ESFJの外向的感情

若者の希望を取り戻し、老人を助け、未来に開き、愛を広げなければならない。

貧しい人々はより貧しくなる。

除外された人々を中に入れ、平和を宣言する必要がある。

-フランシスコ (ローマ教皇) ESFJ(と考えられている)

 
あなたは、すぐに環境の中で暖かさと快適さの気持ちを作り出す友人がいますか?

爽やかで現実的なだけでなく、他人のニーズに気を配っている人がいますか?

ESFJは、多くの場合、温かく寛大な友人たちであり、世界をより楽しくて幸せな場所にしています。
“ESFJの外向的感情” の続きを読む

SJタイプ:心の病②

ISFJ:心の病気

ISFJはMBTI世界の「保護者」です。

彼女らは、あなたが今まで会った中で最も心のこもった思いやりのある人々の一人です。

彼女らは生活の中で伝統、安定、そして調和を求めています。

精神病のこととなると、ISFJはうつ病、依存性パーソナリティ障害(DPD)、心身症を発症しやすくなる可能性があります。
“SJタイプ:心の病②” の続きを読む

ISFJ/ESFJの適職とキャリア

ESFJは、すべてのタイプの中で最も人間本位です。

これは、彼女らの外向的方向性と、彼女らのdominant function 外向的感情(Fe)の観点から理解することができます。

内向的タイプであるISFJは、あまり社交的でも陽気でもない傾向があります。

INFJの求職者のように、彼女らは自分の内向的な電池を充電するための時間を楽しんでいます。

しかし、ISFJもFeを使用しているので、彼女らは人生と仕事において対人関係指向を持ちます。

ESFJとISFJは、他のパーソナリティタイプにも当てはまるように、所与の職業、仕事、または大卒がその上位2つのパーソナリティ機能(すなわちdominant、auxiliary function)と互換性があるかどうかを検討することが賢明です。
“ISFJ/ESFJの適職とキャリア” の続きを読む

ESFJ型の性格 byPJ

ESFJは16のパーソナリティータイプの1つです。

ESFJは、特に白人女性の間ではあまり一般的ではありません。

少なくともアメリカではESFPタイプの方がはるかに多くなっています。

ESFJは暖かく、魅力的で、思いやりがあり、誠実で、忠実で、勤勉です。

彼女らは仕事倫理、忍耐、献身、不断の堅実さによって賞賛されます。

彼女らは宣誓したことを実践しようと努力し、自身の約束と信念に迅速に従います。

Dominant functionが判断機能であるタイプとして、彼女らは仕事、家族、社会的役割をかなり真剣に受け止めています。

ENFJのように、ESFJは強力な対人関係のスキルを持ち、他者との親密な関係を素早く確立することができます。

彼女らは本質的に人々と自身の感情の読み手であり、人々に素早く関わることができるという特性を持ちます。

彼女らの社会的知性と人々への愛のために、彼女らはしばしば友人、知人、社会的関係の実質的なネットワークを持っています。

彼女らの人間関係のスキルは、営業担当者としての説得力と能力にも貢献します。

外見的に自信を持って積極的に見える一方で、ESFJは、他のタイプよりも、内心自分自身に自信がありません。

確かに、彼女らの内部の判断機能である内向的思考(Ti)がinferior functionであるため、ESFJは自身の内部統制が比較的小さいと感じるかもしれません。

内側のコントロールが見つからないことを知ると、外側のコントロールを達成することによって何らかの形で内部の落ち着きと安全がもたらされることを期待して、彼女らは必然的に外向きに焦点を変えます。
“ESFJ型の性格 byPJ” の続きを読む