ISFP vs. INFP byCJ

パーソナリティコミュニティにおいて、オンラインテストには欠陥があり、直観へ偏向がある傾向があるため、多くのミスタイプがあります。

このため、多くのISFPはINFPまたはINFJとしてミスタイプします。

ISFPとINFPにはそれぞれ独自の強みと能力があります。

この記事で目指すのは、何が2つのタイプを区別し、何が2つのタイプを似ているものにするかについて詳しく説明することです。

ISFPとINFPの類似性

ISFPとINFPは、どちらも同じdominant function 内向的感情(Fi)を持っています。これが彼女らを駆動させ、完全に集中させます。

内向的感情は、自身の価値観、倫理観、個人的な嗜好を強く意識させるものです。

その結果、ISFPとINFPは個人主義的であり、人生全体の価値観を精緻化し、探求することに重点を置く傾向があります。

 
彼女らは真正であることを強く信じており、他の多くのタイプに魅力的な知的誠実さ(honest integrity)を持っています。

内向的感情は、INFPとISFPの双方に、善悪の「直感」を与える傾向があり、何かが自分に合致していない、あるいは自身の価値観に反するかもしれないときに、強烈な、肉体的な感覚に近いものを感じることがあります。

 
ISFPとINFPはどちらも同じinferior function 外向的思考(Te)を持っています。

結果として、彼女らは時に目標やプロジェクトを効率的に完了することに苦労することがあります。

彼女らはまた、他の人に委任したり指示したりするときに、その要素がないと感じることがあります。

 
極端な慢性ストレスの間、これらのタイプはTeの「grip」に陥る可能性があります。

これが起こるとき、彼女らは特徴的に皮肉的で、批判的になり、自分自身と他の人の無能さに集中することがあります。

彼女らは、価値観違反、争いへの対処、規則や束縛の厳しい構造の下での生活などで、ストレスを感じる傾向があります。

 
しかし、IFPタイプにとって、Teが常に弱点ではありません。

彼女らは構造や組織に苦しむかもしれませんが、客観的な論理思考の重要性を知っています。

彼女らは早い段階で一般にTeと争う傾向がありますが、成長し成熟するにつれて、重要な事実、行動の優先順位付けに注意を払い、最適な効率を得るため時間を最適化する傾向を持つようになります。

 
ISFPとINFPは双方とも内向的タイプです。

その結果、彼女らは毎日1人の時間を取る必要があります。

人付き合いの多くは、彼女らを疲れさせ、彼女らをエネルギーが枯渇していると感じさせます。

彼女らは自身の心を話す前に、情報を整理し、何を言うべきかを考える時間が必要です。

 
ISFPとINFPの双方が知覚タイプです。

結果として、彼女らはどちらもよりオープンなアプローチで生活することを好むでしょう。

彼女らは通常、比較的柔軟で適応性があり、厳格な構造やルーチンに閉じ込められる場合、不満を感じることがあります。

ISFPとINFPの相違性

ISFPはauxiliary functionとして外向的感覚(Se)を有し、INFPはauxiliary functionとして外向的直観(Ne)を有します。

これらの機能は両方とも情報収集プロセスですが、異なる情報に焦点を当てる傾向があります。

Seは、提供されるべき全てを完全に経験するために、現在の対象、外部世界に焦点を合わせます。

Seは世界のすべての光景、音、味、質感に気づき、それらに没頭したいのです。

 
Seは自然と人、物、そしてイベントを直接体験したり経験したりすることから、実践的にエネルギーと楽しさを引き出します。

Seユーザーは新しくて斬新な体験を楽しむ傾向があり、通常は非常に冒険的であり、旅行や新しい環境や文化を見るのが大好きです。

彼女らはまた、非常に詳細指向であり、他の人々が見逃す可能性がある世界中のニュアンスに気づいています。

その結果、ISFPは人々の身体言語に非常によく調和し、直感的にそれに対応する方法を知っているようです。

 
彼女らはまた、非常に現実的で堅実です。

彼女らは今あるものを最大限に活用しようと努力しています。

彼女らが話すとき、Se-users(ISFPなど)はより直接的な、文字通りな方法で話します。

 
Neは、その環境内の物体、状況、物事の理論的な可能性を探ることに重点を置いています。

それは「~であり得る」を探求することを好み、いつも将来や、物事がどのように実行されるのかに焦点を当てます。

Neユーザーは、珍しいものと創造的なものの間の繋がりやパターンを見て、これらの接続や可能性を見つけるために、あるデータポイントから別のデータポイントに飛躍します。

孤立した状況や目的として何かを見るのではなく、他のすべてのものとどのように関係しているかを見ています。

 
彼女らは世界の大きな「全体像」を持っており、常に「これはどのような可能性があり得るの?」と自問しています。

彼女らはしばしば抽象的で理論的な会話に惹かれ、自身のスピーチに比喩を使用する傾向があります。

 
要約すると、Seは、現実の世界を体験し、それに完全に浸ることです。

Seユーザーは、一般的に冒険的で詳細指向で、環境とその周辺に適応しています。

彼女らはまた、非常に現実的で実践的です。

 
Neは、将来の理論、可能性、アイデアに没頭することに重点を置いています。

Neユーザーは、将来の可能性のためのインスピレーションとして周りの世界を見て、これらのアイデアを想像するために多大な時間を費やす可能性が高いです。

彼女らはまた、物事間の珍しいつながりを見つけることにも焦点を当てています。

彼女らはあまり現実的ではなく、より抽象的で概念的です。

「でも、私は両方使ってるけど!」

あなたがこう思っているなら、あなたは正しい道を歩んでいます。

あなたはこれらの認知機能の両方を使用しますが、一方を他方よりも優先します。

一方はより自然に使用します。これは特にSeの場合に当てはまります。

実際、ほとんどのタイプ学者は、タイプが何であるかに関わらず、Seを多く使用する必要があることに同意します。

結局のところ、これは私たちに外の世界を体験させる機能です。

 
Seをまったく使用しなかった場合、あなたは現実とあなたの周りの世界と全く触れておらず、何も経験しません。

Neをまったく使用しなかった場合、あなたの周りの世界の可能性を見極め、あなたの環境内のものから生まれる別の可能性、アイデア、見通しを想像するのに苦労します。

多くの場合、我々はそれ(一方のみの使用)を実現さえせずに、複数の認知機能を並行して使用します。

よって、どちらがあなたにとって、より自然か

あなたはより経験者ですか?

あなたは、あなたの周りの世界と交流し、「立ち止まり、バラの香りを楽しむ」傾向がありますか?

物事の実用化に焦点を当てた冒険的な現実主義者ですか?

もしそうなら、おそらくあなたはSeを好むでしょう。

 
あなたはより夢想家ですか?

あなたは、あなたの周りの世界で理論的な可能性を見つける傾向がありますか?

あなたは現在の瞬間に焦点を当てるよりも、将来の可能性やシナリオを想像するのにより時間を費やしますか?

あなたの環境の、ランダムな物事の間の曖昧なつながりを見ていますか?

もしそうなら、おそらくあなたはNeを好むでしょう。

Tertiary function

ISFPは、tertiary function 内向的直観(Ni)を持っています。

INFPは、tertiary function 内向的感覚(Si)を持っています。

 
これらの機能は両方とも情報収集プロセスであり、主観的であり、内面に焦点を当てています。

ISFPとINFPの双方は、中期的にはtertiary functionを発達させますが、成熟度や生活に必要な要求に基づいて人によって異なります。

 
ISFPには、Niがあります。

初期の人生では、この機能は比較的無意識になり、抑圧される可能性があります。

これは若いISFPが、時には未来について不吉さを感じ、時にはそれを突き止めたり、説明することができないことがあります。

彼女らは未来を想像したり、最善のコースが何であるかを計画したりすることに不快感を感じるかもしれません。

これにより、長期的な決定を下すのに苦慮することがあります。

 
しかし、ISFPが成長して成熟するにつれて、彼女らはNiをますます開発します。

彼女らは、未来を想像し、自身の直感を信頼し、物事の背後にある、異なる視点と深く隠された意味について推測するのを楽しむようになります。

 
INFPにはSiがあります。

初期の人生では、この機能は比較的無意識になり、抑圧される可能性があります。

これは、若いINFPが過去の詳細を思い出したり、彼女らが望む事実や経験を思い出したりすることに苦慮するかもしれません。

 
しかし、INFPが成長して成熟するにつれ、自身の記憶、感覚の印象、そして個人的な経験が特に好きになります。

彼女らは少し感傷的になり、お気に入りの場所を再訪したり、好きな曲を聴いたり、好きな思い出を思い出して楽しむでしょう。

最後に

INFPとISFPには多くの共通点があります。

彼女らは双方とも自分の個人的価値観に非常によく調和しており、彼女らは個人主義的で柔軟です。

彼女らはまた、一人の時間を必要とする内向的タイプで、柔軟なスケジュールを好む知覚タイプです。

 
ISFPが外界との経験や実践に関心を持っている一方、INFPは外界の理論的な可能性と抽象的なつながりを発見することに関心を持っています。

 
双方のタイプには、世界で目立つような驚異的な強みと能力があります。

私はこの記事があなたに最も適したタイプを特定するのに役立つことを願っています!

INFP, ISFP

Posted by melancoly