ETP/ITPタイプの外向的感情 byCJ

外向的感情

ESTPとENTPがFeを使う方法

Tertiary functionにFeを有するタイプは、dominantまたはauxiliary functionにFeを有するタイプほど調和を重視するものではありません。

しかし、Feは彼女らが人生を通してどのように進むかに大きな影響を与えます。

ESTPとENTPは、しばしばFeを使用して関連性を確立し、人々を安心させるために一定の猶予と良心をもって社会的環境を移動します。

ESTPがFeを使う方法

ESTPはMBTIの世界では 「The Doers(実行者)」です。

彼女らは、活発で速いペースで活躍する、楽しく活発で魅力的な人々です。

彼女らは現時点を生き、あらゆる機会を最大限に生かす楽観主義者です。

 
Feのこととなると、ESTPはそれを使って社会的環境をナビゲート(航行)し、他の人との関連性を形成します。

彼女らは通常、他の人と調和し合い、交流を素早く確立することができます。

 
彼女らのFeはあまり発達していないので、ESTPは感情や情調に関する深い議論に入りたくないし、自分の感情や情調をとても話したくないのです。

社会的には機転が利き、親しみやすいように見えます、しかし1対1では感情を隠したり無視したりして、とても感情的な会話には疲れてしまします。

ENTPがFeを使う方法

ENTPは理論と可能性を議論し、世界を改善する創造的な方法を見つけることを愛する明るく革新的なタイプです。

彼女らは洞察力があり、論理的で、他の人とアイデアを話すことを楽しみます。

 
ENTPはFeを使って他の人の動機を見分けます。

彼女らは何が言われたのかに焦点を当てるのではなく、どのように言われているのかに焦点を当てます。

彼女らは自身の環境で良い気持ちと調和を育むためにFeを使いたいと思っています。

しかし不調和は、より多くのFe-dominantにとってほど厄介ではありません。

 
ENTPはFeを使って社会的状況を円滑にナビゲート(航行)し、より深いレベルで人々とつながります。

彼女らは通常、他の人の感情を比較的よく認識することができ、会話の気分を変えて安楽にすることができます。

 
彼女らのFeはあまり発達していないので、ENTPは非常に感情的に豊かな会話を嫌う傾向があります。

彼女らは自身の感情を議論する可能性は高くなく、単にそれらを無視することもあり、結果的に他人への怒りにつながる可能性があります。

彼女らは、自分の家族や関係性に対して正直で真正であることに注意にしなければならないので、自身が抑えた感情に対して苦痛を抱き続けるでしょう。

ISTPとINTPがFiを使う方法

ISTPとINTPは他のどのタイプよりもFeに焦点を当てていません。

彼女らは、それを全くコントロールできない、邪魔になる「子ども」と考える傾向があります。

彼女らはしばしば感情をいくらか混乱させ、無用に見て、人生の論理的側面に集中する傾向があります。

彼女らが50代と60代に入ると、Feをより良く開発し、それを使用して他人の気持ちを理解するのに熟練します。

ISTPがFeを使う方法

ISTPはFeを経験豊富な方法で経験するよりも、「バックグラウンドノイズ」として経験します。

 
彼女らは物事が調和し、他の人と仲良くなることを好みます。

彼女らはまた、公平と敬意をもって全員を扱う意識と欲求を持っています。

 
彼女らは通常、比較的スムーズに社会的状況をナビゲート(航行)することができ、他の人に軽く心を開示することができ、しばしば職場の冗談を楽しんで積極的な雰囲気を作り出します。

この社会的意識は、彼女らが外側の「クール」な態度を維持するのに役立ち、社会的にはあまり面倒ではない傾向があります。

 
しかし、ISTPは特にFeの使用を楽しんでいません。

彼女らはそれを邪魔なものと見て、通常何らかの方法でそれを抑圧したいと思っています。

彼女らは自身の感情や情調を表現することを本当に楽しむことはなく、しばしばそれらとの接触がほとんどありません。

このため、彼女らは他人の感情や気持ちを理解したり洞察を深めたりすることに困難します。

 
ISTPが慢性的なストレスを経験すると、Feの「grip(掌中)」に陥り、独特の感情および/または制御不能になる可能性があります。

これは感情を体験する方法なので、感情を嫌う傾向があり、なぜ他人が感情的領域を掘り下げたいのかを想像できません。

彼女らの感情は非合理的なので、すべての感情は非合理的であると想定する可能性があります。

ISTPは論理的にも戦術的にも高度に進歩していますが、感情的知性にはほとんど価値を置いていません。

INTPのFiの使い方

INTPはISTPと非常によく似た方法でFeを体験します。

彼女らは環境に調和を保ち、紛争や対立を嫌います。

 
彼女らは、他の人々が公平と敬意を持って扱われるようにしたいと思っています。

しかし、Feはよく理解できないものであるため、状況に適した感情を簡単に引き出すことができないと分かっており、社会的状況で利用することをしばしば恐れています。

 
彼女らは論理とアイデアの世界でははるかに快適であり、感情的な話題や感情を話したりすることから離れるかもしれません。

彼女らのFeはinferior functionであるため、INTPは他の人の感情や気分を認識するのに苦労するかもしれませんし、感情的に満たされた環境にいることを嫌うかもしれません。

彼女らは自分の気持ちや感情にはほとんど気づいていないので、気分がどのように感じられるか尋ねられることは、彼女らにとってはイライラする場合があります。

 
INTPが慢性的なストレスを経験する場合、彼女らはFeの「grip(掌中)」に陥り、異常に感情的になり、制御不能になる可能性があります。

これが感情を体験する彼女らの方法なので、他の人が感情を高く評価する理由を理解することはできません。

それは彼女らのコントロールできないものなので、どんな形の感情も「コントロールできない」と感じます。

彼女らはしばしば高度に知的で革新的な思想家ですが、通常感情にほとんど価値を置きません。

Posted by melancoly