SJ vs. NP

内向的感覚, 外向的直観

xSxJは「不安定さ」「変化」をあまり好みません。

しかし、xNxPはこれらを好みます。

SJは人生の変化を天から強いられた大きな危険に感じる一方、NPは縛られていないことから生じる可能性を見出します。

NPは物事に対して自由な決定を持つことによってさえエネルギーを得ることができます。

 
SJとNPには、それぞれ特別な誠実さを持ちます。

SJが生きるために呼吸をします。(安定して現実を生きます)

NPは、他者が自分のために何かを遂行することを期待または拒否しているように見えます。(他者が自分のために行動することに関心があります)

 
SJには現実性と安定性が必要であり、許される場合他者にこれを与えます。

NPはこれに対する「必要性」をある程度感じるかもしれませんが、これに基づいて人生を計画しません。

 
NPは周囲の環境で何が起こるかに関係なく、探索/学習/創造するために存在します。

SJもこれをある程度望みますが、優先事項ではありません。

 
両者がSiとNeを使用するため、それぞれはどちらの機能が最も価値があるかを理解するのに苦慮するでしょう。

SJとNPの主な違いは、「感覚の領域」と「精神的な領域」で何を優先すべきかについての認識です。

SJの秘密

SJは、熟考したり「楽しい」ことに集中する前に、環境を整理する必要があります。

多くの場合、前段階で環境を制御し、後段階で物事を自由に考えることができるようにします。

感覚を集中できる状態にする必要があります。

そうしないと、彼女らの心は他の事で気が散り、現実に集中することができなくなります。

環境の整理には、多くの場合、明らかな混乱の除去、請求書の支払い、用事の完了が含まれます。

 
SJは、自身のスペースに落ち着く前に、必要なすべてを完了する必要があると感じます。

一旦落ち着くと、物語を書いたり、毎日が自身にもたらす可能性について考えたりして、喜んでNeを使用できるようになります。

一般的には、必要なタスクを終えた後にのみ、この創造的な考え方が許可されます。

これはTo-Doリストを完了させてからインターネットを始め、無限のアイデアを探索するのとよく似ています。

 
SJは、現実的なニーズにのみ関心があるわけではありません。

しかしSJは、船を浮かせておくには、沈まないようにする必要があることを知っています。

彼女らは感覚の維持に焦点を当てています。

これは多くの場合、SJが、後にNeによって快適に過ごせるように、「その日の退屈な部分」を最初に完了させることを意味します。

 
SJは、自身が1日の中で何をしたいのかを十分に認識しており、それを行います。

これは、彼女らが他者とどのように相互作用するかに当てはまります。

多くのSJは、「自分の言葉を守る」という概念に固執しています。

 
SJが何か(例えば友人を助けること)が必要であると判断した場合、それを放棄することはありません。

特に他者が含まれている場合はそうです。

 
感覚的要求は彼女らにとって極めて重要です。

NPの秘密

SJとは対照的に、NPはNeに重点を置き、自身の空想を刺激した考え方を調査します。

Neユーザーは、少なくとも理論的には、ルーチンを維持することが重要であることを認めています。

しかしNPにとって、人生の魅力は熟考です。

 
自由に考えるために、きれいな家、きちんと支払われる請求書は必要ありません。

食材を使い果たしたり、重要なアイテムがなくなるまで、買い物をしなくても気になりません。

 
ただし、NPは常に空想に浸り現実を見ていないわけではありません。

多くのNPはきれいな家を持ち、請求書の支払いなどを心配しています。

NPは、感覚環境よりも精神的能力の状態を優先するだけです。

 
彼女らにとって最も重要なものは、精神的刺激です。

熟考する心に影響を与えるほどでなければ、感覚的要求を気にしません。

したがって、彼女らは長時間外的環境の維持がなくとも問題ありません。

SJの場合、事前に環境に対処しなければ、世界は消えてしまします。

NeよりもSiを評価すること

あるISFJ

私は最近、アメリカ中を移り住みました。

楽しかった。

移動とそれに伴うこと – 住所の切り替え、ナンバープレートの切り替え、保険の切り替えなど – 以外にほとんど集中できませんでした。

これはかなりの変化であり、これはSiの性質が避けるものとして知られていますが、私は詳細を追跡し、リストを作成し、少し泣き、生きるために必要なことをしました。

 
新しい家に入った瞬間、開梱を始め、タスクが終わるまで止まりませんでした。

そのときの考えは、「私の物はここにはなく、ここにそれを必要としている」というものでした。

物事を解決する必要がありました。

食器棚のポットとバスルームのトイレットペーパー。

必要だと思っていたことがすべて達成されると、やっと安心感が氾濫しました。

 
Siは「ホメオスタシス(恒常性維持)」に関連付けられます。

ホメオスタシスは、私の基本的な関心事です。

それは物事を「あるべき」ようにし、順調な状態にすることです。

私は快適さを求め、快適であるためには、指定された場所に物を置き、順調さを維持することが必要でした。

 
これを、2か月前に新しい場所に引っ越してきて、まだすべてを開梱していないNPの友人と比べて下さい。

彼女の部屋には段ボールが高く積み上げられていました。

私はそれを見て、彼女がこれをどうとも思っていないのか疑問に思いました。

 
まだ完全に開梱されていない理由を尋ねると、彼女は「重要ではなかった」「後で開梱する」と答えました。

「それはいつ?」

「1年後かな?」 彼女は笑いました。

 
もちろん、誠実性のレンズを通して、SiユーザーとNeユーザーを区別する他の方法があります。

通常、Siユーザーが誰かと約束をするとき、彼女らはそれを守り、それを法律として扱います。

彼女らは計画された物事を堅実に保持するため、(正当な理由なく)合意された行事に他者が出席しなかった場合、全面的に攻撃的になります。

彼女らは表面上穏やかに見えるかもしれませんが、内面はそうではありません。

 
SJは、一度学んだ自身の能力と快適さのレベルを理解しており、このようにして自身の能力についてオープンです。

これは確かな強みです。

 
一方、Neユーザーはフローに関心があります。

彼女らは、正確な時間、正確な日付にあまり縛られていません。

彼女らは、計画が変わるものという認識を持っています。

彼女らの予定はほぼ常に暫定的であり、予定時間の1分前でも変更する可能性があります。

 
きっちり計画された会議はNPを苛立たせます。

なぜ時間のように変わりやすいものにそんなに執着するの?

NPは「スケジュールを変更しよう」、「物事は起こるときに起こる」、「それは次にするよ」などが口癖です。

私たちはお互いを必要とする

制約なしに自由に動き回るNPの能力は羨ましいものです。

NPは、締め切りや、自身の恒常性を損なうことをそれほど気にしません。

 
NPは、SJが自然に焦点を合わせていることに焦点を合わせていません。

SJはNPのこの性質を認識すると、立ち止まって考えることができます。

SJは自身に課すどんな義務の範囲外の事をも考えられるようになります。

 
SJはときにNPに苛立たつでしょう。

しかし、性質が異なったとしても、SJはNPを高く評価するかもしれません。

 
SJとNPは、自身の機能のバランスを取るために、互いを必要としています。

一般的に、SJは日常生活において安定しています。

彼女らは自身が達成すべき目的を持っており、それに合わせた行動をします。

彼女らは、求められたときにそれに応じることが自身の義務であると考えます。

 
反対に、NPは多くの場合可能性に開かれています。

彼女らは現実に対する維持を緩やかなままにし、他者には見えない選択肢を策定します。

 
SJは、現実の維持よりも人生にもっと多くのものがあること理解するためにNPが必要です。

NPは、気付いていない現実維持の重要性の理解のためにSJを必要とします。

Posted by melancoly