INFPのプロファイル byCJ

INFP

INFPは、稀で、想像力のあるタイプの1つです。

ある研究によれば、彼女らは人口の4.4%を占めています。

彼女らは 「夢想家」、「仲介者」、「ヒーラー(癒す人)」を含む多くのタイトルを持っていますが、彼女らにこれらの名前を付ける理由は何でしょう?

INFPを、他のパーソナリティタイプとの違いを生じさせている性質はなんでしょう?

INFPの内向的感情

INFPが持つ最も大きな力や強さは、主に内向的感情にあります。

INFPは、個人の成長と自己発見への絶え間ない探求にあります。

彼女らの目標は、とりわけ、すべての事柄において真正であり、価値観に真実であることです。

彼女らは情熱、感情、欲求、そして価値観を選択肢に集め、しばしばこれらの主義の「擁護者」となります。

歴史のページを見ると、多くのINFPが目立ち、その主義のためにリスクを冒すこと(ジョン・オブ・アーク)や、政治的変化に関する画期的な本を書くこと(ジョージ・オーウェル)を恐れていないことがわかります。

 
INFPは非常に個人主義的です。

彼女らは進んで自分自身に多くの注意を引くことはしませんが、群衆との融合や仲間の圧力に屈するとは信じていません。

 
歴史上のINFPは、非常にユニークで独特のアイデンティティを持っている、あるいは持っているという強い意識があり、現状とは異なる、あるいは現状に反対することを恐れませんでした。

INFPは、自身が遵守する深い感情と価値観を持っています。

彼女らは、何かが正しいか、悪いかについて強い直感(gut feeling)を持っています。そしてこれらの気持ちを発声し説明するのは難しいかもしれません。

彼女らは、何かが価値観に反するときや、何かがそれにぴったり合ったとき、ただ本能的に理解します。

外向的感情タイプとは異なり、INFPは自分の感情を胸の中に保ちます。

毛皮で覆われたコートのように、彼女らの感情や情動は暖かく、しかし隠されています。

INFPは、気持ちをすぐに現わさないので、他の多くのタイプから距離があり、控え目なように見えるかもしれません。

 
INFPが最も深い価値観と感情を分かち合いやすいと感じる前に、通常は大きな信頼を感じます。

しばしば、彼女らは自分の気持ちについて、発言するよりも書くことを快適に感じます。

INFPは、疎外されたり無視されたりする人々や動物に愛着を持ちます。

絶滅の危機に瀕している種、あるいは子供、難民、圧迫されていると感じているグループの権利のために戦っているINFPを見つけることは非常に一般的です。

彼女らはこれらの主義に心を注ぐ傾向があり、これらのグループの意識を高める上で大きな進歩を遂げることができます。

真正性、思いやり、誠実さ、共感、理想主義はすべてINFPの特徴です。

彼女らは、自身の本質的な信念、価値観、アイデンティティー、そして人生における真の天職を見つける欲求を深く掘り下げることを信じています。

ビジョンや人生の目標が標準外である場合、彼女らは検閲に立ち向かうか、「変わり者」と呼ばれるのを恐れません。

彼女らにとって重要なのは、違いを生み出し、自分が正しいと感じることを行い、自分の内なる価値観で平和に生きることです。

INFPの外向的直観

INFPには、外向的直観と呼ばれるもう1つのプロセスがあります。

これは彼女らのdominant functionと同じくらい強くないのは普通ですが、直観は周りの世界を見る方法に強い影響を与えます。

INFPは、想像力豊かで概念的であり、将来の可能性に惹かれます。

彼女らは外界の物事の相互関係とつながりを見て、世界が創造的なアイデアや可能性の真の遊び場であることを見いだします。

INFPが外界とやりとりするとき、彼女らは感覚よりも直観の使用を示す可能性が高いです。

 
彼女らの感情機能は内向的なので、彼女らが信頼する人と深い話し合いをしていない限り、それは内面化される可能性がより高いです。

しかし、彼女らの直観は本質的に外向的であるため、将来の可能性、理論的アイデア、未来、そして理想的な明日のビジョンについて話し合うことを楽しみます。

多くのINFPは、自身の直観を芸術的な方法で使います。

将来の世界についての記事を書く、抽象的な芸術を描く、正しい音が現れるまで楽器でいろいろ試してみる、などです。

INFPはまた、自身の直観を使ってビジネスプランを作成したり、創造的で思慮深い方法で人々と仕事をすることができます。

多くのINFPは、カウンセリングや社会福祉事業の職業に引かれ、創造性と人々の深い価値観や共感を結びつけることができます。

INFPの内向的感覚

内向的感覚は、INFPのtertiary functionです。

この機能は、先ほど説明した外向的直観とほぼ逆です。

Neは新しい可能性と抽象的なつながりを見ていますが、内向的感覚は個人的経験を使い、実践的で具体的な活用を導きます。

INFPは、通常、20年代または30代のときにSiを発達させ、これは徐々に創造的に、または安らぎと休息のために使うプロセスになります。

INFPはお気に入りの場所を再訪したり、好きな映画を見たり、子供や10代のときに楽しんだ曲を聴いたりするのを楽しむかもしれません。

彼女らは突然特定の種類の記憶に対する情熱を育むかもしれません。

あるいは、常に新しいものを試してみるのではなく、学んだ特定のプロセスを繰り返すことを好むかもしれません。

 
内向的感覚の影響により、INFPは自身の経験とその影響を大きく信頼しています。

彼女らが個人的な経験を通して何かの印象を得たなら、彼女らは自身の心を変えるのは難しいでしょう。

若いINFPはSiを迂回し、直観に焦点を当て、新しいこと、新しい概念、すべてを行う新しい方法を試してみる可能性が高くなります。

INFPが発達し成熟するにつれて、彼女らはSiのより深い尊敬を形成し、よりバランスが取れます。

彼女らは新しい方法を試しますが、試行錯誤したプロセスが繰り返す価値があることや、実証済みの方法と実験を組み合わせることが実用的であることも発見します。

INFPの外向的思考

外向的思考は、INFPのinferior functionです。

これは、彼女らが日々の生活の中でより多くの苦労をしたり、不安を感じるような領域になりがちです。

彼女らはこれを良く利用することを願うかもしれませんし、他の人たちにこの機能を賞賛するかもしれませんが、それを利用しようとすると自身の要素でないと感じるかもしれません。

INFPは、多くの場合、意思決定と評価に直面したときに、内向的感情を使用することに戻ります。

これは、彼女らの「暖かい場所」であり、フロー状態を体験するのに役立つ機能です。

しかし、INFPが成長するにつれて、彼女らはFiの正反対である外向的思考が意識の中に無作為の中に漏れて、それに不注意に反応し始める程に、Fiを抑制するかもしれません。

これが起こると、INFPは突然自分自身のパーソナリティから外れたり、要素から外れたりするように感じるかもしれません。

 
INFPが健全な方法でTeを使用する場合、INFPはより集中し、より客観的に意思決定を行い、タスクを完了し、責任を重視する能力をより組織化するのに役立ちます。

INFPが成長し、成熟するにつれて、彼女らは物事を行う論理的な方法、タスクの完了により関わって、より建設的な批判を委譲して与え、受け取ることができるようになります。

INFPが若年である場合、または未熟な状態に長期間留まっている場合、批判に過度に敏感に見えることがあり、客観的に物事を見ることに苦慮する可能性があります。

彼女らは感情的に、または個人的にどのように影響を与えるのかのレンズを通してすべて見ることがあります。

彼女らは、プロジェクトの優先順位付けと完了、または目標を達成可能な方法で概説することに苦労する可能性があります。

彼女らはこの機能を上手く扱う瞬間を持つでしょうが、それはしばしばあまりにも儚い瞬間になります。

 
INFPは、外向的思考に愛憎を感じます。

Teは本質的にFiの反対であり、したがって彼女らはそれを「敵」と見なす危険性があります。

Fiは個人的価値観、主観的経験、個性、自由に関するものです。

Teは構造、非人間的、客観的論理、そしてより多くの白黒の経験的思考に関します。

INFPがTeが敵ではなく、Fiとそのパーソナリティ全体のバランスをとるのに役立つ有用な機能であることを認識することは重要です。

TeはINFPを論理的に立証し、目標をより容易に達成する能力を与え、よりバランスのとれた意思決定を行うための基準を与えます。

 
Inferior functionを使用してそれに触れてしまうと、パーソナリティタイプのストレスが増す可能性があります。

この理由から、INFPは外向的思考に多くの時間をかけない方が良いでしょう。

それは、Teを使って創造的に、あるいは遊び心的に過ごした一日の小さな瞬間が健全で成熟とバランスを促すことができるということです。

極端なストレスや慢性的なストレスを経験しているINFPは、外向的思考の「grip」入る可能性があります。

これが起こるとき、彼女らは認識された問題を修正し、間違いを正当化することに執着するかもしれません。

 
彼女らは敵意を示したり、破壊的な幻想に巻き込まれる可能性があります。

彼女らはまた、より冷笑的になるかもしれません。

圧倒させる失敗の感覚を支えるために必要なすべての「事実」と闘い、他者や自らに積極的に批判的になるかもしれません。

INFPの人間関係

INFPは、自身が心に留めている人々に非常に献身的です。

ひとりの人を自分の人生に入ることを決心すると、彼女らは通常、非常に感情的で暖かく、共感的です。

彼女らは人間関係を真剣に考えている傾向がありますが、INFPはそれぞれ望むものが非常に異なっています。

何よりも、彼女らはパートナーが本物で誠実であると感じる必要があります。

彼女らは自身が100%できると感じる必要があります。

争いで満たされた人間関係にあるINFPは、非常に長く続くことはない傾向があります。

彼女らは争いや拘束を嫌い、支配しようとするパートナーを拒否したり、細かい管理をしたり、非常に批判的で厳しい人を拒否する可能性があります。

 
INFPは非常に養育的で、支援的なパートナーです。

彼女らは自身のユニークな希望と夢の中でパートナーを奨励し、何が彼女らを動かすのか、そして自身の最も狂気じみた、最も深く、最も奔放なファンタジーが何であるかを知りたいと思っています。

彼女らは想像力、創造性、そして共感を人間関係にもたらし、この質は他のタイプにとっても非常に魅力的で興味深いものです。

INFPには、優しく誠実なパートナーが必要です。

言行不一致と低い傾聴技術は、INFPを興ざめさせる最もたるものです。

彼女らはまた、自分の価値観を尊重し、自分の気持ちを肯定し、安心させる人を求めています。

INFPにとって、人間関係で重要なもの

相互確信

誠実さ

相互支援

親密さ

傾聴技術

価値観の共有

INFPの強み

創造性

INFPは、非常に想像力があり創造的な個人です。彼女らは枠外で考え、独創的で革新的な方法を見つけます。

誠実さ

INFPは可能な限り真正であると信じています。

嘘は彼女らには嫌悪を感じさせ、偽りや操作的な振る舞いによって極端に興ざめします。

共感的

INFPは他の人々の感情をミラーリングする傾向があります

彼女らは他の人々の立場に立ち、想像力と共感を使って相手に思いやりを与えます。

彼女らは、判断を下すことなく、他の人々の問題や懸念を聞くことに非常に優れます。

彼女らは、他の人が話したり、自分を表現したり、支援を見つけるための安全なスペースを提供することに熟練しています。

開かれた心

INFPは他者に対して生き生きとした態度をとる傾向があります。

彼女らは自分の信念を他の人に強制したくないのですが、通常、誰かを傷つけている場合や、明らかに自分の価値観に違反している場合にのみ、誰かの行動に意見する傾向があります。

献身

INFPは、敬愛する主義(cause)について情熱を持っています。

彼女らは自身の信念に非常に忠実であり、未来のビジョンとアイデアに専念しています。

彼女らは、価値観や信じる主義のために戦うとき、非常に勇気づけられます。

INFPの弱み

構造と詳細に困難するかもしれない

INFPはより開放的で適応性のあるライフスタイルを好み、高度に構造化された環境内で圧倒されたり窮屈に感じさせられることがあります。

これはそれ自体では悪いことではありませんが、タスクや作業負荷を整理して構造化することに苦労していることを意味する可能性があります。

彼女らは全体像で考えるタイプ(N)なので、重要な細部はほとんど忘れてしまうかもしれません。

非常にプライベート

多くのINFPはプライベートで控え目です。

彼女らの気持ちはしばしば非常に内面化され、他の人と分かち合うのが快適になるまでには時間がかかることがあります。

彼女らが本物の自己を分かち合うことができる人と十分に近い絆を見つけなければ、孤独感につながります。

個人への攻撃と受け取る

INFPは非常に個人的に批判を受ける傾向があり、それが何であるかについて建設的な批判を見るのは難しい場合があります。

彼女らは争いを避けて、物事について真の意見を述べることができないかもしれないし、他者からの批判や挑戦に対処する際に圧倒されたりするかもしれません。

過度に理想主義的

INFPは大きなビジョンを持ち、未来への期待を持ちます。

これは素晴らしい質であり、非常に先見性があり、刺激的なものにすることができます。

しかし、時には、日常生活の不完全さや人々の失敗に必然的に失望した時には、逆行することがあります。

現実が想像力の美しさにマッチすることはまれです。

Posted by melancoly