エニアグラムタイプ5 byNE

エニアグラム

タイプ5は、あまりにも多くを要求し、あまりにも少ししか与えない世界から自身を守らなければならないと信じています。

その結果、タイプ5は自給自足を求め、他者に求めず、分析的で、思慮深く、控え目です。

彼女らはまた、孤立し、過度にプライベートになるかもしれません。

タイプ4(研究者)の特徴

焦点

知的理解、知識の蓄積、他者の議題、ニーズ、感情による潜在的な侵入

人生の教訓

生命力と心のこもった感情の活力に再度つながるために、十分なエネルギーと資源が利用可能であることを認識すること。

会話スタイル

タイプ5は、内容に焦点を当て、明晰で、分析的であり、口数が多いですが、雑談をあまり好みません。

他者はタイプ5を、感情がなく、よそよそしく、過度に分析的と感じるかもしれません。

タイプ5の自身の説明

私はプライバシーを強く求める

私は、私にあまりにも多くを望む世界からの侵入を制限する

私は時間、空間、エネルギー、知識、そして自分自身を蓄積する

私は感情から離れ、参加するのではなく観察する

私は最小主義者

タイプ5に関すること

彼女らのプライバシーの必要性を尊重しましょう(これは拒絶ではありません)

彼女らが自身、特に自身の感情を分かち合うために必要なスペースを与えましょう

 
彼女らにゆっくりとしっかりと接近し、迅速な接触や迅速な決定によって彼女らを圧迫しないでください

アイデアや、内なる人生の価値観について彼女らと話しましょう

彼女らに何が起こっているのか推定しないでください。直接のコミュニケーションを求めましょう。

心理(Psychology)

知性と知識の蓄積に焦点を当て、タイプ5はしばしば鋭い知覚と分析能力を持つ学者または専門家です。

彼女らはしばしば侵入者として他の人々を経験するため、プライバシーと個人の自主性が必要です。

彼女らは、他者からの分離や感情的な抑圧から、個人的な自由の感覚を作り出しますが、孤独にもつながります。

 
タイプ5は、不快感や葛藤があっても、他人に手を差し伸べることによって、後退や差し控えの傾向をバランスさせる必要があります。

基本命題

プライバシー、自給自足、欲望の制限、知識の獲得を通じて、生存を保証し、侵入や不十分なリソースからの保護を得ることができる

強み

学術的、知覚的、思慮深い、自立的、信頼できる、敬意ある、危機において落ち着いている

課題

よそよそしい、孤立している、過度に知的、控え目、蓄積

防衛機制

隔離 – 他人からの身体的な後退が可能であるが、それは、頭に残り、自分の感情から撤退することも意味する

 
タイプ5は内部の空虚感を避け、知的という自己イメージを維持するために隔離を使用します。

情報を収集することは、安全と自己価値を創造しますが、知性を過度に強調することは、タイプ5が身体の生命力と、他人との関係で利用可能な支援とつながることを妨げます。

意識啓発の実践

あなたの心の習慣や注意の焦点をできるだけ慎重に観察しましょう。

自分の感情に気づき、あなたの体がどのように反応するのか知るために、次の質問をしてください。

 
侵入されたと感じるとき、どのように反応する?

どのようにして、境界線を作り、他者との接触を制限することによって、安全の意識を維持するの?

どのように感情を避け、頭の中に残るの?

いつ分析麻痺(分析し過ぎて決断を下せない状態)に陥るの?

欲求と欲望を最小限に抑えるには?

どう控え目なの?

精神(Spirituality)

タイプ5の人生は、感情に再び繋がり、人生を送るエネルギーを得ることです。

誰もが生活や幸福を維持するための感情的なつながりや物品の潜在的な不足に懸念を抱いていますが、これはタイプ5の中心的な問題です。

反応の中で、タイプ5は心の中に後退し、感情的要求から離れ、自給自足を追求してエネルギーを節約します。

彼女らの統合の道は、このプロセスを逆にすることです。

感情、経験、そしてつながりを広げることによって、より多くの生命エネルギーが自然に利用可能になります。

完全性への道

乏しい → 博識

貪欲 → 過度に愛着しない

 
Inner Observerと呼ばれる意識の側面は、外部行動を起こす内部パターンを目撃することができます。

実践は、内面に集中し、私たちの中で起こる思考、感覚、および他の注目の対象を認識することからなります。

私たちがより現在に集中するようになるにつれて、私たちのタイプパターンは緩み始め、受容性が増します。

 
タイプ5は、以下の原則を内省するためにしばらく時間をとりましょう。

 
愛着を手放すことで苦しみを和らげられる

豊かな人生というのは、人間の経験の全範囲を受け入れることを意味する

存在し、他の人と関わることは、利用可能なリソースを拡大する

寛大さには、受け取ることと与えるが含まれる

知識は事実とアイデアを集めること以上のもの、真の知恵は内部からくる

身体(Somatics)

思考タイプとして、タイプ5は、プライバシーと自律性を保護しながら知恵と専門知識を開発しようとしています。

彼女らは頭の中にとどまり、身体の感覚や感情の経験を避ける傾向があります。

音、接触、侵入に敏感で、タイプ5は主に筋肉ではなく、腹部に緊張をかける傾向があります。

もしあなたがタイプ5なら

あなたのタスクは自身の身体や感情とつながることです。

慢性的な防衛戦略として、私たちは皆無意識のうちに息を止めて恐怖や圧倒的な感情を回避しますが、これはあなたの活力を抑え、あなたを頭の中に閉じ込めます。

これは安全と思われるかもしれませんが、あなたの体の感覚は新しい種類の安全を提供します。

 
ゆっくりとあなたの横隔膜を拡張し、呼吸を深めることに集中してください。

最初は不快で不安に感じるかもしれません。

しかし、感覚を増強することを覚えて、一度に一呼吸してください。

継続的な練習で、あなたは本能の豊かなエネルギーにアクセスし、快感と感覚のための能力を高め、他の人々や物理的環境とのより良い接触ができるようになります。

Posted by melancoly