外向的思考 byPJ

外向的思考

外向的思考(Te)は、ESTJとENTJのdominant functionとして機能し、ISTJとINTJのauxiliary functionとして機能します。

TJは、合理的に外界の構造、秩序、および制御に努めています。

彼女らは体系的で、組織的で、意図的で、戦略的であり、彼女らのアプローチにおいては、 彼女らは慎重かつゆっくりと進み、潜在的な障害を避け、不測の事態に備えて準備をします。

外向的思考(Te)は、事実、データ、または他の客観的考察を組み込んだ思考に基づく判断を伴います。

Teの非人間的で客観的なレンズを通して、世界は巨大な機械となり、因果関係の法則にしたがって予測可能に機能する相互に関連する部分のシステムとなる。

客観的な情報を保存して呼び戻す能力に関して、内向的感覚(Si)に匹敵します。
データ、情報を元の形で保存し、INTJ、ENTJ、およびSTJが事実、日付、名前、番号、および手順を驚くほどの精度で呼び出すことを可能にします。

対照的に、INTPは、本質的により流動的であり、事実保持に関してはあまり適さない内向的思考(Ti)に頼っています。

INTJ & ENTJの外向的思考(Te):測定 & 整然さ

外向的思考に基づいた客観的アプローチは、一般的に測定と量的基準を伴います。

明確な定義、方針、計画、手順を採用しています。

適切な数の地図、道順、ラベルを使用して、ある点から目的へ行く方法を慎重に綴っています。

現代の世界は、法律や官僚制の増大を特徴としており、未チェックのTeから生み出されたものとみなされます。

INTJとENTJは、彼女らの外向的思考に触発され、明確で測定可能な目標の開発と活用の覇者です。

彼女らのNiから全体像のビジョン(視点)を受け取った後、彼女らはTeを使ってそれを一連の測定可能な目標に変換し、その実現のためのステップと戦略を描写します。

ENTJの外向的思考(Te)

ENTJのTeは、彼女らの判断と意見を素早く表現し、思考する事を手助けします。

ENTJは情報を受け入れる前に素早く判断します。

またTeはENTJに早期の主張を述べる傾向を与えます。

TeはENTJの外の世界に秩序と合理性をもたらすよう働きます。

客観的な基準と測定可能な目標を追求することは本質的に定量的(対象の状態を連続する数値の変化に着目してとらえること)です。

曖昧でなく、あやふやなものでもなく、明白に規定されたポリシー(方策)、プラン(計画)、手順を主張します。

彼女らのauxiliary function Niはある程度の開放性をもたらすかもしれませんが、ENTJはなおもTeのプランとガイドラインに沿って物事が行われることを期待しています。

結局のところ、多くの違いが与えられれば、彼女らはシステムが合理性と効率性の望まれるレベルで機能していないと感じるでしょう。

また、ENTJのタスク指向にも貢献しています。
Teをdominant functionとするタイプとして、ENTJは一般に、緩やかで受容力があるというよりも、真剣で集中的なタイプです。

彼女らに外の世界に対する義務が生じない場合であっても、彼女らは素早く作業等に取りかかることができます。

dominant functionに判断機能を持つ他のタイプと同じく、ENTJはリラックスしたり、何もしていない状態が苦手です。

Posted by melancoly