NPタイプ:疑念と不決断

INFP, ENFP, INTP, ENTP

NPタイプ(INFP、INTP、ENFP、ENTP)の顕著な特徴は疑念と不決断のために苦慮するということです。

疑念は、彼女らのキャリア、人間関係、世界観、アイデンティティなど、人生のあらゆる側面に浸透し、混乱させる可能性があります。

いくつかのNPにとって、この傾向は、衰弱させること、無意味、麻痺、または冷笑主義の感覚を生み出すことがあります。

直観タイプは、感覚タイプよりも一般的でなく、慣習的でないため、NPは世界に貢献するためにユニークで重要な何かを持っていると感じることがよくあります。

しかし、彼女らの疑念を持つ性質は、自身のアイデンティティと目的を活かそうとする最も真剣な試みさえも混乱させるかもしれません。

 
NPは熱意の頂点を楽しむことができ、最終的に解決策を見つけたという気持ちがあります。

しかし彼女らが再び質問を始めるのは、たいてい時間の問題であり、不確実性は優位を回復します。

これはNPにとってイライラする、不本意なジェットコースターに乗るようでしょう。

多くのNPにとって、疑念は探求者(seeker)になることにつながります。

 
パターンは次のようになります。

探求 → 発見 → 疑念 → 更なる探求

 
NPが探求者として機能することを楽しんでいないわけではありません。

実際、彼女らのほとんどは、終わりない探求的な方法で世界と関わり合うことを好みます。

しかし、NPはまた、自身の探求が最終的にどこかに導かれる、または具体的な何かを生み出すべきであると感じています。

タイプ論の言い方では、これは、Jの終着/目的地の形による完全性の感覚を追求しているPの探求者、またはNのビジョンを具現化(S)しようとする直観タイプとして理解することができます。

 
Pの探索 → Jの回答/終着

Nのビジョン → Sの具現化

 
時間はNP探求者の最大の敵の1人になるかもしれません

人生がそれほど短くないならば、永遠の疑念や恥ずかしがはおそらくあまり苦しみを与えないように見えるでしょう。

しかし、人生は生物学的、文化的、または自己賦課の期限に満ちているため、NPは自身の疑念や不決断に対処する方法を見つけなければなりません。

知識の探求

NPによって一般的に採用されている1つの疑念への戦略は、知識を探求することです。

ここでのアイデアというのは、より多くの情報がより明瞭でより確実であるということです。

これは、エニアグラムタイプ5が使用する主なアプローチであり、その多くはINTP、INTJ、ENTPタイプです。

タイプ5は、最終的に知識の宝庫で何かをしたいと考えていますが、その間に必要な能力と行動に対する自信を得るためには、学習し続けなければならないと感じています。

NPはまた、自己知識を得ることによって疑念に苦慮するかもしれません。

エニアグラムタイプ4(多くはINFP、INFJ、まはたENFP)では、自己知識への探求が中心となります。

タイプ4は、自身のアイデンティティと自己理解を明確にし、その理解を創造的にあるいは関係的に真に表現することが、自身の幸福の鍵を握ると信じています。

 

自身の性質を知ること、自身が誰であるのかの根源に到達しようとすることよりも、アイデンティティ探求者の興味をそそるものはありません。

彼女らは自身の経験を解釈して現在の自己理解に関連づけることを常に「自分自身でチェックイン」しています。

散漫性の歓迎

NPは散漫性で有名で、しばしば批判されます。

多くの点で、新奇の外部刺激に気づいて応答する散漫性は、Pタイプであることの一部分です。

明白な散漫性(例えば、ADD)は確かに生産性を妨げる可能性がありますが、NPは一般に気を散らしているように見えます。

散漫性は歓迎された新鮮さの源であるだけでなく、一時的に人生の負担を軽減することもできます。

ENTP、ENFP、およびESPによって大きく占められているエニアグラムタイプ7は、散漫性に関連している可能性があります。

タイプ7は常に新しい冒険と可能性を探しています。

非常に自発的で適応性があり、彼女らは自身の人生をより刺激的、強烈、または面白くするために、気を散らせるもの(娯楽)を容易に追求します。

ダイブ

ENPには、自己規律や自己意欲の程度が不足しているかもしれませんが、外向タイプとして、彼女らはINPよりもリスクを冒す傾向があります。

これは自身に楽しむものを発見する機会を与えるだけでなく、彼女らの個人的な長所と短所に関する他の人からのフィードバックを集めるためのものです。

さらに、自身だけでは知覚できない新しい可能性を明らかにすることができます。

人生に飛び込む意欲の結果、INPよりもENPにとって疑念と不決断は、慢性的でなく、衰弱させるものではありません。

INPは、自分自身を世界に飛び込ませるのではなく、内的または孤立的な方法で実験しようとします。

彼女らは通常、ENPよりも慎重で、内省的で、リスク回避的です。

そうはいうものの、INPにおいて、しばしば実験や工芸品の作製は、彼女らに目的の感覚を与えるだけでなく、一時的であっても疑念や心配から解放させます。

 

自己認識と自己意識の間の緊張は、創造性の中で解決することができます。 創造的な瞬間に、感情は失われず活用されます…インスピレーションの瞬間に、我々は逆説的に最も自分自身であり、自分自身から最も解放されています。

 

ここでは、創造的な浸漬の期間中に、自己についての懸念が本質的に消えるという事実が強調されています。

さらに、自己の力が創造的な行為に活用され、統合されているので、自己は実際には失われていなく、現実化されています。

したがって、「最も自分自身」であるということです。

最後に

疑念はNPの心の通常の特徴です。

それは公開的と創造性という同じ精神構造から派生しています。

なぜなら、公開的な人はしばしば確固たる結論を下すのが遅いからです。

特に過度の反芻や分析と組み合わせると、公開性は疑念が根絶して成長するための完璧な条件を提供します。

 
もちろん、さまざまな程度、レベル、疑念の対象があります。

したがって、NPはいくつかの事柄についてかなり強く、他者に対して不決断を感じることは珍しいことではありません。

例えば、INFPの母親は、自分の子供への愛と献身を揺るがすことなく、同時に慢性的な不安を彼女のキャリアライフに示すかもしれません。

だからNPは、疑念者として大まかに特徴づけることができますが、そこには彼女らが確かに知っているか感じていることがいくつかあります。

 
疑問の問題は、NPが本当に望むものを確保するのを妨げたり、重要な目標を達成することを妨げたりするときに最も顕著に感じられる傾向があります。

すべてのものについては、彼女らはそれを異なって考えるかもしれないし、あるいは別の名前(例えば、懐疑論、公開性、好奇心など)を与えるかもしれません。

 
NPの疑念に関する問題を改善するための特定の戦略や解決策はありませんが、解決策の一部には、疑念を自身の一部として認識し、その潜在的な不利益を認識することが含まれます。

不完全な知識にもかかわらず、散漫性、知識を探求すること、行動する/創造する意欲は、NPとして人生をナビゲートするための実行可能な戦略です。

Posted by melancoly