エニアグラムタイプ1 byIG

エニアグラム

タイプ1は、原則と完璧さを大切にし、良く、正しくあることの必要性によって推進されます。

彼女らのニックネーム「完璧主義者」は、完璧さと自己制御への努力によるものです。

完璧さや質は彼女らにとって重要です。

 
タイプ1は規範、原則、構造を評価する傾向があります。

彼女らが良い場合、彼女らは自身と周囲の世界に尊厳と分別をもたらし、寛容で、自己受容的で、穏やかです。

健全でないタイプ1は、批判的な視線と、自身の不完全さと十分にうまくいかないという感覚を鋭敏に意識し、判断的で、妥協を許さず、賢なである傾向があります。

独り言

世界は不完全であり、私はそれを改善するために努力しなければなりません。

私は良く、正しく、完璧であるべきで、間違いを避けなければなりません。

私は善悪を区別し、世界をより良くするために勤勉に働かなければなりません。

タイプ1の才能

道義的

タイプ1は完全性を重視し、見本を示したいと思っています。

彼女らは善悪を表します。

客観的

タイプ1は感情的にならず、客観的に詳細、人および状況を見て判断することができます。

誠実

信頼でき、責任あるタイプ1は、自身の言葉に固執し、終わりまで物事を徹底的に見ます。

構造的

タイプ1は物事を構成する機会を享受し、組織化、優先付け、秩序化に熟練しています。

質指向

タイプ1細部にまでこだわり、質の基準、規則と手順の適用に注意を払います。

行動パターン

彼女らは本能センターに位置しますが、そのコントロールと行動は主に内部に向けられており、規律、原則、自己制御として現れています。

これらの原則はタイプ1にとって非常に重要であり、他の人たちはタイプ1を責任感ある、組織的、質指向的、批判的なものとして経験する可能性が高いです。

 
彼女らは組織化と計画に熟達しており、非常に勤勉で良心的です。

彼女らは構造化された体系的な方法で作業することを好みます。

これにより、情報をうまく分析できるようになりますが、重要またはあいまいな問題について行動への移行を遅らせる可能性があります。

思考パターン

彼女らは「正しい」、「間違っている」という非常に強い感覚を持っており、正しくなければ行う価値がないと信じています。

したがって、彼女らは自身に対して非常に高い基準を設定し、自身と他の人がこれらの基準に責任を持つことを期待します。

彼女らの内的自己批評はよく発達する可能性が高く、事物が正しいかどうか、十分にうまくいっているか、物事をどのように改善できるかについて、内なる会話に常時従事しているかもしれません。

 
この内的対話には、ルールに従って生きたいと望んでいるように、「私はすべき」、「私はしなければならない」という多くのものが含まれている可能性があります。

彼女らが何をするべきか、すべきではないかのリストは、人生の狭窄または拡大のいずれかにつながる可能性があります。

例えば、自分たちが創造的に自身を表現すべきであると信じるならば、善良な人が何をすべきかというイメージを実現する芸術的活動を追求する可能性が高いです。

 
この衝動はまた、彼女らに自身の要求の一部を表現することを可能にする特定のグループを探すようにタイプ1を導くかもしれません。

タイプ1は、彼女らが自身や他の人が正当化できないような活動にトラップドア(抜け道)を作り出すグループの固有の「ルール」のために、自分自身に許可を与えることができます。

感情パターン

タイプ1は多くの怒り(anger)を経験するかもしれませんが、外に出すことはめったにありません。

彼女らの怒りは、これらの感情をコントロールするために努力しているにも関わらず、不満や憤慨(resentment)の瞬間として表現される可能性が非常に高いです。

不満や怒りの感情は他の人に集中する可能性が高く、タイプ1はしばしば、他の人を無責任、質に興味がない、倫理に反している、あるいは何らかの形でタイプ1の高い基準を満たさない人を見ることがあります。

 
たとえタイプ1が非常に自己決定的であっても、他者からの批判にうまく反応できません。

自身や他者にとって批判的であることは一種の防御メカニズムであり、タイプ1は完璧を目指しているにもかかわらず、他者が彼女らの不完全さを指摘すると、それを強く嫌います。

 
怒りが芽生えれば、タイプ1は身体的に硬直し極端に丁寧になりがちです。

彼女らが怒りを表現することを選択すると、それは十分な思考の結果であり、過去の経験や失望に関する不満と詳細のリストで怒りを正当化します。

彼女らの怒りは、物事がどうあるべきかを考えるときに引き起こされることが多く、時には現時点での状況とのつながりを保つのが難しい場合があります。

盲点

他人とのやりとりを建設的にしようとしているときでさえ、タイプ1は批判的であるか、または耐性がないように見えるかもしれません。

感情を抑制し抑圧するための努力があるにもかかわらず、タイプ1は不満、怒り、憤りが身体にどのように現れているか分からないかもしれません。

問題について正しさを感じるとき、タイプ1は他の人が有効で異なる視点を持つことを受け入れることにに苦労する可能性があります。

Posted by melancoly