Inferior function(第4機能)

Inferior functionは、あまり知られておらず、あまり強調されていないパーソナリティタイプの題目です。

これは理解することが非常に難しいからではなく、機能と機能スタックの背景知識を必要とするためです。

ある程度、各機能(すなわち、dominant、auxiliary、tertiary、inferior function)は、それ自身の要求、欲求、および議題を有します。

それぞれは、全体的な精神的組織の中での主張があります。

民主的な政府が構成員の多様な声を統合しようとするのと同様に、それぞれのパーソナリティタイプは4つの機能の要求と要望を統合する方法を見つけなければなりません。

失われた機能、行方不明の機能、または抑圧された機能と呼ばれることがあるinferior functionは、4つの機能の中で最も無意識なので、アクセスして統合するのが最も困難です。

これは、深い地下、海底、または暗い森林に埋もれているものとして、「夢の中」と一般的に象徴される理由です。

その相対的無意識にもかかわらず、inferior functionを単に無視したりしりぞけたりすることは不可能です。
“Inferior function(第4機能)” の続きを読む

INFJ vs. INFP byPJ

あなたの人生や仕事で成功を収めるためには、本当のパーソナリティタイプを知ることが不可欠です。

残念なことに、多くの人々は、真のタイプが不明であるか、意図せず誤認しています。

長年にわたりタイプ愛好家の仕事では、INFJ vs INFPの人格タイプよりも、混乱するものは見られないでしょう。

このタイプの混乱は、以下を含む多くの要因から生じています。(これに限定されませんが)

*Myers-Briggsは、これらの2つのタイプの機能(Ni、Neなど)ではなく、パーソナリティの選好(例えば、E、I、S、N …)に重点を置いている。

*直観対感情の性質に関する一般的な混乱。(例えば、直観はしばしば「gut feelings(勘、第六感)」として広く考えられる)

*これらの2つのタイプによって使用されるパーソナリティ機能の主な違いを把握できていない。

*内向型の判断と知覚の性質に関する誤解
“INFJ vs. INFP byPJ” の続きを読む

NPタイプが外向的直観を使う方法

外向的直観(Ne)は、特徴的に幅が広く、その範囲が広範です。

このため、NPタイプ(ENTP、ENFP、INTP、INFP)は、過度の詳細や細目と見なされることに飽きがちな好事家である傾向があります。

NPの第一の関心事は、「要点」‐特定のトピックの基本的な真実、アイデア、または本質‐を得ることです。

そして、数多くのトピックについてそうした後、彼女らは自身が蓄積してきたさまざまな「要点」をつなぎ合わせて楽しんでいます。

彼女らはそれにより合成の手段によって、さらに大きな要点をも構築します。

これは、NPがしばしば「普及者」として機能するようになっている理由です。

彼女らの考え方は、与えられた主題のすべてのきめの細かい細部または専門的事項の核心事項を選り分けるための時間または忍耐を持ってない一般の観客に、働きかけることができます。

NPは細部と複雑さの海を通って走る基本的なストーリーラインを抽出して説明することが大好きです。
“NPタイプが外向的直観を使う方法” の続きを読む

なぜタイプについて学ぶの?

パーソナリティの類型学はパーソナリティタイプの研究です。

さまざまな気質や性格のコンセプトは、ガレノスとプラトンの古代の書物と同じくらい早く、何千年も前から存在しています。

パーソナリティの16種類のタイプは、後にIsabel MyersとKatharine Briggs(すなわち、「Myers-Briggs」)によって開発され普及したユングの重要な作品に基づいています。

なぜタイプについて学ぶの?

新しいことを学ぶために時間を割く前に、それを行うメリットを考えるのは当然です。

ここでは、類型学を学ぶことの多くのメリットのいくつかがあります。
“なぜタイプについて学ぶの?” の続きを読む

機能スタック(Functional Stack)

タイプを構成する基本的な「成分」である選好(preference)と機能(functions)を導入しました。

私たちは自分自身をこれらの構成要素に習熟させて機能が結合し相互作用する「レシピ」を探求して、パーソナリティタイプの最終製品を提供することができます。

これを「機能スタック」と呼びます。

16タイプのユニークなパーソナリティタイプを提供するために組み合わせる2つの要素があります。

1)各タイプの機能スタックを構成する機能

2)それらの機能の階層配置

各タイプの機能スタックでの機能を決定する方法を検討する前に、まず機能スタックの階層的な順序付けを検討する必要があります。
“機能スタック(Functional Stack)” の続きを読む

知覚(P)と判断(J) in IP & IJ

彼女ら自身がINFJであると思うINFPや、自身がINTJであると思うINTPには不足しません。

一見すると、これらのタイプは非常に似ており、4つのpreference(優先)のうちの3つを共有していますが、実際には同じ機能を全く共有しません。

あなた自身を見てみましょう

INFP (Fi-Ne-Si-Te) vs. INFJ (Ni-Fe-Ti-Se)

INTP (Ti-Ne-Si-Fe) vs. INTJ (Ni-Te-Fi-Se)

INFPとINFJ、そしてINTPとINTJが共通の機能を持たないということは、程度が異なるだけではなく(例えば、「彼女は私よりももう少しJ」です)、タイプが違うことを意味します。

よって、INFPとINFJは「理想主義者」やINTPやINTJを「合理主義者」としてある程度の類似性を示していますが、それらタイプはDavid Keirseyが認めようとしている人たちとはまったく異なっています。

私たちが見るように、IPタイプは多くの点で判断タイプ(J)に似ており、IJタイプは知覚タイプ(P)によく似ています。
IPの内面世界は、EJが外向きにどのように現れているかを映し出し、IJの内面はEPの外観に似ています。
“知覚(P)と判断(J) in IP & IJ” の続きを読む

INFP vs. INTP:類似性と相違性

ある類型学者の仕事や経験では、タイプの混乱の最も一般的な原因はJ‐Pです

他のタイプの比較にも当てはまるように、INTPとINFPは著しく類似しており、同時に根本的に異なっています。

表面的な見方をすれば、これらの2つのタイプは共通の内向き(I)、直観(N)、知覚(P)の3つのpreference(優先性)を共有し、T‐Fのpreferenceのみが異なることがすぐにわかります。

少し深く見れば、機能の分野でも重要な共通点を共有していることがわかります。

INPの機能スタックを比較すると、双方のタイプがauxiliary functionとtertiary functionとしてNeとSiを使用することがわかります。

さらに、双方とも、dominant functionとして内向的判断機能(TiまたはFi)を使用し、inferior functionとしては、外向的判断機能(FeまたはTe)を使用します。

簡単に言えば、これら2つのパーソナリティタイプの全体的な構造は非常に似ています。
“INFP vs. INTP:類似性と相違性” の続きを読む

INPタイプ 自己探求と創造性

INTP & INFP アイデンティティー探求者 & 創造者

私は誰?
私の本質は何?
最も有意義で鼓舞されるものは何?
私の独自の天性や才能は何?
どのようなタイプのキャリアが私に最も適しているの?

アイデンティティを求めている人にとっては、誰もがこの種の質問をどこかで探求していますが、これらは究極的かつ永続的な関心事項です。

確かに、アイデンティティを求める人にとっては自分自身の本質を調べること程、興味をそそられることはないでしょう。

有名なアイデンティティ探求者で実存主義者、Soren Kierkegaardは、「本質的な認識は、認識が知識人に関係していることを意味する」と言っています。

外的界はアイデンティティ探求者にとっては重要ではなく、指紋の採取(情報の受け取り)や自信のための反響版としてだけ評価されます。

自己にとって重要でない、又は無関係であると知覚される外部データは、アイデンティティ探求者よって事実上無視されます。

彼女は自分が誰であるかと共鳴し、一致したものだけを使います。

何かが特に興味深い、あるいは有意義なものとして彼女の心を打ったとき、彼女は自己洞察の瞬間としてそれを記念して祝います。
“INPタイプ 自己探求と創造性” の続きを読む

INPタイプの確信への探求は健全?

他のタイプと同様に、INTPとINFPは本能的にdominant functionとinferior functionを統合したいと思っています。

INTPにとっては、個々のTiのメソッド(方式)と幅広いFeの哲学を調整することを意味します。

同様に、INFPにとっては、Teの幅広く客観的な世界観と独自のFiの優先を調和させることを目指しています。

しかし、これらのタイプがしばしば実現に失敗することは、この調和が生涯の最初の半分に起こる可能性は低いということです。

これは、INPが自信を持ってFeまたはTeの結論に達する前に、まず自身のauxiliary functionおよびtertiary function(Ne&Si)を十分に調査して開発しなければならないからです。

要するに、INPは、Neのアイデアの幅広さをテストし、実験するために、Jタイプ(判断タイプ)の信念と確信のポイントに達するまでに多大な時間を必要とします。

残念なことに、INTPやINFPは、実際に時間をかけてそれを試さずに自信を持ってJの哲学に到達できると信じるという思い込みをします。
“INPタイプの確信への探求は健全?” の続きを読む

INタイプが行動に困難する理由

内向+直観タイプ(IN)は一般に思慮深い(黙想的な)タイプに分類されますが、外向的感覚(Se)タイプは行動的タイプとして解釈されます。

INの行動への抵抗感は、キャリアや関係性などの問題に寄与する場合があります。

行動の一般的な困難さにもかかわらず、抵抗感の具体的・根本的な理由は、INFP/INTP、INFJ/INTJの間で多少異なります。
この記事の目的は、これらの違いを明らかにすることです。

具体的には、INJの困難さは、理想主義と完璧主義に大きく由来しているのに対して、INPの困難さは、優柔不断さに関連していることを示唆します。

ウィリアム・ジェイムズによれば、「信念は、要するに、行動のルール」です。

否定的な意味では、あなたが信じていることや奉ずることが分からないと、行動する能力が損なわれる可能性があることを示唆しているかもしれません。

信念や理想は、私たちを特定の方向に向けます。

それらには、代替手段の否定、他の方法に対する一方の方法への優先が含まれます。
“INタイプが行動に困難する理由” の続きを読む