ISFP:精神プロセス

ISFP

ISFPの心理機能

1.Fi – 内向的感情

Fi(内向的感情)は、内面の感情のことではなく、内面から導かれる価値観です。

IxFPは感情の深い井戸を経験するかもしれませんが、これはFiの根源ではありません。

Fiは、自分自身の道徳規範を決定し、自身の直感が何を正しいと判断するのかを把握することに関心を持つ意思決定プロセスです。

それは多くの場合、自分自身がどのように扱われたいかに基づいています。

 
彼女らは他人に対してとても配慮する傾向があり、また自身の信念が正しいかどうかを把握するために長い時間をかけて検討します。

価値観を磨くプロセスにはかなりの時間がかかり、精神的な孤独(一人の時間)が必要になります。

Fiは一般的にauthenticity(真正性、自分らしさ)を重視しており、偽のものや浅薄に見えるものに反発します。

2.Se – 外向的感覚

SeはISFPが情報を取り込む主要な方法です。それは、彼女らが自身の感覚を使って周囲の世界を理解することを意味します。

ISFPは今の瞬間に生きており、純粋に理論的なものよりも現実的で確かなものを扱うことを好みます。

3.Ni – 内向的直観

NiはISFPの3番目の機能です。

ISFPはNiを用いることで、脳のあらゆる領域から情報を取得して問題の解決策を見つけたり、収集した情報にパターンを探したり、将来何が起こるかを予測したりします。

NiはTi主導の内部世界を非常に抽象化します。それは直感的な飛躍を伴う可能性があります。

よって、ISFPは、特定の結論に達するために自身が使用した方法を完全に説明することに苦慮する場合があります。

1.Te – 外向的思考

TeはIxFPの第4機能です。この機能は彼女らの弱点であり、他の機能ほど強力ではありません。

Teは非常に論理指向の問題解決方法です。

問題に対するより良い解決策を見つけようとしたり、プロセスの効率を改善したり、既存のものを批評して改良したりします。

IxFPは一般に、すべてにおいてではなく、必要な場合にのみTeを使用することを好みます。

内向的感情(Fi)と内的世界

Fiタイプは親しい人に対してとても暖かく思いやりを持ちます。それは、誰もが自身と同じような内面の世界を持っていると無意識に信じているからです。

彼女らは他者に心を開くまでに時間がかかり、相手が何らかの形で興味を引かない限り、自分からは近づきません。

しかし、一度誰かを自分の世界に迎え入れると、その人との間に調和が保たれている限り、つながり続けます。

たとえば、相手が自分を偽っていることが分かったり、IxFPが持つ価値観に対して強く反対したりすると、IxFPはその関係から遠ざかります。

 
IxFPはセルフケアのマスターであり、健全な境界線を設けるのが得意です。

彼女らはとても共感的で、他者のニーズを理解し、ケアを提供したいと考えています。

しかし、健全なIxFPは、まず自分自身を大切にしない限り、効果的に他者をケアできないことを理解しています。

彼女らは自身の限界を知っており、何かができないとき、または何かが自分の人生にフィットしないときに「ノー」と言うことを恐れません。

 
Fiは、Fe (外向的感情) とは異なります。

Feは外部にフォーカスし、「人々はこれについてどう感じるの?」と思考しますが、Fiは自身の内面にフォーカスし、「これについて私はどう感じるの?」と思考します。

自身のニーズが満たされている場合、IxFPは1つまたは2つの重要な人間関係にフォーカスします。

彼女らはこれらの人々のケアをし、家族のように扱います。

 
IxFPは自身の「インナーサークル(深い人間関係)」を非常に保護しており、自身のペルソナの内なる詳細を共有する人々は、ある意味で自分自身の一部であると感じています。

彼女らは、親密な人たちが攻撃されたり脅されたりした場合、それらの人々を守ることを躊躇しません。

 
IxFPは非常に自己認識が強く、内省に多くの時間を費やします。

彼女らは自身の価値観の深さとニュアンスに関心を持っており、自身の信念を明確にし、選別し、洗練させるために精神的スペースの多くを費やします。

 
このプロセスは、IxFPの深い感情に密接に関係しています。

彼女らは、一見ランダムな、しかし自身にとっては意味のある対象の美しさに笑ったり泣いたりするかもしれませんが、周囲の人々は、突然の感情の爆発に困惑するかもしれません。

IxFPは深い感情を持ち、それが爆発するまでの長い間、水面下でたくさんの感情が蓄積されます。

彼女らは、自身の感情を揺さぶるもの(映画、本など)を探します。なぜなら、感情的な旅を通して関心ある登場人物を追うことは、彼女らにとって非常に意義のあることだからです。

 
感情機能(Fi,Fe)は、感情(emotion)を指すわけではありません。

感情的な経験や表現はFi,Feに関連している可能性がありますが、それらはFi,Feの根源ではありません。

Fi,Feの根源は価値観です。つまり、その人が何を重要だと考えるかに関係します。

価値観はその人自身の良心と、何かが重要であると信じる理由に基づいています。

 
IxFPの道徳律は、彼女らの良心または「本能」が正しいと告げることに基づいており、通常、彼女らは自分が扱われたいように他人を扱います。

このFi的価値観は感情(emotion)に基づくものではありませんが、100%論理的でもありません。

IxFPは他人を公平に扱う背後にある理由には関心を持ちません。

彼女ら自身が公平に扱われることを望んでいるため、それは単に良いことであり、正しいことであると「感じている」だけなのです。

 
IxFPの原動力は、自分自身と自身の価値観に忠実であり続け、外部要因(社会の期待、友人や家族の意見など)が自身の価値観に与える影響を最小限に抑え、内なる調和を達成することです。

彼女らは、自身に忠実であり続けることができる限り、自身の価値観について他者と議論することを好みます。

IxFPは長い議論の後に、会話を評価し、相手の発言が自身の価値観とどのように関係するのかを思考します。

 
IxFPは自身の個人的な原則(≒信念)が信頼でき価値があると考えており、自身に対して何かを押し付けようとする他人に対して懐疑的です。

何かが自身の信念と一致しない場合、彼女らはそれに従って行動することができません。

自身の価値観に反することは内面の不和を引き起こすため、IxFPはそれを認容できないのです。

 
IxFPは、コーヒーショップの離れたところに座っている見知らぬ人が何を考えているのか、自分の一日はどうなのか、自分の人生はどうあるべきか、などを理解しようとして、自分の世界に迷い込みます。

彼女らは人々を観察するのが大好きですが、人々との実際のやり取りでは適切に反応し、応答しなければならないというプレッシャーを感じるため、多くの人々と親密に関わることには興味がありません。

空想上の人物はIxFPに要求や期待を持たないため、その空想上の人々との会話を想像することさえあります。

 
IxFPは大人になってからも活発な想像力を持ちます。

彼女らは、様々な物事のストーリーや背後にあるものに関心を持ちます。

例えば、大きくて丈夫な木を見て、それがどのくらい前からそこにあるのかと考えたり、その木の周りに起こった出来事を空想したり、その木陰に誰が座っていたのか、その木や木の中にどのような知恵が詰まっているのかを想像します。

本、映画、友人の何気ない一言、お気に入りの特別なカップなど…あらゆる場所に無意識的に意味を探します。

 
IxFPはすべての物事に意味(意義)を見出そうとします。

彼女らは、物事の持つ意義の深さとニュアンス、そして、何かの意義が他のすべての物事とどのように関係しているのか、に関心を持ちます。

 
IxFPは、正しい(と感じる)アイデアやストーリーに信じられないほど魅了されます。

何かが彼女らの想像力を刺激したり、彼女らの重要な意義の側面に関わってくると、彼らはそのストーリーやアイデアに魅了されます。

IxFPにとって、ストーリー展開のプロセスは、ストーリーの各部分の合計よりもとても意義のあるものになるかもしれません。

外向的感覚

ISFPは抽象的なアイデア、概念、会話を扱うことができますが、これらに現実世界における価値が見出せない場合、すぐに飽きてしまいます。

あらゆる可能性についての果てしない推論は彼女らを飽きさせますが、抽象的な概念を1つ与えると、多くの場合、それらを使って何かを実行できます。つまり、可能性に基づいて何かを構築し、それらを具体的な現実にする方法を模索します。

 
ISFPはとても実在的(現実的)な傾向を持ちますが、一方でNiによって周囲の世界の神秘的で直感的なものに惹かれます。

彼女らは、現時点における現実世界での経験と認識を重視します。

そして、物理的な環境(Se)を、流動的で神秘的な内なる世界(Ni)にどう結びつけることができるのかを重視します。

 
Seタイプは真に「今」を生きている人です。

彼女らは世界を現実的な力(solid force)として捉えており、情報を具体的かつ実在的な方法で取り入れることを好みます。

そして、自分自身の中に現実性(solidity)を経験しないため、周囲の世界に現実性を求めます。

 
ISFPは、あらゆる瞬間を価値のある楽しいことに費やすべきだと感じています。

そして、彼女らが「仕事」とみなすものはすべて、困難で退屈なものです。- 例えそれが自分に合った仕事であっても -

 
ISFPは楽しむことや新しいことを経験することを重視しているため、充実した仕事でさえ彼女らにとっては好きな活動となりません。

彼女らは、やりたいと思った瞬間に、やりたいことを実行したいと考えています。

その自由を妨げるものはすべてSeにとってイライラさせるものとなります。

 
ISFPが幸せになるためには、人生においてある程度の衝動が必要です。

スケジュールに縛られすぎると拷問のように感じられ、計画を立てすぎると大きなストレスとなります。

彼女らは、他者があまりにも望ましくない構造(規則)を自身に押し付けようとしていると感じる場合、その規則を破ることを楽しむかもしれません。

彼女らは、人生の楽しみと自発性(即興性)を切望します。

 
ISFPは聞き上手ですが、親密になる手段として人々と一緒に何かをすることを楽しみます。

彼女らはスリルと冒険を渇望しています。

 
ISFPは周囲の世界と関わることを重視します。

自然を探索したり、スポーツに参加したり、物理世界で何かをすることは彼女らにとって、とてもカタルシス(情動の解放)をもたらすものです。

ISFPのSeの側面は美しさを非常に高く評価し、特に自然の中における美しく穏やかな環境を求めます。

環境は彼女らに強い影響を与えるため、彼女らは自身の物理的環境を非常に認識しています。

 
ISFPはとてもクリエイティブです。

Seは具体的な五感(視覚、触覚、味覚、嗅覚、音)体験を好むため、手を使って芸術を創作すること (楽器の演奏、絵画、描画、彫刻、写真撮影など) にとても満足します。

形ある芸術を創造する際、FiとSeを用いて他者が経験できる現実世界のあらゆる方法によって意義を表現します。

 
ISFPが自身の感覚を刺激するために何かをすると、それは彼女らを駆り立て、エネルギーを与えます。

五感による美しい体験がなければ、彼女らのエネルギーと創造性は横ばいになります。身体的欲求(感覚的欲求)を満たそうと、食べ物、アルコール、テレビ、ゲーム、暴飲暴食などの不健全な悪習に走るかもしれません。

 
ISFPは、現時点で自身の周囲に起こることに興奮します。

彼女らは現在を生きており、遠い将来のことを計画することに苦慮します。

彼女らは今の瞬間に存在しているため、自身が置かれている現在の状況が自身の世界のすべてであるかのように感じています。

もしISFPが、自身の人生がどのようなものであるかを尋ねられたら、彼女らはおそらく人生の全体像ではなく、自身の現在の状況について話すでしょう。

 
ISFPが危機的状況にあると、次に起こることに備える必要性を強く感じます。

今日起こったことに基づいて、明日の仕事で何をすべきか考えなくてはいけない…!

 
 
ISFPは今を生きているので、5年後のあらゆる可能性について考えることは稀です。

しかし、彼女らの直観は近い将来には及ぶため、次に何を対処すべきか理解できます。

 
現在の状況が混乱していて、ストレスを感じさせるものである場合、彼女らは自身の人生全般がもう自分ではコントロールできないと感じます。

解決策がすぐに分からないと絶望します。自身の状況は決して変わることはなく、現在の現実が永遠であり続けるように感じます。

内向的直観

ISFPはとても直観的な方法で自身の内なる世界を体験します。

彼女らは、見ること、行うこと、経験することすべてに意義を求め続け、彼女らの内面は常に変化し、進化します。

彼女らの内なる世界はオープンで流動的ですが、外の世界は非常に実在的で不変であると考えています。

 
ISFPは様々なコンセプトやアイデアを考えるとき、自然と複数の角度や視点からそれらを捉えます。

彼女らは直感的な方法で自身の感情や情動を探求し、すべてが他のすべてとつながっているという強い感覚を持ちます。

 
ISFPの心は価値観、感情、予感の星座のようなものです。

彼女らの内なる世界にあるすべてのものは、絶えず進化するウェブを通してつながっています。

 
ISFPは、あるシナリオが目前で展開される直前に、何かが起こりそうだという直感を持つかもしれません。

Niは無意識のうちに次に何が起こるかを理解しようとするため、それは超能力のように感じられます。

彼女らは、ある瞬間に周囲で起こっていることに基づいて、無意識のうちにいくつかの可能性を導きます。

過去に関して言えば、彼女らが思い出すのは鮮明な詳細ではなく、経験の全体的な感覚です。

自身の経験(人生全般、本や映画の物語など)を通して、彼女らの心は自然にそれらのテーマを浮かび上がらせ、全体的なストーリーの中における意義(意味)のパターンを把握します。

 
ISFPは通常、とてもスピリチュアル的です。

たとえ特定の宗教的教義を信じていなくても、皆が直接感じるものを超えた別の領域や力が存在するという生得的な感覚を持っています。

彼女らはスピリチュアリティに懐疑的な人たちに驚嘆します。なぜなら、スピリチュアリティは彼女らがとても強く感じるものであり、自分自身の一部だからです。

 
ISFPは未知のことに慣れており、人生のほとんどのことについて100%確信したり、絶対的な真実に到達したりすることは不可能であると感じていますが、不確かだけれども自身にとっては真実で現実だと感じている事柄をいくつか持っています。

彼女らは常に物事を再評価し、さまざまな角度から疑問に取り組みます。

 
ISFPのNiは次のように伝えます。

大丈夫、すべてを把握する必要はないよ

 
ISFPは無意識に物事のパターンを認識し、複数の物事間につながりを作ります。

たとえば、すぐには理解できない複雑な理論を学んだとしても、何らかの活動に移ると潜在意識が点と点を結び付けます。

すべてが心の中で総合され、すべてが明らかになる瞬間が訪れるでしょう。

 
ISFPの内なる世界は常に変化する性質を持つため、感情を整理するのに数日かかることがあります。

友人と口論となった場合、その後に、感じたさまざまな感情とその背後にある理由を解きほぐすのに多くの時間を費やさなければなりません。

 
ISFPは常に物事の中核となる本質を探し、物事がどのように機能するかを直感的に理解しようとし、また物事をスピリチュアル的、感情的、精神的なレベルで理解しようとします。

彼女らはさまざまな観点から物事を検討します。 彼女らの想像力と洞察力は、これらの観点のために常に進化しており、新しい展開や洞察を発見します。

一般に、人々はISFPに対して安心感を持ちます。

彼女らは、通常は人々を不快にさせてしまうような突飛なアイデアを、人々を惹きつけ、快適に感じさせる方法で説明することができます。

その話し方は、特有の優しさと思慮深さを持ちます。

外向的思考

Teは、IxFPが現実世界から情報を取り入れ、最も効果的なソリューションが何かについて迅速な決定を下し、そのソリューションをすぐに実行できるようにするプロセスです。

ここはIxFPの中で最も弱い部分です。

自身のこの側面に常に依存することは彼女らにとっては疲れることですが、仕事を効果的に遂行するために、必要に応じてTeを用いることでトラブルシューティングのスキルを発揮できるようになります。

 
Teにより、彼女らは卓越性と効率性を重視するため、新しい趣味、キャリアパス、その他の大きな人生の変化を開始することに苦慮します。

彼女らは、初めて挑戦するものは何でもマスターしたいと考えています。- 例えマスターが現実的には難しいと理解していても -

 
IxFPは意思決定に時間をかけることを好みますが、それが常に可能または現実的であるとは限りません。

このような状況では、即座に迅速な意思決定を行えるように、Teがあれば便利です。

 
IxFPはFiの内部コンパスの「直感」に依存しているため、たとえある時点での決定の理由を明確にできなかったとしても、直感が正しいと伝えれば、自身の決定に快適さを感じることができます。

たとえば、通りを歩いている人を見て、何らかの形で自分に害を及ぼす可能性があると感じた場合、彼女らにはなぜそのような感情を抱いたのかを解き明かす時間がありません。

彼女らは、この人の側にいると危険だと感じられただけで、最善の解決策は、道路を渡るか、迂回して避けることです。

 
多くの場合、TeはIxFPのプロテクター機能です。

自身の価値観の1つが攻撃にさらされたとき、彼女らは、自身が正しいと感じるものを守るために、直接的で事実を伝えるTeのコミュニケーションスタイルを躊躇なく使用します。

あるテーマについて非常に強く感じ、それに対して行動を起こさなければならないと理解しているとき、彼女らは、正しいと信じていることのために立ち上がるために、自身の中のこの強力で堂々とした部分を利用します。

 
Teは、IxFPの中で、何か(キャリア、趣味、服装など)を選択し、少なくとも短期間はそれに集中するように指示する部分でもあります。

IxFPのこの部分こそが、彼女らに結論を導き、決断を下すよう促すのです。

もし純粋にFiのみしか使用しないのならば、彼女らはそれについて自身がどのように感じているかを永遠に考え続けるでしょう。

 
ISFPは、厳しさや批判的なことを嫌います。

彼女らは他人の考えや感情をよく理解しており、常に深い理解の立場から人々にアプローチします。

疲れたりストレスを感じると、自分が過剰に批判的になっていることに気づくかもしれません。そして、その態度が自身の本当の性格を反映していないと感じ、後悔します。

 
自身の時間の大部分(仕事や子育てなど)で、この批評的な側面から行動することを強いられているIxFPは、燃え尽き症候群になる可能性が高いです。

彼女らは通常、人生の少なくとも一部において、他の人に意思決定を任せることができると人生がうまくいくでしょう。

仕事などにおいてTeを使用し続けていると、疲れ切って、自分が何を望んでいるのかを理解すらできなくなります。

 
IxFPは、システムがすでに整っている場合にTeを最大限に活用できます。IxFPにとっては、批評と洗練という最も単純なバージョンのTeを使用するのが最も楽だからです。

何かがすでに導入されていて、改善が必要な際にそれを分析して解決策を見つけることは比較的容易です。

IxFPははたくさんのアイデアを持っているかもしれませんが、何かを0から作る場合に、システムや効率的な構造を導入する作業は彼女らにとっては困難です。

Posted by melancoly