ENFJ:精神プロセス

ENFJ

ENFJの心理機能

1. Fe – 外向的な感情

FeはENFJの主要機能であり、世界と関わるために使用されます。

Feは感情(emotion)とは無関係です。Feは、人や状況についてFeタイプが持つ本能(直感)です。

Feは外部にフォーカスしており、主に他者の存在によって動機付けられます。

2. Ni – 内向的直観

Feが人々に関する情報を収集する一方で、Niはバックグラウンドで内部的に実行されます。

Niは情報を取得してデータ群を形成します。そして各情報は結合されてアイデアや思考となります。

 
Niによって、ENFJはとても抽象的な内定世界を持ちます。

3. Se – 外向的感覚

Seは、ENFJが周囲の世界に対して持つ印象に関係します。

SeによってENFJは世界を具体的なものとして認識します。また、自身の感覚を使って周囲の世界を理解し、関わることを楽しむようになります。

4. Ti – 内向的思考

TiはENFJの最後の機能です。

Tiは、Feが収集した情報の分析に関係します。

TiはNiと共同し、ENFJのアイデアや意見の洗練をサポートします。

ただし、Tiは彼女らの最も弱い機能であるため、彼女らは複雑な理論的問題の分析に苦慮します。

外向的感情(Fe)

Feは短い一文で定義できません。 なぜなら、Feでは常に多くのプロセスや方法が動いているからです。

ENFJはFeを使用して周囲にいる全員の雰囲気を読み取り、全員が何を考え感じているかを常に認識します。

同時に、ENFJは独自のマナー、表現、感情、能力を使用して周囲の人々に影響を与えます。

ENFJが他者から良い雰囲気感情、またはENFJの興味を引き起こす何らかの感覚を受け取ると、ENFJはFeを介してその感情等を自分のもののように受け取ります。

 
ENFJは人間関係構築のマスターです。

彼女らはFeを通して他者の状況を感知し、評価することができます。

ENFJは共感に優れ、他者の喜びや怒りを自分のもののように感じます。

 
Feは「母性」的機能としても説明できます。

Feタイプは周囲の人々を気遣う気持ちが強いです。

彼女らは自身のニーズよりも他者のニーズに配慮する本能を持っています。

 
Feタイプは、見返りを期待せずに他人を助けているときに最も自分らしさを感じます。

 
FeはFiとは異なります。

Fiは自身の内面にフォーカスし、「これについて私はどう感じているの?」と問い続けます。

一方Feは外部にフォーカスし、「私が属しているグループの人々はこれについてどう感じているの?」と問い続けます。

 
Fiタイプは、まるで鏡を見ているかのように、自分自身を定性・定量化できます。(自身の様々な面について評価できます。)

Feタイプの鏡は外側に向いています。

よってFeタイプは、自身が心の中でどう感じているのかは理解しているかもしれませんが、他者からのフィードバックを得るまで、自身の感情が実際に何を意味するのか、他者からはどのように見えるのかを明確に理解することができません。

Feはデータ収集機能ですが、Fiのように自身に関する客観的なデータを収集することはできません。

Feは、正確だと思われるデータを収集するために外部に依存しています。

つまりFeは、何かに関する正確な描写を作成するために、他人が提供する情報に依存します。

 
Feは外向的機能であるため、Feタイプは物理的環境に大きく影響されます。

よって、Feタイプは周囲を高度にコントロールすることを好みます。

例えば、彼女らは家の装飾や掃除の方法について強い意見を持っているかもしれません。

Feは外界の調和を大切にしているため、周囲の何かがバランスを崩していると精神を乱します。

 
この外部の調和に対する価値観により、ENFJはとても芸術的な側面を持ちます。

彼女らは外的世界とよく関わっており、何かをどのように感じたいかに関する優れた本能を持ちます。Feタイプはこの本能を素晴らしい芸術的表現に導くのが得意です。

世界に対する「直感」的アプローチにより、各一筆をどのように描くべきか、または次にどの音符が来るべきかを過度に分析することなく、自分自身を表現することができます。

 
FeタイプはFeを用いて人々を説得します。

健全なENFJが人を説得する場合、相手は自分が説得されていることに気づかないでしょう。

なぜなら、健全なENFJは他者の感情を認識し、同調できるからです。

健全なENFJは、相手や状況についての正確な知識を持っており、説得の結果について確信を感じた場合のみ、この能力を使用します。

彼女らは他者が感じていることを強く感じることができるため、操作的であると思われることを警戒します。

内向的直観(Ni)

ENFJは自身の内なる世界を、あらゆる種類のデータが書かれたポストイットで埋め尽くされた壁のようにイメージするかもしれません。

彼女らは「壁」から一歩下がって、すべてを一度に理解できます。

同時に、彼女らの精神は「壁」に貼られたデータのさまざまな点を積極的に(かつ無意識的に)強調表示し、結び付け、物事についての思考や印象を形成します。

彼女らの内なる世界は非常に抽象的であり、直感的な飛躍を繰り返します。

 
xNFJは人々や周囲に対する優れた直感を持ちます。

彼女らは世界に関する情報を取得し、それを少し不思議な方法で処理します。

 
ENFJは人々や状況についてかなり正確な結論に至りますが、そこに至った理由を明確に説明できません。

彼女らはNiを用いて思考プロセスの多くのステップを飛び越します。他者がEという結論に達するために、Aから始めて B、C、Dと移行する必要がある場合、ENFJは容易にAからEへジャンプします。

そのため、彼女らは人や状況に関して「超常的」な感覚を感じます。

 
Niタイプは新しい方法で物事を行ったり、未知の領域を探求することに不快さを感じません。

彼女らはNiによって、試したことのない事柄の結果を正確に予測できるからです。

 
NiはENFJの第二機能です。

NiはFeによって収集されたすべての情報を取得し、それらを収集済の他の情報と関連付けて、新しい情報の持つ意義を評価します。

NiはFeを補助するため、ENFJは周囲の人々の感情を汲み取って理解できます。

汲み取ったもののすべてを同時に感じることさえあるかもしれません。

 
ENFJの思考プロセスはあちこちに飛び回っているため、「ある人」と「その人の感情」を関連付けることができないことも多いです。

気付かずに誰かの感情を受け取り共感してしまい、突然生じた自分の感情の変化に戸惑うかもしれません。

対してESFJは、それぞれの感情がどこから来ているかを線形的に正確に判断できます。(「ある人」と「その人の感情」を正確に関連付けることができます。)

 
一般に、Feタイプは他者の気分や感情を「拾う」「感じる」ことができます。

Fiタイプも同じことができますが、Fiタイプは一度に1人にフォーカスする傾向が強いです。

 
ENFJは、自身の感情が突然変化した場合、それは周囲の誰かの感情を拾ったことが原因である可能性が高いことを知っておくべきです。

ENFJは通常、Tiを使用してNiプロセスの手順をたどりながら思慮深く熟考することで、他者への共感による感情のもつれを解きほぐすことができます。

 
ENFJが他者の感情を自身のもののように経験したとき、自身がある種の不本意な共感を抱いていることにすぐには気づかないかもしれません。

これは ENFJにとって苦痛となる可能性があります。

この場合彼女らは自身の感情の「源」を心の中で探し始めます。そして、自身が感じた感情が実際には自分のものではないことを説明したり正当化しようと、自身にプレッシャーをかけるかもしれません。

 
ENFJが自身のこの傾向を認識するにつれて、彼女らはこれに対応するためにTiを開発させ、最終的には自身の感情と他者の感情を区別することを学ぶことができるようになります。

 
Niは、ENFJの内面をとても流動的なものにします。

彼女らは心の中に「善悪」の感覚を持っています。

同時に、自身と正反対の視点や信念を容易に理解できます。

彼女らは2つの真実が同時に存在すると感じるかもしれません。なぜなら、何かが自分にとって真実である一方で、それに反する物事が他者にとっての真実である可能性があると分かっているからです。

 
Niは情報を取り込んで処理します。

また、その情報に関連する可能性ある他のすべての情報も、新しい情報に関連付けられます。

このプロセスは非常に急速に起こるため、この処理はENFJにとって無意識的であることが多いです。

この処理により、すべてが関連していて、すべてが流動的であるという感覚が生まれます。

ENFJは特定の事柄について強い信念や意見を抱きますが、同時に、自身にとっての真実は普遍的な真実ではないかもしれないという感覚を持ちます。

 
ENFJはNiを使用して、行うべき事を直観的に把握(予測)します。

彼女らは先見の明を持ち、他者よりも10歩早くニーズを理解できます。

 
ENFJは人々のニーズを満たすことで充実を得ます。よって、自己犠牲的にならないように注意するべきです。

 
ENFJは、内面の思考のかなりの部分を人間関係の問題について考えることに費やします。- 例えば、自身の行動が他者にどのような影響を与えるか、他人から言われたことについて自身がどう感じるか。 -

彼女らは、自身の発言が自身の意図しない形で相手に受け取られた可能性があることに事後的に気づくことが多く、そのため意図せず誰かを傷つけてしまったかもしれないと心配します。

 
ENFJは自身の目標や願望など、将来の可能性について考えることに多くの時間を費やします。

彼女らはこれらのことを段階的に考えることをあまりしません。(〇〇したい、なのでまず〇〇を達成し、次に〇〇をすべき)

むしろ、自身の目標や興味が自身をどこに導くかについて、さまざまな可能性を探りたいと考えています。(〇〇したい、そして次に〇〇したい、もし〇〇なら〇〇もできる!)

ENFJは、目標を達成するために何をする必要があるかについての感覚を持っていますが、物事を成し遂げるためには実際的なToDoリストの作成が必要です。

 
Niをさらに発展させたENFJは、Niとのつながりに基づいた理論やアイデアを検討するのにかなりの時間を費やします。

これらの理論やアイデアは人間関係に強く関係します。

また、Feは調和を大切にしますが、Niは相手に多くの可能性を提供したいと考えるため、ENFJは人間関係においてFeとNiの間の葛藤を感じます。

外向的感覚(Se)

Seは、ENFJが世界を客観的な場所として見るのに役立ちます。また、主観的なNiの心にアイデアを表現する場所を与えます。

Seは、周囲への探求の原動力です。

 
Seはさまざまな形で現れます。それは、芸術や音楽などの創造的な活動、旅行、食事などから、料理、掃除、整理整頓などのより実用的なことまで様々です。

Seは新しい経験と冒険を求めます。

 
基本的にSeは何かを行うのが好きです。Se的活動はENFJを組織的に保つのに役立ちます。

ENFJは、自分自身や他人、仕事、趣味や情熱にすべてのエネルギーと集中力を注ぐ傾向を持ちます。

彼女らは自分自身のこの「全か無か」の傾向に圧倒され、120%の力を発揮できることのみ行い、発揮できないことは全く行わないかもしれません。

ENFJが、何にフォーカスし、どれだけのエネルギーを何かに注ぐべきかを理解するには、Seを使用して目標や夢などをを書き出しすことが有効です。

自身の人生の戦略(仕事などの当面のやらなければならない物事と、高い目標を達成するために必要なステップの両方)を書き出することは、Niのアイデアを整理するのに役立ちます。

 
Seは、ENFJが世界と経験の全体像を見るのに役立ちます。

訪れたことのない場所への旅行を計画するとき、彼女らは「誰が一緒に来てくるかな?」「どこに泊まろうかな?」といった全体像的な事柄に関心を持ちます。

彼女らはこれらの疑問を、望んでいる新しくエキサイティングなSe的体験を得るために克服すべき障害とみなします。

 
対してSiタイプは、「雨に備えてどんな荷物を準備すべき?「フライト時間はどのくらい?」」などの詳細に悩まされます。

これに他の多くの詳細への疑問が重なって、Siタイプは旅行に行く気を失ってしまいます。

 
ENFJは、素晴らしいSe体験を行うことを重視し、詳細をあまり気にしません。

内向的思考(Ti)

TiはENFJの第4機能です。よってENFJは複雑で理論的なアイデアについて思考することに苦慮します。

ただし、Ti的な概念の実例が提示されればこの限りではありません。

 
ENFJは、自身が関心を持ったことや、自身が関心持った人のために行動することに関してはとても細部にこだわりますが、会話中の一言、二言の言い間違いなどの細かいことは気にしません。

彼女らは、意味が伝わっていれば細部を過度に分析する必要はないと思っています。

 
意思決定に関して、ENFJの思考プロセスは、他タイプとってはとても感情的または非論理的に見えるかもしれません。

彼女らは直観を主としますが、そのプロセスは依然として論理的です。ただし他者は、ENFJの問題や結論に対する感情的な反応を、非論理的な思考プロセスと誤解する可能性があります。

 
ENFJの論理は、他タイプには無視されるデータポイントを考慮しています。- 例えば、周囲の人々の喜び人類の幸福魂の平和自身の行動の社会的影響など。

もちろん健全なENFJは、健全なTiタイプと同様の結論に達することができます。

しかし、健全なENFJは別の観点からそれらにアプローチするでしょう。

 
ENFJのTiはバックグラウンドで静かに実行されているため、論理の過程をすぐに追跡できません。

ENFJがTiを使用して、Niの働きの背後にある論理を理解します。

ENFJは、適切で合理的な結論に達するための独自の方法を持っているのです。

 
Feタイプは複雑で理論的なアイデアについて人々と話すことができます。

なぜなら、彼女らは質問したり、例えを使用したり、相手の言ったことを基に自身の思考を構築することに優れるからです。

しかし、第4機能としてのTiでは外部からのインプットなしに独自の思考プロセスを駆動することは困難です。

このことは彼女らのNiにとっての制限にもなります。

なぜならNiは、理解するのが難しい事柄についてすべての可能性を考えることはできないからです。

 
TiタイプにとってのTiは、きちんと目的地に到着できるドライバーです。

ENFJのTiは、どこに行くべきか理解しつつも、ささやき声で提案をする後部座席の人です。

しかし、そのENFJのTiに地図(Feによる会話)が与えられると、Tiはより良い提案を行うことができるようになります。

 
TiタイプのTiは、多くの複雑な質問をし、詳細な部分について概念的分析を行います。

一方、FeタイプにとってのTiは、Feを介して複雑な理論的疑問を取り入れ、次のように言うのが得意です。

「うーん…はい、その通りだね。」「うーん…いや、それは違うと思う。」

 
ENFJはストレス時や疲れているときに、一連の分析的思考にさらされます。 これは単に煩わしいだけである場合もあれば、自身の持つ不安に関連している場合もあります。

 
Tiは、他の機能からの情報に基づいてどの結論が正しいかを決定します。

ENFJはFeを主としているため、Tiによってデータをゼロから作成するのではなく、Feによって周囲の世界からデータを取得します。

このため彼女らは、他者からの意見を得ずに、大きく複雑なことについて自身が何を信じているかを理解するのに苦慮します。

 
Feタイプは、大きな決断や信念に関して、「リサーチ」と「賢明で善意のある人々と話すこと」を組み合わせることで最もよい結果を得ることができます。

Posted by melancoly