16タイプ:直観の使い方

未分類

あなたは直観タイプが直観を使う唯一のタイプではないことを知っていましたか?

私たちは皆、直観を使用します。

私たちはすべて直観をある程度高く評価しています。ちょうど私たちがある程度感覚を評価するのと同じように。

 
感覚と直観の両方を使わないと、私たちは不均衡になり、私たちが住む世界に対応することができなくなります。

この記事は、16タイプそれぞれが直観を使用する方法に光を当てます。

ENFPの直観


ENFPは、常に世界の新しい可能性と潜在性を見ています。

 
「これで何ができるの?」

「このシナリオはどのように展開するの?」

「この2つはどのようにつながっているの?」

これらは、彼女らが尋ねたり答えたりするのを望む質問です。

 
彼女らは現実を変えるためにどのように状況、目的、および情報を使用することができるかを構想しています。

彼女らは、あらゆる角度、可能性、利用可能なすべての選択肢を探究することによって、既存の情報を変革したいという本質的な要求と欲求を持っています。

「これを新しい方法でどうやって使えるの?」は、すべての手順を見る方法です。

答えは、決して線形で、シンプルで、単純なものではないため、彼女らは悪魔の代弁者のように見えるかもしれません。

 
状況を見るためには常にさまざまな方法があり、その関係や他の情報や出来事との関連すべてを見る必要があります。

ENFPは、「点を結ぶ」ことを望み、外部、全体的な視点から状況を見ます。

接続や関連を見ることができるこの能力は、彼女らに問題解決のための創造的な洞察と、一見単純な状況へのより深い洞察を与えます。

ENTPの直観


ENTPは何ができるかを追求する絶え間のない探求にあります。

彼女らは、パターン、潜在性、可能性の青写真(計画)を形成する一連の検証可能なリンクを作成するのが好きです。

現時点で彼女らが具体的な情報を取り入れるにつれ、未来へとつながる関連性と可能性を生み出します。

 
彼女らは、より多くのデータを取得することへの注意の一定のパターンを持ち、全体像を見て、関連を見つけ、将来の結果を生み出すために現在に無関心です。

 
「このシステムをより効果的にするために私はどのように革新できる?」

「見えない接続や角度はあるの?」

これらは常に自身に求めている質問です。

この考え方のために、彼女らは古い方法の仕事を改善するための新しい方法を考え出すことに熟練しており、他の人よりも大きな状況を見ることができます。

INFPの直観


彼女らのdominant functionはFi(内向的感情)であるため、INFPは直観よりも感情を重視します。

しかし、直観は情報を取り込むレンズです。

彼女らは、自身の価値観と一致する新しい可能性を見たいと思っています。

 
彼女らは、複雑で鮮やかな経験や将来起こり得る現実を想像したいと思っています。

彼女らはしばしば、新しいイニシアチブの先駆者であり、創造的で革新的なものとなるように、新しいアイデアや可能性に常に気づいていきたいと考えています。

彼女らは自身が直面するどのような芸術形態においても創造的であるように自身の直感を使用します。執筆、絵画、工芸、または起業のいずれであっても。

 
彼女らは創造的思考を楽しみ、珍しいつながり、アイデア、そして解決策を見つけます。

彼女らは未来への強い焦点(Ne)と、過去のノスタルジックな視点(Si)を持っています。

彼女らは、将来的に自身が望む理想を創造するために、現在と革新を楽しんでいます。

INTPの直観


INTPの直観は、彼女らに問題と可能な解決策への想像力を与えます。

彼女らは複雑な問題への一見不可能なつながりを見ることができます。

彼女らは危機的状況や論理的ジレンマに直観を適用します。

 
複数の角度と見通しの良いポイントから問題を見るために、問題から離れたままでいます。

彼女らは一歩引いて、正しいシナリオに収まるまでにいくつのシナリオが展開できるかを見ようとします。

彼女らの直観は、彼女らに革新的な精神と日常の不安と不満を与えます。

 
「これをより良い方法でどうやって実現できるの」

「どのようにこのルーチンのタスクを変えることができるの」

「その他の選択肢は何なの?」

これらはINTPが自問している質問です。

彼女らは、解決策に取りかかる前に、全体的な視点から問題や手順を確認したいと考えています。

INFJの直観


INFJは、「知っている」という予測不可能な感覚と、出来事ががどのように展開されるかの驚異的な感覚で人生を送ります。

彼女らは常にパターン、テーマ、根底にある意味、そして隠された動機を探しています。

 
「何が起こっているの?」

「この背後に何があるの?」

「これはどこへ導いてくれるの?」

これらはINFJが常に求めている質問です。

 
INFJ(およびINTJ)が使用する直観は、すべての精神プロセスの中で最も抽象的です。

それは非常に複雑な方法ですべてを見て、すべてにおいて宇宙の意味を見出そうとしています。

INFJは、自身の生活から「離れ」、周囲から幾分離れているように感じる傾向があります。

 
彼女らは見えないもの、隠されたもの、いつか起こるであろうこと、今の瞬間からちょっと離れたものを感じることに重点を置いています。

しかし、これらの隠された、抽象的な可能性に敏感な彼女らの能力は、彼女らに啓示の洞察を与え、彼女らを非常に先見性のあるものにします。

INTJの直観


INTJは、行動に移る前に、状況や問題の意味、ニュアンス、範囲を常に理解しようとしています。

彼女らは、状況や出来事がどのように展開されるのかについて、正確な洞察を得ています。

そして、このビジョンは戦略的計画に熟練しています。

 
彼女らは予期せぬ瞬間に来るインスピレーションの閃光を持っています。

あたかもぼんやりとした道をたどっていて、突然明快さと強い知覚感を体験しているかのようです。

 
時間と内省によって、彼女らは洞察がどこから来たのかを理解することができますが、それは通常すぐには起こりません。

INTJは、具体的なデータ、時間、場所によって制限されることなく、将来の可能性のある形を見るためのスキルを持っています。

彼女らは物事の背後にあるより深く、目に見えない意味と周囲のすべての象徴的な共鳴を見る才能を持ちます。

 
彼女らは、時間の経過とともに常に前進したり後退したりして、今から5年、10年、100年後に何が起こるかを見極めようとしています。

彼女らの視覚的で洞察に満ちた世界を見る方法は、彼女らが知覚し、先導的な指導者になるのを助けます。

ENFJの直観


ENFJは、人間の可能性を見て、地域社会や文化の変化と改善の触媒となります。

彼女らの直観は、人々の潜在的可能性とより高い目的へ刺激する方法を見るスキルを与えます。

 
彼女らには、概念、シンボル、根底にある意味を把握する才能があります。

彼女らはこの才能を使用して、人々を深く理解し、特定の目標や結果に向けてのインスピレーションを他者に与えます。

 
より成熟しバランスのとれたENFJほど、より強く正確な洞察を得ます。

静かな内省の時には、彼女らの想像力は未来のアイデアと、これらのアイデアを現実のものにする方法で生き生きとします。

彼女らはまた、小さなことにこだわり過ぎません。

なぜなら、彼女らはあらゆるもののより全体像と文脈に目を留め、細部にまで逸脱することがないからです。

ENTJの直観


ENTJは、将来の効率的な計画と戦略を策定することに重点を置いています。

彼女らの直観は、長期目標を達成する新しい方法を見て、成功する可能性の高い計画を想像するのに役立ちます。

 
ENTJが働いていないとき、彼女らは直観を刺激し、人生のより深い意味と経験する全ての意味を把握する方法として理論的な話題と哲学的アイデアを掘り下げて楽しみます。

彼女らは意味、深さ、ビジョンを持った会話に惹きつけられ、主に詳細や経験に焦点を当てた会話には無関心な傾向があります。

雑談は、彼女らにとって特に退屈で、不満です。

 
彼女らの直観は、真実と物事の背後にある象徴的な意味を知りたいという欲求を与えます。

彼女らが何かについての洞察を持っているとき、彼女らはそれを非常に確信しており、実質的な論理的証拠が提示されない限り、見解を変えることはまずありません。

ISFPの直観


ISFPは直観よりも感覚の世界に親しんでいますが、直観はまだ彼女らの生活の中で大きな役割を果たします。

子供の頃、ISFPは将来についての突然の直感や気持ちを抱くことがありますが、実際に現実に見えるものに賛成して直観などを信じません。

 
彼女らが年を取るにつれて、象徴的な意味と根底にあるパターンにより惹かれます。

将来のシナリオや行動コースを想像するだけで時間を過ごすことができます。

彼女らは問題を見る新しい方法を概念化するのが好きで、しばしば神秘的で典型的なものに惹かれます。

 
創造的で技術的なプロジェクトでは想像力豊かな抽象的なトーンを持つことが多く、未来の計画を立てているときには非常に特異なものになります。

彼女らの直観は決して感覚ほど本質的ではありませんが、彼女らの個性に次元を提供し、人生についての先見性のある見通しを与えます。

ISTPの直観


ISTPは、直感的な世界よりも事実上の具体的なデータに親しんでいますが、それでも直観は彼女らの生活に重要な役割を果たします。

子供の頃、ISTPは、感覚を通して信頼している事実に焦点を当てることを好み、直感や洞察を不信に思う傾向があります。

 
彼女らが年を取るにつれて、将来の変化が予期せぬ方法で展開されるという強い意識を持つようになります。

彼女らは、自分のビジョンや「直感」を現実にすることに魅力を感じる傾向があります。

彼女らはまた、将来の目標に達するための動機付けとしてそれらを使用し、神秘的な、象徴的なイメージや意味に惹かれます。

 
彼女らは有形のデータを扱うことを好むため、しばしば直観を使う事で不安を感じることがあります。

他の時には、イメージやシンボルに焦点を当て、他人に困惑させたり混乱させてしまうアイデアを探求しながら、直感に没頭することができます。

より成熟するほど、より直観が強くなります。

ESFPの直観


ESFPの場合、感覚は直観よりもはるかに自然に起こりますが、それでも直観は彼女らのパーソナリティに大きな役割を果たします。

Inferior functionとして、直観は彼女らに将来についての楽観感を与えます。

彼女らは時々「あぁ!」という洞察やイメージの瞬間を得る傾向があります。

 
直観は、感覚への選好のために抑圧することを選択した領域でもあります。

彼女らは証拠によって支持されていないとみなされるすべての象徴主義と将来の予測を無視するかもしれません。

彼女らは、現在の道がとても楽しそうに見えるので、否定的な意味合いについて懸念を払わないかもしれません。

 
ESFP(およびESTP)は、自身の経験や行動の「長期的な」意味に焦点を当てることは、特に早い段階では本質的な好みではないため、「転ばぬ先のつえ」の考え方に苦慮します。

ESFPが成長するにつれて、直観は通常より磨かれ、完成し、神秘的な、原型的で抽象的なテイストを開発します。

ESTPの直観


ESTPは通常、直観よりも感覚を好みますが、それでも直観は彼女らの生活において重要な役割を果たします。

ESTPは計画やアイデアがうまく機能していることの洞察をすぐに得ることができます。

 
彼女らはエネルギーと活力でこの洞察に従うことができ、将来の結果につながる現在のチャンスを得ることができます。

しかし、時には、ESTPは、全ての結果、意味、戦略を予見するために一時停止せず、すばやく行動するという瞬間と考えの興奮に夢中になることがあります。

 
彼女らが若いとき、直観を抑える傾向があり、代わりに事実や具体的な現実に対処することを好みます。

彼女らが年を成長するにつれて、内面を見て楽しみ、象徴的で、原型的で神秘的なものに惹かれるようになります。

彼女らはまた、将来のイメージを持つことが自身にインスピレーションを与え、行動を起こすよう動機づけていることを理解します。

ISFJの直観


ISFJは直観より感覚を好みますが、それでも直観は彼女らの生活の中で重要な役割を果たしています。

彼女らはしばしば工芸や実践活動を通じて創造的なつながりを見る能力として、直観を表現します。

彼女らは、岩や木のようなオブジェクトを見て、それを使うためのさまざまな方法を見ているかもしれません。

 
(「妖精の庭を作った!」

(「ツリーハウスを建てた!」)

通常、彼女らの直観はある種の具体的で創造的な活動で演じられます。

 
ISFJは隠された意味や相互関係を見たいと思うかもしれませんが、通常それらを抽象的すぎると思うかもしれません。

彼女らは、直感や接線的なアイデアを、時間の無駄として却下する可能性が高いです。

 
事実と自身の経験は、常により信頼できるように見えるでしょう。

初期の人生では、ISFJは非常に現実的であり、新しい方法で物事を試すのではなく、自身が知っているものを好みます。

ISFJが成長すると、抽象的な概念や関係性に対してオープンになります。

彼女らはより自発的になり、複数の意味を探求します。

ISTJの直観


ISTJは通常、直観より感覚を好みますが、それでも直観は彼女らの生活や世界観に大きな役割を果たします。

彼女らは、特に問題や計画について困惑しているときに、想像力豊かな、創造的考え方の瞬間を持つことができます。

しかし、ほとんどの場合、彼女らは、新しいアプローチよりも、事実、経験、実証済の方法を信頼します。

 
多くの場合、抽象的で仮説的な会話は、時間の無駄やナンセンスと見なします。

彼女らは現実と証拠に根ざしたものを好みます。

 
ISTJが成長するにつれて、より自発的でオープンになり、新しい方法で物事を試し、抽象的なつながりや関係を見るようになります。

ブレーンストーミングは彼女らにより力を感じさせ始め、彼女らは自身を導く可能性に従うことを楽しみます。

ESFJの直観


特に成長したESFJは、ブレーンストーミングを行い、新しいアイデアや隠された意味を探求します。

時折の仮説的会話や概念的議論は、少量から中程度の用量で非常に活発になります。

しかし、彼女らは経験や時事問題により焦点を当てようとするため、この分野での長時間にわたる議論は、彼女らを疲れさせます。

 
初期の人生では、ESFJにとって「直観」は現実的でなく、無意味に見えるので、それを不信に思う傾向があります。

ESFJが成長するにつれて、物事の背後にある隠された意味、相互接続、将来の可能性を把握することができるようになります。

 
時には、ESFJは無数の可能性に圧倒され、人生の最善の道を知ることに苦慮します。

判断タイプとして、彼女らは自身の人生を決定し、動くことを強いられているので、多くの選択肢をランダムに選んで後で後悔することがあります。

彼女らはまた、自身の直感を優先し、実際には存在しない潜在的な問題や障害を感じるかもしれません。

 
全体として、直感はESFJの祝福と呪いの両方になります。

時には、彼女らは革新的なアイデアやインスピレーションを得るために心を開いています。

他の時には、否定的な可能性を過度に心配することになります。

ESTJの直観


特に成長したESTJは直観を楽しむ傾向があります。

彼女らはブレーンストーミングや概念的な議論で活発になり、刺激を受けます。

しかし、抽象概念への長時間の焦点は、より現実的な要求に戻りたいという強い衝動を感じるにつれて、彼女らを磨耗させ始めることがあります。

 
初期の人生では、ESTJは自身の直観のほとんどを不信に思っていて、自身が感じる抽象的なつながりは、あまりにも非現実的であると考えています。

彼女らがより成長するにつれて、ESTJは将来の可能性に魅了され、後に起こる可能性を分析することができるようになります。

彼女らの管理能力とブレンドされた可能性を見て、強力な計画者になることができます。

 
時々、ESTJは無数の可能性に圧倒され、最高の道を知ることに苦慮します。

判断タイプとして、彼女らは自身の人生を決定し、動くべきと考えているので、多くの選択肢をランダムに選び、後悔することがあります。

彼女らはまた、誤って直観を使用し、存在しない潜在的な問題や障害を感じてしまいます。

 
直観はESTJの祝福と呪いの両方です。

時には、革新的なアイデアやエキサイティングな可能性に心を奪われます。

他の時には、それは彼女らを真実から逸脱させ、ストレスの原因とまります。

合わせて読みたい記事

Posted by melancoly