INTJ vs. ENTJ byMF

INTJとENTJは同じ認知機能をすべて共有しており、それらは反射的に非常に似て見えます。

しかし、機能階層の相違のため、彼女らも大きく異なります。

それを見てみましょうか?

外向的思考(Te)

xNTJで最初に探す特性は、外向的思考(Te)です。

ENTJはdominant functionとしてこの機能を使用しますが、INTJはauxiliary functionとしてこの機能を使用します。

INTJ→Ni-Te-Fi-Se

ENTJ→Te-Ni-Se-Fi

タスク指向

上位機能としての外向的思考は、タスク指向の行動よって表現されるのが一般的であり、TeはINTJよりもENTJの方が優勢(dominant)であるため、前者は後者よりもタスク指向になります。

ENTJは、1時間ごとに予定のある仕事、プロジェクト、学校、彼女らの生活に存在する他の何らかの活動によって忙しい仕事を好みます。

しばしば、ENTJは、あなたが学校で出会う、すべてを行っている人々です。

彼女らはすでにスケジュールがあるので、今夜遊びに行けません。

一方、INTJは常に、厳密に自身の人生をスケジュールすることを望んでいないですし、INTJはまさにこの理由のために学校嫌いとしてよく知られています。

彼女らはタスクを完了させるのに優れていますが、多くの場合、それらのタスクは他人なしで行われるため、スケジュールを必要としません。

INTJはしばしば仕事、学校、社会的スケジューリングを彼女らの自由時間への制限として見ています。

彼女らは通常その自由時間を、公的にスケジュールされている時間よりも生産性が高いと感じています。

 
非効率性や、後ではなく迅速にタスクを完了させることができない他人の能力にイライラすることはENTJにとって珍しいことではありません。

ENTJには質(クオリティ)が重要ですが、仕事を終えることほど重要ではありません。

通常、ENTJは自身がそれをする前に何をするかについて口頭で話します。

あなたがタスクにおいて彼女らを助けているなら、彼女らはあなたにそれさせたいという具体的な方法(通常は最も効率的な方法)を持っているでしょうし、その結果、 あなたは、彼女らがよく考えたプランを見るでしょう。

INTJは、効率性よりも質(クオリティ)を重視し、タスクに対してより忍耐強くなる傾向があります。

ENTJがタスクを見て、「それをやって」と言う一方、INTJはより長期的な時間枠でタスクを見ている傾向があります。

INTJは大抵の場合、行う物事に関して広範な計画を持っていますが、それらが迅速なTeのアクションによって実行される前に、イノベーションが頭の中で起こっているため(dominant function 内向的直観の使用)、その計画を大声では言及しません。

あなたに見えるINTJの計画は結果のみです。

ダイレクトコミュニケーション(直接対話)

INTJとENTJはどちらも直接的なコミュニケーションを行います。

典型的には、ENTJは、より率直で、潜在的により無遠慮な可能性があります。

彼女らは明確で分かりやすい言葉で他人に伝えることに非常に堪能です。

彼女らのTeは自身のNiに先行しているので、ENTJは発言する前に常に考えているとは限らず、状況によっては長所と短所の両面があります。

迅速な対応が必要な環境では、ENTJが優位を占めます。

しかし、彼女らはしばしば後に後悔することを言ってしまう傾向があります。

INTJは発言する前に考えていることに優れていますが、自身が何を言いたいのか考えついたときには会話が進んでおり、それは遅すぎるほどです。(ENTJにはほとんど起こりません)。

 
INTJは発言する前に考えていない時がありますが、それはSe(外向的感覚)を使用するように、(認知機能の)ジャンプしたときだけです。

あなたがENTJとINTJの討論を聞いた場合、ENTJはおそらくより多くの言葉を述べるでしょう。

一方、INTJは、ENTJの全体的な思考プロセスを敗北させる1つの声明によって議論に勝つためだけに、(静かに)座って聞いているかもしれません。
(かなり受動的です)

ENTJはおそらく、自身が間違っていることを否定し、(彼らが未熟な場合は)憤りと共に立ち去るでしょう。

リーダーシップ

xNTJsは双方とも本質的なリーダーですが、どちらも状況を管理する(責任を負う)という明確なスタイルを持っています。

ENTJは、人々を組織し、それらの人々の主義(cause)をサポートすることに賛成です。

実際人々は、ENTJが自信に満ち、能力があると思われる以外は、ENTJに従っている理由を常に知っているわけではありません。

実際には、ENTJの力の多くは本質的な自己主張から来ています。

彼女らはしばしば、ステップアップして基本原則を整備する準備ができていますが、他のすべての人たちが何もせずにいるのを不思議に思います。

 
INTJはENTJと同じ程度のリーダーシップを発揮しません。

一般的に、INTJは、窮地(belly of the beast)から通じるリーダーシップへの隠れたアプローチを取っていますが、一部のExxxタイプは、獣に乗る(riding the beast)ためのすべての信望を得ます。

これは、自警団として働く多数のINTJの背後にある主な理由であり、それらが何をしても信用を得ることができます。

これはバットマンです。

シャーロックでもあります。

どちらも比較的単体で行動し、接続されていない人々の小さなネットワークを利用して必要なツールや情報を入手します。

INTJは必ずしもネットワーク内のすべての人を他の人とつなげたいとは限りません。

INTJがそれを行う方法は、人々が自身が担当していることを知っている人が少ないほど良いでしょう。

ENTJはINTJとは異なり、通常、誰が王座に座っているのかを明確にしています。

ネットワークに参加しているすべての人は、ネットワークに参加していることを知っており、関係する他の人々を認識しています。

このような観点から、ENTJのリーダーシップスタイルは企業の世界でよりうまく機能する傾向があります。

内向的直観(Ni)

私たちがxNTJに目にする第二の特徴は、内向的直観です。

INTJはdominant functionとしてそれを使用し、ENTJはこれをauxiliary functionとして使用します。

INTJ→Ni-Te-Fi-Se

ENTJ→Te-Ni-Se-Fi

未来志向

xNTJは非常に未来指向的であり、(常に一般的ではありませんが)幼稚園生となる前からキャリアの決定に焦点を合わせます。

彼女らはしばしば、出来事がどのようになるかを直観的に予測することができ、これにより惨事を防止する上で非常に優れています。

xNTJは通常、すべてのために計画を立てています。
もしゾンビの終末世界となったら、あならが彼女らに従おうとする前に彼女らは地下にいるかもしれません。

ENTJの未来指向は、具体的な行動計画に重点を置く傾向があります。

彼女らはXが起こった場合、自身が何をすべきかを知っていて、Xが起こったときのことを精神的に十分な時間リハーサルしています。

彼女らはそれについて考えなくても、本能の上で計画を実行します。

INTJは行動指向でもありますが、未来指向はENTJよりもはるかに長く、理論的な将来の領域にまで広がっています。

戦略

INTJは世界の本質的な戦略家です。

彼女らは、世界のパターン、他人の行動や環境を認識し、直観的に将来の出来事を予測し、計画することができます。

Dominant functionとしてのNiというこの特性は、フィクショナルにINTJが常に他の誰よりも10歩先行することを可能にするものです。

ENTJも同様に戦略を立てることは可能ですが、彼女らのTeはNiの前に来るので、彼女らは自身のビジョンと計画を、自身が行動することと同程度には大切にしません。

ENTJの主な目的はしばしば仕事を完了させることであり、Niはそれを達成するための戦略を考える手段として機能します。

INTJの主な目的は、特定のビジョン(Ni)を実現することであり、Teはそのビジョンを実現するために必要な行動を主張します。

違いは文字上では微妙ですが、実際には大きな違いが見られます。

 
私がそれを記述できる最良の方法はこれです。

ENTJ:議題が第一、分析・道徳は第二

INTJ:分析/道徳が第一、議題は第二

 
実際には、これはしばしば、ENTJが自分が望むものを得るための特定の行動を選択し、INTJは行動に移る前に知的で修辞的な方法で戦略を立てようとします。

問題解決方法

Niは問題解決機能です。

その1つは、潜在的な問題を根絶し、情報とパターンの不一致を見つけることです。

これは、経験的な証拠をもって何かを証明しようとする前に、INTJに問題を解決するための合理的なアプローチをとるよう導くことがしばしばあります。

一方、ENTJは、経験的な証拠を最初に見て、そのあと合理的にそれを理解したいと思うでしょう。

外向的感覚(Se)

次に、xNTJタイプが世界と摂取情報をどのように認識するかを見ていきます。

ENTJはtertiary functionとしてSeを使用し、INTJはinferior functionとしてそれを使用します。

INTJ→Ni-Te-Fi-Se

ENTJ→Te-Ni-Se-Fi

感覚体験

INTJとENTJを一緒にローラーコースターに置くと、ENTJはそれを楽しむ可能性が高いですが、INTJは座って、みんなが叫んでいることを楽しみにします。

ENTJは一般的に感覚経験に積極的に反応する可能性が高いです。

Inferior functionとして、SeはINTJの弱点です。

彼女らは一般に、感覚の多い環境によって過度に刺激され、騒々しい、混雑した場所、または香り多い店を嫌うことがよくあります。

もし誰かが敏感で触れ合うことができなければ、それはあなたのINTJの友人です。

 
ENTJは、彼女らの業績が脚光を浴びたり、賞賛されたりすることを楽しむ傾向がありますが、INTJは脚光から身を引く傾向があります。(彼女らも人々に高く評価して欲しいと思っているかもしれませんが)

ENTJは通常、脚光を浴びることを楽しんでおり、通常は他の人々と信じられないほど競争しています。

INTJにも競争力がありますが、他の人との競争というよりは、自分自身と自身のベストを更新することに対してそうです。

適応性

ENTJの場合、Seは変化する状況に適応するための戦略を修正する手段として機能します。

これは、締め切りや状況の変化に強くなる可能性がありますが、ENTJが詳細を完成させるのに十分に集中していなかった場合、弱点になることもあります。

(INTJが言うであろう、「直線は2点間の最も効率的な経路かもしれないが、それは決して最も興味深いものではない」)

INTJは、差し迫った必要が生じた場合でも、新しい状況に飛び込むことをしばしば躊躇し、彼女らの戦略に大きく依存し、人生の難所でそれらを見る計画を立てています。

彼女らは信じられないほど即興に秀でていません。

Inferior function Seは、INTJが(ストレスのために)機能を完全にオフにしているときに、特定の弱点になります。

その時点で、彼女らは物理的な世界から完全に切り離され、完全に頭の中で生き残るようになります…少なくともそれを言い表すのは危険です。

内向的感情(Fi)

INTJはtertiary functionとして内向的感情を使用し、ENTJはそれをinferior functionとして使用します。

INTJ→Ni-Te-Fi-Se

ENTJ→Te-Ni-Se-Fi

道徳

どちらのタイプも感情を隠す傾向がありますが、彼女らの道徳的な原則については公然と話します。

INTJは通常成熟に至る前であっても、厳密で内部的な道徳規範を形成しますが、ENTJは通常、道徳規範を開発するのにかなり時間がかかります。

ENTJは、成熟していない限り、道徳的な原則を常に考慮したり理解するとは限りません。

感情(Emotion)

INTJは、通常、自分の感情と調和しており(in tune with)、成熟したときに深いレベルで感情を理解することができます。

彼女らはENTJよりもはるかに内省的である傾向があり、感情の内容をより深く理解することができます。

 
Inferior functionとして、FiはENTJの弱点です。

経験の浅いMBTI愛好家は機能階層を見て、F機能が低いほど自身の気持ちをよりコントロールする必要があると考えます。

これは必ずしも当てはまりません。

未熟なINTJでさえ、通常、彼女らの感情、動機、内面生活の正確な詳細を正確に突き止めることができます。

 
対照的に、若いENTJは本当に自分の感情について考えることはありません。

彼女らは単にそれらに反応します。

ENTJは、INTJよりも感情のコントロールが少ない場合があるのは、それが最も開発されていない機能だからです。

彼女らの感情的なヒューズはINTJのものよりも短く、プッツリ切れると誰にとっても明らかです。

INTJの感情的なヒューズは、通常、もう少し秘密です。

ENTJは、自分の内的自己を理解する必要性をいつも見ているわけではありませんが、通常、彼女らの感情は他者によって真剣に受け止められます。

INTJは、しばしば他人が自分の感情を真剣に受け入れるかどうかを気にしません。

INTJ, ENTJ

Posted by melancoly