INTP:人間関係・恋愛②

INTP, 恋愛・人間関係

INTPの人間関係の成長と発達

INFPのように、INTPは、特に恋愛関係において争いを回避する傾向があります。

Relational health(関係性の健全さ)のために関係性の調和を誤る傾向があります。

調和は確かに健全な関係の一部ですが、本当の親密さや効果的なコミュニケーションとはほとんど関係がありません。

 
真の親密さを育むことは、しばしば非常に苦痛で困難であり、自分自身や相手の恐怖、不安、自我問題との対立を必要とします。

カップルがこれらの問題を解決しているとき、不和の瞬間はすべて避けられません。

 
彼女らの関係においてより良いコミュニケーションを発達させるために働くことで、INTPは自身が恐怖心から行動しているとき、真実を相手に伝えていない時を意識する必要があります。

この目的のために、INTPは、自身の過去の関係性を分析して、コミュニケーションにおいて誠実か真実でなかったかを見て恩恵を受けることができます。

 
INTPが負の感情を経験するとき、それは脅かされたinferior functionの感情に対する応答であることが多いです。

INTPは、相手が2人の間における不具合を見つけたり、愛の表現を不適切なものと見ているように感じるかもしれません。

INTPがこれらの否定的な感情に基づいて行動し、頑強に自身を守るように誘惑するので、これは賢明な行動ではありません。

 
INTPは、自分の感情を他の機能で確認してから(すなわち、感情が客観的な現実に基づいているかどうか)、それを本当に重視するべきです。

感情が信頼できるものかどうかを調べるために、INTPは恋人との間で問題を調査し、彼女らが誤った推定をしていないことを確認する必要があります。

 
INTPが実際に恋人と恋人のタイプを理解するとき、INTPは負の感情を強める可能性のある誤解を徐々に解消することができます。

自身のFeをうまく統合しているINTPは、自身とその信念を賢明で分かりやすい方法で表現する勇気を見つけます。

彼女らは相互依存性と、受動的積極行動が少なくなり、互いの関係において公開性と誠実さを完成させます。

INTPの恋人の考慮事項

外向的知覚タイプであるにもかかわらず、INTPのdominant function(Ti)は判断機能です。

だからパートナーはINTPの奇妙な気まぐれに惑わされるべきではありません。

INTPは本当に制御したいと思っています。特に、時間を費やす方法に関しては、特にそうです。

つまり、INTPは、一緒に過ごす時間の量と別々に過ごす時間の量を制御したいと考えています。

 
INTPは、関係性において十分な時間と自由を確保するために常に戦っています。

恋人はINTPのあらゆる気持ちや希望に応える必要はありませんが、十分な自由が与えられれば、INTPはより良いパートナーになるでしょう。

 
INTPは他のほとんどのタイプよりも自由が必要で、必然的にそれらを理解していない人からの利己主義の告発につながります。

恋人が彼女らをコントロールするのにあまりにも多くの努力をすると、INTPの行動はシフトし、受動的積極行動的で一般的に関係性に対して有害になる可能性があります。

 
一方、INTPが自分の言葉で愛する自由を与えられれば、彼女らは思慮深さ、敬意、そして関りで応えます。

これはINTPと関係性を持つときのパラドックスです。

彼女らを制御しようとする誘惑を避けたり、「利己的」であることに罪悪感を感じるようになればなるほど、彼女らはよりあなたを愛し、関わります。

 
そうはいうものの、INTPが以前に言及した手順を慎重に行わなかった場合、INTPが恋人の評価を下げる可能性があります。

評価の低下が生じた場合、たとえ十分な自由を得ても、INTPは関係性に完全に関われない可能性があります。

INTPの恋人にとって不幸なことは、これが起こっているという認識がほとんどないことです。

彼女らは、関係性に関するINTPの本当の考えを見分けるのが難しいかもしれません。

 
INTPは外向きに適応していますが(適応力があります)、内向きには自分の恋人と離れています。

これは、関係性の開始からの完全な公開性と誠実性の政策を確立することの重要性を指摘します。

開放性と誠実性が最も重要な優先事項として設定されている場合、常に調和を維持したり、相手の気持ちを良くしたりするのとは対照的に、関係性は成長して繁栄する可能性が非常に高いです。

 
INTPと関係性を持つFタイプ(特にFJ)は、INTPの感情的表現力が相対的に低いことに苦慮する可能性があります。

これは、INTPの言葉や表現が機械的で無意味に見える感情的な状況で特に当てはまります。

これは恋人にとって奇妙で不安に思えるかもしれませんが、INTPのFeのinferiorの位置を考慮すると分かります。

事実、INTPがFeを介して自身を表現するためにTモードまたはNモードからシフトするのが困難な場合があります。

INTPはまた、感覚機能(物理的な行動を表すと広く考えられる)が機能スタック内においてFeの前にあるため、言葉ではなく行動を通して自身を表現する方が快適である傾向があります。

 
先に述べたように、INTPはしばしば、単純な、またはボヘミアンライフスタイルを好みます。

彼女らは機能スタックに外向的感覚(Se)を持っていないので、一般的に、他のタイプよりも美的感覚や物質的快適性にはあまり関心がありません。

INTPは良い収入を得るという考え方を好むかもしれませんが、関心を追求するよりもそれほど重要ではありません。

INTPと関係性を持つ人にとっては、これは財政的なジェットコースターに乗ることを意味します。

財務の安定性とセキュリティを提供するパートナーを探している人は、別のタイプと関係性を作りたいと考えるかもしれません。

これは、INTPが一貫して堅実な収入をもたらす可能性を持たないというだけでなく、保証から遠く離れているということです。

 
興味のある最後の話題は子供の話です。

ほとんどのINTPは本質的に「kid people」ではありません。

彼女らは内部的に熟考的であり、調査的関心に集中しています。

ある推測では、子供に終わるほとんどのINTP(特にINTP男性)は、自身の真の願望よりもむしろ配偶者に寛大な黙認をしています。

 
親として、INTPは一般的に忍耐力、節制、自己規律をモデリングするのに良いです。

彼女らは、権威主義よりも容認的である傾向があり、子供の自由、独創性、表現力を損なわないように意図しています。

言い換えれば、彼女らは治療を受けたい子供たちを治療します。

 
本質的な遊び人ではありませんが、INTPは子供との限られた交流を楽しむことができます。

彼女らはしばしば自分の関心を追求と、「家族の時間」に参加することの間で引き裂かれているように感じます。

多くの場合、INTPの配偶者は、彼女が十分にこのようなことをしていないと感じ、より多くのことをするように咎めたり説得しようとするかもしれません。

これにより、INTPは自由が侵害されていると感じ始め、関係性の問題への扉を開くことがあります。

彼女は子供のように扱われていると感じるかもしれません。

反抗的で不健康な反応を促すかもしれません。

 
上記のうちのいくつかは、INTPを恋人として検討中の人や現在INTPと関係を持っている人にとっては不安なことがあります。

たとえば、評価が下がったという考えは、恐れや不安を引き起こす可能性があります。

しかし、真実は、彼女らのinferior functionとのINTPの闘いは、他のタイプの闘争よりも悪くないということです。

主な違いは、INTPのinferior functionの問題がその関係性に直接的な意味を持つことです。

他のタイプの闘争は、より個人的である可能性が高く(間接的にも関係に影響を与えて当然すが)、INTPの問題は、inferior function Feのためにしばしば対人関係的であることです。

 
INTPは素晴らしい恋人になる可能性があります。

学習への彼女らの愛、新しい課題、そして個人的な成長は、彼女らの関係性の成功と彼女らのFeの統合に役立ちます。

重要な疑問は、彼女らが恐怖に直面する勇気を持っているかどうかと、彼女らのinferior functionという未知の土地を真剣に探検する時間を費やすかどうかです。

Posted by melancoly