内向型 vs. 外向型 適職とキャリア

内向型(introvert)は内向きで知られています。

ユングは彼女らを、内向に(「intro」)彼女らの注意を向ける(vert)傾向があると特徴づけました。

ユングによると、この内向きの焦点は、自己の性質を内省する内部集中的な興味の発展につながります。

対照的に、外向型(evxtrovert)は、彼女らの周りの世界を内省し、それと結びつける関係性を発展させ、彼女らの注意とエネルギーを外向きに向けることを好みます。

内向型は、自己知識の探求者として特徴付けられ、外向型は外的知識の探求者として特徴づけられます。

ユング自身が素早く指摘したように、これは鉄則ではありませんが、一般的なパーソナリティのパターンや傾向を語ります。

結局のところ、内気な内的者でさえも他の人たちとやりとりしなければならない時や、群居する外向型が自分の人生を内省するために休止しなければならない時があります。

ユングは内向型が何らかの形で外向型に変わる(あるいはその逆)という考えを拒否したようですが、彼は時間と成長がパーソナリティのバランスを生み出すと信じていました。

特に、生涯の初期段階では、内向型は外的世界を見るに内面を見なければならないと感じ、外向型はその逆になります。

しかし、時間が経つにつれて、各タイプは、徐々に焦点を合わせる方向に切り替わり、より自信が持てるようになるだろうと示唆しました。

この基本的な原則は、内向型や外向型の全体的な生活の軌道を理解するのに驚くほど役立ちますが、この記事では、主にそれらのキャリアへの影響に焦点を当てます。

内向型の適職とキャリアパス

内向的は、自分のキャリア・パスを見極めるためのロードマップの一種として、自己概念に頼っています。

「あなたがあなたであることをする」という言葉は、特徴的に内向型のアイデアです。

その結果、多くの内向型は、自分のキャリアや大学の専攻について大きな決定を下す前に、自分自身を深く理解するよう求められます。

彼女らは自分たちが世界に提供しなければならないものを発見できることを、自分自身で理解することによってのみ感じています。*1

行動のテンプレートとして自己を使用することにおいて、内向型は、外向型よりも独立した考えを持ち、世界を信頼するよりも自己を信じるとみることができます。

また、内向型は真正性(authenticity)という概念により関心を示す傾向があります。

彼女らにとって、これは、そうでなければならない外部の圧力の中でさえ、自分の好みや確信を確認し、掴んでいることを意味します。

彼女らは、追従や慣例のために「安売り」や「魂を売る」ことには注意しています。*2

残念なことに、私たちが内向型の「自己認識プロジェクト」と呼ぶものは、しばしば予想よりも完了に時間がかかります。

明らかに自己を定義し、明確なキャリアパスを策定することは、時には「動くターゲットの射撃」のように感じる場合があるでしょう。

これは、内向型が確実に準備ができていると感じる前に、特定の仕事を選択したり就くことを最終的に強制されているように感じさせ、不満を生じさせます。

彼女らは、一方では「day work(9時から17時の仕事)」と他方では「本当の情熱」からなる一種の分割された人生を経験します。

このシナリオは非常に一般的で、しばしばやむを得ないことですが、これは内的な(真正の)自己を正確に外側に反映させたいと望む内向者にとってはまだ満足できるものではありません。

外部からの承認がなければ、内向的な自己と外向的な自己の調和が不十分なため、内向型が不完全に感じることがあります。

内向型が内的な自己や個人的な才能を十分に体現していることを見いだすためには、おそらく数十年かかることがあるので、最終的にそれを達成した人はショックや方向性の喪失を感じるかもしれません。

自己発見と自己表現のためのレンズとして何年もの執筆の後に満足点に達したいくつかの内向型の作家をがいます。

彼女らは探求しなければならないものを探求し、彼女らが言いたいことを言いました。

あるレベルで満足しながら、最終的に自己改革の必要性を生み出しました。

とりわけ、内向型の改革の過程には、仕事の中でのマーケティングや他の人とのつながりなどに時間を割くなど、外向的な活動へのより大きな自由が含まれる可能性があります。

彼女らは人生の前半に自分の興味を追い求め発展させることで消費されることがあるので、多くの人は財政的または社会的報酬をうまく享受できません。

だから、一部の人にとっては、自分の仕事を促進することに重点を置くことは、天秤のバランスを取り、自身が十分に承認され、自身の努力に対する補償を確かとする、自然な方法のように思えます。

とはいうものの、内向型にとって、内向型の馬の前に外向型のカートを置くことは簡単でも、望ましくもありません。

しかし不公平でも、外向型が素早いな成功を楽しむように見えるかもしれませんが、内向型の真正性のための内的な必要性は、いつかは彼女らが正当に報いられることを望んで、彼女ら自身の遅いコースでそれらを保つ傾向があります。

外向型の適職とキャリアパス

内向型が見通しと自己のキャリアパスの青写真として自己を使用している一方、外向型はインスピレーションと方向性の世界を見ます。

彼女らは当然、他の人がやっていることにぴったり合ったり、歩調を合わせたりすることにより関心があります。

したがって、真正性は、外向型にとって、内向型とは全く異なる意味を持つ可能性があります。

すなわち、外向型の真正性とは、一貫して外界と関わりを持ち、それに反応することです。*3

私たちは、外向型は外的事柄で「自分自身を失う」ときが最も幸せだとさえ言うかもしれません。

外向型の外部焦点は、しばしば素早いキャリアの「成功」を達成するために有益であることがわかります。

これが成功する理由の1つは、通常、外向型の言葉で定義されます。

つまり、成功と外向化の両方が外部の成長と拡大を伴うと考えられています。

つまり、より多くのお金、名声、地位、機会などです。

これらのことは、自己認識や深い理解など、内向型の強みとはほとんど関係がありません。

確かに、自己認識は自己意識に貢献していると主張することもでき、それは世界的な成功を実現可能にする可能性があります。

外向型が成功を収めているように見える楽な方法は、内向型には全く怒りを覚えさせる場合があります。

「市場が価値を決定する」、あるいは「人々が望むものを提供している」と主張することによって、外向型は反論する可能性があります。

言い換えれば、内向型と外向型は、真の価値を構成するものに同意しません。

価値観は、深さ、ニュアンス、複雑さ(内向型の価値観)、または幅、アクセシビリティ、人気アピール(外向型の価値観)によって表されているでしょうか?*4,5

真実は、内向型は、密に外向型の人気を羨ましく思っている一方で、多くの点で深さが幅を排除していることも見逃しているということです。

これが当てはまらない場合、私たち全員はすべての専門家になることができます。

一方で、外向型は、内向型の深さ、自己意識、独立性を秘に羨むかもしれません。

結局のところ、これらの特性は、生涯の後半に向かうにつれて(たとえ無意識にでも)求めるものです。

世界的な成功の必要性を満たしていれば、外向型は内面を覗いてみることで、まったく新しい豊かな世界が開拓されることを発見することができます。

*1
正確さのために、自己認識の獲得に最も関心を持つIN特性タイプ(すなわち、INTJ、INFJ、INTP、INFP)が典型的です。

ISタイプは、根本的なアイデアや洞察(N)が完全に理解または解明される前に行動する傾向があり(S)外向型に似ている場合があります。

したがって、INタイプとESタイプのを比較すると、この記事の観察が最も明白になるでしょう。

*2
より具体的には、各タイプは下記の通り信頼します。

ISTPとINTP:それぞれ独自のロジック、戦略、および方法(Ti)

ISFPとINFP:個人的な好み、感情、道徳的感情(Fi)

ISFJとISTJ:個人的なルーチンと大切な伝統(Si)

INFJとINTJ:印象と洞察力(Ni)

すべての内向型のうち、ISJはおそらく、歴史的または文化的伝統と権威に依存しているため、少なくとも独立した考え方ではありません。

*3
より具体的には下記の通りです。

ESTPとESFP:新しい感覚と経験(Se)

ESFJとENFJ:関係性や評判(Fe)

ENFPとENTP:循環理論とアイデア(Ne)

ESTJとENTJ:客観的な標準と方法 (Te)

*4
ここには政治的意味が見えます。

すなわち、民主主義が「大多数の支配」アプローチを伴う場合、それは外向的政治制度として特徴付けられなければなりません。

内向きの理想は、プラトンの「賢明な王」(IJ)の考え方と、さまざまなアナキスト(無政府主義者)の考え方(IP)によってうまく具現化されています。

*5
これはまた、内向型がどのようにして自分の声を聞くことができるかに関して重要な疑問を引き起こします。

例えば、検索エンジンが、最も人気のあるウェブサイトの検索結果を返す場合、それは外向的偏向を使用しています。

しかし、他に、人気のほかに、検索エンジンが価値を測定することができるでしょうか?

1つの方法は、特定の組織(ワシントンポストなど)が、価値の高い出版能力を長期にわたって確立した後に、「専門家」または「権威」と見なすことです。

しかし、これらの権威は大部分が外向的流通経路を通じて確立されているので、これはまだ、ある意味では、外向的な方法です。

したがって、孤独な内向型アーティストまたはフリーランサーは、彼女らにとって質の高い仕事が最終的に発見されるか、仕事を促進するのに十分な外向的力を持つ認知された権威と彼女ら自身を同調させることができること、を祈る以外に選択肢がほとんどないように見えます。

どちらの選択肢にも問題があります。

前者は、内向型が知られたり発見されたりしないというリスクがありますが、後者は、主流(急進的でなく)権限としてその位置を維持するために過度に「揺れているボート」を避けようとする機関に「その人の魂を売る」という、特定の基準を必要とします。

内向的な人があまりにも深くなったり、あまりにも神秘的になるとすぐに、彼女の人気さは、典型的には崩壊します。(深さと幅の逆の関係)

未分類

Posted by melancoly