エニアグラムタイプ9:IFタイプ

Don RisoとRuss Hudsonは彼らの著書「Personality Types」の中で、エニアグラムタイプ9を「調停者(ピースメーカー)」と表現しています。

残念なことに、いくつかのタイプ9にとって、このニックネームは、私たちがもし「調停者」を活動的で対人関係へ努力する者と考えれば、少し外れているように見えるかもしれません。

事実、多くのタイプ9は、紛争状況に踏む込み、解決するように求められれば、意見を述べる資格がない、あるいは少なくとも不快に感じるでしょう。

RisoとHudsonによれば、タイプ9が外部の平和のために苦慮する理由は、内なる平和の保持である、と述べています。
“エニアグラムタイプ9:IFタイプ” の続きを読む

エニアグラムタイプ5:INタイプ

組織、「Enneagram in the Narrative Tradition」によれば、観察者または研究者としても知られるエニアグラムタイプ5は、以下のように自認する傾向があります。

 
自分の気持ちから切り離れ、参加するのではなく、観察する

自分自身に時間、空間、エネルギー、知識を蓄えている

プライバシーを強く求め、あまり望んでいない世界からの侵入を制限する

最小主義者である
“エニアグラムタイプ5:INタイプ” の続きを読む

エニアグラムタイプ4:INタイプ

エニアグラムのパーソナリティタクソノミー(分類学)は、9つの基本タイプで構成されています。

「Personality Type」の著者、Don Risoはエニアグラムタイプ4を「個人主義者」と呼んでいます。

INFJとINFPは、Myers-Briggsタイプのうち、エニアグラムタイプ4として診断される可能性が高いです。

INTPおよびINTJはエニアグラムタイプ5としてより頻繁に診断されますが、彼女らは一般にウィング4(例えば5w4)を有し、これは彼女らが有意なタイプ4の傾向を有することを示唆します。
“エニアグラムタイプ4:INタイプ” の続きを読む

HSP:チェックリスト

あなたはHSP(Highly Sensitive Person・非常に敏感な人)ですか?

あなたはプライベートや職業生活において非常に敏感な人を知っていますか?

高い感受性は、外部(社会的、環境的)または内部(個人的な)刺激に対する重大な身体的、精神的および感情的反応として定義することができます。

HSPは、内向的タイプ、外向的タイプ、またはその間のどこかである可能性があります。
“HSP:チェックリスト” の続きを読む

Jタイプ・Pタイプ:人間関係・相性

Myers-Briggsのタイプ理論を含む、パーソナリティのタイプをよく理解すれば、健全な人間関係を育成する上で非常に役立ちます。

この記事では、対人関係についての判断(J)と知覚(P)の選好のダイナミクスと意味を調べます。

J-Pの問題に取りかかる前に、私は最初に、タイプ分類が人間関係においてとても有用であることを指摘したいと思います。
“Jタイプ・Pタイプ:人間関係・相性” の続きを読む

Shadow Functions(影の機能) byCJ

より複雑で稀にしか扱われないパーソナリティタイプの側面に深く潜りたいのであれば、shadow functions(影の機能)を掘り下げることは楽しい(そして非常に役に立つ)ことがたくさんあります!

Myers-Briggsタイプの指標(またはそれに類するオンラインテスト)を初めて使用したときには、タイプの記述の正確さに驚いたでしょう。(正しくタイプ判別された場合)

あなたは二分法(内向性 vs. 外向性など)について学んだかもしれません。

あなたは認知機能(Fi、Fe、Ti、Te、Si、Se、Ni、Ne)をさらに研究したかもしれません。

ほとんどの人にとって、パーソナリティタイプの研究は、認知機能、特に主要な機能スタックで終了します。

結局他に何を学ぶことができるのでしょう?

真実として、あなたの人生に大きな影響を及ぼし、人との関係を改善することができるタイプについてのことが、もう少し詳しくあります。
“Shadow Functions(影の機能) byCJ” の続きを読む

タイプ発達の道:補助機能と劣位機能

ユングは、それぞれのパーソナリティタイプをそのdominant functionに応じて命名しました。

たとえばINJタイプは内向的直観(Ni)タイプと呼ばれます。

もちろん、ユングにはそうする理由がありました。

1つは、彼はdominant functionがすべての機能の中で最も意識的でよく発達しているものと見ました。

彼の見解では、auxiliary functionでさえも、一般的に意識的にアクセスしにくいものでした。

しかし、ユングはdominant functionを完成させて支援するために、非dominant functionをある程度発展させることができると信じていました。

効果的な仲間として機能するために、ユングは、非dominant functionはdominant functionとは反対の方向性、すなわちその内向き(I)/外向き(E)が反対であると主張しました。

外向性のdominant functionは、定義上、その方向が外向きであるので、ユングによれば、外向的タイプは内向的な機能によるヘルパーを必要とすると考えました。(内向的タイプの場合はその逆)
“タイプ発達の道:補助機能と劣位機能” の続きを読む

Fe-Tiペア vs. Fi-Teペア  byCT

知覚ペアリングは現実にそれが発生しているように現実の視点を構成し、それは過去から得られたcontext(環境)を含みますが、判断ペアリングはその判断基準に従ってそれらの知覚の意味を記録します。

私は、判断プロセスによる結論の点火を指すために「register(レジスタ)」という用語を使用します。
これは環境が結論に統合される瞬間です。

環境内のすべての変数は、判断プロセスが見ることができるパノラマに凝結し、閾(やっと意識される境界刺激)の適用によって、そのパノラマ内に線を引き、物質および状況を区別します。

精神は、これらの結論を引き出すことによって環境変数を減らし、意識的にそれらの結論を管理するだけです。

判断プロセスがないと、あなたの周りの因果関係は現実の感覚の間の終わりない流れとして、漂い続けます。

その方法は以前に観測された感覚をトリガーします。

しかし自身の間で2つのものを比較したり、空間や時間を適切に記録する能力はありません。
“Fe-Tiペア vs. Fi-Teペア  byCT” の続きを読む

外向性・内向性・知覚機能 byCT

下記の区別は、精神内のエネルギーの流れの方向に関係し、精神的な機能へはそれほど関係しません。

このセクションでは、proactive(順向性の)とreactive(反応的な)、2つの用語について説明します。

これらは、ユングの客観的かつ主観的な方向性の態度は、外向性と内向性とも呼ばれます。

正しいことに、ユングは、心臓の収縮および拡張の関係に似た原因のメカニズムとして、この軸を他のものと区別しました。

proactiveプロセスは、対象者を離れるプロセスであり、reactiveプロセスは対象者に戻るプロセスです。

前述したように、人間の精神はフィードバックシステムを介して連続性を維持し、この動きはエネルギーの流れの方向を通して維持されなければなりません。

精神的プロセスは、proactiveまたはreactiveのいずれかの方向に循環します。

この二つのプロセスは、電流から生物学的な性まで、無数の自然なシステムに存在するのと同じ因果関係を模倣するので、私たちの精神に対して決してユニークではありません。
“外向性・内向性・知覚機能 byCT” の続きを読む