16タイプ:迷信と真実

16タイプ, 未分類

不完全なMBTIテストがオンラインに溢れているため、誤診された人が世界中に出て、パーソナリティに関する不正確な情報を永続させます。

たとえば、INTJタイプを例に取ります。

ユングによるこのタイプの実際の記述は、ほとんどのオンライン記事の記述とはまったく異なります。

 
ユングはINTJ(とINFJ)を「seer(先見者)」「神秘的な人(mystic)」、「芸術家(artist)」、「創造的(fantasy)な傾向のある人」として記述しました。

しかし、INTJの多くのオンラインの説明を読むと、合理的な思考や事実に深く関わっている素早い思考者である「立案者(mastermind)」と呼ばれるものを見るだけです。

多くの人々がINTJを記述する内容は、ISTP、ISTJ、ESTJ、ENTJにも適用できます。

 
それぞれのタイプについて永続化されたオンラインの迷信は何でしょう?

それらはどのように各タイプの認識を変えたのでしょう?

確認しましょう!

ISTJ


迷信:独立した考えのない退屈な、規則を守る人

真実:実証された方法を信頼する思慮深く、集中的な人

 
ISTJは、実際の使用、実験、および論理を通して証明できるものを信頼する、非常に合理的な人です。

彼女らはまだ実証されていないか、あるいは頼りにできる背景データや観察がないため、新しいアイデアや理論を懐疑的な場合があります。

ISTJは、論理が正しければ、既存のデータベースに新しい考えやアイデアを組み込むことができます。

ISFJ


迷信:尽くすために生きるINFJの、あまり興味のないバージョン

真実:過去の深い知識とそれが未来にどのように影響するかに焦点を当てる人。 保護的、詳細指向、規則正しい

 
ISFJは、物事の歴史的背景を強く意識しています。

彼女らは前に何が起こったのか、それが現在や未来にどのように影響を与えているのかを認識します。

彼女らは現実的で、それは実際に彼女らを「世渡り上手」にします。

彼女らは驚くほど正確な事実を覚えており、他人の要求に非常に共感的です。

ESTJ


迷信:横柄、(どれほど腐敗しようと)階層を形成しようとする命令的な人

真実:理由と責任を重視する効率に焦点を当てた人

 
ESTJは、平均、または健全なレベルではなく、未熟なレベルで定期的に記述されている不運なタイプの1つです。

平均、健全なESTJは、能力、責任、および全体の利益のために自身の役割に焦点を当てています。

彼女らは価値観に合致しない限り信念体系に依りません。

また、すべき重要な仕事があったり、時間の無駄であったり、忙しすぎたりしない限りは他の人を操作しようとしません。

ESFJ


迷信:ゴシップと抱擁を気にする忙しい人

真実:非常に感情的で詳細指向の、現実的な組織者

 
未熟なESFJはゴシップを愛していますが、この特性は成熟したESFJには当てはまらず、組織的で調和のとれた環境を作り、その後最新の噂を広めることにより関心があります。

ESFJは、周囲の人々の要求が満たされているかを熟知している、実践的な個人です。

彼女らは真に他人を心配し、快適で友好的な環境を作りたいと考えています。

彼女らは機転がきき、出会う人々のニーズを認識しています。

そして愛の抱擁を行います。

ISTP


迷信:冷静でストイックな表現を維持しながら文字通り何かを修理できるメカニックなど。

真実:理想的な状態を保ち、危機のトラブルシューティングに優れた、高度に分析的で賢い人。

 
ISTPは時には物の修理に熟練していますが、これが知的能力の限界ではありません。

成熟したISTPは戦術的な天才です。

彼女らは、状況をすばやく整理し、問題に対する巧妙な解決法を見つけることに優れています。

彼女らはまた、「一匹オオカミ」の記述が意味するよりもはるかに楽観的です。

彼女らは自身をあまりにも真剣に受け取る人が好きではなく、通常、のんびりした性質を持っています。

 
類型学者のジェニファー・ハワードは、ISTPについて下記の様に述べています。

内向的思考と外向的感覚は、実際に直接的な物理環境から迅速かつ正確にデータを取り込んで、頭の中の既存の情報の概略に合成します。

その図式は、必要に応じて迅速な意思決定を行うために使用され、ISTPの決定の下し方は信じられない程です。

それは、彼女らが何をすべきか、そしていつ行うのかを知っているかのようなものです。

ISFP


迷信:恥ずかしがり屋、優れたファッションセンスを持った涙もろい、情緒的な人

真実:善悪のために戦いたいと思っており、自身の中に偽善のあらゆる形態を抑圧したい、決定的、適応力ある人。

 
普及した意見とは対照的に、ISFPは実際に感情の世界についてかなり守っています。

これは彼女らが周りの誰にも涙を見せないことを意味しませんが、もしそうなら、彼女らは嫌われるでしょう。

何よりも、ISFPは真正であり、他人の誠実さと同じくらい自身の誠実さを守ろうとしています。

彼女らは、自然、芸術、行動、詩、ダンス、周りのほとんどあらゆるものの意味と目的を見つけることができます。

彼女らは何が正当であるか悪いのかの内的感覚を持っており、恐れることなく自身の道徳的本能に従うでしょう。

ESTP


迷信:不誠実なアドレナリンジャンキー、自制心を持たず、いつもセックスや戦いを求めている。

真実:現実的で、合理的で、現時点で迅速かつ巧みに行動する機会を欲している。

 
不健全なESTPは無謀です。

健全で平均的なESTPは、リスクを評価し、信じられないほどの器用さと能力で行動することができます。

すぐに実践的な知識が必要な危機があった場合、彼女らはいて欲しいと望まれる人です。

大きなコミットメントになると、彼女らは行動する前に分析して内省するために多くの時間を必要とします。

しかし、いったん決定を下すと、彼女らは強く忠実です。

ESFP


迷信:頭が空っぽ、パーティーピープル、浅い、スポットライトを求める人。

真実:あらゆるときに喜びを見つけ、誠実さをもって生きることを信じる、非常に現実的で良心的な人。

 
タイプについて「かろうじて」知ることの危険の1つは、タイプが非常に特定の行動をしていると仮定することです。

タイプは、情報をどのように処理するかを示しますが、その情報を使って人が行うことは、人によって異なります。

これはESFPにも当然当てはまります。

 
ESFPは、現在の機会、詳細、およびリソースを非常に認識しています。

彼女らは自身の個人的価値観を評価し、それが正しいと感じることによって意思決定を行います。

これはあるESFPがコンサートに行ったり、詩を読むことを意味しますし、別のESFPは、外科医であり家族を世話することを意味するかもしれません。

しかし、すべてのESFPに共通していることの1つは、現実的で適応性があり、主観的価値を評価することによって意思決定を行うということです。

INTJ


迷信:冷たく、あらゆる事実を知っている計算高いロボット

真実:物事を深く、個人的に感じる概念的、想像的な人

 
INTJは論理に傾倒していません。

彼女らは、根底にある意味に気づき、珍しい視点で見て、可能性を想像することに集中しています。

論理は彼女らにとっては二次的であり、より合理的または知識の深いなものが発見されれば、自身の理論を喜んで修正します。

事実は、INTJはそれが宇宙の深い理解の鍵を握っていない限り、それについてはあまり気にしません。

 
感情に関して、INTJは感情を表現しませんが、彼女らはtertiary function 内向的感情(Fi)によって物事の深みを感じます。

しかし、彼女らは将来や分析にどのように集中していると感じているかを抑制することがあります。

INFJ


迷信:特別でなければならない、とても共感的なナルシスト

真実:他者との統合を望む先見的で将来に焦点を当てた戦略家

 
本当のINFJは率直に言って、自分の感情を分析して退屈になります。

内向的直観(Ni)は彼女らのdominant functionであり、外向的感情(Fe)は彼女らのauxiliary functionです。

彼女らは、隠された意味の深みと、現在の出来事の長期的な影響と意味を探求したいと思っています。

 
彼女らは、共通点と統一された目的の深い感覚を見つけることによって人々に刺激を与えたいと考えています。

自身の感情を分析し、他の人とは異なることを受け入れることは、INFJとしては全く珍しいことです。

彼女らは、人と違ったものでありたいと思うより、理解されたいと思っています。

ENTJ


迷信:成功と富に向かって弱く脆弱な人々を踏みにじる冷たい専制君主

真実:野心的で、目標を達成し、世界で永続的な変化を起こしたい、夢のある人

 
ENTJは、派手な車の購入や富を得ることよりも、長続きする革新と変化をより重視しています。

確かに、彼女らは2番目に高い収益性のタイプですが、お金は通常、主な目的ではなく、その努力の副産物です。

ほとんどのENTJは、自身がしていることが実際に積極的で進歩的なインパクトを提供しない限り、彼らの野心に真の満足を見出すことはありません。

彼女らが自身の価値観や原則を守ることも非常に重要です。

 
思考タイプは、自身の必要性の優先順位を下げるという原則のために、目下の利益を脇に置くことにとても慣れています…ETJの行動は、他者の利益を自分のものと同様に無視するため、自己指向的に見えます。

Personality Type: An Owner’s Manual

ENFJ


迷信:人生を救うために合理的に考えることができない、偽りの、感情的に忙しい人

真実:共通の目標を達成するために感情を抑圧する高度に合理的な調停者

 
ENFJは合理的です。

外向的感情(Fe)は「合理的」プロセスと呼ばれます。それは重要な順番で入力情報をフィルタリングし、最も可能性の高い結果に基づいて何を処理するかを決定するからです。

ENFJは入学情報を体系的に整理します。

彼女らは、人々、自身のニーズ、欲望、関係性、社会的期待を評価し、調和を促進し、人々をその可能性に向けて促す方法でそれらに対応します。

感情に関する限り、ENFJは経験するとすぐに声を出すより感情を抑える可能性が高いです。

INTP


迷信:怠け者で、社交性のない人

真実:理論、探求、理解に価値を置く、決定的な人

 
INTPは、最も綺麗な部屋や、完璧にコーディネートされた衣装を持つとは限らないかもしれませんが、(通常)怠け者とは限りません。

停滞している心はINTPにとって恐ろしいことです。

彼女らは、問題の解決策を設計して構成し、世界の仕組みを説明する優れた理論とモデルを作成したいと考えています。

 
彼女らは逸脱するかもしれませんが、それは通常、目標の達成よりもむしろ未知の追求によってより充実しているからです。

何かを完成させるとき、判断タイプは「私は終わった!」と表明するかもしれませんが、INTPは何かの完成によって飽きてしまい、すでに別のアイデアやプロジェクトに移っています。

INFP


迷信:やっかいなもののように論理的思考を避ける情緒的な泣き虫

真実:誠実さと真正性を賞賛する価値観指向の人

 
普及した意見とは対照的に、INFPは実際には内的感情をかなり守っています。

他の人の目の前で泣き叫ぶことは、彼女らにとって屈辱で、何とか避けようとするものです。

彼女らはまた、論理的に考えることも可能です。

私たちは感情(F)への選好を知性の欠如と、決して混同してはいけません。

 
INFPが大きな決定に直面したとき、彼女らは非人道的な因果関係の推論ではなく、個人的な価値観に基づく推論を使用する可能性がより高くなります。

しかし、学問的に苦慮するわけではありません。

実際、INFPは統計的に高校で平均以上の成績を収め、SATスコアで第2位です。(MBTIマニュアル – 第3版)

ENTP


迷信:荒らしを行う、極度に活動的

真実:実現するビジョンを実現するために生きる革新的で論理的な思考者

 
ENTPは方向性がないわけではありません。

実際には、何かがあれば、彼女らは追求する方向性があまりにも大きいです。

彼女らは考えや可能性が溢れ、どちらを選ぶか決定するのに苦慮するかもしれません。

 
だからこそ、彼女らのauxiliary function 内向的思考(Ti)に触れることが重要です。

これを行うENTPは、アイデアを分析して、どれが最も論理的に健全で、確実に働くのか確認することができます。

健康なENTPは非常に動機付けられ、決定的です。

 
「trolling(煽り行為)」に関して言うと、真のENTPは実際には(tertiary function 外向的感情(Fe)を介して)肯定的な社会的フィードバックを楽しみます。

否定的な社会的なフィードバックは、それらを興奮させるよりも、気にさせる可能性が高いです。

つまり、常に例外があります。

全てのタイプに煽る人が存在するのと同じように、ENTPの中にも嫌がらせをする人が存在します。

ENFP


迷信:何かをやり遂げることができない、突飛で、極端に活動的な人。

迷信:個人的成長を目指す深く抽象的な思考者

 
真のENFPは、少なくともほとんどの場合、flirting(いちゃつく、もてあそぶ)よりも、人生に関する既存の理論の底を知ることにはるかに関心があります。

彼女らは、つながりとパターンを見つけ、アイデアを探求し、その探求の意味を見つけることに興奮しています。

浅い関係や活動は、彼女らに不安や不満を感じさせます。

 
彼女らはプロジェクトを解決したり終了したりするのに苦労するかもしれませんが、これは通常、彼女らの本当の情熱をまだ見つけていないからです。

人生で欲しいものを知っているENFPは、自身の目標を追求するために極めて決定的で快活です。

Posted by melancoly