INFPとINTPが誤解される理由

INFP, INTP

何度も間違った表現をされ、誤解されることを繰り返しているタイプは、INTPとINFPです。

これらのタイプは、しばしば過小評価されているか、表面的な記述をされています。

なぜこれらのタイプは頻繁に誤解されるのでしょう?

なぜINFPとINTPは誤解されるの?

INFPとINTPには大きな違いがあります。

INFPは感情タイプであり、INTPは思考タイプです。

しかし、両タイプが共有するいくつかの非常に特別な選好と機能があります。

INFPとINTPは内向的判断タイプ

あなたは「待って!」と思うかもしれません。

「気づいてないの? 彼女らはタイプコードの最後にJを持っていない!」

これはMBTI理論の少し混乱するところです。

混乱を避けるために、まず私はあなたにパーソナリティ理論についての簡単な指針を与えるつもりです。

 
タイプコードの最後にあるJまたはPは、どの機能があなたのdominant functionであるかではなく、どの機能が最初の外向的機能であるかを示します。

よって、あなたのコードの最後の「P」は「ねえ! このタイプは、直観や感覚を外向化するので、環境に適応しやすく自発的なアプローチを取るようになるの」と言っています。

あなたのコードの最後の「J」は、「ねえ! このタイプは感情や思考を外向化しているので、環境に関連するより構造化された方法論的な方法を持つことになるの」と言っています。

 
IPタイプは、知覚機能を外向化させた、dominant functionが判断機能であるタイプです。

IJタイプは、判断機能を外向化させた、dominant functionが知覚機能であるタイプです。

でもこれは誤解されることと、どう関係しているの?

INPはどちらも意思決定プロセスを内向きにしているため、多くの人々は彼女らの行動と意思決定に混乱します。

INPは、自身の意思決定のために、内部のガイダンスと一致ほど、外部のガイダンスを求めることはありません。

したがって、外部のルール、基準、および期待は、彼女ら自身の内部基準よりも重要ではありません。

 
INFPにとって、社会的期待と社会的規範はほとんど意味をなしません。

重要なことは、強く個人的な真正さ、中心的価値観に真実であることです。

 
INTPにとって、経験的な真理と外的ルールはほとんど意味をなしません。

非常に詳細な一連の内部原則と真理に基づいてすべてに疑問を呈する必要性を持ちます。

INPの意思決定プロセスはしばしば見えない

FJとTJは、判断と決定を行うための何らかのコンセンサス(意見の一致)を求めていますが、FPとTPは主観的な基準を見ています。

これは学校で顕著になる傾向があります。

INPは、他のタイプよりも成績や外的指標にあまり関心を持ちません。

彼女らは、教師や学校が彼女らに課した基準よりも、自身の基準を満たすことにより関心があります。

これは、彼女らを「怠け者」と誤解させる傾向があり、何度も彼女らの知性が過小評価されています。

 
彼女らがどのように認識されているのかとは対照的に、両タイプには通常、知的な側面があります。

MBTIマニュアルによると、INTPとINFPは最も高いIQスコアを持つ3つのタイプのうちの2つであり、統計的にはSAT-Vスコアが最も高い2つのタイプです。

どちらのタイプも学校での芸術のテーマを楽しんでおり、通常は創造的です。

残念なことに、芸術と創造性よりも記憶を優先する非常に伝統的な学校では、この才能は評価されません。

 
INPは通常外部からの承認のために他の人の影響で決定を行わないので、彼女らは不公平とみなされる場合があります。

彼女らは外部の期待に基づいて決定を分析する傾向がないので、彼女らの選択は多くの人々にとって驚きかもしれません。

 
ESTJは自身の思考や意思決定を口に出して外部からの意見を求めるかもしれませんが、INPは突然大きな意思決定を下したことを他人に突きつけてしまうかもしれません。

この「驚きの攻撃」は、通常、意図的ではありません。

彼女らは、Jタイプのように自身の決定を自然に「話す」ことはできません。

彼女らは主観的な基準で自身の決定を判断するため、彼女らが行おうとしていることに対する他人の意見を得たいと思いません。

INPの直観

INPが発声するのは、自身のアイデアと、周囲の世界で見られるランダムなつながりです。

彼女らはなぜ、悪魔の代弁者となり、中心的動機(INFP)や正確さ(INTP)を探すのかを尋ねます。

潜在性は常に彼女らが求めているものです。

 
彼女らは好奇心があり、哲学、心理学、芸術、数学、概念的または創造的なアイディアのような理論的で抽象的な話題を楽しむことができます。

彼女らは異例の角度から物を見て、創造的に考えて楽しむのが好きです。

これは時には彼女らを困らせたり、誤って他の人を怒らせたりすることがあります。

 
「なぜあなたは伝統に疑問を投げかけているの?」

「どうして普通に合わせることができないの?」

「どうしてそんなに多くの質問をするの?」

 
これらは、しばしばINPの存在の悩みです。

 
彼女らは、自身の決定が長くて難しい考えの成果であったとしても、しばしば他人から衝動的と見なされます。

彼女らはしばしば決定のための思考に多くの時間を費やすので、 「自身の頭の中で立ち往生」していると非難されています。

自律性がすべて

INFPとINTPは極めて独立した個人であり、外部標準やルーチンに限定されるという考えが嫌いです。

彼女らは自身が他の人よりも支配的であることを望んでおらず、他の人が支配的になることを望んでいません。

彼女らは自身の内なる世界を誰と共有できるかについて選択的です

彼女らの感情や判断がとてもプライベートなので、自身を外の世界に表現することに苦慮します。

 
INPは、書面や自身の考えで優雅に表現するのはよくあることですが、話している間に自身の言葉につまずいてしまいます。

もちろん、常に例外があります。

 
誰でも良いコミュニケータになることができますが、INPにとってこれはしばしば学んだスキルの結果です。

これは、人々がINPを誤解したり、過小評価したときにINPがそれを楽しむという意味ではありません。

彼女らはしばしば他の人との連帯感を渇望しますが、彼女らはとても個人的でプライベートなので、非常に深く渇望する理解を見つけるのに苦労する可能性があります。

合わせて読みたい記事

Posted by melancoly