ユングのタイプ論・類型学

未分類

ユングは、スイスの心理学者であり、分析心理学と「Psychological Types」で最もよく知られています。

この本は、実践的な心理学の領域における20年間の研究の結果でした。

これは当時存在していた2つの主流理論、すなわちフロイトとアドラーの理論の妥協点を見つける試みでした。

ユングは、内向性と外向性の概念を導入した最初の人物であり、これら2つの原則の現代的な使用法は、彼の元の定義および意図から逸脱しています。

 
彼は、アドラーの理論が内向的である一方、フロイトの理論はその性質上外向的であると結論づけました。

彼の著書「Psychological Types」で、彼は2つの理論の間の妥協点を見つけようと試みただけでなく、自身の見解がどのようにフロイトとアドラーの見解と異なるかを定義しました。

予想どおりのものとは対照的に、ユングのパーソナリティタイプ(または類型)は、正確分析のための占星術のようなシステムではなく、人にラベルを付けるシステムではなく、人とパーソナリティタイプの理解を単純化するために発明されたものではありません。

代わりに、それは人の類型学の複雑さとその結果を実証するために発明されました。

 
ユングの類型は、下記2つに基づいています。

・2つのパーソナリティの方個性:外向性と内向性

・思考、感情、感覚、直観の4つの機能(または姿勢のモード)

 
4つの機能は、合理的(判断)機能と非合理的(知覚)機能と呼ばれるものに分かれています。

ユングによれば、思考と感情は合理的であり、感覚と直観は非合理的です。

 
ユングの「内向性」と「外向性」が意味するのかを理解することは重要です。

ユングは、内向性と外向性の両方を態度として見ました。

外向性は外界に焦点を当てている一方で、内向性は内界に焦点を当てています。

ユングの見解によれば、それ単独で外向性や内向性を示すことはできません。

 
明白になるためには、思考、感覚、直観、感情の4つの機能のいずれかと関連していなければなりません。

 
これは8つのバリエーションをもたらします。

外向的思考

内向的思考

外向的感覚

内向的感覚

外向的直観

内向的直観

外向的感情

内向的感情

 
状況に応じて、思考、感情、感覚、直観の4つの機能はすべて異なるときに使用されますが、通常、単一の「Dominant function(主要機能)」が優先されます。

この傾向は、生まれつきの場合もありますし、人生の中で発達することもあります。

あまり好ましくない機能 - 第4の機能 - は無意識に使用されます。

ユングはそれを「Inferior function(劣位機能)」と呼びました。

 
Inferior functionは常にあなたのdominant functionの逆です。

ユングによると、あなたのdominant functionはあなたの意識的な行動を表し、あなたのinferior functionはあなたの無意識または抑圧された行動を表します。

ユングのパーソナリティタイプの理論によれば、思考の反対は感情であり、感覚の反対は直観です。

あなたのdominant functionが思考の場合、あなたのauxiliary function(補助機能)は直観と感覚であり、あなたのinferior functionは感情です。

 
ユング派の心理学的なタイプの理論によると、あなたのdominant functionが思考であるならば、感情はスペクトルの反対側にあるので、auxiliary functionにはなり得ません。

同様に、dominant functionが感覚であれば、auxiliary functionは思考と感情であり、inferior functionは直観です。

同じ論理がパーソナリティ態度(外向性と内向性)に適用されます。

あなたの主要モードが外向的思考である場合、内向的感情は使用頻度が低く、意識の低いモードとなります。

 
一般的に、inferior functionを使用して操作することは困難ですが、これはinferior functionを開発して意識的なレベルに上げることができないというわけではありません。

スイスのユング派の心理学者であるMarie-Louise von Franzは、彼女の著書「Jung’s Typology」で下記のように書いています。

 

Inferior functionの領域では、生活の集中が非常に大きいので、dominant functionが磨耗し、もし人々がinferior functionに転じることに成功すれば、新たな人生の可能性を再発見するでしょう。
Inferior functionの領域にあるすべてのものは、刺激的、劇的、肯定的および否定的可能性に満ちています。
途方もない緊張があり、世界はinferior functionによって再発見されるでしょう。

 
Inferior functionを有効にすることは、副作用がないわけではありません。

第一に、あなたのinferior functionを強化することは、自動的にあなたのdominant functionの弱化を意味します。

第二に、ユングの理論によれば、inferior functionへ切り替えることは、恋に落ちることから盲目的な怒りへと変わるような、強い感情反応を引き起こす可能性があります。

 
Inferior functionを有効にしたい場合は、auxiliary functionを最初に実行するのに時間をかけるべきと認識する必要があります。

パーソナリティテスト

あなたはユングのパーソナリティテストがないことを聞いて失望するかもしれません。

彼は自身の心理的なタイプの商業的使用を予測できませんでしたが、彼は私たちにいくつかの警告を残しました。

 

医学界でさえ、私の治療方法は患者をこのシステムに合わせ、それに対応する “アドバイス”を与えるものだ、という意見があります。

私の類型学は、人々にラベルを貼る意味ではなく、経験的な素材の集積を整理する役割を果たしている、評論的な装置です。

それは人相学、人類学的なシステムではなく、典型的であることが示されている精神的なプロセスの組織化と範囲を定めることを扱う評論的な心理学です。

 
この引用から、ユングがパーソナリティテストのために自分のモデルの使用を承認することは非常にあり得ないことが分かります。

加えて彼は、より良い自己理解のために彼の理論を使用することはそれほど簡単ではないと警告しました。

 

一見してタイプを判別されることに疑いないかもしれないが、 必ずしもそうであるとは限りません。

原則として、証拠の注意深い観察と測量だけが確実な分類を可能とします。

しかし、単純で明確な「反対の態度と機能」の基本原則は、実際には、すべての個人がルールの例外であるため、実際には複雑であり、作成が難しいかもしれません。

 
有名なMBTIのパーソナリティテストはユングの類型学に基づいていますが、2つの理論の間にいくつかの重要な違いがあります。

さらに、双方の理論は、自身の主張を支持する監督された科学的研究の欠如のために批判されてます。

Posted by melancoly