ISFP:LBP理論

未分類

ISFPはあらゆる瞬間の経験に没頭し、ささいなことに喜びを見出し、それらを安全に保ちます。

ISFPの認知ステップ

1 2 3 4
知覚 判断
詳細(●) 観察(○) 行動(●) 原則(○)
Fi Se Ni Te

ISFPは、状況の詳細にフォーカスする「IPの領域」と、物事の意味をそのまま保護して楽しむことを目指す「SFの目標」を組み合わせます。

この組み合わせは全ての思考・行動を促し、全ての判断を補助し、全ての世界観を刺激します。

それは人が求める最終目標・最も深い心の中での一番重要なことを要約しています。

 
決断、思考、感情、経験、人などに直面するたびに、心は自然に4つの認知ステップを駆け巡ります。

 
ISFPの最初の認知ステップは、状況の具体的な「詳細」を調べることです。

すべての文脈の中における状況の「詳細」の意味と価値について結論を出すことを目的として、それらを考慮するために心の中で内向きになります(Fi)。

 
次に、その意味を持つデータを取得し、外向きになり、そのデータを「観察」した人々の動機、欲求、性質と比較します。(Se)

 
第三に、「行動」を講じ意見を形成することを目的とし、情報源として信頼すると決定した人に基づいて概念的なつながりを作るために、内向きになります(Ni)。

 
第四に、世界と宇宙全体の働きをよりよく理解するために、自身の行動と意見の結果を見ます。

外部を見て、再現性があり、信頼性が高く、有益な方法で世界がどのように機能しているかを確認することで、推測した「原則」に基づいて全体的な世界観を形成します。(Ti)

 
そして、サイクルが最初から始まります。

「原則」への理解が新しい「詳細」を明らかにします。

その意味の深い含意は、より深い熟考をISFP与えます(Fi)。

4番目のステップは何度も最初のステップにフィードバックされます。

気づかないうちに、認知サイクルを1秒間に何度も経験するかもしれません。

 
普遍的な「原則」はISFPの4番目の認知ステップで、最も弱いものです。

様々な状況の数多くの詳細に焦点を合わせると、ズームアウトしてあらゆる状況に例外なく適用される普遍的なルールを見つけることは途方もなく感じるかもしれません。

原則を見つけようとする際、多くの状況には実際に当てはまらない単なる一般性以上の「原則」を見つけるのはとても難しいでしょう。

 
全てのタイプには弱点があります。

健全なIPは他タイプが決して尋ねようとは思わない詳細な質問を自然に深く掘り下げることができます。反対に、健全なIJは、これらの質問の中で最も複雑な問題に対しても、複雑で包括的な回答を提供できます。

EPは他タイプには無謀に見えるスピードと確実性を持って人々の核心を正しく認識し、EJはタスクの長いリストを正確に実行しますが、それは他タイプは開始するのにさえ苦労するものです。

  
すべての認知ステップでより信頼性が高く、強くなるための最良の方法は、一番目のステップに集中することです。

最初のステップに注意を向けると、他のすべての認知ステップが自動的に、より鋭く、より強くなります。

 
状況の詳細を見て理解するという自身の強みにフォーカスしましょう。

それによって、普遍的な原則を理解するという弱点はより良くなるでしょう。

 
そして、試みた「原則」が欠陥のある単なる一般性であると判明した場合、それはISFPに作業するためのより多くのデータを与えるだけであることを覚えておいてください!

  
人生の各状況の詳細を調べることを享受しましょう。

そうすれば、心、魂、精神に関する啓発的な質問をより深く掘り下げることができるようになります。

ISFPの専門性

ISFPにとって、自身が愛する物事を大切に想い、経験し、保護することほど重要なことはないでしょう。

認知的には、詳細と状況(IP)のあるがまま(S)の意味(F)にフォーカスします。

これにより、理論上の人々、人類全体の人生にどのように適用されるかという観点からすべてを考えるようになります。

ISFPにとって最も重要なことは、物事の重要性を探求し、収集し、大切にし、それらをそのまま安全に保つことです。

 
これによりISFPは細部とその重要性を美しく理解し、すべてのタイプが追求する捉えどころのない人の幸福を深く理解することができます。

人生のささいなことを大切にすることは、ISFPの深い愛情の証であり、彼女らは人生に意味を与える物、記憶、状況を集めて保護しようと努めます。

 
ISFPはあらゆる瞬間の体験を探求し、あらゆる新しい冒険から最大の意味を引き出します。

IPタイプの質問者として、彼女らはそれぞれの瞬間がどのように重要であり、それぞれのオブジェクトが貴重であり、それぞれの状況が新しい意味を引き出すかを理解することに関心を持ちます。

意味の詳細の追求は、それぞれの経験とすべての私的な宝物へのあふれんばかりの没頭に役立ちます。

ISFPとして、自身の道に現れるかもしれないどんな状況、驚き、個人的な冒険にも真に没頭することができます。

 
これは、人生のささいなことを探求するということがISFPにとって容易であるという意味ではありません。

他の人と同じように、ISFPもそれに取り組む必要があります。

ISFPと他タイプの違いは、何よりもこのことを気にかけているということです。

彼女らは単に自身の世界を大切にすることを十分に気にかけているので、これに懸命になることをいとわないのです。

パラドキシタイプ

各タイプは、お互いに特別な関係を享受します。

反対の文字を持つタイプは特別でエキサイティングな関係を形成でき、最初と最後の文字が反対のタイプは、独特の友情と親密さを持ちます。

しかし、タイプ間の関係の中で最も重要なのはパラドキシタイプです。

  
パラドキシタイプは人が深く関わっている秘密の人物です。 それはその人の「本当の自分」ではなく、他者が滅多に見ることのない、隠された側面です。

親しい友人との関りの中で特に熱狂的または快適に感じているとき、パラドキシタイプは輝きを放ちます。

親しい友人は他者が決して知らない隠されているものを見ることができます。

反対に大きな苦痛の時には、パラドキシタイプを維持することができず、無秩序にその人から飛び出してしまうかもしれません。

 
しかし、パラドキシタイプに触れて育成するほど、自分のタイプの弱点を避けながら、自分のタイプの長所をより容易に習得することができます。

 
パラドキシタイプはN/Sを除くすべての文字が異なります。

ISFPのパラドキシタイプはESTJです。

 
あなたの内なるESTJを解き放つことを学びましょう!

率直かつ大胆に、効率的な精度で前進しましょう。

効率性から生まれる非常に貴重な重要性を見つけてください。

自身を使用して、周りのすべての人のための道を切り開き、他の人がそれぞれ自分の目標を達成できるようにしましょう。

強くて頼りになる人物になり、他者に効果的に物事を行う方法を示し、すべての愛する人の人生をレベルアップさせましょう。

 
内なるESTJをすべての行動で発揮させるほど、前例のない強さ、複雑さ、思いやり、真の幸福によって、ISFPとして自然に成長することができます。

Posted by melancoly