INFJ-INFJ:人間関係・恋愛

INFJ, 恋愛・人間関係

INFJは稀なタイプです。

したがって、INFJ-INFJのペアやカップルは、ユニコーンやUFOに出会うのと同じように見えるでしょう。

しかし、それはもちろんあり得ます。

これは、そのような人間関係の将来的な相性に関するいくつかの質問を多く受け取ったという事実によって証明されます。

INFJ同士の人間関係と恋愛

理論的にはうまくいきます。

実際には、どのタイプのペアも理論的には機能しますが、異なるペアはその組み合わせに固有の問題に遭遇します。

いくつかは、共有された選好および/または機能のために他のものよりも良い相性の可能性を有しますが、他のものは繁栄のためにクリアするためのより多くのハードルを有します。

 
INFJ-INFJの人間関係の明白な利点は、同じタイプ同士なので、互いに共生と直観的繋がりを共有することです。

直観を共有し、理論を他人へ伝えることへの愛情は、INFJがお互いにやりたいことを大いに楽しむことを意味します。

彼女らは、よく話す前であっても、相手の思考や感情を読み取るための似たような価値観と不思議な能力を共有していることが分かります。

これにより、相手の要求を満たすのに役立ち、他者が探しているものを直観的に理解することができます。

 
INFJは世界中で誤解され、相容れないと感じられることが多いため、(他人を理解するのと同じように)彼女らをよく理解している相手との関係は、大きな慰めと友情の源泉になりそうです。

さらに、INFJは信じられないほど良いコミュニケータであり、人間関係の中で非常に落ち着きを感じます。

 
彼女らは実際に人間関係に集中し、出現する可能性のある関係上の問題のトラブルシューティングを行うために相手と常にコミュニケーションをとります。

そうであれば、彼女らは成功の可能性となると他のタイプよりも大きな利点があります。

自然に関係を優先させ、喜び、興奮さえし、関係性の健全さについて話すことによって、彼女らは出発ゲートから他のカップルより先に自身を位置づけます。

言い換えれば、その関係性は責任放棄によって苦しむことはなさそうです。

 
つまり、INFJ-INFJのペアは(他の同じタイプのペアと同じく)「この関係性は私たちの2人にとって十分ではない」というシナリオを作り出す可能性があります。

それは、2人の間の争いの暗黙の空気があります。

INFJは自身の理論と理想に信じられないほど献身しています。

両者のINFJが物事を同じ方法で見れば、問題はありません。

しかし、彼女らが(特に重要な問題の上で)そうでなければ、それは例外的な量の緊張を作り出す場合があります。

また、彼女らが相手をどれだけ評価しても、理論と理想の把握を緩めることはありません。

INFJ同士の人間関係の危険性

INFJは、パートナーに高貴な理想を投影した歴史を持っています。

それらの理想が満たされない場合、最終的に達成不可能な、または不合理な基準を持っていると非難されます。

そして、この行動は多くの失敗したINFJ同士の関係の背後にある原因でした。

しかし、この性向は、INFJが同じINFJと関わっているなら、特に誇大される力を持っています。

INFJが何らかの関係性にすぐに慣れるという非常に高い期待は、他のINFJを(もし可能であれば)より良くします。

そして、彼女らはたくさんのことを期待しています。

 
しかしそこが問題なのです。

INFJは、概念/理論部分のマスターですが、Se(すなわち、彼女らのinferior function)の行動に関しては不十分な可能性があります。

彼女らは自分の理論やアドバイスを一貫して制定できないかもしれません。

言い換えれば、INFJのパートナーの一方または両方が、欠けている方程式のSeの部分を完成させるためにもう一方(相手)を求める場合、関係は失敗する可能性があります。

これは、Sの成果を手放すことを学び、猶予を示すことが非常に重要であるところです。

 
どちらのINFJも同じ強みを共有していることを理解しなければなりませんが、同じ弱点も共有しています。

彼女らには自身のパートナーが失敗したところを拾い上げることは期待できません。

これは、財務や予算編成から、サービスを受けることを覚えておくことや時間通りに支払われる請求書などの実用的な懸案事項まですべてが対象範囲でしょう。

両者のパートナーが、これらのS/Tの問題の1つ以上が発生したときに、相手方の責任を問わないこと、または他方を責めないことに同意した場合、成功する可能性が高くなります。

 
最終的な注意点、関係性における争いの概念の一部は、一方または両方のパートナーが世界における彼女らの価値観に疑問を呈する可能性です。

INFJは、一般に世界が彼女らの特殊な性質のノウハウを過小評価していることを直観的に感じています。

そして、彼女らはしばしば過小評価を感じ、諺に言うパイの断片を手に入れて本物にするために激しく戦わなければなりません。

これは単独では難しいですが、INFJがそこにいる誰か(この場合、すぐ近くにいるINFJであるパートナー)が既に役目を果たしているという感覚を得るならば、特にやる気をなくすかもしれません。

 
彼女らは、(たとえ非合理的であっても)彼女らが必要ではないと感じるかもしれません、そして、実現化を見つけることは、他のINFJと共にいると、ほとんど不可能です。

最悪のシナリオでは、INFJは完全に関係性の過程で彼女自身を失うことになるかもしれません。

そこでは、INFJが鏡か他の誰か(INFJのパートナー)を見ているのかどうか必ずしも明確ではないでしょう。

このような経験の結果は、INFJがまだ個別化していない場合、特に深刻な心理精神的危機になる可能性があります。

最後に

どのような関係性でも、個人の成長や個別化が進むほど、パートナーシップが成功する可能性が高くなります。

自己成長から生まれる成熟と知恵は、常に個人を友人や愛する人との関係のより良い場所に位置付けます。

さらに、両方のINFJが教育、キャリア、友情などの他の分野で成功を収めた場合、競争の感情が減少し、人間関係における成功の可能性が増します。

Posted by melancoly