ISFPのプロファイル

ISFP

ISFPは、創造性と実用性の面白い組み合わせで知られています。

彼女らはただの夢想家ではなく、同時に「実行者」でもあります。

彼女らは美しさと可能性のへの愛を、外の目には必ずしも明白ではない強烈な内部の完璧主義と結びつけます。

 
彼女らは人口の約8.8%を占め、それほど頻繁ではない感覚タイプの1つです。

ISFPが人生をどのように考え、対処するかを明確に理解するために、まずはその認知機能を見てみましょう。

ISFPの機能スタック

Dominant Function: 内向的感情(Fi)

Auxiliary Function: 外向的感覚(Se)

Tertiary Function: 内向的直観(Ni)

Inferior Function: 外向的思考(Te)

ISFPの内向的感情

ISFPは、自分にとって重要なこと、善悪、本当に信じていることを見つけるために、常に内部の価値観を見ています。

彼女らの最も好む精神プロセスは、内向的感情(Fi)です。

このプロセスは、価値観、個人倫理、真正性に関係しています。

 
ISFPは、「直感」からくる価値観を持ちます。

社会が命令するものは、彼女らにとっての決定要因ではなく、個人レベルで何が正しいか、間違っているかを理解します。

彼女らはプライベートで、感情的な人である傾向があります。

彼女らはしばしば世界の弱者を気にかけており、多くは苦しんでいる人々をケアすることができるキャリアを追求しています。

MBTIマニュアルによれば、彼女らは保健医療、看護、法執行機関で大きな比率を占め、人々を守り、他者に実践的なサービスを提供する手段としてこれらのキャリアを用います。

 
ISFPは、人々の真偽を内的に認識し、隠された動機を見ることに熟練しています。

彼女らは感情的に安全でない環境を感じることができ、感情的に悪い、操作的、または危険な人から自分や他の人を守ろうとします。

ISFPには、必ずしも言葉で説明することができない、善悪の感覚があります。

それは言葉よりも行動で、または創造性に現れます。

多くのISFPは、自分の信念や感情を表現するために芸術、音楽、または自身の作品を利用しています。

 
彼女らがしていることすべてにおいて誠実さは最優先です。

ISFPは感情タイプですが、他の多くの感情タイプと区別する、控え目さと内部の静けさがあります。

彼女らは自分の感情を内側に押し込んで、それを信頼できる少数としか共有しない傾向があります。

外的には、彼女らはストイック、神秘的、または冷たいように見えるかもしれません。

しかし、内的には暖かく、感情的で、情熱的です。

彼女らはまた、おおらかで、のんびりしたように見えるかもしれませんが、彼女らはしばしば非常に高い水準を保つ完璧主義者です。

 
ISFPは、内向的感情タイプとして、レッテル貼り、細かい管理、または多くのルールの下で生きることを深く嫌います。

ルールは彼女らに正しいと感じられ、価値観に沿っていなければなりません。

彼女らは特に、人々に「あなたを理解した」と言われることを嫌います。

誰かが彼女らととても親密で、彼女らに耳を傾けるのに本当に時間をかけない限り、彼女らの本性を知ることはまずありません。

ISFPの外向的感覚

ISFPは、外向的感覚(Se)を使用して、感情機能のバランスをとりサポートします。

外向的感覚は非常に詳細志向で、現実的です。

よってISFPは「Practical Dreamers(実践的な夢想家)」と呼ばれます。

彼女らは自身の理想主義と完全性を受け入れるのでなく、それを変えたいと思っています。

 
彼女らは経験者で、冒険者です。

経験と冒険に対する彼女らの欲求は、新しい場所、レクリエーションの追求、またはビデオゲームの興奮とスリルへと導くことがあります。

また身体的な偉業を達成したり、自然の中で時間を費やすようにします。

 
ISFPは、現在の環境や状況の詳細を細かく把握している傾向があります。

彼女らは瞬時に同調を続け、その瞬間を高めてより楽しいものにする機会や経験を見つけようとします。

彼女らは周りのものを取り込み、危機に瀕しているときや突然変化するイベントに応答しなければならないときには、通常非常に手際よく対応する才覚を持ちます。

 
外向的感覚は、ISFPに非常に実用的で、現実的な態度を与えます。

彼女らは自分自身や他人を深刻に受け取らず、通常ユーモアのセンスがあります。

彼女らは楽しみを探し、柔軟性を享受し、毎日の経験に適応して楽しみます。

彼女らは明日を心配して今日を浪費する観点を理解しません。

ISFPの内向的直観

ISFPは、tertiary function 内向的直観(Ni)を使用し、休息を見つけ、創造性を高めることができます。

Niは根底にある意味、象徴的な意味、そして全体像、将来の可能性に焦点を当てています。

初期の人生では、Niはあまり良く開発されていないため、それに頻繁にアクセスすることはできません。

 
彼女らは、人生における現在の選択肢や道筋の将来の影響について、創造的で空想的であると説明することができないと理解し、空虚感を感じます。

ISFPが成長し、発展するにつれて、彼女らはNiにアクセスするのに熟練します。

彼女らは根底にある隠された意味をますます知覚するようになり、象徴とパターンの力を見るようになります。

彼女らは、視点を変えて物事についての自身の視点を変え、状況や人への深い洞察を得る方法を学びます。

 
ISFPは直観よりも感覚を好むので、具体的な世界を最も信頼し、エネルギーの大半を価値観やそこに集めた経験に集中させる傾向があります。

しかし、ISFPが発達するほど、外部の現実とは無関係かもしれない本質的なパターンやつながりへの洞察とバランスをとることになります。

ISFPの外向的思考

ISFPのinferior functionは外向的思考(Te)です。

彼女らは、環境を整理したり、客観的かつ論理的な方法で意思決定を行う必要があるときに、この機能を使用します。

これは彼女らの最も弱い主要機能であるため、特に早期に効果的な方法でアクセスするのが難しい場合があります。

彼女らはまず自分の価値観、自分にとって重要なこと、そして意思決定の際に真正さを保つ方法に集中する傾向があります。

ただ客観的で、非個人的で、事実に焦点を当てることは、特にそれが正しいと感じない場合や、他の人たちに悪影響を与える可能性がある場合は、難しい場合があります。

 
ストレスにさらされていると、ISFPは感情と感覚を過度に使用し、その結果、Teの「grip」に陥ることがあります。

これが起こると、批判的になり、問題の整理と修正、そして間違いの是正に集中することがあります。

彼女らは他人に対し批判的であることが悪いと感じるので、人々に自身が何を考えているかを正確に伝える破壊的な幻想に従事するかもしれません。

しかし、これはより彼女らを挫折させる傾向があります。

 
ISFPが発達し成熟するにつれて、彼女らはTeを使って自身の外部状況について結論を導き、感情は思考の判断に自覚的反応を提供するでしょう。

これにより、彼女らは潜在的な不正を見て、不公平な状況に気づくことができます。

 
また、TeとFiを一緒に使用して、どの外部規則が価値があり論理的であるかを識別します。

TeはISFPにはあまり意識されていないので、自身の心を話したり、判断を下したり、自分の立場を表明したりするのに苦労するかもしれません。

彼女らは、他の人を組織しようとするのではなく、行動(感覚)を通じて状況に対処する可能性が高いです。

ISFPの人間関係

ISFPは、非常に誠実で、楽しさを愛し、思いやりのあるパートナーです。

彼女らは真剣に自身の関係を受け取る傾向があり、彼女らのパートナーが理解されるように、懸命に働きます。

ISFPパートナーの共通の困難さは、怒ったり、憤慨したりしたときに、自身の感情を表現するのが難しいということです。

彼女らは争いを軽蔑し、それを扇動するのが好きではないので、長い間、否定的な気持ちを抑え込み、自身のニーズが満たされるのが難しいと感じるかもしれません。

 
思慮深さはISFPパートナーのトレードマークです。

彼女らは自身のパートナーを笑顔にすること、または楽しむことに細心の注意を払い、自身の思いやりを示します。

そして、一緒に楽しめるような多くの経験を見つけるように努めます。

彼女らとの関係の最も重要な側面には、相互コミットメント、一緒に楽しむこと、仲間意識、共有価値観、聴くこと、親密さが含まれます。

 
関係性では、ISFPには、彼女らを抑圧しない、相手に事前設定されたイメージに従うように強制しない人が必要です。

ISFPには一人の時間が必要であり、冒険と経験も必要です。

彼女らは、自身を見下したり、束縛したり、彼女らの考えや気持ちを聞いたりしないパートナーにすぐに疲れます。

現実的で、楽しさを愛し、肯定的なパートナーは、このタイプの理想です。

ISFPの強み

真正性

ISFPは人生の中で自分たちの道を歩み続けることを信じており、自身を本当の自分以外で描くことを信じていません。

彼女らは自分自身や他者の信頼と誠実さを高く評価する誠実な個人です。

強い価値観

ISFPは、道徳的なコンパスを定期的にチェックインし、何かが正しいかどうかを判断しようとします。

彼女らの価値観は、主観的に成形され、ある種の独立性と自由な気質を与えます。

楽さを愛する

ISFPはその瞬間をどのように楽しむかを知っており、いつも新しい冒険、機会、そして自分自身に浸ることができる経験があるかどうかを見極めています。

敏感で共感的

健全なISFPは、特に「弱者」に対して、非常に感情的で思いやりがあります。

観察者

ISFPは周囲の細部に敏感で、この認識を使用して「空気を読む」か、他の人々が頻繁に見逃す細部に気づきます。

注意力

ISFPは、通常、自分の返答を同時に構築することなく、人々の意見を聞くのに非常に優れています。

彼女らはまた、他人の真偽レベルを検出することにも優れています。

創造性

ISFPは非常に創造的な個人である傾向があります。

彼女らはしばしば、芸術、舞踊、工芸、またはケアを通じた実践的な方法で創造力を発揮します。

ISFPの弱み

過敏性

一部のISFPは過度に敏感であり、建設的な批判によって怒り、それを個人的な攻撃と見なす可能性があります。

長期計画の困難さ

ISFPは今を生き、より衝動的なライフスタイルを採用することを好むため、長期的な影響を予見することに困難します。

彼女らは人生半ばにこの分野でより強い能力を発達させる傾向があります。

ルールへの拒絶

ルールは必ずしも良いことではありませんが、ISFPはあらゆる種類のルールや制限に反するため、避けられたかもしれない擦り傷を負います。

彼女らは構造によっても圧迫されると感じるかもしれません。

論理的意思決定

ISFPは、価値観に焦点を当てたり、調和を維持したりして、意思決定に関わる客観的論理を見失う可能性があります。

彼女らは建設的な批判をしたり、求められたときに委任するのに苦労することがあります。

Posted by melancoly