ENTJ:精神プロセス

ENTJ

ENTJの心理機能

1. Te – 外向的思考

TeはENTJが周囲の世界と関わる主な方法です。

Teは効率性と物事の達成を重視します。

 
TeはENTJの主要な意思決定プロセスであり、ENTJは決定において論理的・合理的になります。

彼女らは前進することに関心を持ち、細かい点を指摘して時間とエネルギーを浪費することに興味を持ちません。

彼女らの導く方策は、現時点での「完璧な」解決策です。最善かつ効果的な方策は彼女らにとって明らかであることが多く、ENTJ最大化と効率化のマスターです。

2. Ni – 内向的直観

NiはxNxJが自身の内なる世界を知覚する方法であり、情報を保存する方法とその情報をどのように知覚するかを決定します。

Niはまた、彼女らの思考の流れを大きく左右します。

 
Niは情報を分散して保存する傾向があります。

すべてのデータは、複数の関連データに対してさまざまな強度の繋がりを持っています。

これにより、密集したウェブのような情報の集まりが作成されます。

大きすぎて全体を詳細に表示することはできませんが、ズームインされると複雑な思考の集合やスレッド(筋)を表示します。

このデータのネットワークは意識の外にあり、Niは夢のような特質を持ちます。

 
Niタイプはイメージや印象を具体的な事実を生み出すもののように経験します。

Niは情報全体をスキャンするだけでなく、多くのな思考や感情にズームインしたり、対象への視点を様々に変ます。よってNiタイプは、自身の内なる世界を常に変動するものとして経験します。

3. Se – 外向的感覚

Seは、ENTJが五感を使って周囲の世界を理解することをサポートします。

ENTJらは現在の瞬間を生きることを楽しんでおり、仮説的なものに対応する能力(Ni)に加えて、経験したり触れたりできるものに対応する能力(Se)も持ちます。

これは、NiとSeが心理機能の中間に位置するため(第2,第3機能であるため)、必要に応じてNi/Seの切り替えができるからです。

 
Seは、遊び心のある新しい感覚体験を探求するための原動力でもあります。

4. Fi – 内向的な感情

FiはENTJの最後の機能です。 Fiは状況を評価して、物事が自身の価値観や信念とどのように一致するかを把握するのに役立ちます。

ENTJは自身のFiを「直感(本能)」だと考えているかもしれません。

Fiは、周りの人々の価値観や感情を理解することにも役立ちます。

 
ある決定に対して、Teは理にかなっていると考えているが、Fiはそれが悪い考えであると理解している場合、Fiは警告システムとして機能します。

また、FiはENTJの最も弱い機能であるため、彼女らは自身の行動が他者の感情にどのような影響を与えるかを考えたり、自身の決定が自身の価値観と一致するかを考える前に、まずTeの素早い決断力によって行動することを優先します。

外向的思考(Te)

ENTJは2つのモードを切り替えます。

1つは常に周囲の環境を認識し、積極的に意思決定を行い、行動を起こすモードです(Te)。

もう1つは興味深い問題や疑問にフォーカスし、パターン(物事間の共通性など)を探求し、問題解決を行うモードです(Ni)。

 
ENTJは前者でTeを使います。

彼女らは、効率的に問題を解決し最良の結果をもたらすための、最善の行動方針を把握します。

彼女らはとても論理的で、本質的なリーダーであり、目の前のタスクを達成するために全員が何をすべきかを容易に理解します。

 
Tiタイプは解決策を洗練し完璧にすることを重視しますが、ENTJは現時点における問題の解決自体を重視します。

 
ENTJは、物事を洗練したり再評価したりするのにあまり時間を費やしません。

なぜなら、彼女らは最初のプランが失敗した場合でも、すぐに思考を切り替えて失敗を分析できるからです。

 
ENTJはとても意欲的です。彼女らは自主性・独立性を重視します。

ENTJはほぼあらゆる種類のタスクに適していますが、彼女らは多くの場合、経営幹部、マネージャー、起業家です。

 
ENTJは証拠に基づいた意思決定に依拠するため、精神エネルギーを効率的に使用することが多いです。

彼女らは日々の意思決定において効率を重視するだけでなく、精神を少ない労力で機能させることも重視します。

 
この証拠に基づく意思決定は、特に感覚情報(見たり聞いたりした情報)に依存しています。

 
ENTJは周囲の環境のエラー(誤り)に気づくことに優れます。

また、他人からの否定的なフィードバックなどの不要な情報の除外に優れます。そうすることで、反対者にもかかわらず目の前のタスクに集中できるようになります。

 
ENTJの脳は、自身の深い価値観(Fi)と関係する領域で高い活性を示します。

彼女らの価値観はネガティブな事柄と結びついた形で表現されることが多いです。

ENTJは一定の基準を達成することを重視しており、基準を達成することの失敗に敏感です。

その結果、自身にも周囲の人にも厳しくなる傾向があります。

 
ENTJは非常に目標指向であり、結果を重視します。

彼女らは実践的なことの細部に立ち入ることを嫌う傾向があり、細部は他の人に任せる傾向があります。

 
ENTJは、責任者となるか責任者から指示を受けるかに関係なく、階層構造(ヒエラルキー)の中で輝きます。

明らかなリーダーがいない場合、彼女らはグループを団結させるために立ち上がるでしょう。

 
ENTJはとても社交的ですが、通常、嫌われることを恐れません。

彼女らは必要な対立をためらわず、対人関係の争いに関しては、迅速かつ効率的な方法で問題を解決したいと考えます。

 
ENTJは強く自分の意見を持っており、グループの中で自分の意見を表現することを躊躇しません。

彼女らは議論に刺激を感じます。また、自分と同じように意見を貫くことができる人々に魅了されます。

 
ENTJは通常、「計画通り」に行動することはなく、計算されたリスクを取ることでよりよく機能します

彼女らは、自身の計画がうまくいく方法を概念化し10歩先を考える能力を持つため、安全すぎるものに退屈します。

 
ENTJは非常に革新的でアイデア指向であり、新しいアイデアを試したり、何かに賭けたりすることを恐れません。

 
ENTJは、全か無かの傾向(極端な傾向)が強いです。

ENTJは自身の選択について非常に熟考的な傾向があり、関心のあることに取り組んでいるときは優れた方法で物事を行ないます。これは、自身に合った仕事をする彼女らは非常に責任感があり、決意が強いことを意味します。

自身に合っていない仕事をすると、仕事のやり方にイライラして無関心になったり、全体像の中における最も重要なことを理解できずに細部に集中しすぎたりします。

内向的直観(Ni)

ENTJは深い内なる世界を持っており、それを言葉にしたり他の人と共有したりするのに苦慮します。

Niは彼女らの創造性の源泉です。

彼女らはとても直観的であり、多くの場合、特定の状況がどのように展開するかについてのあらゆる可能性を理解できます。

その後、すべての選択肢を分析し、最も可能性が高いと思われる選択肢にまで絞り込みます。

 
彼女らの内なる世界は常に変化し、変化しており、物事のさまざまな側面を分析しています。

計画を立てたり、目標を念頭に置いたりするとき、それらがどのようになるかを把握できます。

 
ENTJは、脳の全領域が同時に機能しているように感じます。

調子が良い場合、そのプロセスを発見の地平線上の単一のポイントに向かうデータの滑らかでまとまりのある動きのように感じます。

しかし、ストレスの時には、思考や感情の混沌とした旋風のように感じます。

若いENTJは、自身はNiへの積極的な参加者ではなく傍観者のように感じるかもしれません。しかし成熟するにつれて、彼女らはこのプロセスに対してコントロールを持つようになります。

 
Niタイプは全体的な方法で脳にアクセスする傾向があります。つまり、脳の複数の領域を働かせ、それらの領域をリズミカルに同期させます。しかし、これは専門的な物事について思考している場合の脳活動のパターンです。

ENTJにとって、これは新しい問題や概念に遭遇したときに脳に起こることです。よって、彼女らは定期的に自身の思考を必要とする新たな問題を求めます。

 
Niは分析に関心を持ちます。

Niは確固たる結論の形成を行うのではなく、独自の視点を洗練させる経験について多くのことを思考します。

 
ENTJはいくつかの問題に対する自身の立場を理解したいと思っており、他タイプよりも矛盾や未知のものを不快に感じません。

Niは、主に未来、または現在の未知のものにフォーカスします。- たとえば、他の人の動機、宇宙の真の起源、物語のクリフハンガーがどのように解決されるか -

 
ENTJの内部世界には、ほとんどの人が現実と定義する世界とは異なるものがあります。

この視点の違いにより、他の人には不可能だと思われることを彼らは達成してしまうかもしれません。

ただし、自身のアイデアが天才的か的外れかを判断するためには、他者からのフィードバックが必要です。

 
ENTJは物事を改善することに優れます。

彼女らは先を見据える能力と、物事をより良く効率的にするための意欲を組み合わせます。

例えば、エンジニアリング、製品設計、建築、科学など。

 
Niの性質を考慮すると、ENTJは詳細情報の過負荷に陥る可能性があります。

過負荷に対しては、思考を外部的に記録することが役立ちます。- ジャーナル、ToDoリスト作成、他者との会話など -

思考の外部化により、思考を長期的なストレージ(補助記憶装置)に開放させ、後でそれを思い出すことができるようになります。

また、問題に適切に対処できたと感じた場合、それに関する情報を完全にデリート(削除)することができるようになります。

 
Niのもう1つの特徴は、正確なタイミングで必要な洞察や保存された情報を呼び出すことができるというものです。

この呼び出しは、何が必要かを意識的に考えることを必要としません。

関連情報を意識の最前線に持ち込むこの自動機能は、ネガティブなパターンをもたらすこともあります。

例えば、即時の解決策がない問題を過度に分析するようになります。

 
Niは、問題を忘れるようにしたり、自分の思考をコンパーメント可(相互に矛盾する思考を分離すること)したりすることを困難にします。

これらの対処方法には、問題解決に使用する時間を決めること、気晴らし、瞑想/祈りなどがあります。

外向的感覚(Se)

ENTJは抽象的(Ni)なアイデア、概念、会話に優れていますが、アイデアを世に送り出し、具体的な現実にする方法(Se)を見つけることができれば、アイデアの価値がさらに高まるでしょう。

あらゆる可能性について果てしなく推測するのは楽しいことですが、ENTJは非常に行動志向の人々であり、すべてのアイデアを現実世界で実現させるために何かをしたくてうずうずしています。


ENTJの内なる世界は抽象的(Ni)であるため、彼女らは周囲の世界に安定(Se)を求めます。

 
ENTJが幸せになるためには、人生においてある程度の衝動性が必要です。

スケジュールに縛られすぎると拷問のように感じられ、計画を立てすぎると自発性が失われます。

彼女らは、他者があまりにも望ましくない構造(規則)を自身に押し付けようとしていると感じる場合、その規則を破ることを楽しむかもしれません。

彼女らは人生の自発性(即興性)を切望します。

 
ENTJは人々と親密になる手段として一緒に何かをすることを楽しみます。

彼女らはスリルと冒険を渇望しています。

 
ENTJは周囲の世界と関わることを重視します。

自然を探索したり、スポーツに参加したり、物理世界で何かをすることは彼女らにとって、とてもカタルシス(情動の解放)をもたらすものです。

環境は彼女らに強い影響を与えるため、彼女らは自身の物理的環境を非常に認識しています。

 
ENTJの内的世界にはある種の強さがあり、言葉によるコミュニケーションで内的世界を表現すると、それが失われてしまうと感じることがあります。

イメージ、文字、あるいは他の表現方法を通してアイデアの深さを探求し、人前で発表する前にアイデアを発展させることを好みます。

また、彼女らは通常、物事を額面通りに受け取るよりも、その背後にある意味を見つけることに関心を持ち、新しい機会や自身が置かれている通常でない状況を処理するのに時間がかかります。

内向的感情(Fi)

ENTJにとってFiは、Teよりも優先度の低い意思決定プロセスです。

Fiは自身の道徳と価値観に基づいています。

 
ENTJは通常、自身が扱ってほしいと思う方法で他人を扱うという「黄金律」に従って行動します。

彼女らは自身の論理的で率直で責任感のある側面を重視するため、非常に優しい心の人々を敏感すぎると見なすかもしれません。

 
ENTJの主な行動方法は迅速的・決定的であるため、何をすべきかについて熟考したり、自身の言葉や行動が他者にどのような影響を与えるかをじっくり考えることはあまりしません。

 
Fiは、ENTJの中の非常に脆弱で敏感な部分です。

他者は彼女らを冷笑的で、率直に物を言う人だと見なすかもしれませんが、内心では優しい心を持っています。

彼女らの感情は、他タイプに比べて複雑でない場合もありますが、その感情は非常に深いところで感じられるものです。

 
心の奥底にある恐怖、失敗、後悔、希望、愛など自身の感情について話すことは、ENTJにとって非常に難しいことです。

 
ENTJが自分自身のこの優しい側面に不快感を感じると、おそらくそれを無視するでしょう。そのため、たとえ大切な人に対しても冷酷で冷たい態度をとる可能性があります。

 
ENTJは他者との経験を考慮しながらも、彼女らの価値観は他者からあまり影響を受けずに決定されます。

しかし、人との関わりの経験が増えれば増えるほど、効果的かつ思いやりのある方法で人と関わる方法を理解できるようになります。

 
彼女らの道徳は効果的なもので構成されている可能性が高く、他者の「ルール」が自身にとって意味をなさない限り、それを採用することはありません。

 
結局のところ、ENTJは自身の意見を最も大切にしています。

自身が正しいことをしていると信じていれば、ほとんど何でも正当化できるでしょう。

ENTJのこの側面は隠れた強みになります。

彼女らは他者が自身をどう思うかを気にしないため、他人が踏み込むのを恐れるような分野でも前進することができます。

たとえ周囲からの不承認に直面しても、自身の興味や価値観によって目標に向かう道を進み続けることができます。

Posted by melancoly