ENFPの性格 byPA

ENFP

ENFPは非常にエネルギッシュであり、冒険的、柔軟性、自発性、想像力、熱狂性、友好性で知られています。

いくつかのオンラインソースによると、ENFPは人口の約7〜8%を占めていますが、David Keirseyの著書「Please Understandstand Me II」では、このタイプはまれであり、 人口の2~3%を占めているとされています。

ENFJ、INFJ、INFPとともに、彼はこのタイプを「理想主義者」と分類しました。

ENFPの他の名前

多くのパーソナリティ研究者は、16パーソナリティのテーマを広げ、それぞれ名前を与えました。

 
Journalist(ジャーナリスト)(David Keirsey「Please Understand Me」)

Champion(主義擁護者)(David Keirsey「Please Understand Me II」)

Discoverer Advocate(発見者・主唱者)(Linda Berens)

Enthusiastic Innovator(熱狂的革新者)(Alan Brownsword)

Pied Piper(ハーメルンの笛吹き、誘導する者)(Jonathan P. Niednagel)

Imaginative Innovator(想像力ある革新者)(official MBTI website)

The Campaigner(運動家)、The Creative Idealist(創造的な理想主義者)、Advocate(主唱者)、The Inspirer(人々を駆り立てる指導者)、The Hero(主人公)(その他)

 
ENFPは4つの気質モデルの多血質– 粘液質タイプと同等です。

ENFPの意味

ENFPは、外向(E)、直観(N)、感情(F)、知覚(P)の略です。

外向的タイプということは、外界との交流を楽しみ、内部よりも外部に焦点を当てることを意味します。

直観タイプということは、具体的な事実ではなく、その可能性を通じて世界を知覚することを好むことを意味します。

感情タイプということは、他の人々との関係に焦点を当てているということです。 決定を下す際、他人の感情や気持ち、自身の直感を考慮に入れます。

知覚タイプということは、選択肢を開いたままにし、柔軟性と自発性を享受することができることを意味します。

ENFPの認知機能

ユングによると、外向性と内向性は、思考、感覚、直観、感情の4つの機能と組み合わせて示されているにすぎません。

結果として、各タイプは、dominant・auxiliary・tertiary・inferiorの4つのfunction(機能)を持ちます。

 
Dominant functionは人の自然な動作モードです。

Auxiliary functionはdominant functionをサポートし拡張します。

Tertiary functionは当初は未発達ですが、個人の成長と発展の結果として時間の経過とともに発展する可能性があります。

Inferior functionは人の究極の弱点です。

 
以下はENFPの機能スタックです。

Ne:外向的直観(dominant)

Fi:内向的感情(auxiliary)

Te:外向的思考(tertiary)

Si:内向的感覚(inferior)

ENFPの概観

快活でエネルギッシュなENFPは、世界を可能性の観点から見ており、彼女らの興味の幅は、好奇心と想像力を反映しています。

彼女らが興味を持つことは、必ずしも実用的である必要はありません。

刺激的である限り、ENFPにとっては十分です。

 
若いENFPは、いつも楽しい気分で、自身の未来(完璧なパートナー、生活する最高の場所、選択する理想的なキャリア、夢の家など)を考えるのに多くの時間を費やします。

ENFPは自分の夢や理想について話すのに多くの時間を費やしますが、これは彼女らが事前に計画したすべてを持っているという意味ではありません。

 
実際、それは反対です。

ENFPの特徴的な柔軟性と自発性によって、正しいと思えば、最初から欲しいものとは違うものに定着するのが一般的です。

プランを変えることは、このタイプでも非常に一般的です。

ENFPが将来の計画について話し始めると、友人は驚くかもしれません。

彼女らは、明日は違うものがあることを知っています。

 
これらの想像力豊かな革新者は非常に多くの可能性を見ているので、明確な選択をするのに苦慮します。

彼女らの多くは、1つのことにコミットすると自動的に多くの他の驚くべき選択肢が未踏のままになると感じるため、決定を下すことに躊躇します。

彼女らは人生後半までキャリアと結婚の決定を遅らせる可能性が高く、新しいスリルを求める彼女らの本来の欲求が、彼女らのコミットメントと一致していないのでそうするのはおそらく正しいでしょう。

ENFPは他の人たちを熱心に観察しており、絶えず環境をスキャンして疑惑を起こさせるものや興味深いものを探します。

 
彼女らの強力な直観と注目を集める能力を身につけ、人々の動機を理解し、次の動向を予測するのに優れています。

彼女らの外向性のおかげで、他者ついての直観的な洞察を共有する可能性があります。

残念ながら、ENFPにとって、洞察は常に高く評価されるわけではありません。

多くの場合、関係する人々はそれを、非常に脅かすもの、さらには気味が悪いと感じるかもしれません。

 
ENFPは人々といるのを楽しみ、通常は幅広い関りを持っています。

彼女らのスタイルは熱狂的で、積極的で、他者を元気づけます。

彼女らは他の人のサポートに集中し、過度に積極的で偽善的と思う人もいるかもしれません。

実際には、彼女らはサポートを他者に与えて、他者からサポートを得ることを望んでいることもあります。

他の人々からの意見、サポートと感謝はENFPにとって非常に重要です。

ENFPの人間関係

ENFPはむしろ簡単に恋に落ち、ENFPは愛の考えを愛しているので驚くことではありません。

ENFPが関係性に入ると、彼女らはパートナーを理想化し、あらゆる方法で相手を広範囲に勉強する傾向があります。

ENFPは、非常に社会的で愛情のあるタイプであり、恋人を見つけるのにあまり苦慮しません。

ENFPは理想的なパートナーに見えるかもしれませんが、その関係性に深刻な欠点があります。

 
コミットメントの問題:ENFPは、一人の人に「yes」と言うことは、他の多くの潜在的でエキサイティングな関係に「no」と言うことになるので、コミットするのが難しいと感じています。

嫉妬:ENFPは非常に社会的で誰に対しても愛情深い人であり、これはいくつかのタイプにとって問題かもしれません。

別れの可能性:ENFPは長距離恋愛にはあまり適していないため、このような状況が発生した場合、ENFPは代わりの近くの人を見つける可能性が高いです。

 
しかし、肯定的な側面では、ENFPとの関係は決して退屈ではありません。

ENFPは常に若々しい心で、パートナーを理想化し、常に楽しませます。

愛に満ちたENFPは、最も明白な欠陥であっても、多くのチャンスを与え、目を閉じます。

ENFPの他のタイプとの相性

ENFPと他のタイプとの相性に関する最も一般的な質問には、INFJとENFP、ENFPとESFJ、INFPとENFP、ISFJとENFPがあります。

ENFPとINFJ

INFJとENFPの両者は、パートナーの理解と意味のあるつながりの確立に多くの努力を払う傾向があります。

共感、感情的なサポート、調和などの共通の価値観によって共に惹かれます。

相手の視点を理解し、相手の視点から物事を知りたいという相互欲求は、関係性における最も強いポイントの1つです。

基本的に、ENFPは多血質– 粘液質タイプであり、INFJは黒胆汁質– 粘液質タイプです。

彼女ら粘液質の特徴(親密さ、関りおよび理解の必要性)を共有し、多血質と多血質の性質において異なります。

 
16タイプに関しては、彼女らはINFJとENFPは「NとF」を共有します。

David Keirseyは、双方を「理想主義者」と分類しました。

すべての理想主義者タイプは、少なくとも部分的に粘液質の性質を持ちます。

ENFP-INFJカップルにはいくつかの相違点もあります。これらの相違点は、互いをより魅力的にします。

 
INFJは、ENFPの遊び心と自信に惹かれます。

ENFPは、INFJの深みと成熟さに惹かれます。

 
否定的な側面では、INFJは物事が安定し、組織化されることを望みますが、ENFPは彼女ら自身が提示した機会を利用できるように、選択肢を開いたままにしておくことを望みます。

INFJは、ENFPが自由に感じたいと思っているため、いくつかの問題に関して不快で不確かなように感じるかもしれません。

さらに、INFJは、通常、自身が清掃や調理、さらには請求書の支払いなど、より多くの家事を行うことになるため、ENFPパートナーに憤る可能性があります。

 
最後に、内向的なINFJは、外向的なENFPに必要な社会的活動が多すぎるために疲れ果てる可能性があります。

ENFPとESFJ

ENFPは多血質– 粘液質タイプであり、ESFJは多血質 – 黒胆汁質タイプです。

双方とも、「EとF」を共有します。

どちらも強い感情的なつながりを必要とし、自身の個人的価値観に基づいて選択を行います。

ENFPとESFJはお互いに非常に情熱的で支援的です。

 
彼女らはまた、自身が楽しむ非常に活発な社会生活を持つ可能性が高いです。

双方には共通点がありますが、いくつかの重要な違いもあり、これらの異なる見解のために問題が発生する可能性があります。

ESFJは黒胆汁質の性質のため、変化に抵抗する傾向があり、一般に控えめな傾向があります。

残念なことに、好奇心が強く、活発で非慣習的なENFPは、このライフスタイルに飽きてしまうかもしれません。

 
そして、ENFPは自分自身には真正であり、大胆かつ自発的に行動します。

その結果、ESFJのパートナーに迷惑をかけ、多くのストレスをかける可能性があります。

Posted by melancoly