INTP vs. INTJ byMF

INTPとINTJの違いについて記載します。

思考

INTJは自身の思考/思考過程(Te)について語ります。

彼女らは自身の考えを完全に理解するために、それを話すか、書き留める必要があります。

INTJは通常、コミュニケーションにおいてより直接的かつ無愛想な傾向がありますが、INTPは通常、口数が少ない傾向を持ちます。

 
INTPは、声に出したり、他人に説明したりすることなく、全てを静かに思考します。

INTPの頭の中にある世界観は、通常、秘密のままであり、必ずしもそうではありませんが、彼女らは自分の考えを声に出してその点を見ていないからです。

論理(Logic)

どちらのタイプも等しく論理的ですが、論理は完全に異なって見えます。

INTPは、事実に依存せず、世界の論理の感覚に従わない、独自の論理システムを考案しています(Ti)。

彼女らはあらゆる角度から物を分析するのを好みますが、INTJは論理と情報をどのように使用できるかについてより興味を持っています(Te)。

 
INTPとINTJは双方とも論理を使用します。

INTPは立ち止まり、用語を定義することを好みますが、INTJは実際に使用できる問題解決を行いたいと考えています。

INTPは、分析そのものに関しますが、INTJは応用の点を検討します。

 
これは時々、INTxの間での議論を失敗させます。

INTPは議論に使用されている単語を定義するために問題解決プロセスを中断するので、INTJは不満を募らせますが、INTPはINTJがその点を理解していないという事実によって不満を募らせます。

アイデア

INTPは自分のアイデアについて話すのが大好きです(Ne)。

彼女らは、大きなアイデアを思い浮かべ、分析することから一定の興奮を得ます。

彼女らがアイデアを声に出すとき、必ずしもそれを実行することを考えているわけではありません。

 
INTJもアイデアが大好きですが、アイデアの分析に集中する傾向が少なく、多くのINTPと同じようにアイデア自体のために生きているわけではありません。

むしろ、INTJはアイデアを使用して特定の長期ビジョン(Ni)を実現しています。

INTJはINTPほどのアイデアについては話しませんので、彼女らが新しいアイデアについて話しているとしたら、すでにそれを実行することにした可能性があります。

一方、INTPはアイデアのために生きており、後でそのアイデアで何かしようとしているかにかかわらず、すべてのアイデアについて議論します。

Teはアイデアを実行し、Tiはアイデアを分析します。

 
INTJに関して、あなたが実際に見ることができる彼女らのアイデアの唯一の部分は完成品であり、彼女らの計画が実行されたものです。

「私はアイデアを得るでしょう、もし私がそれを使うことができる方法が見えなければ、私はそれを分析することを煩わしく思いません。 私がそれを使うことができれば、機会が許す限りすぐに実行します。」

 
INTPに関して、彼女らはすべてのアイデアを見ることができますが、その半分しか実行されていないことがあります。

あるINTPは、潜在的な発明、彼女が作りたいと思っている飛行機、彼女が過ごしたいライフスタイルについて常に話しますが、どのようにそれを達成するかについて考えるために立ち止まらずに、アイデアを生み出します。

感情

INTJは自分の感情を話すことに消極的であり、沈黙の中で苦難を経験することを好むでしょう。

他の人は、通常、INTJの感情にほとんど影響を与えません。

彼女らは他の人の感情よりも自身の感情に調和しています。

 
INTPは自身の感情を話す必要があり、Feタイプほどではありませんが、自身の感情を出す必要があります。(通常、これは彼女らのアイデアのためにカリスマとして表現されます)

INTPは他の人の感情へ調和し、自身の感情にあまり調和しません。

彼女らは自身が怒っていることを常に認識しているとは限らないかもしれませんが、他の誰かが怒っていることを認識します。

 
他の人の感情に関しては、INTJが他の人と経験を共有していなければ、本当に共感しません。

同時に、彼女らは(NiSe)を使って人々の動機を理解することに、まあまあ良い結果を得ています。

 
INTPは、個々人の感情よりも普遍的な共有体験に共感する可能性が高いです。

INTJとINTPの双方が映画館で泣いていた場合、それらの理由は非常に異なるでしょう。

INTJは映画のキャラクターの1人と同じことを経験していたために泣くかもしれませんが、INTPは他の人間の苦しみを認め、それらの人々に共感したため泣くかもしれません。

過去/未来指向

INTJは過去についてあまり話しませんが、現在(Se)と将来(Ni)に集中することを好むでしょう。

INTPは、現在よりも過去の経験に関連しており(Si)、Siタイプほどではありませんが、間違いなく感傷的な側面を持っています。

INTPにおいて、これは、親によって与えられた物、またはその性質の同様の傾向を保持する物への欲求として現れる可能性があります。

物理的環境の経験

INTJはINTPよりも物理的環境をよりよく認識しています。

INTJは自身の環境を整理しようとしているので、環境の詳細を気付きます。

彼女らは他の人が見逃すような感覚的な細部に注意を払うことになり、その結果、過度の刺激を受ける可能性があります。

彼女らはしばしば不快さにとても敏感になります。

 
INTPは自身の環境を整理したいとは思っていません。

INTPはおそらくINTJよりもずっと机は散らかっているでしょうし、彼女らは物をなくす可能性が高いです(TiSi)。

 
INTPは、言葉によって(抽象的概念である)場所を考える傾向があります…

それらの場所がどのように見えるのかではなく、どのような意味を持っているのか、どのような思い出を持っているのかを考えます。(Si)

計画

INTJには多くの計画がありますが、INTPには過去の多くのアイデアがあります。

INTPは旅行の希望を述べ(Ne)、INTJは旅行の計画を立てます(Te)。

INTPは優柔不断で大まかで(TiNe)、INTJは事前通知を好みます(NiTe)。

夢 vs 将来の現実

INTPは、将来の可能性と潜在性を考えます(Ne)。

彼女らは、人生で行うことができる100万の異なる方向性を見て、自身が何をしたいのかを決めることに困難します。

 
INTJは未だに起こっていない明確な現実として自身の未来を見ており、彼女らは将来起こることに対して責任を負っています(Ni)。

INTJは通常、人生の早い段階で何をしたいのかを正確に把握し、その最終目標を念頭に置いてあらゆる決定を下します。

 
ある意味では、INTJは人生の中で彼女らが満たそうとしている特定の目的を持っていると感じています(Ni)。

INTPは人生を潜在的に発展させるさまざまな方法で人生を考えます(Ne)。

INTJ, INTP

Posted by melancoly