている傾向は、私たちの生活の中で私たちのinferior functionの役割を無意識に賞賛し、理想化するためです。(つまり、それが私たちにとって何らかの問題を引き起こすまで、そしていつかの時点で常にそうなります。)

現実には、inferiorに関連する問題に触れることは、実際には人々を怒らせることなく行えません。

Inferior functionは、本来、敏感です。

 
この記事はISJとESPのタイプを解体することだと感じられます。

さらにまた、私たちが無意識であるか、または気づかずにいるという自分自身の部分が、私たちが成長するのに役立つと考えられます。

心理学的には、その素材の大半は無意識の中に保存されており、それへの直接的なリンクはinferior functionです。

Inferior functionの敏感さは、とりわけ抑制されていない時には、特に批判的な調子を醸し出し、私たちの中で最悪のものを引き出す力を持っています。

しかし、inferior functionは基本的に邪悪でも悪魔的でもありません。

私たちの弱点に意識を持たせることができれば、私たちは、自我が私たちに与えるグリップを軽減できます。

したがってinferior functionの啓蒙は、肯定的なものをもたらす大きな可能性を秘めています。

Inferior functionの実現は私たち全員の完全性を表しています。

それは取り組むべき健全な理想です。

しかし、これが機能スタックの頂部からより深く熟考され、ゆっくり歩む発達ではなく、不正な手段(すなわち、機能スタックを「ジャンプ」すること)によって達成される場合、それは不吉な結果をもたらす可能性があります。

Inferior Extraverted Intuition (Ne) in ISTJs & ISFJs

そのinferior function力学のバックグラウンドの答えを前にして、inferior functionであるNeおよびNiの振る舞いに関わる詳細に、今注目することができます。

内向的感覚 Siをdominant functionに持つどのようなタイプに対しても、外向的直観 Neはinferior functionを表します。

Neの主要な特性は、可能性の創造性と探求に魅力を感じることです。

NeタイプにとってNeは、新しいアイデア、手法、理論、または発明を生成して探し出す、「ボックスの外」を考えることを表します。

それはしばしば投機的(思索的)な性質を持ち、Neが外部から働きかける不可視である力(必ずしも五感によって検出されるものではない)を信じる傾向があるので、スピリチュアリティへのアプローチでは「神秘的」と記述されます。

Neタイプでは、これらの属性は一般に、起業家精神の「何でも可能である」タイプの楽観主義と創造性に現れます。

さらに、Neタイプは、現状に疑問を抱くことを意味していても(そして、時には特にそうであっても)、理論思想の様々なラインを探求する哲学者である傾向があります。

 
NeがSiタイプに現れるとき、それは制限された方法でこれらの同じ特性のいくつかを保持する傾向があります。

Neタイプとは異なり、ISJは通常、本当に過激な、または危険な思考/行動に従事する傾向がありません。

彼女らのグリップの経験とNeの領域への探索は、一般的に宗教的信念や、中核的原理に挑戦する危険性のないアイデアに限定されています。

ISJの「危険な」行動は、いつものバニラの代わりに今回はチョコレートを検討するかどうか、であるかもしれません。

多くのSiタイプは、ゲームやクロスワードのパズル、数独、スクラブルなどで遊ぶことに多くの余暇を費やしています。

これらの種類のゲームは、Neが創造的な思考を利用し、理論的に「安全な」探索の範囲内で可能性を追求することを可能にします。

ほとんどの場合、このタイプのinferior functionの耽溺は、一般的に自己完結型であるため、否定的な結果をもたらしません。

 
Siタイプの別の娯楽は、工芸の分野です。

工芸品やファブリックの店舗が主にSiタイプに占められていると考えられるかもしれません。

娘が生地の無限の通路(多くは同じであるが、色や模様のわずかな変化を見て)を熟読するため何時間も布地店に引き寄せられた日を恐れていたISTJの母親の説明を熟考しなければなりません。

新しいものを試すためにSiタイプの取得することは、いつも手掛かりになる可能性があります。

新しい活動の、知覚される「危険性」と未知のもの取得するinferior function Neの時の開放性に応じて、Siタイプは新しいゲームや工芸品などを学ぶことができるかもしれないですし、そうでないかもしれません。

1つの好きなゲーム(つまり数独)や1つの好きな手芸(つまりキルティング)をものにすることができますが、同じ基本テーマの無限のバリエーションの働きを続行するかもしれません。

したがって、友人や家族はすべて同じ家庭用ティーポットですが、それぞれ異なる色やパターンという結果になることがあります。

 
Neのグリップで行われたSi工芸プロジェクトは、時には 「奇妙な」外観をとることがあります。

必ずしも調和するとは限りませんが、どうしてか棚やディスプレイケースを飾ることになります。

Neの創造性を発揮させる試みとして、Siタイプは、全体的に(特にSeによって)混乱、結合していない、幼いまたは品がないようにさえ見える個々の設計要素をまとめてもよいでしょう。

衣装の組み合わせは「すてき」であり、ミスマッチがあります。

彼女らの衣服は「ファンキー」または「ユニーク」なNeタイプにとって、多くの場合、カッコよく、最先端でトレンドセッティングな方法で行われます。

しかし、ISJタイプが同じことを試みると、その結果は通常おもしろくなくけど、よくやった、という感じでしょう。

 
Inferior function NeのグリップにおけるSiタイプのより暗い側面は、ゴシップの傾向です。

個別化されていないinferior function Neは、疑わしく、投機的な思考に陥りがちであり、しばしば的外れであり、ネガティブに向かう傾向があります。

Neの刺激を求めているISJは、ゴシップの形で推測することで、ある種の興奮や噂を得るかもしれません(「彼女はあなたに示唆的ですか?…」「いつも遅く働いています。あなたにはそれが何を意味するか分かりますか?…」

しかし、残念なことに、これらの推測が間違っていることが多いのです。

彼女らはNの強さに欠けているので、それらの推論はしばしば不正確です。

まれに、そのような推測が正しいとすれば、将来の予測のための検証として、おそらく自分自身を「探偵」と見なすかもしれません。

グリップに拘束されているISJに遭遇した場合、彼女は永遠の疑惑と呼ばれる状態の中にいるでしょう。

Inferior Introverted Intuition (Ni) in ESFPs & ESTPs

Neについて議論した後、内向的直観(Ni)がinferior functionとしてどのように現れているかが幾分明確になるかもしれません。

Seタイプ(ESFPとESTP)のいずれに対しても、Niはinferior functionを表します。

Niタイプでは、内向的直観を使用して、感覚現象を説明する深い意味または潜在的なスレッドを表示します。

Niは本質的に収束しています。

つまり、Neのような無限のバリエーションや可能性を見るのではなく、特定の因果関係を熟考しています。

一言で言えば、Niは「洞察力のある」ものとして要約することができます。(INTJかINFJのどちらかによって洞察力が変わります)

Inferior function Niの達成を求めるESPタイプの場合、Niは深い知恵や知識を得るために引き出されます。

 
宗教的な熱意を示しているあるESPのタイプについて、Niの知恵や知識に対するこの魅力が最もよく見られます。

宗教は、できる限り最善の方法で、人生の意味、目的、そして私たちが生きなければならない方法(すべてN分野)についてのより深い疑問に対する理論的な答えを提供します。

定期的に宗教的なテキストを勉強し、人間の状態に関する隠された真実を明らかにするメッセージ/説教を聞くと、inferior function Niを満たします。

あらゆる宗教的メッセージの主流は比喩であり、NiグリップのSeタイプは比喩を愛しています。

比喩が正確であることはあまり重大ではないようです。

しばしば、1つの単なる使用は、ESPにおける確信の感情を刺激するのに十分です。

これは、たとえ合理的な意味がなくても、比喩の使用(Niタイプの定番)はNi真実の表面上の幻影を持っているからです。

 
必ずしも宗教に頼っていないESPは、高等教育の分野においてさらに別の手段を見つけるかもしれません。

特定の分野で「エキスパート」になろうとするアイデアは、inferior function Niにとって大きな魅力であるため、ESPは大学院生の研究に引き寄せられることは珍しくありません。

Niは知識の収束的・集中的な形態を表しているため、ESPはおそらくさまざまなNの関心事に取り組むことができず、一方で定着して「マスター」になることを好みます。

巧みに、Niグリップの自我は、より広い分野にわたって知識の深さを持つことよりも、習得すべき対象の範囲を狭めることがより達成可能な目標であることを無意識のうちに知っています。

Niタイプにとって、洞察の範囲(深い)は一般に、NiグリップのESPよりも広いです。

Niの知恵を受動的に受けとっていることは、しばしば、ESPにとって十分に満足できるものではありません。

Inferior functionの内的知恵と本物の外向性機能の性質とのバランスを見出すために、ESPは通常、彼女らが達成した知識を共有したり表示したりするように強いられています。

ESPはカウンセリング心理学(多数のESFPがこの分野に参入しているのを見たことがあるかもしれません)、財政アドバイス(ESTP)、法律など、アドバイスの提供が定期的に要求されるキャリア分野への参入を強いられることがあります。

 
SeグリップにあるNiタイプが技術的な職業(料理、絵画、建設、スポーツなど)に就くのと同じように、NiグリップにあるSeタイプは顧問、専門家、教師に就くべきであると感じるでしょう。

ESPは潜在意識のある素材(すなわち、Niの洞察)を自律的に引き上げる能力が不足しているため、通常は他人の洞察に頼らざるを得ず、容易に貪欲になり再パッケージしようとします。

このような偽造は、一般に、彼女らを姿勢を訴える傾向があるかもしれないNタイプにとって見え透いたことです。

そして、すべてのタイプのうち、ESPはおそらく、おそらく平凡な説を利用する可能性が高いでしょう。

自身がNタイプから選んだものを単に模索するだけではないESPは、主に彼女らの個人的な経験(Se)と洞察のための観察に依存するでしょう。

しかし、独立して現れる知識や洞察さえも、表面的であり、かつ本質的ではないと思われるかもしれませんが、彼女らは善意です。

ESP(彼女ら自身の下位Niの投影で)はしばしば彼女らに役立つ助言を見つけるので、「善意」と言われます。

したがって、彼女らは自身の助言が他の人にとって有益であると仮定します。

残念なことに、ESPは知覚の平凡さに気付かず、真に彼女らが提供したいと思っているものであると信じています。

したがって、彼女らは望ましくなくても、アドバイスと洞察力で他の人たちに懇願し続けるかもしれません。

 
この傾向のあまり魅力的でない側面は、それが傲慢さと過信の態度を作り出すことができるということです。

例えば、ESTPの財務アドバイザーは、彼女の先見性や知恵の欠如が彼女の顧客にとって財政的な破綻につながる悪い投資選択肢を作る原因となったことを認めたくないかもしれません。

もちろん、誇りと自我主義は、inferior functionのグリップに捕らえられたタイプに良くあることです。

これらの分野で弱点を認めることは、私たちが考慮するにはあまりにも痛いだけです。

特にESPが、「知ったかぶり」のように振る舞うあからさまな性質に悩むことが出来る点と、彼女らが洞察の不足が否定的な結果を促進させたとき、それを認められないことに注意しましょう。

最後に

すべてのタイプにはそれぞれ弱点があり、これらの弱点はあまり意識の低いinferior functionに根ざしていることを序文で述べたことを繰り返し述べて締結したいと思います。

完全性と個別化のための私たちの探求では、inferior functionの理想を強化し達成することが自然です。

しかし、この冒険は、私たちの自我がinferior functionに付随するようになると、滑りやすい勾配になり、逆説的反対機能(inferior function)のために権威の座席としてのdominant functionを本質的に根絶してしまします。

未分類

Posted by melancoly