TPタイプ:人間関係・相性

INTP、ENTP、ISTP、およびESTPは、彼女らの人間関係において共通の課題を抱えています。

これらの課題の多くは、感情機能である外向的感情(Fe)が機能スタック内の下位に存在し、したがってより無意識的で、未熟であるという事実に関連しています。

InferiorとしてのFeの1つの効果は、理想的な愛を想像する傾向です。

FeはTPのタイプ発達の目標または終点の一種であるため、理想的な愛を夢見ることで、一過性の至福または完全性への「近道」を提供することができます。

これらの感情をさらに深めるために、TPはミュージカルバラードやロマンチックな映画へ向かい、おとぎ話のような愛の理想を強化します。

Inferior Feは一方では非常に理想主義的ですが、それはまた他者との関係性に対して十分な疑念と冷笑主義を生み出す場合があります。

十分な出会い体験をしているTPは、どれほど課題がある関係性であるかを理解するようになり、深い意味のある関係を維持するために必要なことを自分自身(または将来のパートナー)が持っているかを疑うこともあります。

TP、特にITPは、Feとの愛憎関係を両立させる傾向があるため、それらの関係に対して同じ双極性(すなわち、理想主義 vs. 虚無主義)を示すことが多いです。

多くの点で、TPを個別化する能力と、健全で有意義な関係を築く能力は、同じ路に沿って行われます。

ENTPとINTPの人間関係では、関係性への疑いに寄与するのはFeだけでなく、彼女らのNeの想像力もです。

他のことと同様に、Neは関係性が潜在的に失敗する可能性がある多数の方法を想像することに熟練しています。

 
NTPは、恋人が自身を管理したり、過度の要求をしたりする前に、ただ時間の問題であると心配するかもしれません。

特に、INTPは、自らの大切な自立と自律を妥協することを恐れるかもしれません。

残念ながら、彼女らのFe、Ne、Tiは恐怖と心配の完璧なブレインストーミングに寄与しているかもしれませんが、NTPは仮説を現実にテストすることにしばしば躊躇します。

つまり、彼女らはそれが十分事実に基づいているかどうかを判断するために、自身の恐れと懸念を相手に表明することができないかもしれません。

しかし、なぜこれが事実なのでしょう?

TPはなぜ自身の恐れや懸念を相手に伝えたくないのでしょう?

TPが人間関係においてコミュニケーションに失敗する理由

TPが人間関係で自分の考えを伝えることができない理由の1つは、相手の気持ちを傷つけるかもしれないという懸念です。

思考タイプとしての彼女らの地位を考えれば、TPが他人の感情を傷つけることに過度に懸念を抱いているのは少し奇妙に思えるかもしれません。

しかし、目に見えるよりも、実際にはより起こっていることがあるかもしれません。

実際には、TPは相手の気持ちを心配するよりも、自身が感情的状況をナビゲートすることに不快感を感じることを心配しているかもしれません。

彼女らの本当の恐怖は、感情的に敏感な状況を効果的に処理するためには不十分であると感じることを含むかもしれません。

多くのTPは感情的な問題に対処するために子供のように感じ、行動します。

再び、これは彼女らのInferior Feの発達に起因する可能性があります。

 
TPが人間関係の懸念を表明することへの恐れのもう一つの理由は、関係を危険にさらすようなことを言うことへの恐れです。(例えば、「私が本当にどう感じるかを伝えた場合、相手はまだ私を愛し続けるの?)

この恐怖は、典型的には、一人になる、拒絶される、愛されない、または不必要であると思われるというような恐怖、より深い恐怖に根ざしています。

このような恐怖は、FeがTPの機能的スタックの本当の部分であるという意味で、全く根拠がないわけではありません。

彼女らは愛と人間関係から恩恵を受けます。

しかし、これまで見てきたように、Feの問題に関しては、TPが極端に考えて最悪の場合を想像するのは簡単です。

だから、彼女らはTの問題に関しては、非常に合理的かもしれませんが、彼女らの思考は、それが人間関係のこととなると、不合理になる可能性があります。

TPの中には、新たな人間関係の問題や障害がそれぞれ回復不可能であり、関係上の脅威の可能性が高いことを心配する人もいます。

TPの思考とは何? 隠された思考の危険性

TPが相手や関係性の状態についての懸念を隠している場合、TPは自分自身も相手のことも好きではありません。

TPが疑念を抱いたり、相手との共有に失敗するであろう思考のいくつかの例があります。

 
「相手は再び不合理になる。 別の感情的な不満が起こる。」

「相手が今話していることには本当に興味がない。私は抜け出して何か他のことをすることができたらいいと思っている。」

「相手はとても要求が強い。 私をしばらくそっとしておいてほしいと思う。」

 
そのような考えには、TPをさらなる情報から閉ざす可能性のある判断が含まれます。

例えば、強い感情の表示が非合理的であると仮定することによって、たとえそれが目に見えなくても、感情的な応答に対する合理的な基礎が存在する可能性から自身を閉ざしてしまいます。

そのような判断に固執することによって、彼女らは実際には失礼に行動しています。

彼女らは自身の主観的な反応が正しく、相手の応答が劣っていると仮定します。

そのような場合、彼女らは真に相手と関係しておらず、相手を判断し、卑しめています。

最も興味深いのは、TPの心の中でこのプロセスがしばしば完全に内部的に起こるという事実です。

その間、TPは、対立の拡大を防ぎ、彼女らの「素敵な女性」のパーソナリティを保持するために、対話に外的に参加する可能性があります。

 
残念なことに、多くのTPは、自分がやっていることが本当にうまくいかないことに気付きません。

むしろ、彼女らは受動的積極行動的であり、制御的であり、臆病です。

また、TPにとって隠された考えを良識的に考えることも容易であり、おそらくあらゆる関係性においてある程度の秘密と不満が避けられないと推論するかもしれません。

しかし、彼女らが気づいていないかもしれないのは、彼女らの隠された考えがさらなる関係破壊のための材料としての役割を果たす程度です。

そのような考えは、彼女らの相手がアクセスできない代替現実の構築の基礎を築く場合があります。

この代替現実が拡大するにつれ、TPが真にパートナーを愛したり、公正かつ正確にそれを認識することがますます困難になってしまします。

むしろ、彼女らはますます不正直な、受動的積極行動的な、無関心な、そして関係から切り離されるようになります。

これはまたTPのinferior Feとの愛憎関係を強化します。

彼女らは愛に対して、そしておそらく人生に対してさえ、より冷笑的になります。

TPの思考ループ

1.否定的な考えを隠す

2.代替現実を構築する

3.無関心と不誠実の増大

4.否定的な相手の応答

5.憤りと皮肉の増大

6.1へ

最後に

Feがオープンで誠実で効果的な対人コミュニケーションを表すとすれば、人生でFeを実現しようとするTPが、人間関係においてオープンで誠実ではないことによってしばしば自分自身の価値を減じることは残念です。

手短に言えば、彼女らはしばしばFeを理想化すると同時に、Feの原則を自身の行為に行使しません。

彼女らは誠実であるよりも、本当に素敵な 「素敵」になることを選ぶかもしれません。

ほとんどの人のように、彼女らは完全に自分自身を明らかにすることが拒絶に対する確かな道であると懸念することによって、自身の恐れによって支配されています。

 
しかし、TPが望む愛と受容の深さを見つけられるのは完全な脆弱性を通してのみです。

無検閲の関係だけが彼女らの関心を保ち、彼女らが自分の心の中に常に後退しないようにします。

本当の愛、成熟した愛は、幻想や理想ではなく現実の上に構築されています。

愛は傷ついても、真理に基づいて構築されなければなりません。

相手が完全にオープンで誠実であれば、問題、恐れ、不満がうまく表現され、分析され、統合されるので、関係の根は深くまで拡大することができます。