ESFJ vs. ENFJ byCJ

ENFJ, ESFJ

MBTIの良いところのひとつは、人々のパーソナリティタイプを明確にすることです。

ときには、人々は2つの選好の間で迷ったり、認知機能について学ぶときに戸惑いを感じます。

時にはいくつかの類似点と相違点を分解することで、あなたの心がどのように機能するかを明確にすることができます。

 
ここでは、ESFJとENFJのどちらか迷っている人たちに明快さを提供したいと思います。

ESFJは安定で繁栄する/ENFJは変化で繁栄する

ESFJは感情機能を内向的感覚(Si)でバックアップするので、多くの変化や馴染みのない環境や経験で不快感を感じる傾向があります。

彼女らは安定した日常生活に慣れ、地域社会に浸るのが好きです。

彼女らは通常、「ホーム」を見つけてそこにとどまり、繰り返しそこに戻ることを楽しむタイプです。

彼女らは再充電できる快適な場所を作ります。

一時的な生活は、通常、ESFJにとってストレスです。

 
対照的に、ENFJは、過度に慣れたルーチンにすぐに疲れています。

彼女らは自分の人生のための構造と計画を持つのを楽しみながら、反復的なルーチンは、インスピレーションに欠けていると感じています。

内向的直観は(Ni)は、内向的感覚(Si)とは対照的に、新しく未知のものによって刺激されます。

ENFJは明確な計画、構造、方向性を求めています。

しかし、彼女らはすぐに1か所にとどまるのに疲れてしまいます。

ESFJは確かなものを探す/ENFJは未知のものを探す

ESFJは、決定を下すときに経験を通して知り、理解しているものを見ます。

彼女らは、事実と観測がどのように真実であると信じているものと一致しているかを見ます。

彼女らは確実さを享受します。

 
ENFJは、信頼できないことや証明できないことに気づく可能性がより高いです。

内向的直観は、未知のものと複雑なものを常に探しています。

彼女らの洞察は、新しい理論やビジョンを創り出すために未知のものや感覚的なデータを一緒に合成することから生じることが多いです。

ESFJは思い出と想起を楽しむ/ENFJは未来を予感させるものを楽しむ

ESFJは、後処理(post-processing)の経験を楽しみ、彼女らの好きな瞬間を詳しく思い出します。

実際、神経科学の専門家ナダル氏によれば、Siユーザーは目を閉じてお気に入りの思い出を詳細に思い出すとフローの状態を体験することができるとのことです。

 
対照的に、ENFJは、未来を想像してそこに到達する方法を計画できるとき、フロー状態を経験します。

ESFJは文字通り、逐次的に話す/ENFJは類推と比喩を使って話す

ESFJは、他の人とつながるツールとして言葉を使用します。

彼女らは文字通りの言葉を使って話す傾向があり、経験したことを詳細に述べます。

彼女らはまた、最初から最後まで、線形に話す傾向があります。

 
対照的に、ENFJは話すときに多くの比喩と類推を使用する傾向があります。

彼女らは何かを定義する方法として象徴を使用する傾向があります。

彼女らはまた、話しているときに全体像から始め、後で詳細を述べる傾向があります。

ESFJとENFJのループは違う

ストレスがかかったり急かされたりすると、EFJは両方とも、異常な認知機能の「ループ」に陥る傾向があります。

 
ESFJにとって、これは外向的感情/外向的直観ループです。

彼女らは惨事的・非現実的な期待や可能性を生み出すことがあります。

あまりにも多くの選択肢があると感じ、何かを決定するのに苦慮するかもしれません。

 
ENFJにとって、これは外向的感情/外向的感覚ループです。

彼女らは過度に衝動的になり、影響を分析して行動に集中するかもしれません。

ある意味では、ESFJはループに陥ったとき、不健全な直観的タイプに見え、ENFJはループに陥ったとき、不健全感覚タイプのように見えることがあります。

合わせて読みたい記事

Posted by melancoly