Te-Fiペア vs. Ti-Feペア

未分類

Elaine Schallockの先駆けである、より最近のタイプ理論の発展の1つは、「機能のペア」を考えることの重要性を伴います。

これは、対の枠組みに基づいて、すべてを理解するためのElaineの才覚に由来します。(ユングはこの点で同様の傾向を示しています)

彼女は、機能は常に機能スタックの中の補助的又は「反対の」機能と対になることを正しく観察しました。

その対は(Ti-Fe, Te-Fi, Ne-Si, Ni-Se,又はあなたのpreferenceに応じてFe-Ti, Fi-Te, Si-Ne, Se-Ni,となる)4つの機能のペアとなります。

機能ペアを理解することは、少なくとも3つの理由から重要です。

第一に、それらは、補足物のコントラストの光の中で、各々の機能の性質をより詳しく理解することを可能とします。

機能ペアを調べることは、さまざまなタイプの動機、興味、類似点、および相違点をよりよく理解することにも役立ちます。

最後に、機能ペアを探索することは、私たちが見るように、タイプを理解するうえで重要なdominant functionとinferior functionのダイナミクス(力学)を理解するのに役立ちます。

そしてそれは私たちが以下で分かるように、タイプだけでなくpreference(優先)機能と個人の健全な成長への彼女らのそれぞれの軌跡を理解することにとって大変重要です。

各パーソナリティタイプは、当然、それ自身の機能ペアの動作モードを好むとともに理解します。
このことから、機能スタックの下半分すなわち、tertiary function、inferior functionとの愛憎関係がより強くなる傾向があります。

ことinferior functionとなると、特に、それを愛する/溺れることと、それを嫌う/避ける/否定することとの間で頻繁に揺れ動きます。

思考機能(T)/感情機能(F)ペア

タイプ理論によれば、外向的思考(Te)は機能スタックと機能的に反対の内向的感情(Fi)と常にペアになり、外向的感情(Fe)は常に内向的思考(Ti)と結合されます。

FPとTJはFi‐Teペアリングを、FJとTPはFe‐Tiペアを利用しています。

彼女らはTe‐Fi機能のペアを共有しているので、TJとFPは一般にTeとFiの方法と推定により同感しますが、FeとTiの方法・推定には反対します。

より具体的には、TJとFPは、「物」と非人間システムに対する集合的かつ標準化されたアプローチ(Ti)と、人々に対するより個人化されたアプローチ(Fi)を好む。

思考機能(T)

TJタイプは、外向的思考(Te)をdominant functionとして使用するか(ETJ)、またはdominant functionとして使用します。(ITJ)

その結果、彼女らはその働きをうまく意識的にコントロールします。

Teがtertiary function(EFP)またはinferior function(IFPs)であるFPでは、より無意識に機能する傾向があります。

関数スタックの下半分に入るので、FPはTeに対して複雑な感情を持つ傾向があります。

外向的機能として、Teは速度、拡張性、および集合性のためにある程度の深さと精度を犠牲にしていると見なすことができます。
Teは、世界のシステムと活動が順調であり、制御され、合理的であることを確実にすることを目指しています。

この目的のために、それらは真実を発見し、運用計画、規則、方針、および規約を開発するための標準化された方法を利用します。
Teは、科学的研究、技術、行政、法律などのために適用することができます。

官僚的な「レッドテープ」は、通常、操作が論理的、制御的、予測可能であることを保証するためのTeの試みの申し子です。

TPタイプはTiをdominant functionとして(ITP)、またはauxiliary function(ETP)として使用します。
彼女らはその働きをうまく意識的にコントロールします。

Tiがtertiary function(IFJ)またはinferior function(EFJ)のいずれかであるFJでは、それはより無意識に機能する傾向があります。
機能的スタックの下半分に入るので、FJはTiに対して微妙な感情を持つ傾向があります。

TPは、dominant function(ITP)またはauxiliary function(ETP)としてTiを使用します。
内向的な機能として、TiはTeよりも集中的で鋭敏です。

彼女らの合理性は自分自身と自分自身の考え(Ti)に向けられているので、TPは一般に標準化された方法と手順(Te)に傾きにくいでしょう。

このため、TPやFJは、現代の学術、科学、およびTeの「レッドテープ」で溢れているように見える現実の世界でしばしば機能しなくなります。

これらのTi‐Teの相違のために、TJはしばしばTPおよびFJから反対され、FPから反対される傾向は少ないでしょう。

TPは一般に、Teアプローチにおける隠された推定(彼女らがTJの特定の結論が実践に偏っていたり、疑問と感じる推定)を特定することに焦点を当てます。

FJはTeの方法と同様の嫌悪感を感じるかもしれませんが、彼女らの感情機能の外向的

性質は、しばしば彼女らが重要な役割よりも建設的な役割を担うように導きます。

TJよりもTeの意識が低いFPは、Teの方法やシステムと「愛憎」の関係を示す傾向があります。

彼女らは典型的にはTeシステムに対する嫌悪と反抗の段階を経ますが、最終的には1週して元に戻り、それらと平和を成し遂げ、そうすることで、自分自身とも平和を成し遂げます。

同様に、TPはTJやFPから反対されることはありますが、FJに反対されることはあまりありません。

Tiは正式化または標準化された方法や基準には無関心であるため、TJはTPの非公式の方法や「確かな証拠」がないことを理由に、TPを批判する傾向があります。

FPやある程度のTJは、彼女らを類型学の様な人間の分類システムの「鳩小屋」に入れようとするTi‐Feの試みに対して抵抗するかもしれません。

FJは、Tiとの愛憎関係の傾向があります。
彼女らは、TPの御しにくい懐疑主義や、信頼性や確実性をもって何かを宣言する能力や意思がないように見えることに対して争う可能性があります。

感情機能(F)

FJはFeをdominant function(EFJ)またはauxiliary function(IFJ)として使用します。
彼女らはその働きをうまく意識的にコントロールします。

Feがtertiary function(ETP)またはinferior function(ITP)であるTPについては、より無意識に機能する傾向があります。
機能スタックの下半分に入るので、TPはFeに対してしばしば複雑な感情を抱きます。

外向的機能として、Feは、感情の直接的な表現、特に文化的に認められた感情(例えば、肯定的な感情)に傾いています。

それは、コンセンサス(合意)、調和、地域社会、相互理解のために努力しながら、社会環境における「良い気持ち」を培うために働いています。

Teは「物事」と個人主義的なシステムへの体系的なアプローチを取っていますが、Feは人間の力学と人間のシステムに焦点を当てています。
類型学は、Feのアプローチの良い例であり、人間の関係を改善するという全体的な目標を持っています。

Feタイプは、経済的または技術的な問題よりも、モラルの低下、対人関係の喪失、コミュニティーの欠如に敏感です。
彼女らは、交流が握手によって行われ、友人と連絡を取り合い、Teマシンではなく人と関与する日々を懐かしむ可能性があります。

FPタイプは、Fiをdominant functionとして(IFP)、またはauxiliary functionとして使用します。(EFP)
彼女らは一般的に、その働きに対して良い意識的なコントロールを示します。

Fiがtertiary function(ITJ)またはinferior function(ETJ)であるTJの場合、より無意識に機能する傾向があります。
関数スタックの下半分に入るので、TJはFiに対して複数の気持ちを持つかもしれません。

Fiは自身の個人的な感情や価値観に向かっており、内向きです。
FP、特にIFPは、環境の中で良い気持ちが育まれることを確実にするために尽力することに対して、一般的にはあまり関心がありません。

しかし、彼女らは彼女らを活動できないと感じさせたり、後退すると感じさせるFeの争いの状況によって乱されます。

彼女らのFiは、Te環境による不運な犠牲者であるように見える人々に遭遇したとき、より創造的な方法で影響を受けます。
後退するのではなく、そのような経験はFPを行動に導きます。

彼女らは、ホームレスの避難所で働くなど、個人を助けるために働くかもしれません。
あるいは、彼らは、希少疾患の研究のための資金調達など、個人的に影響を与えた原因のために提唱するかもしれません。

要するに、Fiは特定の主張や、または特定の個人、特に子供、動物、貧困者を支援することに重点を置いています。

Feは対照的に、コンセンサス(合意)、調和、コミュニティの一般的な促進により関心があります。

Fi判断は集合的な基準ではなく独立して行われるため、FPはFeの判断と表現を警戒する傾向があります。

FPにとっては、Feの表現は一般的、あからさま、浅い、偽の、または不自然なように見えることがあります。

また、彼女ら自身の個人的な感情や価値観に焦点を当てているので、彼女らはタイプ論のような、システムによって人々を「ピジョンホール」に入れようとする試みに思えるものに抵抗することもあります。
(彼女らがTeの包括的方法と見ているものに対するTPの嫌悪感に匹敵します)

TJはまた、そのようなFe‐Tiアプローチに抵抗し、FiまたはTeのいずれかの立場のそれらに抗議するかもしれません。

FJおよびTPは、個人情報を容易に開示するために、FPおよびTJの双方の自己開示への気の進まなさ困惑する可能性があります。

感情機能であるにもかかわらず、Fiは外見的によそよそしく、個人の感情を交えないように見える場合もあります。

したがって、FJとTPは、対人関係でTJやFPとの関係を難しく感じる可能性があります。

Posted by melancoly