エニアグラムタイプ3 byIG

エニアグラム

タイプ3は成果を重視し、最高になりたいと考えています。

その結果彼女らにとって、効率、結果、認識、イメージが非常に重要です。

タイプ3は、選択した分野で成功するために努力し、柔軟性が高く、目標を達成するために適応する傾向があります。

 
彼女らが良い場合、他の人たちはタイプ3を、勤勉で、節操あり、受け入れやすいものと経験します。

タイプ3は世界に希望と誠実さの贈り物を提供します。

不健全なタイプ3は、達成への過度に表明された要求によって、尊大で不安定に見えるかもしれません。

これは、自身が誰であるのではなく、何をしているかに基づいて構築される自己価値の感覚に由来します。

独り言

世界は勝者を評価します。

私はどんな犠牲を払っても成功しなければなりません。

私は失敗を避ける必要があります。

私はしたいことをします。

私の場所を得るために、私は自分がしたいことで最高にならなければなりません。

タイプ3の才能

野心

タイプ3は野心的であり、自身が何を行っていても最高のものになろうとする意欲とエネルギーがあります。

彼女らは成功する能力を信じています。

効率的

タイプ3は、効率的で生産的なやり方で物事を行う方法を知っています。

適応性

目標を達成するために喜んで適応するとともに、タイプ3はさまざまな状況、人または環境にうまく合わせることができます。

推進

タイプ3の高いエネルギーと熱意がプロジェクトを成し遂げ、他の人たちのパフォーマンスをも向上させます。

結果指向

目標を設定し、それを達成するために自身を適用させることは、呼吸と同様にタイプ3にとって本質的なことです。

彼女らは最終結果に焦点を当てています。

行動パターン

「実行者」であり、目標指向のタイプとして、タイプ3は手元の課題に焦点を当て、目標に向かって働くことに熱心です。

適応的なタイプ3は、彼女らが自分のペルソナを変え、印象づけようとしている聴衆に合うように役割、行動、コミュニケーション、プレゼンテーションを適応させ、しばしば「カメレオン」と呼ばれます。

タイプ3の競争力は、職場やレクリエーション活動の最前線に来るでしょう。

 
いくつかのタイプ3は個々の競争と達成を可能にする活動に非常に魅力を感じますが、より社会的なタイプ3はチームに引き寄せられます。

チーム環境では、タイプ3自身がリーダーシップの役割を引き受け、他の人は非常にエネルギッシュで自信を持って行動する可能性があります。

彼女らは成功のために準備し、彼女らの外観が目的、野心、聴衆に役立つことを確かとします。

思考パターン

タイプ3は間違いや失敗を「学習の機会」として捉えることができ、あれこれ悩まず、挫折せず、失敗から素早く移ることができます。

彼女らは、その視点をサポートするデータに簡単に接続でき、他の情報はすぐに消えてしまいます。

知的に計算する人として、タイプ3の精神的エネルギーは、目標とそれを達成するために必要なものに集中しています。

 
彼女らの思考プロセスは迅速になり、変化する状況に素早く適応することができます。

タイプ3は、成功の機会を高める方法で行動し、魅力的になり、コミュニケーションすることを確かとするために、頻繁に状況を評価したり、読んだりします。

タイプ3の競争力は、精神的に自身を他の人と比較する習慣と結びついて、他の人より優れているか悪いか、という感情につながります。

タイプ3の仕事は、仕事が企業、育児、創造的なものであるかどうかにかかわらず、自身が何をしているかを定義するという点で、自身の仕事を過度に認識しがちです。

感情パターン

タイプ3の感情から離れること、成功への道から感情を分離することに優れます。

彼女らは感情を脇に置くことを好み、内省や感情、特に不安、悲しみ、恐怖に関連する感情について話すことはほとんどありません。

タイプ3には悲しい気持ちと不安な気持ちがありますが、彼女らは不満と怒りにつながりやすいです。

 
タイプ3の感情センターの多くは、他の人がどのように反応しているかに焦点を合わせます。

彼女らの楽観主義は外向きに投影されていますが、内部的には、外観とは逆に自信がないかもしれません。

 
信頼を投影することは、自信を持っていると見せたいと思うタイプ3にとって非常に重要であり、このイメージを損なう感情を隠すでしょう。

したがって、他者は、冷静で、集中的で、そしてやや深刻なものとしてタイプ3を経験する可能性が高いです。

しかし、継続的な圧力や失敗の可能性に直面した場合、タイプ3はより短気で、きびきびしがちです。

盲点

タイプ3はプレゼンテーションとイメージをよく認識しており、自身PRのこととなると自己欺瞞的になる可能性があります。

公的イメージを過度に認識すると、タイプ3は自己を失い、真の自己と仕事や役割との間の混乱を招く可能性があります。

他の人たちは、タイプ3を不誠実で、日和見的で、配慮を欠いているものとして体験します。

 
タイプ3は否定的な問題について議論するのに苦慮し、そのような会話をしばしば却下することがあります。

これは、批判がタイプ3の間違いや欠点を指摘する場合に特に当てはまります。

 
強い目標指向と推進は、タイプ3が「悪く思う」人と関わっているときに、辛抱強くなく、急いで、却下的な行動をするように他者に見えるようにします。

 
タイプ3の自信は確実性に投影されます。

確実性は良いもののように見えますが、それは代替の視点を否定するように見え、それによって人々を会話から遠ざけます。

それは、タイプ3のインプット、計画、目標に対する自身の開放性を低下させるかもしれません。

Posted by melancoly