エニアグラムタイプ7:EPタイプ

エニアグラム

エニアグラムは9つの基本タイプで構成され、それぞれのタイプは2つの「ウィング」またはサブタイプを持ちます。

ウィングは、エニアグラムサークル上の隣のタイプに由来します。

この記事では、タイプ6とタイプ8の特性を示す7w6と7w8という2つのサブタイプを含む、タイプ7について説明します。

また、これらのタイプとMyers-Briggsの相関関係、すなわちENFP、ENTP、ESFP、ESTPとの関係についても探求します。

エニアグラムタイプ7:新規性探求者

エニアグラムでは、それぞれのタイプにニックネームを付けて、その本質的な動機を捉える試みが行われています。

割り当てられた名称は、そのタイプへの解釈に応じて、理論家間でわずかに異なる場合があります。

ここでは、タイプ7を「新規性探求者」と呼ぶ理由をいくつか列挙します。

 
非常にオープンで適応性の高いタイプ7は、斬新でエキサイティングな体験を求めています。

EPタイプのタイプ7は、新たな感覚や探索の可能性について環境を調査するために、外向的感覚(Se)または外向的直観(Ne)のいずれかの外向的知覚機能を採用しています。

 
Dominant functionがSeであるESFPとESTPは、新しい感覚的または身体的経験に引き寄せられます。

彼女らは、広範囲の食べ物、飲み物、ファッション、身体的挑戦、性的体験などを試すことを喜ぶかもしれません。

キャリアの面では、彼女らは多様性と自発性のための機会を多く提供する仕事を求めています。

彼女らの多くは、オフィスに閉じ込められるという考えを忌み嫌います。

これは、環境の新しさと、周囲との具体的な取り組みの機会を奪うシナリオです。

 
ENFPとENTPは、外部の新規性も評価しますが、直観タイプとして、自身に関する物事(S)よりも、インスピレーションを受けるアイデアや可能性(N)により興味があります。

新しい場所を探索し、新しい人々を迎え入れる際に、ENPは自らの心と想像力(Ne)を刺激することに主眼を置いています。

彼女らは具体的な世界(S)を、新しい可能性(N)を直観的に理解するための土台として使用します。

 
つまり、ESPとENPのタイプ7は、特に一見したところ、どちらも新しい冒険と経験を求める熱心なタイプなので、似ています。

違いは、これらのタイプが自身の経験を認知的に処理する方法です。

ESPの場合、感覚経験は、それ自身を大いに評価さます。

ENPの場合、感覚経験は単なる出発点であり、新しいアイデアや視点のための触媒です。

自己認識と自己自制の課題

内向的タイプの共通の強みである自己自制は、典型的にはタイプ7にとって本質的ではありません。

彼女らは新しい嗜好や経験に対して強い意欲を持つだけでなく、外向的感覚タイプとして、ブレーキをいつ、どのように適用するかを知るために必要な自覚を欠いているかもしれません。

残念なことに、ある程度の洞察力と自己制御がなければ、あらゆる種類の害や中毒に陥るでしょう。

 
したがってタイプ7は、自身の外向的な貪欲さを相殺するために、内向的感情(Fi)または内向的思考(Ti)の内向きのauxiliary functionの支援を必要とします。

これらの機能は、より健全な方法で動作するために必要な自己認識と自己自制を提供します。

 
理論家は、タイプ7が個人的に成長すること、あるいは時には「統合の方向性」と呼ばれるものが、タイプ5の強みのいくつかを開発することを含むと示唆しています。

これは、多くのタイプ5がINTP(タイプ7がより使うべき内向的思考を使う)である事実に照らすと理解できます。

 
目標はタイプ7の自由で楽しさを愛する本質性を消滅させることではありません。

結局のところ、私たちは自発性、予測不可能性、そして新しい経験への開放性の価値を思い出させるタイプ7が必要です。

むしろポイントは、内向的判断機能が、このタイプでは欠けているかもしれないバランスと自己認識の健全な程度を提供できるということです。

サブタイプ:7w8

エニアグラムタイプ8は、しばしば「ボス」や「リーダー」と呼ばれています。

タイプ7のように、タイプ8は外向的タイプが多いでしょうが、外向的知覚タイプ(EP)ではなく、外向的判断タイプ(EJ)のように振る舞います。

リーダーシップのポジションにおけるタイプ7が、どのようにして7w8と診断される傾向があるのかを容易に想像することができます。

 
Tertiary function(外向的思考(Te)、外向的感情(Fe))の強い発達を示すEPは、このサブタイプであるかもしれません。

一部のEPは、タイプ8が主要なエニアグラムタイプと見なされることさえあります。

例えば、ENFPであったスティーブ・ジョブズは、タイプ8と解釈されるかもしれません。

 
Tertiary functionの開発と利用は悪いことではありませんが、EPはそのauxiliary functionを犠牲にないようにすべきです。

これまで見てきたように、FiやTiを十分に使用していないと、EPは最良の生活を送るために必要な内向的フィードバックに不足する可能性があります。

 
スティーブ・ジョブズはいくつかの点でFiの発達を示していましたが(例えば、彼の審美的な味と価値観)、より高いレベルの共感と他者への関心を育てることが、彼をより良い人間にしていたと確信できます。

サブタイプ:7w6

エニアグラムタイプ6は、しばしば「Loyalist-Skeptic(忠実家 – 懐疑論者)」のような奇妙なニックネームを与えられる二重性を持って描かれます。

タイプ6は内向的であり、懐疑的な側面を生み出します。

忠実家の部分は、特定のグループ、イデオロギー、集合体との適合性または整合性を促す感覚(S)および/または判断(J)への選好から生まれます。

 
タイプ6は、自律性(I、N、P)と順応/友好(E、S、J)の2つの競合傾向の混和としてキャストされるかもしれません。

 
7w6と診断される理由はいくつかあります。

第一に、タイプ6の懐疑的な側面は、タイプ7のレパートリーに内向的判断の必要な量を提供しているように見えるかもしれません。

さらに、一貫して期待されるものではなく、例外や異常に気付くP(知覚)の傾向があるため、PタイプはJタイプよりも本質的に懐疑的であり、したがってタイプ7はウィング6の方に引き寄せられるかもしれないと主張することができます。

 
タイプ6の忠実家の側面は、より大きな安定性をもって人生を染める主義やイデオロギーを求めるタイプ7にとって魅力的かもしれません。

さらに、外向的タイプとして、重要で、有意義であると考える外界の様々な面と同調することはEPにとって不自然ではありません。

最後に

タイプ7は斬新さを求めています。

永遠にオープンで好奇心が強く、彼女らは多様な世界のすべてを探求しています。

タイプ7は、ENFP、ENTP、ESFP、ESTPの各タイプで採用されている外向的知覚機能の明確で実証的な実施形態ですが、ESPとENPは自身の経験と関連した、それぞれ異なる動機と内的反応を持っています。

 
成長と統合のために、タイプ7は自身のパーソナリティの判断機能を開発する方法を見つけなければなりません。

7w8は主に、tertiary function(TeまたはFe)によってそうしますが、7w6は主に、内向的補助機能(TiまたはFi)に向いていると見ることができます。

 
これらの2つのサブタイプのうち、7w8タイプは、内向的機能の発達を妨げる危険性がより高いように見えます。

これは、世界が外向的成果を過度に強調ことが一般的だからです。

Posted by melancoly