16タイプ:自己受容

16タイプ, 未分類

特定のタイプが他のタイプよりも自己受容的であるかどうか疑問に思ったことはありますか?

どのタイプが自己受容的であるかを知ることができるの?

J.W. Fleenorによるケーススタディの記録があります。

これは「The Relationship Between the MBTI and Measures of Personality and Performance in Management Groups」の書籍に掲載されています。

これらの研究の結果は、MBTIマニュアル第3版に記録されています。

高い自己受容性とは何なの?

自己受容性が高いと、自己を過大評価し、自己を才能あり、魅力的で、おしゃべりと見なします

低い自己受容性とは何なの?

自己受容性が低いと、自己疑念を持ち、自己を咎め、他者がより良いと考えます

ISTJ

ISTJは、自己受容性が高いとも低いとも評価されませんでした。

彼女らは現実的で、冷静で、合理的なタイプとして知られています。

この理由から、彼女らは自分自身を過大評価したり過小評価したりすることはありません。

 
反面、ISTJは自らの意見と論理に自信を持っていることで知られています。

彼女らは、データと事実を分析して、自身の主張が有効で論理的であることを確認するのに多くの時間を費やします。

これにより、必要なときに自身を非常に自信を持ち、積極的であると見せることができます。

ISFJ

ISFJは、自己受容性が低いと評価されています。

ISFJは慎重で注意深いことで知られており、時には自己疑念に陥る可能性があります。

ISFJはまた非常に実践的で、現実的であり、従って自己の非常に理想的なイメージを持たないかもしれません。

外向的感情タイプとして、ISFJは、双方の利益になる妥協案に到達しようとしている場合や、全員のニーズに最も適した解決策を提供しようとしている場合、他者に屈するように見えるかもしれません。

 
いくつかのケースでは、ISFJは、他人をケアしようとするときに、自身のニーズを後回しにする可能性があります。

しかし、彼女らが人生を通して成長し、発達するにつれて、しばしば自身の要求をより深く考えるようになります。

ESTJ

ESTJは、自己受容性が高いと評価されています。

これは実際に科学的なレベルでは理にかなっています。

神経科学の専門家Nardi氏によると、ESTJはfp1と名付けられた新皮質領域に大きく依存しています。

この領域は、他人からの否定的なフィードバックを含む望ましくない情報を除外します。

Nardi氏は、「ESTJは否定的なことを拒絶し、間違いを指摘する」と述べています。

 
ESTJは外向的タイプとして、いくつかのタイプ、特に内向的タイプよりもおしゃべりな傾向があります。

彼女らは「声に出して考える」傾向があり、外的に判断を処理する傾向があります。

話をすることは自己受容の兆候であると考えられていたので、彼女らはこの項目でより高い得点を持つことになりました。

 
ESTJは通常、自分自身を非常に確信しており、迅速な意思決定を行うことができます。

客観的な事実や論理に直面していない限り、彼女らは簡単に他人に屈するタイプではありません。

信頼性と強力なリーダーシップ能力は、すべてこれらのタイプに共通しています。

ESFJ

ESFJは、自己受容性が高いとも低いとも評価されませんでした。

実用的で現実的なタイプとして、彼女らはおそらく、自分自身を多大評価や過小評価する可能性は低いです。

彼女らの価値観や信念については、通常は非常に自信があり、信じています。

 
彼女らはまたおしゃべりであり、それは自己受容の特性と考えられているので、これは彼女らが得点が低い理由かもしれません。

MBTIマニュアルによると、ESFJは「自分自身を普通の人と見なす」という点で高いスコアを得ているため、比較的平均的な自己受容性を持っている可能性があります。

ISTP

ISTPは、自己受容性が低いと評価されています。

彼女らは特におしゃべりではありません、これは自己受容の特性と考えられているため、彼女らは自己受容性の得点が低いことの理由になっています。

彼女らはまた、自分自身について非常に現実的な見方をする傾向があり、他の誰よりも優れていると思うのではなく、一般的な人々の民主的見解を維持する傾向があります。

 
MBTIマニュアルによると、ストレスに対処するために社会的対処資源(social coping resource)を使用するという項目で、ISTPが16タイプの中で最もスコアが低いです。

彼女らはまた、主張性の項目で最もスコアが低い4タイプの1つです。

これらすべてが、自己受容性のランクが低い理由である可能性があります。

人には違いがあることを覚えておくことは常に重要です。

この分析は、すべてのISTPが自己受容性が低いことを意味するわけではありません。

ISFP

ISFPは、自己受容性が低いと評価されています。

ISFPはしばしば控えめなタイプであるため、自己を「才能ある者として見る」または「自分自身を魅力的な者として見る」ことに対して特に高いスコアを得ないことは理にかなっています。

ISFPは、通常、あらゆるタイプの人々を非常に受け入れており、誰かが他の誰かより優れていたり、価値があるという見解を採用することはめったにありません。

 
彼女らは自身にとって何が重要で、自身の価値観が何であるかを判断する際に、自己疑念に苦慮する可能性があります。

彼女らはまた、争いを避けようとすると、「簡単に屈する」(低い自己受容の兆候の1つ)ように見えることがあります。

とはいうものの、彼女らの核心価値の1つが侵された場合、信念や主義を守るために非常に熱心で情熱的なものになる可能性があります。

ESTP

ESTPは、自己受容性が高いと評価されています。

これは、ESTPが自信があり、主張的だということで知られているので、実際には驚きではありません。

彼女らは自分自身を信じる傾向があり、間違いを犯したときに自分自身を見下したりすることはほとんどありません。

彼女らは通常、自分自身の元気を回復させ、立ち止まりません。

 
自己受容の低い徴候(自己疑念、他人がより良いと考える、容易に屈すること)は、ESTPタイプの非常にまれな形質です。

彼女らは通常自分自身と世界での自身の場所について非常に確信しており、多くの場合、彼女らは他者のニーズを満たすように努力するかもしれませんが、通常、彼女らは 健全な自尊心を持っています。

ESFP

ESFPは、自己受容性が高いとも低いとも評価されませんでした。

これらの冷静な現実主義者は、通常、自身の理想化された像を持っていませんが、特に自身の低い像を持つ可能性は低いです。

彼女らは行動に焦点を当て、周りの世界と関わり、そして自分自身を疑います。

 
彼女らは通常、社交的で自信があり、他人や自分自身の立場を認識しています。

彼女らは通常、自己疑念を起こす傾向がありません。

これらすべてのことが、自己受容性において低くも高くもないことの理由です。

INTJ

意外なことに、INTJは、自己受容性が平均よりも低いと評価されています。

自己受容性の高いレベルに関連している形質には、「自己をよく見て、自己を才能あるものと見なし、自分を個人的に魅力的で、賢いものと見なす」などが含まれていました。

控え目な内向的タイプとして、INTJが特におしゃべりでないことは間違いありません。

 
実際に、内向的タイプは自己受容性に関して高い得点はなかったので、そこにはおそらく相関があります。

INTJは、彼女らの視点とその論理に非常に自信を持つことができますが、内向的直観タイプとして、非常に多くの視点や角度から物事を見て、自身の疑問や不確実性を感じるかもしれません。

INTJは、人口の約2%しか占めていない、まれなタイプなので、私たちの社会では非常に誤解されているものもあります。

多くのINTJは他人に受け入れられることに苦労するかもしれず、その結果、自身を受け入れることができないかもしれません。

INFJ

INFJは、自己受容性が低いと評価されました。

高い自己受容性の徴候は、「自己を過大評価し、自己を才能があり、魅力的だとみなす」ことを含みます。

INFJは静かな傾向にあり、これは評価に影響を与える可能性があります。

しかし、人々は静かで同時に自己受容的である可能性もあるので、上記の考えにすべて同意できません。

 
INFJは、多くの異なる視点や見通しからすべてを見ているので、しばしば自己疑念に苦しんでいます。

彼女らは自身が、なぜ物事について直感的な「飛躍」をするかについて苦慮するかもしれません。

彼女らが自分の意見を述べる前に、不確かな時間を持つのは普通です。

直観は、より容易に事実として受け入れることができる客観的論理のようなものではなく、したがって、内向的直観タイプは、自分の直感や洞察に懐疑的な態度で対峙するのが一般的です。

 
「自己疑念」は低い自己受容性の徴候と考えられていたため、この点でINFJは低い水準になったのかもしれません。

まれなタイプとして、INFJはまた、周りの人と違うことに苦慮します。

パーソナリティタイプの知識を通じ、多くのINFJは、より多くの受け入れ、理解、そして自分自身の確信を感じることに進むことができます。

ENTJ

ENTJは、自己受容性につき最も高いスコアを得たタイプの一つです。

これらのタイプが自信を持ち、決定的であると知られているので、驚くことではありません。

彼女らは多くのタイプよりも自己疑念を抱える可能性が低く、確かに簡単に屈するタイプではありません。

彼女らは挑戦、活発な議論、あるいは自身の決意と知的才能をテストするものを楽しみます。

成果はENTJにとっても重要な傾向にあり、「自己を才能あるものと見なす」ことと相関する可能性があります。

結局のところ、ENTJは収入の多いタイプの一つです。

 
ENTJの自己受容性が高い科学的理由もあるかもしれません。

神経科学の専門家Nardi氏によると、ENTJは(ESTJとともに)、fp1と名付けられた新皮質領域に大きく依存しています。

この領域は、他人からの否定的なフィードバックを含む望ましくない情報を除外します。

ナルディ氏は、「ENTJは否定的なことを拒絶し、間違いを指摘する」と述べています。

ENFJ

ENFJは、自己受容性が高いと評価されています。

これらの精神的な(inspirational)タイプは、しばしば価値観や主義に密接に関わっており、通常、人にとって何が最善で

あるかというビジョンには非常に自信があります。

 
彼女らはまた、よりおしゃべりなタイプの1つであり、これは自己受容性の特徴と見なされるので、これがENFJが高いスコアを得たもう一つの理由かもしれません。

ENFJはまた、他の多くのタイプよりも、自信を持っており、能力を感じるのに役立つかもしれない、「自信があり、口頭で流暢で多才」という項目高い評価を得ています。

INTP

INTPは、自己受容性が低いと評価されています。

おしゃべりであることは自己受容性の特性と考えられているので、低いという評価は驚きではありません。

INTPは特におしゃべりではなく、多くのことを、真実ではないと認識しているため、自己疑念の瞬間があります。

 
INTPは、ISTPとともに、MBTIマニュアルによると対処資源の平均レベルが最も低いと評価されています。

本質的な懐疑主義者として、彼女らは改善することができるより多くの方法を常に見る代わりに、肯定的な自己イメージに定着するのが遅いかもしれません。

いつものように、人はそれぞれです。

この統計は、すべてのINTPの自己受容性が低いことを意味するものではありません。

INFP

INFPは、自己受容性が低いと評価されています。

彼女らは控えめであることで知られているので、これはなぜ彼女らが低いランクを得たのかの大きな部分を占める可能性があります。

内向的タイプとして、INFPは静かな傾向があり、内向的感情タイプとして、彼女らは特にステータスや外見に関心を持つわけではないので、自身が「個人的に魅力的」であるかどうか本当に気にしないかもしれません。

 
彼女らはまた、さまざまな角度や視点から物事を見る傾向があり、自己疑念と不確実性に苦慮します。

彼女らはまた、中心的価値観に関連しない限り、争いを回避する傾向があり、これにより、「容易に屈する」ように見える場合があります。

とはいうものの、ほとんどのINFPは、中心的価値観や個人的な考え方になると、簡単に屈するタイプではありません。

これらの事のために、彼女らは非常に情熱的で自信を持つようになります。

ENTP

ENTPは、自己受容性が高いと評価されています。

ENTPは自信を持っていることで知られているので、これは驚きではありません。

彼女らは通常、挑戦的で革新的なやり方で物事を試してみることに誇りと自信を持っています。

 
彼女らは絶え間ない自己疑念に苦慮することなく、他人と議論することができる活発な討論者です。

屈すること、自分自身を疑うこと、および躊躇することは、社会的レベルでこのタイプに一般には適用されない特性です。

自身では、アイデアを巡らせ、さまざまな角度から物事を見て、不確実性を感じることがあります。

しかし、ほとんどの場合、自信を持って自身の考えを探求したいと考えています。

ENFP

ENFPは、自己受容性が高いと評価されています。

これらの活気づけ(inspiring)、動機づける(motivational)タイプは、しばしば肯定的な方法で状況や自分自身を見ることができます。

彼女らは確かに自己疑念の瞬間を持っていますが、彼女らはいつもどんな状況に対しても新しい可能性と肯定的な視点を見て、自信と熱意で人生を進めています。

 
外向的タイプとして、彼女らは内向的タイプよりもおしゃべりな傾向があり、これは自己受容性で高い得点を挙げたすべてのタイプが外向的タイプである理由を説明するかもしれません。

彼女らは通常、非常に独立した、自由奔放なタイプで、自身の才能を見たり受け入れたりする能力は、人生において大きく役立ちます。

参考

自己受容の本当の意味とは

Posted by melancoly