INFJのプロファイル byCJ

INFJ

INFJは、最も謎めいたタイプの1つです。

人口の1%未満を占めるこれらの洞察力のあるタイプは、「神秘主義者」、「カウンセラー」または「提唱者」と呼ばれることがよくあります。

彼女らは先見性のある洞察、理想主義、想像力、共感のために知られています。

 
これらの幻想的な理想主義者を動かしているものは何?

周囲の世界をどのように見て処理しているの?

彼女らの強みと弱みは何?

見てみましょう!

INFJの内向的直観

健全なINFJの最大の強みの1つは、少量の感覚データで将来の出来事を予測する能力です。

彼女らのdominant functionは内向的直観(Ni)です。

このプロセスは、無意識の世界と外界との間の無形のまたは抽象的な関係を見つけることに関するものです。

Niに価値を置いているタイプ(INFJとINTJ)は、すべての背後にある根本的な意味、意義、目的を見つけることを常に求めています。

彼女らは、隠されているものが何であるかを見つけようとしています。

INFJにとって、すべてが多くの意味の層を持ち、彼女らの目的は最も深い、最も内側の秘密の層に到達することです。

 
INFJは非常に未来指向です。

実際、彼女らは将来について考えているので、現在の瞬間を見失う可能性があります。

彼女らはいつ何が起こるのか、そして出来事がどのように実行されるのかを常に解読しようとしています。

ほとんどの場合、彼女らの予言とひらめきは 「突然」見え、これはいくつかの点で彼女らを魔法的や神秘的に見せることがあります。

 
最近まで、これらの直観がどのように、なぜ起こったのか、誰も分かりませんでしたが、神経科学者のDario Nardiは、内向的直観への理解を進歩させました。

Nardi氏によれば、INFJは未来を描くか複雑な問題を解決する任務を遂行するとき、「禅のような」脳の状態に入ります。

Nardi氏は脳波検査を行い、新規または複雑な問題が提示された場合、答えを「ひらめく」ためにすべての新皮質領域を利用することを示しました。

この禅の状態やひらめきは速やかに起こるか、突然の洞察をもたらします。

通常、これらの洞察は、INFJがリラックスした静かな状態にあり、多くのノイズや感覚データに気を取られていないときに発生します。

 
INFJが得ているひらめきは、彼女らをさえ混乱させるかもしれません。

彼女らは、自身が愛している誰かが困っている、または心の象徴的なビジョンが未来について何かを説明するかもしれないと(根拠なく)突然感じるかもしれません。

これは多くの人が信じなかったり、笑ったりする傾向がある性質なので、INFJはしばしば自分自身の内面を非常に守り、通常は直観を共有することを避けます。

それでも、これらの突然の感情や「勧」は、彼女らの人生の大半を通じて起こります。

彼女らが自分のパーソナリティのこの部分を受け入れるなら、彼女らただの妄想や懸念であるものから正確な洞察を区別することを学ぶことができます。

INFJが直観を抑圧しようとすると、彼女らは自分の洞察力を得て、妄想が混ざり、どの洞察が有意義で正確で、心配、不安、または恐怖の感情であるかを識別するのに困難します。

口頭と執筆での内向的直観

INFJは、多くの場合、イメージや象徴を考える傾向があり、その結果、彼女らの言葉は比喩、象徴、抽象的な単語の使い方で満たされます。

彼女らは静かなところにいる傾向がありますが、誰かが本当に彼女らの話を聞く時間があれば、彼女らは大いに話をすることができ、スピーチの中で少しの具体的なデータを使います。

彼女らはしばしば自身の無意識に本質的に関連しているので、しばしば自身の夢に大きな注意を払います。

内向的直観は「意識の心から独立した唯一の知覚プロセス」であり、「外的刺激を必要としない唯一のプロセス」です。

INFJの外向的感情

INFJは常に自身の直観と知覚を使い慣れていますが、第2の精神プロセスは外向的感情(Fe)と呼ばれます。

Feは、他人の感情や気分を理解し、モラルを維持することに関係します。

INFJはその場の感情的な「雰囲気」を気づき、気持ちの微妙な差異を拾うことができます。

また、データがほとんどなくても人々の不快感、悲しみ、幸せを感じることができます。

いくつかのINFJでは、この強さは非常に顕著で、他の人の感情を自分の感情と区別するのに苦慮することがあります。

彼女らは突然、悲しみ、恐れ、怒りを感じ、それは他人(完全に見知らぬ人でさえも)の感情を拾っているだけだと気づきます。

 
他のINFJは、直観の内部世界を好み、感情を抑えます。

これらのINFJは、典型的なINFJよりも共感的で暖かく見えないことがあり、非常に社会から隔絶しているようにみえるかもしれません。

これらのINFJは、しばしば自身をINTJまたはINTPとしてミスタイプします。

 
INFJは感情を大切にしているので、決定を下すたびに他者のニーズを考慮に入れます。

何かを決めることを任されるとき、彼女らはまず自分自身に問いかけます。

「他人には何が必要なの?」

「調和を維持するものは何なの?」

「これは関係者全員にどのような影響を及ぼすの?」

「これについての私の価値観は何?」

 
ほとんどのINFJにとっては、調和を保ち、他者の幸福を確保することが非常に重要です。

このため、多くのINFJが人道的分野に引き寄せられ、人々に肯定的な影響を与えることを望みます。

彼女らの直観は周りのすべてを取り入れるレンズですが、彼女らの感情機能は決定を導くものです。

 
どちらのプロセスも共ににINFJに

1)より深い意味と重要性を彼女らが見るものすべてに求め、

2)他人の生活を助ける、または改善するために解読された意味を使用する方法を探します。

彼女らの独特な強みのために、多くのINFJはカウンセリング、社会福祉、または宗教の分野に引き付けられています。

実際、MBTIマニュアルによると、INFJは心理学、芸術、宗教の分野で多く見られます。

INFJの内向的思考

INFJの第3の精神プロセスは、内向的思考(Ti)です。

Tiはすべて正確性を追求し、内部的にデータを分類し、すべての仕組みの基本原則を理解することに関します。

INFJは通常20代または30代になるまでTiを強く使用しませんが、それ以降それを非常に信頼します。

TiはINFJの創造性と休息の源泉となり、意思決定に客観的なバランスを加え、彼女らに認識と洞察の正確さを求める強い欲求を与えます。

 
Tiを開発しているINFJは、言葉の使用に非常に注意する傾向があり、論理的に問題を分析し、細かく調整された内容積にデータを分類することを楽しみます。

INFJが他者に影響を与える決定を下さなければならない場合、INFJは通常、思考よりも感情を評価します。

彼女らは、ほとんどいつでも、「どの選択が人々に最も有益になるか」と自問しています。

しかし、INFJは、自分自身にのみ影響する決定を下す際には、論理的なアプローチと個人的なデータを検討して前進することがよくあります。

多くのINFJは、意思決定をしなければならないときに、思考と感情との間で引き裂かれた感情を述べています。

 
一方では、他の人の調和は彼女らにとって非常に重要ですが、他方では、通常、他の人の決定の不正確さをよく認識しているので、両者のバランスをどのようにとるかを考えることに苦慮します。

若い年代では、論理よりも機智と共感を選択する方がより快適ですが、INFJが成長し成熟するにつれて、論理的なアプローチにより惹かれる可能性があります。

INFJの内向的感覚

INFJの最後の(第4の)精神プロセスは、内向的感覚(Si)です。

Seは、現在の瞬間にとどまり、具体的な詳細と現実に気づくことに焦点を当てています。

Seユーザ(ESPとISP)は、通常、非常に細部に精通し、非常に現実的かつ文字通りの状態に非常に適応しています。

対照的に、INFJは、瞬間よりも将来に焦点を当てる傾向があり、具体的な詳細よりも抽象的な印象に集中し、口頭では文字通りでなく比喩的です。

 
しかし、SeはINFJの人生においてなお役割を果たしています。

SeはINFJを美しい環境と静かな環境をとても愛するようにします。

INFJがSeに使用してビジョンや洞察をサポートする具体的なデータを見つけ出すと、彼女らは高度な詳細指向性と鋭敏さを感じることができます。

彼女らは過度に刺激される前に限られた時間だけSeに非常に「同調」した状態になります。

Seは彼女らのinferior functionであることから、彼女らはしばしばそれに焦点を当てることに圧倒されると感じます。

感覚刺激をたくさん扱うことができるESPとは異なり、INFJは明るい光、大きな騒音、多くの細部によって容易に過度に刺激され、圧倒される傾向があります。

子供たちは過度の刺激を受けたときに崩壊する可能性があり、大人の場合部屋に入るときライトを暗くして、思考しやすくなります。

INFJが多くの具体的な詳細に注意を払わなければならない新しい環境にいるのは、困難なことかもしれません。

一例として、新しい、未知の都市での運転は、彼女らにとってストレスかもしれません。

 
INFJが非常にストレスを感じると、外向的感覚の「grip」に陥ることがあります。

これが起こると、彼女らはまったく違う人のように見えるかもしれません。

彼女らは突然衝動的になり、現在の現実に焦点を当て、具体的な詳細によく気づくかもしれません。

彼女らは刺激によって自身の感覚を過負荷にしようとするかもしれません。

過食、飲み過ぎ、暴力的なテレビ視聴、または非常に騒々しい音楽を聴くことのいずれかを介して。

 
彼女らは思考なしに自分の環境内の人々や物事を追い出すかもしれません。

彼女らは通常、非常に気が利き、思慮深いので、非常に異なっています。

INFJが50代と60代に入ると、彼女らは通常、外向的感覚のより成熟したバランスのとれた使用を開発します。

彼女らは詳細をより意識し、現在の瞬間と調和し、実用的で現実的なやり方で、より機知に富む傾向があります。

INFJの人間関係

INFJは、ほとんどの場合、恋愛関係を真剣に受け止めています。

多くのINFJは、実際には一人でいることをとても幸せに感じており、落ち着いたり、恋人を探す「特定の強制」を感じていません。

理想主義的ではない人と比べて、むしろ単身者になることが多いので、深みと誠実さを持っているパートナーを見つけるのに気を取られず、実際に未来を見ることができます。

内向的タイプとして、INFJは一般的に自分の時間に多くの幸せを見出します、よって他の人のニーズを常に考え、静かさと落ち着きのない時間を過ごすこととなる人間関係に入ると実際に圧倒されることがあります。

 
INFJの理想主義は、恋愛関係における祝福と呪いの両方です。

一方では、新しい関係に入るときには注意深く慎重です。

一方、彼女らは過度に完璧主義的であり、パートナーが必然的に彼女らの理想に追いつこうとしないときに失望します。

 
INFJが誰かに専心するとき、彼女らは非常に誠実であり、与えます。

彼女らは愛する人のニーズをケアするために、多くの機会に自分のニーズを喜んで後回しにします。

彼らは暖かく、共感的で、養育的て、寛大です。

彼女らはパートナーに自身の無条件の愛を感じてほしいと思い、ときにやりすぎます。

自分自身をあまりにも多く与え、パートナーのニーズにおいて自分自身を見失ってしまいます。

INFJが自身にスペースを与え、自身のニーズを考慮し、彼女らの目標、価値観、そして個人的な欲求を忘れないように、常に一人の時間を得ることが重要です。

 
何よりも、INFJは深い人間関係を求めています。

彼女らは些細な事や雑談には興味がなく、パートナーとの精神的なつながりを求めています。

彼女らは、良い側面と暗い側面の両方で可能な限り深い方法でそれらを理解したいと思っています。

彼女らのパートナーがより正直で誠実であれば、INFJはより幸せになれます。

 
しかし、彼女らのパートナーが疎むか、何か物事を隠そうとすると、彼女らはすぐにそれを拾い、その関係に疲れるでしょう。

INFJの強み

先見の明

INFJは、自身のビジョンによって導かれ、基礎的な意味、パターン、および意味を素早く把握しています。

彼女らは物事がどのように実行されるかを素早く理解することができ、未来のための理想または計画を追求する上で非常に戦略的になることがあります。

共感的

INFJは他人を深くケアし、通常、他人の気持ちに非常に敏感です。

彼女らはしばしば良い聞き役であり、世界と世界の人々の生活を向上させることに深く関わっています。

彼女らは自身の追求において非常に無私になることができます。

決定的

INFJは、しばしば未来の特異なビジョンによって推進されます。

彼女らは、目標や理想を追求する際に執拗になることができるようなビジョンと洞察をこのような情熱で信頼しています。

彼女らが一度人生の道を歩いてしまえば、彼女らは思いとどまるのが非常に難しくなります。

洞察力のある

INFJは、隠された意味、接続、および関係を迅速に拾うことができます。

彼女らはしばしば、他人が見逃したりする手がかりや真実を見ることができます。

彼女らはいつも自分自身に「何が起こっているの?」と尋ねているので、他人にはしばしば不思議に見られます。

想像的

INFJは通常、将来の新しい革新的な道を切り開くよう動機づけられます。

彼女らは非常に想像力豊かで複雑であり、想像力を使って書くこと、芸術を創造すること、または革命的なビジネスアイデアを追求することさえ楽しみます。

INFJの弱み

完璧主義

INFJは、高い理想と偉大なビジョンで知られています。

彼女らはしばしば達成不可能な基準を守り、その基準を満たさないと非常に不満を募らせます。

彼女らは、自身が現在持っているものに慢性的に不満を抱いているように、「完璧」になるように熱心に試みるかもしれません。

燃え尽き症候群と過度の刺激

INFJは感覚能力がinferior functionであるため、感覚刺激の過負荷によって簡単に燃え尽きてしまうことがあります。

また、彼女らはそのような高い理想を持っており、自分の内なる自己についてはプライベートであるため、他者からの支持なしに、精神的な崩壊のポイントに自身を駆り立てることがあります。

孤独

INFJはしばしば初期の生涯で誤解されており、自分自身の内面を守り、保護します。

彼女らは誰も本当に自分のビジョンやアイデアを「受け入れ」ないと感じ、彼女らは常に外部者になると感じています。

彼女らは孤独に困難し、他人から隔絶しているという感情に苦慮します。

批判に敏感

INFJは、調和と、他者の彼女らへの認識について大いに注意を払う傾向があります。

彼女らはまた、批判を非常に強く受け入れ、それを恥じる程に、完璧に重点を置いています。

彼女らは批判を個人への攻撃と受け取る傾向があり、批判を定期的に行う習慣のある人を避けようとすることがあります。

遅滞

INFJは、目標や決定を決めるのに時間がかかることがあります。

彼女らは知覚プロセスをリードするため、行動を決定する前に、分析、質問、隠された真実や複雑さの発見に多くの時間を費やすことがあります。

これは、彼女らが決定に至るのに時間がかかり過ぎて、存在しない、より深い意味を探して時間を費やすことを意味する可能性があります。

Posted by melancoly