内向型にとっての創造的な仕事

内向型はただの仕事やキャリアを望んでいません。

彼女らは、愛している何かをしたい、情熱的に思う何かをしたいと思っています。

彼女らは、「すべく生まれた」ことをして、創造的な才能や能力によって個人的な達成をもたらすことや、それらを公共の利益に貢献する方法で使用したいと考えています。

特に、人生の前半では、内向型は、世界に提供すべきものを正確に発見することに最も関心をよせています。

彼女らは真正な行動の前提条件として自己認識を見ています。

十分な自分自身の地図がなければ、彼女らは喪失したり無意味だと感じます。

彼女らにとって、外部の状況は、自己理解と自己指向よりもはるかに重要ではありません。

彼女らは、自分が何者で、何をすべきかという感覚を持っていれば、どこでも幸せになれると感じています。

あなたがすでに知っているように、内向型はより特定のパーソナリティタイプに分類することができます。

Myers-Briggsによると、8つの内向型タイプがあります。

それぞれのパーソナリティータイプに最適な特定の仕事やキャリアを探るページを見つけることができます。

4文字のタイプ(ENFJなど)がわからない場合は、無料のパーソナリティテストを受けることができます。

この記事では、私たちは創造的な仕事と内向型、特に直観+内向タイプ(INタイプ)のためのキャリアの価値を探求します。

創造的なキャリアを発達させることに関連する共通の課題と、創造性を育むための推奨事項についても検討します。

内向型にとっての創造的な仕事の価値

「天職(vocation)は神の律法のように動き、そこから脱出することはできない…自分の法律に従わなければならない…天職(vocation)を持つ誰もが内なる人の声を聞きます。 彼女は呼ばれている。」
-カール・ユング

創造的(クリエイティブ)な仕事が内向型にとって重要で健全的である理由がいくつかがあります。

単純な楽しさに加えて、内向型は自分の知識を深める上での創造的表現を大切にしています。

創造的な仕事は、アイデンティティの明確な感覚を彼女らに提供し、彼女らの個人的な発達において重要な役割を果たすことができます。

彼の著書「Solitude」では次のように書いてあります。

「創造的な人物は、自分自身を発見し、自分のアイデンティティを刷新し、彼女が創り出すものによって宇宙での意味を見つけることを常に求めている。」

「EnneagramとPersonality Type」の著者であるDon RisoとRuss Hudsonは、下記のように書いています。

「創造的な仕事は、個人が美しいものを作り出すだけでなく、彼女らが何者であるかを発見するだけでなく、彼女らの中で迷子にならずに彼女らの感情を利用できるようにすることを促進する。
インスピレーションの瞬間には、彼女らは逆説的に、最も自分自身であって、最も自分自身から解放されている。」

創造的なキャリアはまた、彼女らに自身の内なる世界を他人と分かち合う機会を与えます。

D.W. Winnicottは次のように書いています。

「創造的な人が彼女の業績から得た満足の一部は、以前は決して認められなかった内なる人生の一部が受け入れられているという感覚かもしれない。」

最後に、創造的な仕事は様々な心理的利益をもたらすことができます。

根深い感情、不安、過去の痛みの効果的な表現方法として役立ちます。

あるINFPは「私の不安が私の中で最高になろうとすると、私は絵を描くしかないです。」と報告しています。

Paula Olszewski-Kubiliusは物事をさらに進歩させ、「創造的な製作者が、愛、自立、優勢のために子供時代に獲得した動機を履行する」ことを示唆しています。

明らかに、直観+内向タイプが、創造的な仕事の機会を発見してそれを生かすためにできることすべてを尽くす理由はいくつかあります。

創造的な仕事とキャリアの課題

ライフスパン発達の分野における研究は、「キャリア統合」が自己発達の重要な一部であることを示しています。

HarvardのGeorge Vaillantによると、キャリア統合は、確約、能力、満足度、報酬という4つの主要な要素で構成されています。

報酬の問題は、直観+内向タイプがナビゲートするのが最も難しいかもしれません。

感覚タイプは具体的な行動や製品に向いている傾向がありますが、直観+内向タイプはより創造的で抽象的な仕事に引き寄せられます。

一般人口のおよそ4分の3が感覚タイプで構成されているため、直観+内向タイプが抽象的な仕事に対して適切な補償を見つけることは困難です。

これは、自分の仕事に対する報酬を得る機会がないと言っているわけではありません。

歴史的に、直観+内向タイプは、司祭、シャーマン、教師、賢者、弁護士、およびその他のアイデア指向の仕事で生計を立てています。

現代科学と大学の出現により、さらなる機会が生まれました。

そして、アーティストは歴史的に自分の仕事に対する補償を見つけることがより困難でしたが、インターネットや様々な芸術産業(音楽、映画、出版など)の出現は、あらゆる種類のアーティストの機会と露出を広げました。

競争は激しくなることがありますが、インターネットは今まで以上に簡単に自分の仕事を公開してくれます。

これは、直観+内向タイプにとって、選択した芸術を実行可能なキャリアに変えることを望む巨大なプラスとして役立ちます。

彼の著書「自分の人生で何をすべきか」では、Po Bronsonは創造的なキャリアを追求する人々に対して数多くの潜在的な課題を挙げています。

1つは、創造的なキャリアは、すべての答えを持って、すべてがきちんと整えられるまで開始できないという共通の信念を含んでいます。

これは、直観+内向タイプと特に関連しているように見えます。

直観+内向タイプは、行動する前に自分自身と自分の人生の目的を完全に理解しなければならないと感じていることがよくあります。

もう1つの潜在的な障害は、社会的反響の恐れです。

十分な外部支援がなければ、直観+内向タイプは探求において一人で孤独だと感じ、疑念や不確実性を感じることがあります。

彼女らは、誰かがそれを理解し、価値があると考えているのか、自分の仕事の真の意味が理解されているか、疑問に思うかもしれません。

直観+内向タイプは、失敗の恐怖に苦しんでいるかもしれません。

そのような恐怖は、不作為のための言い訳または正当化として、そして永続的価値がある何かを達成することをすべて不可能にする関心の、絶え間のない変化を通じて現れることがあります。

他のケースでは、彼女らは平凡をというよりはむしろ失敗を恐れません。

理想主義のために、彼女らは何かの「最高」になれないなら、それは価値がないと感じるかもしれません。

内向型はまた、自分自身の能力を評価する際には、自分自身を過小評価することもあります。

多くの場合、多才で有能ですが、多くの人は自分自身をあまりにも迅速かつ厳しく判断し、自分の可能性を実現する機会を切り捨てます。

たとえば、人生半ばまで絵画を始めなかった人は、素晴らしい芸術的な才能があることを発見する結果となります。

そのような能力を人生の早い段階で持っていないのは問題ではなく、しかし彼女らは決して探求も発展もしなかったという事実が問題です。

失敗または平凡に対する恐怖に密接に関連しているのは、自信喪失の問題です。

哲学者であり心理学者のウィリアム・ジェイムズは、創造的なタイプの自信喪失への有用な研究として役立っています。

ジェームズは深く才能のある人であり、長年にわたり衰弱させる自信喪失と不決断に苦しんでいました。

多くの内向型と同様に、彼は自分自身に疑念を抱くだけでなく、世界での正当な場所についても疑念を抱いていました。

創造2的達成のための一般的推奨事項

次に示すのは、創造的な仕事のために真剣に取り組んでいる直観+内向タイプの一般的な推奨事項です。

たとえ1つか2つから始めたとしても、あなたが勢いをつくり、意図的な方向性の感覚を発達するのを助けるでしょう。

 
1.あなたのパーソナリティタイプを知り、理解する

あなたが内向的であることを理解することは、間違いなくあなたの人生の旅の重要な一歩です。

それは、あなたが誰で、あなたの強みが何であるかの多くを伝えるでしょう。

しかし、あなたの内向性よりもあなたのパーソナリティにははるかに多くのものがあります。

S-N、T-F、J-Pの選好やあなたのパーソナリティタイプを構成する特定の機能を知ることも重要です。

2.効果的な習慣を開発し、毎日1時間以上あなたの情熱を奮い立たせる

ウィリアム・ジェイムズの重要な発見の1つは、一連の小さな意欲的な行為を通じて徐々に自信と自己規律を構築することの重要性でした。

このような「小さなステップ」のアプローチを通じて、ジェイムズは「education of the will(意思の鍛錬)」と名づけられたプロセスから、自信をつくることを学びました。

このプロセスには、効果的な習慣の開発が含まれています。

「秩序ある習慣が形成されて初めて、本当に興味深い行動分野に進むことができる。」

ジェームスがより有意義で満足のいく生活を育成する上で、習慣は重要な役割を果たしました。

彼の回顧録で書いています:
スティーブン・キングは、クラフトの回顧録でも、祝日でさえも、休みを取ることはめったにないと主張してる。

キングの見解では、もしあなたが何かに情熱を持っているならば、それは激しく断固として追求されなければならない。

よって、あなたの情熱を発見したり追求したりするために、毎日ブロックはどかしておくべき。

あなたは、最も集中し、インスパイアされ、明晰であるのがいつかを判断するために、さまざまな時間帯を試してみたいと思うであろう。

創造的な達成のために必要なスキルと理解のレベルを達成するためには、ニッチでかなりの時間を費やす必要があることを忘れないように。

3.あなたの言い訳に挑戦する

長生きし、自分自身に挑戦するほど、自身言い訳を見つけて、障害があると認識します。

例えば、「自身の情熱を抱くのに十分な時間がない」など、自分自身に言わないでください。

4.生涯学習を行う

あなたの時間とエネルギーの大半は毎日どこで費やされていますか?

何があなたの情熱をより完全に魅了してくれるのですか?

些細なことや不安であなた自身を不必要に懸念していませんか?

あなたはあまりにも多くの時間を仕事に割き、創造的な関心を追求する時間がほとんど残されていませんか?

5.自分自身を過小評価してはいけない

多くの直観+内向タイプは、自分自身を信じるために奮闘しています。

彼女らは自身の能力を過小評価し、特定の職業で成功することができないと時期尚早に結論づけます。

彼女らはしばしば自身の潜在能力の懐疑的な査定者であるので、しばしば内向タイプが物事をどんな方法であれ思慮深く考える方が良い場合もあります。

ある人は20代半ばまで真剣に執筆を始めませんでした。

1ページのテキストを生成するのがどれほど難しいかを覚えています。

長年の読書、執筆、勉強に没頭した後、執筆はもっと楽にできるようになったと思えました。

6.質の高い仕事を強調するが、市場を無視しない

あなたの創造的な仕事から生計を立てることがあなたの目標である場合は、質の高い仕事と効果的なマーケティングの間に健全なバランスを見つける必要があります。

直観+内向タイプは、自分自身を純粋主義者とみなし、マーケティングに時間や資金を費やす人たちを嘲笑するのはかなり一般的です。

しかし、実際には、インターネットはマーケティングを以前よりもはるかに便利かつはるかに安価にしているということです。

したがって、アーティストが、比較的簡単で安価な仕事の機会を捨てるのはちょっと愚かだと思われます。

7.ネットワーキング(つながり)/メンタリング(良き指導)

個人主義的な内向型が自分自身を孤立させ、自分ひとりで物事を成し遂げることができると信じるのは簡単です。

残念なことに、そのようにすることで、彼女らは同じ考えを持った他者とつながる事の多くの潜在的利益から自身を閉ざしていまいます。

未分類

Posted by melancoly