INFJの子供の困難さ

INFJは人口のわずか1%しか占めておらず、強みを理解していない人や彼女らの弱点に共感していない人に囲まれているため、よく誤解されるパーソナリティタイプの1つです。

よって、彼女らが子供として直面する問題のいくつかに取り組むことが特に重要であると感じています。

子供たち(そして大人も)としてのINFJは、しばしば矛盾の束のように見えることがあります。

一方で、彼女らは非常に想像力があり開放的です。

一方で、彼女らは頑固であり、自身の理想をしっかりと固守しています。

彼女らは敏感で、調和を大いに望んでいます。

しかし、彼女らは-たとえ他人を怒らせても-強く信じている主義を遠慮なく話したり、守ったりすることを問題としません。

彼らは、最も恥ずかしがり、最も敏感な子供から、自身の信念の対して最も率直な、確固たる指導者になることができます。

彼女らはまれなパーソナリティタイプなので、幼少期に誤解されて孤立していることがよくあります。

多くの場合、INFJは自身のパーソナリティタイプを発見するとき、彼女らの一生がどこか他の人と違っていると感じ、大きな安堵感を感じます。

ほかの誰よりも優れているというわけではなく、単にどこにピッタリ収まらないだけです。

INFJの子供と内向的直観(Ni)

13歳までの子どもたちは、本当ににdominant functionを良く習得するだけです。

彼女らの他の機能は比較的未熟なままです。

INFJは内向的直観(Ni)をdominant functionとして持っています。

つまり、彼女らは常に物事のつながりを理解しようとしており、より「全体像」を理解しようとしています。

彼女らにとって、人生は大きなパズルであり、すべての作品は大きな全体に収まり、すべてが意味を持ちます。

彼女らは自身の理論やアイデアについて非常に思慮深いところがあり、また気まぐれで想像力豊かなタイプでもあります。

多くのINFJは、子ども時代には現実を受け入れることに苦労していたと言います。

感覚タイプは、「何であるか」を知り、物事をそのまま受け取ります。

直観タイプは、自身を物理的な世界で少し不安定にさせるような方法で、物事が何を意味するかを知り、表面を越えて見る傾向があります。

INFJはある程度の躊躇さで物理世界に近づくかもしれませんし、自身のinferior function Se(外向的感覚)によって、物理的な環境でやや不器用で不慣れなところがあります。

内向性直観は、プロセスに一人の時間を多く必要とする機能です。

INTJとINFJの子供たちは、しばしば日常生活から逃れて、心の休息に入り、生活の中での道筋や、彼女らが1日を通して開いた様々な意味や考えを熟考する必要があります。

彼女らは自分の目標や関心事に少し執着することがあります。

これは、Ni(内向的直観)が非常に集中的な機能であるためです。

Niはすべてをつなぐ大きなアイデアや一つの主要な関心へ、非常に集中しています。

INFJの子供を悪化させる1つの確実な方法は、喧しい、感覚的な刺激を伴って、思慮的なNiの状態に侵入することです。

彼女らは簡単に過度に刺激される傾向があり、彼女らのアイデアに巻き込まれすぎて、侵入に直面したときに容易に驚かれることがあります。

若いINFJとバーンアウト(燃え尽き)

INFJの子どもたちは、空想をやめ、注意を払い、目の前のタスクに集中し、目を覚ますよう繰り返し言われることがよくあります。

善意はある多くの両親が理解していないことは、INFJの自然な快適ゾーンは彼女らの心の中にあるということです。

彼女らが余りにも外へ強制され、物理世界とあまりにも頻繁に関わってしまうと、-学校で1日7時間、放課後3時間を過ごすと-すぐに燃え尽きてしまうでしょう。

Carl Jung、Dante Alighieri、Fyodor Dostoevskyなどのよく知られたINFJを見ると、彼らはしばしば一人の深い思考の中で最も良い結論とアイデアに到達しました。

私たちはこれらの偉大な作家や哲学者の多くは、自分たちの情熱や思考に完全に浸ることを許されていなかったと思うべきではないでしょう。

INFJの両親は、自分の子供が考え、内省するだけの時間を与えられていることを確実にするためにできることをすべきです。

あなたがそれらの思考やアイデアを記録するためにノートや鉛筆をたくさん与えるならば、それらはかけがえのない贈り物でしょう!

これはINFJが一日中暗闇の中に座りたいと言っているわけではありません。

また、彼女らが望むものを何でもしてもらわなければならないと言っているわけでもありません。

明らかに、INFJは注意を払う必要があり、現在の現実に焦点を当てる必要がある時があります。

彼女らがそのスキルを行使しないということは健康でないでしょう。

若いINFJが情熱、計画、目標を持っている場合、彼女らは非常に積極的かつ生産的です。

ダンテ自身は「物事を終わらせる秘訣は行動すること」と述べ、INFJはしばしば迅速な時間の経過を切実に認識しています。

彼女らが計画を読み解くと、それを達成することが切望します。

彼女らに自分の夢やアイデアを見いだす機会を与えてください。

そうすれば、彼女らは目標を現実にするためにどれほど生産的で徹底的か、あなたを驚かせるでしょう。

若いINFJと刺激過多

INFJのSe(外向的感覚)はinferior functionであるため、過剰な感覚刺激に容易に圧倒されることがあります。

Ni-dominantタイプであるため、彼女らは自身の思考に簡単にアクセスできる自身の心の世界と静かな場所を好みます。

子供として彼女らはしばしば騒音、侵害、プライバシーの低下などの環境にある場合、彼女らは非常にストレスを感じることがあります。

常にオンのテレビ、頻繁に音楽を鳴らすこと、騒々しい兄弟姉妹と部屋を共有したりすようなものは、INFJにとって特に困難なものになるでしょう。

彼女らは姉妹たちと良い映画や戯れのすばらしさを楽しむことができますが、過度に刺激され、感覚の世界に対して非常に敏感です。

あまりにも多くの感覚刺激は、若いINFJを自身のinferior function Seの「grip(掌中)」に陥とす可能性があります。

これが起こると、INFJはi異様に耽溺に、また無謀になる可能性があります。

彼女らは、過食症、自傷行為、または非常に衝動的な決定を下すという問題を抱えている可能性があります。

彼女らは、自身のgrip(掌中)にいるとき、INFJよりも不健全なESTPのように見えるでしょう。

感覚過刺激によって誘発されるINFJの子供たちは、非常に不健康になり、ストレスを受け、バランスが取れなくなる可能性があります。

INFJの子供たちは、毎日良い時間の間、一人になる機会を持つことが非常に重要です。

心に留めておくと、他の人にも強い感情を持ち、1対1で質の高い時間を楽しむことができます。

INFJの感情的繊細さ

INFJは感情的な環境に非常に調和しており、誰もがどのように感じているかについて常に注意を払っています。

彼女らはFe(外向的感情)によって、周囲の感情を拾って吸収する傾向があります。

心に留めておくべきことは、INFJの子供たちはまだFeをマスターしていないということです。

強い直観としばしば過敏感の感情認識を組み合わせは、彼女らを想像力や気持ちに夢中にさせます。

彼女らが感情的な雰囲気の中で何かが間違っていると感じるならば、間違ったことにかんして恐ろしい、ものすごい理由のすべてを想像するかもしれません。

若いINFJが子供として非現実的な危険性や成果を心配するのはかなり一般的です。

Nurture by Nature: Understand Your Child’s Personality Type and Become a Better Parentの著者ポール・D・タイガーとバーバラ・バロン・タイガーは、彼女ら(INFJ)は特に、自身の人生の重要な人々や、難しさや苦悩を経験する見知らぬ人たちについても心配しています。

彼女らは積極的に介入することはしないでしょうが、他人の苦しみの影響を受けます。

彼女らの関係性の全ての調和はINFJにとっての最優先事項です。

あるINFJは家族の皆がしていたことを非常に認識していました。

何かが「オフ」だったことが分かった場合、私は夜に目を覚まして、それが何かを特定しようとしました。

時には、ある家族の何が間違っていたかについてのひどい結論やアイデアが出てくることもあります。

時には、苦しんでいるように見える通りを通り過ぎた人に苦慮することもあります。

喫煙していた歩道を歩いている若い男の子を見て心配で私の胃に病気になりました。

自身の心の中で喫煙するには若すぎました、そして、彼に対する恐怖と懸念に襲われました。

数日間、そのINFJはその病気、心配感を取り除くことができませんでした。

その人は彼が誰であるかを知らなかったし、かつて彼を見たこともありませんでした。

この種の経験や気持ちは、若いINFJにとっては非常に正常です。

そしてしばしばの非現実的な悩みをけなすことなく彼女らの悩みを聞く両親を持つことは良い事でしょう。

INFJの過度の想像力

若いINFJは、自身の直観が最も強力な機能であるため、直観と本能的感覚に非常に緊密に関わっています。

しかし、子供として、彼女らはまだこの機能を開発しており、それは完全にバランスが取れていません。

それは他のすべてのものに襲い掛かり、若いINFJがそれに引かれるように感じさせます。

若いINFJは、特定の状況が危険であり、場合によっては非常に妄想的に思えるかも知れないという感情を持っているかもしれません。

多くの若いINFJは、ほとんど陰謀的な理論家ではありません。

彼女らの周りの世界は決して確かではありません。

 
あるINFJは子供の頃、長い間エレベーターを信用していませんでした。

あなたはエレベーターが地面に落ちるかどうか心配したことはないでしょう。

その子供は他の家族がエレベーターを使用する一方、階段を使いました。

慎重でないと、眼球が落ちるかもと心配していました。
家族が、自分のことを愛しているか、愛しているフリをしているのか、心配していました。

執拗にいくつかの事を心配していましたが、心配することから絶え間なく離れることを切望していました。

夜の時間は、心の中で恐怖と危険に満ちた恐ろしい時間でした。

毛布の下に横たわって恐怖に陥り、夜が終わることを望むだけです。

「あなたのベッドの下にはモンスターはいません」という話をされることは助けになりませんでした。

モンスターを心配していません、悪魔を心配していた。

宗教家庭で育ったので、それらの恐怖は非常に現実的でした。

 
多くのINFJは、同様の幼児期の経験を報告しています。

INFJの想像力とその結論の確からしさは、彼女らが自身の疑惑と将来の予測を非常にしっかりと信じさせる原因となります。

彼女らは物理的世界、自身の肉体的感覚を、自身の心と予測を信頼するよりはるかに信じていません。

これは、感覚タイプがINFJについて理解するためにしばしば苦労していることです。

人口のおよそ75%を占める感覚タイプは、物理的な世界を信頼し、思考にはより具体的ですが、直観タイプは精神世界と想像力をより完全に信頼し、実存的な心配に陥りがちです。

内気さと強い確信

INFJの子供たちは、しばしば非常に恥ずかしがりで、新しい人に敏感です。

彼女らは非常に多くの親しい友人などを持っていますが、通常は社会的環境に入るのに苦労しています。

彼女らは本質的に非常にプライベートな子供ですが、同時に、彼らは好かれることを強く望みます。

彼女らは同時に、大くの一人の時間だけでなく、感情的な関わりを育てることができる他の人と質の高い時間を必要とします。

しかし、彼女らの恥ずかしがりは、彼女らが自身の殻から脱出することを非常に困難にする可能性があります。

INFJは、何かを信じたり、自分の信念に反していると感じると、簡単に大勢に流されないでしょう。

彼らは、彼らの信念が嘲笑されたり、何かが正しいと信じられない場合、好かれたいという欲望と戦うでしょう。

これは、内気で喜ばせる準備ができているINFJに慣れている他人を驚かせるでしょう。

INFJは、自身の中核的な信念と確信について挑戦されれば、激しくて率直で説得力があります。

そして、彼女らは、教師、親、友人、または敵であるかどうかにかかわらず、これらの信念について文字通りに立ち向かうでしょう。

彼女らの価値感が挑戦されたり脅かされたりすると、彼女らがまったく違う人になったように見えるかもしれません。

Oddly Developed Typesの著者は社会的状況におけるINFJをうまく説明しています。

「INFJは控えめで、秘密的なように見えるかもしれませんが、真実は他の人の考えについてはかなり気にしています。

彼女らは批判を非常に個人的なものとして受け止め、意図せずに他人に傷つけられている可能性があります。

これが起こると、INFJは内部を傷つけられ、イライラするかもしれません。

彼女らを傷つける人に直面する代わりに、彼女らはあまり苦痛の少ないルートを取って、単に他の人を避けるか、またはそれらを完全に切断するかもしれません。

他の人は、INFJが「あまりにも敏感」であると見る場合があり、INFJは、他の人を「敏感でない」と見なします。

INFJが支持している主張のために争いが行われている場合を除き、このタイプにとって争いは忌まわしいものです。

INFJの子供と完璧主義

INFJは非常に完璧であり、非常に高い基準を持っています。

彼女らは他の人たちを非常に受け入れることができますが、通常は自分自身との関係には困難します。

彼らは強い外向的感情(Fe)を持っているので、周囲の気分や感情を非常に意識しています。

同時に、自分の気分や感情を気にせず、それらに非常に圧倒されることもあります。

これは、彼女らは物事を完了させたいが、理解していない感情や気持ちに固定されているように感じるので、彼女らを非常にイライラさせるかもしれません。

彼女らは試みるすべてのもので成功したいと思うし、失敗したときには自身にとても厳しいです。

INFJは理想主義に捕らわれることもあります。

彼女らは「完璧な」世界を望んでおり、世界を自分のビジョンにするために努力したいと考えています。

彼女らは達成できない目標を設定し、失敗すると挫折感を感じます。

あなたがINFJの親であれば、彼女らの理想を賞賛していることを彼女らに知らせるが、達成するために取ることができる簡単なステップを考えるようにしてみてください。

彼女らが自分自身に課したすべてのプレッシャーによってうんざりしないようにしてください。

そして、彼ら女の業績を称賛してください。

口頭による肯定は、若いINFJに多くのことを意味し、彼女らに継続する自信2を与えます。

結論

あなたがINFJならば、あなたが子供として抱いていた苦闘のいくつかの承認や意味を与えることを願っています。

あなたが若いINFJの親であれば、彼女らが経験していることと行っていることについてのいくつかの洞察を与えることを願っています。

INFJ

Posted by melancoly