INFJ-INFP:人間関係・恋愛

INFJ, INFP, 恋愛・人間関係

どの人間関係でも、成功の可能性は、各パートナーの個人的な成長を考慮する必要があります。

Myers-Briggsのタイプを厳密に見れば、相性に関する予測可能なガイダンスが得られるかもしれませんが、理論的にも優れた類型学的マッチングを純粋な大惨事へ、あるいは潜在的に劣位のものを調和と成功的なものに導くことができるのは、個人の成長と個別化という難しい問題です。

INFJ-INFP:人間関係・恋愛

実際、INFJとINFPは共通のパーソナリティ機能(Ni、Feなど)を持ちません。

しかしながら、彼女らの3つの選好(すなわち、I、N、F)の共有は、しばしば、これらの2つのタイプ間の価値観の一致を導きます。

 

INFJ

Introverted Extroverted
iNtuition
Feeling
Thinking
S
INFP

Introverted Extroverted
Feeling
iNtuition
Sensing
T

 
INタイプ同士として、INFPとINFJの浅薄を避けることと第一印象によって、彼女らは友情と親密さを感じることができます。

彼女らは隠された意味と象徴的な参照を認識するのに熟達しています。

双方とも、思いやり、内省、知的で芸術的な追求を重視しています。

 
INFPとINFJの人間関係ついては、おそらく独特のものですが、彼女らは双子のように感じることができます。(この現象は、INFJとENFP、またはINFPとENFJの間でも共通することになります)

INFPが直観を外向化すると(Ne)、INFJは自身のdominant function、しかし埋もれたNiとの共鳴を見出し、理解されていると感じます。

同様に、INFJの外向的感情(Fe)によって、INFPは内部で感じているが表現するのが難しいと感じる深い思いやりと暖かさを感知し、相手を信頼します。

言い換えれば、INFJとINFPはそれぞれ、他方が強く認識する部分を外向化します。

結果は絶対に理解され、調和していると感じます。

 
しかし、この現象の危険性は、個別化しようとしている自身の部分を実現(または外向化)する能力を相手に感知し、相手への嫉妬や不信感をもたらします。

内向的タイプの完全性への旅は、内側にあるものを外に表すことを伴い、自分が表現するのに苦労している部分をパートナーが表現すると羨むことがあります。

実際に、このペアが最初に合わさるとき、内的自己が現実化されるのを見るのは自我の欲求のためかもしれません。

それは相手が自分と逆方向の機能を持つ結果として相手ができることの何かです。

そうすることは、自身に与えることができないと考えるものを相手が供給することに依存するので、危険な場合があります。

 
この路は、チェックされないと簡単に愛憎関係につながります。

例えば、INFP(より正確には、INFPのinferior function Te)は、INFJが問題なく外向的判断をすることを羨むように成長し、最終的には「結論への跳躍」をあまりに早く批判するか、 INFJの感情の外向的性質を見て「浅薄」だと非難さえするかもしれません。

逆に、INFJはNiが引き続き隠されたままにされる一方、INFPのNeによって表現される知的機敏さと創造性に嫉妬する場合があります。

INFJは、同様にINFPを「愚かで焦点が合っていない」と非難したり、INFPに表面性を非難したりする可能性があります。

 
つまり、INFJとINFPのペアがこれらの盲点/弱点を認識し、それに応じて相殺すれば、彼女らは素晴らしい可能性を秘めていると思います。

 
確かに、INFJは実際には、INFPの最大の落とし穴の1つ、すなわち受動的積極行動を避けるために、INFPに自分の殻から出て、公然と正直かつ直接的に思いや考えを伝えるように指示するかもしれません。

逆に、INFPは、INFJが自分の判断を緩和するのを助けることができ、旅やプロセスをより良く楽しむためにINFJの性質に共通する完璧主義の一部を取り除くことができるでしょう。

Posted by melancoly